韓国・慶尚南道 公式ブログ

古代の歴史の香り・自然の神秘が残る場所
韓国旅行と言ったら、ズバリ慶尚南道!!!


テーマ:

韓国旅行、慶尚南道、巨済市、歴史

 

みなさん、こんにちは~^^ “韓国第2の島”巨済市(コジェし/거제시)のマスコット、モンドリ&モンスニで~す♪

さぁ~て、今日はは少し視点を変えて、まだ知られざる巨済市の歴史にチョット触れてみようと思います。

皆さん、巨済市は“大きく(巨)救う(済)”という意味をもつ町だっていうこと知ってましたか?

では、歴史上では一体いつ頃から“巨済”という名前が使われてきたのでしょうか~?

巨済という名前が歴史上に初めて登場するのは、757年。新羅第35代の景徳王16年の記録に“巨済郡”という言葉が出てきます。

その後、周辺との統合で“固自縣(コジャヒョ)”という名前になったり、お隣の統営郡(トンヨンぐん/통영군、現在の統営市)に統合されたりしながら、1953年ついに巨済郡の復郡へ向けての動きが加速したんです。

韓国旅行、慶尚南道、巨済市、歴史


しかし、郡庁(郡役場)とどこにするかで地域間の葛藤が始まります。

特に朝鮮時代から郷校があるなど巨済の中心地的役割を果たしてきた巨済面(コジェミョン/거제면)と、近代文化の発生地であり釜山など陸地との行き来が便利な長承浦(チャンスンポ/장승포)地域が大きく争いました。

この2つの地域のいがみ合いが激しくなる中、意外な地域が漁夫の利で巨済郡庁の場所に決まったんです。

それは、現在も巨済市役所や巨済市外バスターミナルがある古県(コヒョン/고현)地域です。

韓国旅行、慶尚南道、巨済市、歴史 


韓国旅行、慶尚南道、巨済市、歴史

古県には今もテーマパークとして残る捕虜収容所があったため、一時的に長承浦邑に郡庁を作って開庁式を行いました。

これに怒ったのは、巨済面は訴訟を起こしますが、ソウル高等法院で棄却されてしまいました。

1956年、郡庁は予定通り古県に移されました。その後、1995年に巨済郡は巨済市になり、現在に至るというわけです。

様々な出来事を繰り返しながらも、“大きく救う”というすてきな意味をもつ地名が今も使われていることは、何だか嬉しく感じますね。

これからもたくさんの人たちを救ってきた巨済市の魅力を余すことなくお届けしていきたいと思います!! お楽しみに~♪(画像引用:NAVER地図、巨済市庁ブログ http://blog.naver.com/geojecity/220160171030)

慶尚南道旅行に関する情報は、慶尚南道文化観光情報日本語ホームページからチェッ~!

↓↓

http://japan.gsnd.net/jsp/main/main.jsp



facebook慶尚南道facebookでも魅力あふれる慶尚南道の様子を毎日更新中facebook
↓↓↓
https://www.facebook.com/gnkorea.jp


ブログランキングに参加中


ポチッと押していただけると、ランキングがアップ↑↑↑するので嬉しいです 

↓↓↓


にほんブログ村

いいね!(8)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)