1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-28 00:57:05

傾奇者たちのハロウイン

テーマ:パーティ

今年もまた、例年の如く、ハロウインの季節がやってきた。都内各所では傾奇者が練り歩いている。情報番組などにもその模様は放送されている。今年はコスプレやメイクなど、以前にも増して派手になっているという。 ハリウッド映画の特殊メイク張りの変身を遂げている方もいた。フェチフェスなどにも出展していたが、模造の牙や傷、血糊など、単なるコスプレを超え、本当のゾンビが蠢いているかのようだ。そういえば、今年はゾンビもののドラマや映画の当たり年でもある。

私的には、ハロウインというと、数年前に友人たちと開催したパーティを思い出す。都内の某喫茶を借り切り、華々しくパーティを開催させてもらった。


音楽や映像、美術なども凝りまくり、会場を完全にお化け屋敷(!?)のように模様替え、スタッフ用のTシャツを作り、参加者に配る菓子まで内職して、ラッピングさせてもらった。

勿論、装飾だけでなく、趣向を凝らした企画なども用意させていただいた。コスプレコンテストやカップリングなどもやって、大いに盛り上がったものだ。勿論、コスプレを脱いでの遊戯も盛り上がり、どこの部屋も熱気を帯びていた。なんか、仮面をつけ、着飾ることで、心も身体も裸になれるようだ。


今年もバーなどでもハロウインパーティが開催されている。傾奇者たちの百鬼夜行、つかの間かも知れないが、自由を謳歌していただきたい。

AD
2014-10-22 16:52:40

「大人の学校」第2回公開講座、開講決定!潮英子+神田つばき出演!!

テーマ:大人の学校

本2014年、1月28日に現代の性愛事情に精通するノンフィクション作家、亀山早苗様の「恋愛BAR」、そして、3月1日(土)に日本初の大人の祭典「PINK TOKYO 2014」へ“大人の社会科見学”、5月24日(土)に亀山早苗様と丸山あかね様という現代の大人の性愛事情を切り取る性愛のエキスパートをゲスト講師にお招きし、「成熟する大人の愛と性」と「婚外恋愛」をテーマに記念すべき第1回公開講座「成熟する大人の愛と性―“不倫”から“婚外恋愛”へ」、そして、9月6日には亀山早苗様の司会進行で、講師と受講生が語り合う「大人の懇談会Ⅰ『成熟する大人の愛と性~不倫から婚外恋愛へ“延長線”』」――を開催と、「大人の学校」は2014年1月に開校して以来、「愛と性の生涯教育」をテーマに活発、かつ、精力的に活動させていただいています。



本校のメインカリキュラムである、第2回公開講座を12月6日(土)に開講することになりました。「大人の学校」の第2回公開講座は潮英子様、神田つばき様という現代人の抱える恋愛やセックスの悩みをカウンセリングしてきた“最強の問題解決人”をゲスト講師に迎え、“大人の恋愛やセックスのお悩み相談”をテーマに公開講座を開講させていただきます。


潮様は実際にカウンセラーとしてクライアントの恋愛やセックスの悩みの相談に乗るとともに、雑誌やセックス関連のサイトなど、中高年の恋愛やセックス特集には欠かざる方として、数多、意見を求められています。


また、神田様はAVの脚本家、ライターとともに、女性発信のイベント、映像作品をプロモートするかたわら、メノポーズ協会の健康推進員の資格を有し、雑誌や新聞、テレビなどで、数多の恋愛やセックスのお悩みを解決してきました。



いわば、お二人は恋愛やセックスのお悩み相談のプロフェッショナルです。そのカウンセリングの手法や実態を披瀝しながら、大人の恋愛やセックスに関する皆様のお悩みを親身に相談に乗り、解決していきます。


いまだに煩悩と欲望を抱える、悩み多き者よ、是非、私達の学校へ集っていただければと思います。今回の公開講座では恋愛やセックスの悩みの問題解決の糸口と人生の指針となるべきものを提示できるはずです。



本公開講座では潮様、神田様のトーク・セッションだけではなく、講師と受講生が懇談するワーク・ショップなども予定しています。

実際に受講生との懇談を通し、皆様の悩みを解決していきたいと考えています。
たくさんの悩みも皆で共有すれば軽くなります、恥ずかしいかもしれませんが、抱えたものを吐きだせば、少しは楽になれます。そんな時間にできればと考えています。



公開講座後は、美酒と美食の宴として、皆様と少し早い“クリスマス懇親会”を開催させていただきます。公開講座、懇親会ともこぞって、ご参加ください。


2014年の“大人の恋愛とセックス”のお悩みは是非、「大人の学校」の第2回公開講座で解決してください。

悩みの年越しは感心いたしません。すっきり、晴れやかな気分で、新年を迎えていただければと思います。



「大人の学校」の第一回公開講座に続き、第2回公開講座もミライカラーズ様(ロイマリーズ改め)に後援、アイディルーブ様に協賛をいただきます。女性目線のお洒落で女性に優しい製品を送り出すメーカーです。


ミライカラーズ様、アイディルーブ様からは、サンプルなどをご提供いただき、受講生の方へプレゼントさせていただきます。嬉しいクリスマスプレゼント付きというお得感満載の講座になります。是非、受講ください。ご連絡をお待ちしています。


なお、当日はアーカイブ放送のため、U-stream録画させていただきます。映りたくない方は、予め、お申し出ください。写りこまない席をご用意させていただきます。生放送(同時配信)ではありませんので、モザイクなどの画像処理も可能です。プライバシーは厳守されますので、ご安心ください。

「大人の学校 」の公開講座、懇談会を順次、放送し、当日出席できなかった方のために配信できればと考えています。「大人の学校」の全国制覇(笑)の布石でもあります。ご了解いただければと思います。



■■「大人の学校」第2回公開講座 潮英子+神田つばき「悩み多き者よ――大人の“ラブ&セックス”お悩み相談室」■■


■日時:2014 年12月6日(土) 午後2時~5時


■場所:東京・新宿「Cafe LiveWire新宿」

新宿Cafe Live Wire  (Biri-Biri酒場 改め)
東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F 
・都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
・丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
・JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分


http://go-livewire.com/  


■参加費:入場料:前売り2000円+ドリンク代1000円(2ドリンク付き)
・当日2500円+1000円(2ドリンク付き)

※ソフトドリンク、アルコールなどの追加オーダーは別途、各人お支払ください。
なお、前売りに関しては、以下へアクセスいただき、直接、お申込みいただければと思います。


http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=82340278

前売り券を購入した方もお手数ですが、受講希望願書を「大人の学校」まで、お送りください。


懇親会はアルコール、ソフトドリンク飲み放題&食事つきで、3500円になり

ます。懇談会終了後、そのまま懇親会を開催。5時~7時を予定しています。



■後援・協賛:ミライカラーズ アイディルーブ


ミライカラーズ
http://mirai-colors.com/

アイディルーブ
http://www.idlubejapan.com/



■ゲスト講師プロフィール

●潮 英子(うしお・えいこ)


1962年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、住友商事、台湾中華語文研習所にて日本語教師、中華航空勤務を経て、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科発達社会科学専攻で夫婦問題を研究。その後、カップル間のセクシュアリティをテーマに相談活動を行っている。得意分野は夫婦関係、性障害、セックスレス、ミドルエイジクライシス、女性のキャリアなど。別名でカウンセリング関連の共著や中高年のセックス・ライフを扱った書籍もある。最近は雑誌や新聞、サイトなどで、コメンテイターとして頻繁に登場している。日本家族カウンセリング協会会員、日本性科学会会員、日本「性とこころ」関連問題学会会員。


こぐまカウンセリング☆アソシエーション
http://ushioda.health-life.net/


●神田つばき(かんだ・つばき)

1959年東京生まれ。獨協大学外国学部フランス語学科卒業。1998年、離婚を機にマニア雑誌でAVライターとして活動を開始。2006年、AVメーカー設立。 現在は女性発信のイベント、映像作品をプロモートする。『OTOJYO』相談室、『東京女子エロ画祭』、『どすけべ―おんな監督の作品をみんなで見る会』をオーガナイズ。「子宮癌で命を落とさない日本、更年期障害のない日本、生理痛のない日本、病気以外の理由による妊娠中絶のない日本、男と女が大切にしあう日本をめざす」。2012年には、NPO法人「女性の健康とメノポーズ協会 女性の健康推進員」に認定されている。 近著(初の単行本)は「私の妄想、かなえてください…。」(三和出版)


神田つばきな日々【R18】
http://blog.livedoor.jp/tsubakism/



■問い合わせ先・ 「大人の学校」幹事会( schoolforadult@yahoo.co.jp


※受講を希望する方は下記の「受講希望願書」をお送りください。スパムメールと区別するため、タイトルには「受講希望」とお書きください。
ご質問などありましたら、ご遠慮なく、お問い合わせいただければと思います。その場合は、タイトルには「問い合わせ」とお書きください。



■受講希望願書■


■お名前(ハンドルネーム可)

■性別(男性・女性)

■年齢(未成年でなければ年齢制限はありません)

■居住区(都道府県)

■職業(大体でかまいません)

■セクシャリティー

■自己紹介(200字前後)

■是非、相談したいという恋愛やセックスのお悩みをお書きください。(200字前後)

■第2回公開講座に関してのご質問&ご要望

■あなたのHP・ブログ(ご自身のHPやブログがございましたら、お教えください)

■ご連絡先(フリーメールでもかまいません)

■前売り券は購入済・未購入

■懇親会に出席する・出席しない

AD
2014-10-01 10:19:25

劇場型遊戯

テーマ:セックス

劇場型犯罪という言葉が一世を風靡したことはあるが、劇場型遊戯という言葉はいかがだろうか。勿論、私が勝手にこしらえた造語である。その日、私達が行った遊戯は、まさにそんな言葉が相応しい。


その女性とは数年前、ハプニングバーへ引率して以来、お会いしていなかったが、いきなり連絡をいただいた。地方都市に住む30代の会社員で、仕事の関係で、上京するから、久しぶりに遊びたいという。


彼女からのメッセージには痴漢プレイや監禁&拘束プレイなどをしてみたいとあった。具体的なシチエ―ションも付記されている。曰く、目隠し、口枷、手枷をされ、目と口と手の自由を奪われ、次々と男性に襲われたい。監禁、拘束される――まるでクライム・サスペンスやフィルム・ノワールようだ。


私自身、そんな女性の願望や妄想を実現することを喜びにしている。セックス・ファンタジスタを自認もしている。それゆえ、課題が与えられたら、シナリオを書き、キャストを決め、ドラマを仕上げることは楽しくて仕方ない。悪だくみほど、胸騒ぎし、心躍るものはないだろう。


まず、痴漢プレイだが、鉄道や公園などの公共の機関や場所は、当然の如く、危険と考え、候補から外す。痴漢冤罪事件を含め、痴漢に関して、マニアが安全に安心して、楽しめる状況ではなくなっている。そんな状況を踏まえ、ポルノ映画館での痴漢プレイに変更させていただく。


実は痴漢プレイのメッカとされているポルノ映画館がある。以前、同じような依頼を受け、利用したところだが、マニアの巣窟、メッカのようなところだ。同所へ訪れるカップルの大半は露出や痴漢プレイを趣味として、同映画館に来ている男性は、そんなカップルの受け皿になっている。暗黙のルールやマナーなども出来ていて、紳士的な対応をしなければならないのだ。当然の如く、痴漢という変質者の犯罪ではなく、痴漢プレイという変態の遊びである。事件や事故があってはならないのだ。



ポルノ映画館の近くで待ち合わせしたその女性は、元々、どこか、竹久夢二の画集に出てきそうな風情のある方だったが、時を経て、より色香が増したようだ。ある種の儚さも身につける。どこか大正浪漫的なレトロな佇まいながら、恰好は心得たもので、スカートに網タイツを穿いている。


同映画館、カップル料金という設定もあり、入場料も随分と格安になる。単独より、カップルの入場料が安い、まるでハプバーのようだ。


入口を入り、ロビーへ行くと、上映中にも関わらず、数名の男性が屯していた。途端に視線を感じる。獲物を狙う、獣のようである。私達が中に入ると、追いかけるのを背中に感じる。敢えて、女性の横を空けて客席に着くと、いきなり男性が「いいですか?」と話しかけ、女性の横に座ってくる。


かなり高齢の強面の男性で、その場の仕切り役という佇まいだが、流石、性急すぎる。彼女にも心の準備が必要である。やんわりお断りすると、あっさりと席をどいてくれた。


私も呼吸を整えつつ、女性のスカートの中へ手を忍ばす。そんなことを繰り返すうちに中高年だが、優しそうな男性が女性の横に座る。声には出さないものの、何をすればいいかわかっているらしい。私はアイコンタクトで、その男性を受け入れ、プレイに加わっていただく。


二人の男性に挟まれ、弄られて、声は上げないものの、息は上がり、吐息を漏らす。スクリーンではAVとは違うピンク映画的な映像が流れるが、実際、ストーリーなどを追っている時間はない。集中である。


そんなことをしているうちに、回りも異変(!?)に気付いたのか、私達の席に男性が寄ってくる。露骨に覗き込むような真似はせず、遠巻きに様子を伺うようにしている。


傍観者の中から参加者として加わろうというものが出てくる。私に了解を求めるが、ご遠慮いただく。これ以上、続けると、人が集まり過ぎ、パニックになる可能性もある。


勿論、過去に同映画館でそのような騒乱などはないが、そろそろ潮時と見て、その女性を促し、映画館を出ることにする。


外へ出ても顔は上気し、動悸は激しく、足元もおぼつかない。わずか、30分ほどだが、ぎりぎり合法の痴漢プレイを堪能していただく。監禁&拘束プレイの会場までは電車移動だが、勿論、電車内では何もすることなく、おとなしく過ごす(笑)。



第2会場(!?)は最近できたばかりのデザイナーズ・ホテル。大人数になるので、少し広めの部屋を取っていた。チェックインし、部屋に入り、少し落ち着いてもらい、汗ばんだ身体を鎮めるため、シャワーを浴びていただく。暫くしたところで、今回のイベントマスターを部屋へ招きいれ、その女性に紹介する。


美しい緊縛を得意とし、日頃から拘束、調教などを手掛ける、この世界の達人である。私との親交も10年以上になる。信頼すべき仲間達のひとりだ。温厚な顔立ちとは裏腹にかなりえぐいこともする。今回のシナリオには、欠かすことのできないキャスト。彼の参加が決まったことで、私の絵図も具体的に描けるというもの。


ちょっと落ち着いたところで、イベントマスターがその女性を目隠しして、まったく見えない状態にする。すると手枷して、麻縄で結び、手の動きを奪い、口枷で言葉を奪う。ひとしきり、愛撫や言葉の責めで、興奮を高めていく。準備(!?)が整ったところで、私はある男性を招き入れる。部屋にはいることを悟られないように部屋の前で待機してもらい、こっそりと入れて、シャワーを浴びていただく。その女性には特に男性が入室したことを知らせず、プレイに加わってもらう。いきなり見ず知らずの男性が入ってきて、その女性を襲う。


さらに1時間ほど経過した後、同じような手順で、新たな男性を招き入れ、シャワーを浴びてもらい、プレイに加わっていただく。また、見ず知らずの男性が入ってきて、襲われてしまう。勿論、女性の目隠しはしたまま、無間地獄のような責めを続け、女性は歓喜と喜悦の雄叫びを上げ続ける。


私といえば、まだ、やることがある。準備に追われていた。さらに1時間後、日が変わる頃、新たな男性を同じ手順でこっそりと招き入れる。いくら広めの部屋とはいえ、かなり窮屈さを感じてくる。


その男性にもシャワーを浴びていただき、プレイに加わっていただく。ある程度したところで、責めの手を休める。目隠し、手枷、口枷のまま、長時間を過ごす。流石、疲労困憊もしてくる。口枷、手枷の順番で、拘束を解いていく。まだ、目隠しはしたままだ。


ベッドの端に腰かけていただき、目隠しを取ると、目の前には3本の赤い蝋燭の火が揺れるバースデイ・ケーキが用意され、いままで誰かわからず、顔を見てもいなかった者達がいきなりバースディ・ソングを歌いだす。歌を終えると、蝋燭の火を吹き消していただくのだが、突然のことに驚き、その女性もまだ意味わからずという感じで、茫然としている。


いきなりのバースディ・パーティ、実は彼女のメッセージにはこの日が誕生日、だからこそ、思い切り遊びたいから、贅沢(!?)な希望を出したとあった。おそらく、その女性には想定外だったと思うが、私達は“サプライズ”は嫌いではない。


漸く事の次第がわかったらしく、やっと実感がわき、参加した男性に改めて初対面の挨拶とともに感謝を告げる。


作戦成功!という感じではある。勿論、私達の仕掛けはこれだけではない。夜はまだ半ば、その遊戯は朝まで続く。その詳細を綴ることは、またの機会にさせていただく。


種明かしをしたら、次に体験するあなたにとって、サプライズではなくなってしまう。私達は、女性の願望や妄想を実現するために努力は厭わない。そのための経験と人脈もある。任せていただきたい。






AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
人気ブログランキングへ 人気アダルトBLOG