東京都清瀬市の市立中学2年の女子生徒(14)が2月中旬、自宅マンションから飛び降り、死亡したことがわかった。

 いじめを示唆する内容のメモが見つかったことから、市教委は3日、いじめがなかったか事実関係を調査していると発表した。

 市教委や東村山署によると、女子生徒は2月15日午後8時10分頃、マンション前で制服姿で倒れているのを近所の住民に発見された。病院に運ばれたが、全身を強く打っており、間もなく死亡した。同署は、現場に争った形跡がないことなどから、マンション7階から飛び降りて自殺したとみている。

 同26日、保護者から「娘のメモが見つかった」と学校に連絡があった。市教委によると、メモは手書きで、「学校にいる時間 私には苦痛を感じる。私に変なウワサを流した奴 みんな みんな呪ってやる」などと書かれていたという。

 学校は死亡翌日に全校集会で生徒の死を伝え、今月1日には臨時の保護者会で説明した。現時点でいじめの事実は確認されていないという。

避難の徹底呼び掛け=鳩山首相(時事通信)
50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡(産経新聞)
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に-政府(時事通信)
餅米の里に誕生「お祝い餅つき隊」4人づき参上(読売新聞)
北教組幹部逮捕 民主・小林議員「非常に残念」 (産経新聞)
AD