今年1月の自殺者は2473人で、昨年より193人(7.2%)減少したことが26日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。自殺者は景気悪化の影響などを受け、月別での比較ができるようになった昨年1月以降8カ月連続で前年を上回り、過去最悪のペースで増えていたが、9月以降は5カ月連続で前年を下回っている。
 都道府県別では、長崎(25人増の49人)、岐阜(11人増の44人)、石川(10人増の28人)、滋賀(同34人)など15県が増加した。 

【関連ニュース】
自殺対策「正面から取り組む」=鳩山首相
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府
自殺防止策強化へ=福島担当相
昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人-9月以降は4カ月連続減
自殺者、12年連続3万人=9月以降は減少続く

30府県がプラス予算=経済対策を積極計上-時事通信集計(時事通信)
IFN添付文書の改訂内容を示した安全情報を公表(医療介護CBニュース)
外相、米核戦略で緊密協議求める(産経新聞)
R-1ぐらんぷり あべこうじ優勝 最多3539人参加(毎日新聞)
「規制仕分け」も検討=行政刷新分科会、来月スタート(時事通信)
AD