1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-03 10:38:41

「大人の学校」亀山早苗ゼミ 第2回「女が胸熱! 新旧・日活ロマンポルの魅力!!」開催決定!

テーマ:大人の学校

本年2016730日(土)にホワイトハンズ代表の坂爪真吾様をゲストに迎え、“不倫”をテーマに開催した「大人の学校」の亀山早苗ゼミの第1回「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」。同ゼミに続き、亀山ゼミの第2回を1117日(木)に開催することが決定しました。テーマは「日活ロマンポルノ」になります。

 

 

1971年に製作が開始された成人映画レーベル“日活ロマンポルノ”。1971年から17年間続き、数々の名監督、名優を輩出し、数多の名作を生み、日本のエロスを表現してきました。AVの隆盛とともにその役目を終えましたが、ここに来て、再評価されるとともにかつての作品が再上映され、ロマンポルノを知らない新しい世代に大きな話題となっています。当時と違い、上映会には男性だけでなく、女性がたくさん詰めかけ、女性限定の上映会なども開催されています。

 

そんな再評価の流れの中、今年はロマンポルノ生誕45周年となります。45周年を記念し、“リブートプロジェクト”がスタートし、新作5作品が制作されることになりました。

 

10分に1回の濡れ場」必須というルールのもと、今の時代ならではの女性の性に対する深い眼差しを向け、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督、行定勲監督……現代を代表する気鋭監督がロマンポルノに挑みます。

 

1126日より行定監督『ジムノペディに乱れる』、1217日より塩田監督『風に濡れた女』、2017114日より白石監督『牝猫たち』、128日より園監督『アンチポルノ』、211日より中田監督『ホワイトリリー』が順次公開されます。

 

同上映に合わせ、1119日よりロマンポルノの過去の名作がレイトショー公開されることも決定しています。

 

まさに時代を超え、いま新たに蘇る日活ロマンポルノ。その魅力を亀山様に語っていただきます。

 

亀山様はロマンポルノを女性が見て、女性が語るムーブメントの火付け役です。監督や俳優の取材も多く、様々なメディアに登場し、「ロマンポルノの伝道師」として、布教活動に勤しんでいます。亀山ゼミの構想を立ち上げた際にいの一番に日活ロマンポルノをテーマにと言われていました。まさに満を持して、待望のゼミになります。

 

ゲストには今回のリブートプロジェクトのアソシエイトプロデューサーであり、日活 映像事業部門企画編成部のサブリーダーでもある高木希世江様、宣伝を担当する日活 映像事業部門配給宣伝部の滝口彩香様を迎えます。ロマンポルノの最新作は当然として、過去の作品についても語っていただきます。

 

ロマンポルノを敢えて女性だけで語ります。いま、女性の胸を熱くするロマンポルノの魅力を伝えます。勿論、女性限定ではありません。男性には何故、かくも女性を魅了するかを読み解いでいただければと思います。女心を知りたければロマンポルノは必見です。もっともそんな邪な考えなど、吹っ飛ぶ、映像作品としての熱量に圧倒されるはずです。

 

■専任講師プロフィール

 

●亀山早苗(かめやま・さなえ)

 

東京生まれ。明治大学文学部卒。フリーライター。女性の生き方を中心に恋愛、結婚、性の問題に積極的に取り組む。著書に『不倫の恋で苦しむ男たち』(WAVE出版刊)、『渇望-性、更年期、そして孤独感』(中央公論新社刊)、山路徹との対談本『おとなの関係-性と心とからだと愛』(中央公論新社)、小説に『渇いた夜』『不倫ざかり』(二見書房刊)など。また、くまモン好きが高じて『くまモン力 人を惹きつける愛と魅力の秘密』(イースト・プレス刊)を出版。最新作は、『人はなぜ不倫をするのか』(SB新書)。 

 

亀山早苗「カフェ・ファタル」

http://www.viofatale.com/

 

 

 

【ロマンポルノリブートプロジェクト】5作品共通劇場予告

https://www.youtube.com/watch?v=yNu1OzJkUtY

 

【参考図書】

『わが人生 わが日活ロマンポルノ』(小沼勝著)

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1554

『スクリプターはストリッパーではありません』(白鳥あかね著)

http://www.sankei.com/life/news/140518/lif1405180021-n1.html

 

※お時間&映画にご興味がある方は、ゼミの予習として事前にご覧ください。

 

■■亀山早苗ゼミ 第2回「女が胸熱! 新旧・日活ロマンポルノの魅力!!」■■

 

■日時:20161117日(木) 開場:午後630分 開演:午後7

 

■場所:東京・新宿「Live Wire HIGH VOLTAGE CAFE

 

Cafe Live Wire 新宿 2  東京都新宿区新宿5丁目12-1 新宿氷業ビル3F

1F割烹「いちりん」右階段上がる)

 

※今回の会場はこれまでの会場の新店舗になります。旧店舗からすぐのところにありますが、お間違いのないようにいらしてください。

 

都営新宿線「新宿3丁目」駅 C68出口から徒歩5

丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8

JR線「新宿」駅 東口から徒歩12

 http://go-livewire.com/

http://go-livewire.com/

 

■参加費:入場料:前売り2000円+ドリンク代(1ドリンクOR 1フード600円)・当日2500円+ドリンク代(1ドリンク OR 1フード600円)

 

※ソフトドリンク、アルコールなどの追加オーダーは別途、各人お支払ください。

 

※本ゼミ後は、同会場で出演者を囲み、“ロマンポルノを語る懇親会”も開催させていただきます(開催時間は1時間30分から2時間ほど)。料金は3500円(フリードリンク+フリーフード)になります。懇親会参加者には、入場時にウェルカムの1ドリンクをプレゼント。懇親会に参加されない方は、当日受付時に別途1ドリンク代OR 1フード代600円が必要となります。(2ドリンクOR 1ドリンク+1フード購入の場合は200円引きの1000円とお得です)

 

前売りに関しては、以下へアクセスいただき、直接、お申込みいただければと思います。

 

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=109096007

 

前売りをお申込み後、schoolforadult@yahoo.co.jp  まで、以下の受講願書をお出しください。

 

■受講希望願書■

 

■お名前(ハンドルネーム可)

■性別(男性・女性)

■年齢(未成年でなければ年齢制限はありません)

■居住区(都道府県)

■職業(大体でかまいません)

■自己紹介(あなたのブログ、HPなどありましたら、お教えください)

■ロマンポルノは見たことがある?見たことがない?

■亀山早苗ゼミナール第2回に関してのご質問&ご要望

■ご連絡先(フリーメールでもかまいません)

■前売り券は購入済・未購入

■懇親会に出席する・出席しない

 

■主催・大人の学校 

http://school4adult.jugem.jp/ 

 

■後援・アイディルーブ

http://www.idlubejapan.com/

 

 

■協賛・秋葉原ラブメルシー

http://www.akibalovemerci.com

 

■問い合せ・大人の学校・幹事会

 schoolforadult@yahoo.co.jp )

 

 

※受講を希望する方は「受講希望願書」をお送りください。スパムメールと区別するため、タイトルには「受講希望」とお書きください。ご質問などありましたら、ご遠慮なく、お問い合わせいただければと思います。その場合は、タイトルには「問い合わせ」とお書きください。携帯電話、スマートフォンからお送りの方は上記のアドレスを受信可能に設定ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-25 10:51:47

「大人の社会科見学5“神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!”」報告!

テーマ:大人の学校

一昨日、1023日(日)に東京・渋谷LOFT9で開催された「神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!」を「大人の学校」で、“大人の社会科見学”してきた。

 

開催日直前、急遽開催した本校の「大人の社会科見学5“神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!”」。参加者の都合で、事前に集合して、団体入場(!?)はできなかったが、本校の受講生も忙しい中、参加してくれた。少人数だが、多少なりとも動員に貢献できたと思っている。もっとも会場はそんな心配も無用の満員状態。席を確保するのも大変だったのだ。主催者なら、まさに満員御礼というところ。

 

 

会場には世代、性別を超え、多くの観客が詰めかける。お洒落な方が多く、会場は華やいだ雰囲気に包まれる。また、AV監督、作家の二村ヒトシを始め、名前を出せば誰も知る性愛界のリーダーも駆け付けていた。いかに神田が敬愛され、かつ、本イベントが注目されているかの証拠だろう。

 

神田つばきに『母がしんどい』『キレる私をやめたい』の著者・田房永子、そして司会・進行の編集ライターの赤谷まりえが壇上に並ぶ。ちなみに社会学者の宮台真司は30分、遅刻。最初の30分は3人で、『ゲスママ』発刊の経緯などを語る。当初、出版社(コアマガジン)からは“キラキラ育児書”という要望を出していたが、いつの間にか神田流育児書&セックス放浪記になったそうだ。

 

宮台が合流。神田は子宮頸癌、離婚を経験し、性愛に目覚める。男性との出会いの場所になるのがテレクラだが、ここで宮台の本領発揮。宮台のテレクラ武勇伝(!?)が語られる。この辺りは改めて、聞きたいところ。私自身、かつて“テレクラ男子”だったので、共感することも多かった。

 

「愛より性」を選び、自らの家庭を解体し、性愛の旅に出た神田の物語は壮絶ながらもどこか気高く美しい。ある意味、ゲスのようでいて、ゲスではない。SMだからか、読むにはザクザクと切り刻まれるような痛みを伴う。だが、読後には不思議なカタルシスが訪れる。自らのご主人は自分であると“覚醒”するところは胸を打つ。また、神田の家族や家庭の歴史はまるで“ファミリーヒストリー”。自伝的小説、私小説ながら、神田つばきの経験を通して、この時代や社会が透けて見える。現在の性愛を語る時、必読の書になることを予感させる。

 

本イベントでは“ゲスママ社会学”とでもいうべき、一家言ある論客による適格な考察がされ、改めて同書の意味を読み解いでいく。親子関係が性愛観に影響を与える、厳しく、制約が多い家庭に育つと叱られることが快感になる、育児や教育によってフェチ系かダイブ系に分かれる…など、なかなか、興味深い話が目白押し。“大人の社会科見学”に相応しい知的好奇心を刺激する時間となった。

 

 

ちなみに『ゲスママ』の一番人気(!?)のアレクセイを紹介するため、某海外俳優と某大河俳優の画像がモニターに映し出されたが、なかなか、想像力を刺激する試み。会場でも受けていた。また、宮台の女性が本当の快感を得たいなら45歳以下の男性を相手にしてはいけないという発言は中高年男性へのエールと同時に若者男子を鍛えることの重要性を説いている。当然、『ゲスママ』にはそのようなことは書いてないが、どこか、神田の性愛の冒険ということとも繋がるようなものを感じさせる。無理や出来ないなどと躊躇う前に飛び込んでしまえということかもしれない。

 

1119日(日)に神田つばきは二村ヒトシなどと、“女性が性に主体的になるということを目指して染矢明日香、卜沢彩子、きのコ、たかだまなみの4人の セックスポジティブな女性アクティビスト4人が性について本音で語るぶっちゃけトーク総合コンテンツ”である「SEX and the LIVE!!」のキックオフイベント( https://www.facebook.com/events/890784884390164/ )にも出演する。同イベントも注目。『ゲスママ』を上梓した神田つばきがいま発するメッセージを聞き逃さないでいただきたい。

 

なお、「大人の学校」だが、亀山早苗ゼミの第2回を11月の第3週に予定している。正式な日程、内容などの詳細は今週中に発表する。暫く、お待ちいただきたい。こちらも聞き逃し、見逃しないようにお願いする。

 

 

ゲスママゲスママ
1,296円
Amazon

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-10-17 18:21:35

「神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!」を“大人の社会科見学”!

テーマ:大人の学校
この7月30日(土)に坂爪真吾様をゲストにお迎えし、亀山早苗ゼミ第1回講座「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」を開催してから少し時間が経ってしまったが、現在、亀山ゼミの第2回を準備中です。詳細は、近日、お知らせする予定です。暫く、お待ちください。
 
その前に「大人の学校」の“大人の社会科見学”を開催することになりましたので、お知らせします。

2014年12月、本校の?第2回公開講座「悩み多き者よ――大人の“ラブ&セックス”お悩み相談室」へ潮英子様とともに講師として出演していただいた神田つばき様が以下の通り、来週、10月23日(日)に東京・渋谷のLOFT9で、「神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!」を開催します。
 
同イベントに「大人の学校」で、“大人の社会科見学”する見学ツアーを開催いたします。まずは、トークライブの内容をご覧ください。

      -----------------------------------------------------------

神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!
 
日時:10月23日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:渋谷LOFT9
住所:〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F
TEL 03-5784-1239 FAX 03-5784-1259
料金:前売¥1,800 / 当日¥2,300(税込・要1オーダー500円以上)
※前売はイープラスにて9/29(木)12:00?発売開始!
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002204857P0030001P0006
出演:神田つばき(AV脚本家・作家)・田房永子(漫画家)・宮台真司(社会学者)
進行:赤谷まりえ(編集ライター)

「愛よりも性」を選んでみずからの手で家庭を解体した神田つばきの自伝的小説『ゲスママ』の出版記念トークイベント!
母から娘へ連鎖する性の呪縛を断ち切ろうとしたゲスママの試みは成功したのか?
『母がしんどい』『キレる私をやめたい』の著者・田房永子、社会学者・宮台真司をトークゲストに、現代の親子関係が抱える膿胞にメスを入れる。
家庭・学校・企業に立ちこめる閉塞感、夢なき今を生きる若者たちの呪詛を荒ぶる女たちは晴らすことができるのか!?

         ----------------------------------------------------------

『ゲスママ』は神田様の自伝的小説で、同書に推薦文を書いている社会学者・宮台真司様も絶賛している話題の新刊です。
 
大人のための「愛と性の生涯教育」を提唱する本校に興味を抱く方、すべてにとって必読であり、豪華ゲストが出演する“ゲスママNight!”は必見です。

本校としても是非、参加していただきたい、大推薦のトークイベントです。ただ、トークイベントということで、興味はあるが、一人では行きにくい、場所がどこかわからないという方もいるかもしれません。
 
そんな方のために本校で、参加者を募集し、事前に集合して、団体で入場できればと思っています。団体割引などはありませんが、「大人の学校」の受講生や同校に関心がある方が一緒だと安心していただけるかもしれません。事前の待ち合わせ場所に関しては「大人の社会科見学5“神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!”」の参加者のみにお知らせします。
 
突然の企画、しかも直近の日曜日開催と、日程や時間の調整が難しいかもしれませんが、ご都合のつく方は是非、ご参加ください。
?
参加のご希望、お問い合わせは、「大人の学校」幹事会( schoolforadult@yahoo.co.jp  ) まで、「大人の社会科見学5」のタイトルで、ご連絡ください。過去に「大人の学校」の公開講座、懇談会、社会科見学、亀山ゼミなどの参加者は当然として、まだ、ご参加いただけてない方も参加可能です。この機会に「大人の学校」の“イベント”へご参加ください。
 
なお、入場券に関しては直接、渋谷LOFT9、イープラスなどに問い合わせいただき、各自、購入いただければと思います。

ちなみに「大人の社会科見学」は今回で、5回目になります。2014年1月28日(火)に「大人の社会科見学『亀山早苗ママの恋愛 BAR体験ツアー』」、同年3月1日(土)に、2月28日(金)から3月2日(日)まで、江東区のディファ有明で開催された日本初の 本格的なアダルト展「PINK TOKYO」を“社会科見学”する「大人の社会科見学2『PINK TOKYO体験ツアー』」、2015年6月24日(水)に、神田つばき様が一日店長を務めた東京・渋谷のバイブ・バー“ワイルドワン”へ「大人の社会科見学3『バイブ・バ ー“ワイルドワン”見学ツアー』」、同年9月19 日(土)から12 月 23 日(水・祝)まで、東京・目白の永青文庫で開催された日本で初めての“春画”の展覧会である「SHUNGA 春画展」へ「おひとりさま“大人の社会科見学4”」を開催 しています。


■大人の学校「大人の社会科見学5“神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!”」■

■日時:2016年10月23日(日)OPEN 18:00 / START 19:00
■会場:渋谷LOFT9 
住所 〒150-0044 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F
TEL 03-5784-1239 FAX 03-5784-1259
■料金:前売¥1,800 / 当日¥2,300(税込・要1オーダー500円以上)
※前売はイープラスにて9/29(木)12:00 発売開始!
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002204857P0030001P0006
■大人の社会科見学参加者・事前集合場所:参加者のみにお知らせします。
■問い合わせ:「大人の学校」幹事会( schoolforadult@yahoo.co.jp  )
※入場券の購入などは直接、渋谷LOFT9へお問い合わせください。本校の「大人の社会科見学5“神田つばき『ゲスママ』出版記念トークライブ ゲスママNight!”」に参加される方のみ、「大人の学校」へお問い合わせください。
 
■神田つばきプロフィール

NPO法人女性の健康とメノポーズ協会認定「女性の健康推進員」「女性の健康とWLB推進員」
1959年 東京生まれ
1982年 獨協大学仏語学科卒業
1996年 子宮頸がんによる全摘手術をきっかけに離婚
2006年 女性監督の作品だけを制作するAVメーカーを設立
2010年 女性によるエロス表現芸術を奨励する「東京女子エロ画祭」第一回を主催 AV審査団体初の女性理事に就任
2014年 脚本執筆した短編映画「別の顔」(安藤ボン監督作品)がゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門上映
2015年 日本官能芸術文学協会理事に就任 特定人材派遣会社を設立、映像倫理検査に人材を派遣
著書に『私の妄想、かなえてください…。』(三和出版)、『ゲスママ』(コアマガジン)ほか、雑誌、スポーツ新聞等で活動中。
ブログ「神田つばきな日々」 http://blog.livedoor.jp/tsubakism/
 

 

ゲスママゲスママ
1,296円
Amazon

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

人気ブログランキングへ 人気アダルトBLOG

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。