1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-27 15:26:57

人はなぜ不倫をするのか……ならば、「処方箋」はあるのか――今週末、亀山ゼミ、開講!

テーマ:大人の学校
まずは、2冊の本の内容紹介と構成、目次をご覧ください。

『人はなぜ不倫をするのか』 (SB新書) 亀山 早苗 (著)

○内容紹介

さあ、不倫について考えよう

人はなぜ不倫をするのか。
きっと少なくない人が、その答えを探している。
本書はこの問いかけを、生物学的社会学的見地から、第一線で活躍する8名の学者陣にぶつけた本だ。

婚姻関係の外での恋愛やセックスは、個人の倫理観や道徳感にゆだねられてきた。
しかし生物として、動物として、人はどのような心、体のしくみで不倫をするのか。
さまざまなジャンルの専門家が、それぞれの学問をベースに不倫を解説する。

○本書の構成

第1章 ジェンダー研究から不倫を考える(上野千鶴子)
第2章 昆虫学から不倫を考える(丸山宗利)
第3章 動物行動学から不倫を考える(竹内久美子)
第4章 宗教学から不倫を考える(島田裕巳)
第5章 心理学から不倫を考える(福島哲夫)
第6章 性科学から不倫を考える(宋美玄)
第7章 行動遺伝学から不倫を考える(山元大輔)
第8章 脳から不倫を考える(池谷裕二)
終章 人はなぜ不倫をするのか


『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』 (光文社新書) 坂爪 真吾 (著)


○内容紹介

【不倫人口「500万人」の現実】
史上、最も「アレ」をしやすい現代社会を終わらせるためのサバイバルガイド!

【朝日新聞、読売新聞、週刊現代・・・etc. 書評続々! 】

既婚者が、「不倫」の誘惑に抵抗するためにはどうすればいいか?
子どもや若者世代の貧困、ひとり親家庭や生活保護、高齢者の孤独死など、社会問題の背景には、「不倫」がもたらす家庭破綻、それに伴う経済状況や健康状態の悪化が潜んでいる。にもかかわらず、「不倫」は個人の色恋沙汰、モラルの問題としてとらえられてしまっているのが現状だ。
本書では、既存の「結婚」に囚われない多様なあり方を実践している男女への取材をまじえながら、「不倫」を「個人の問題」として捉える視点から脱し、「社会の問題」として捉えなおすことによって「不倫」の予防と回避のための処方箋を提供する。本邦初の実践的不倫学!

○目次

【プロローグ】

【第1部】不倫学入門

第1章 現代社会における不倫の現実
不倫を概観する/不倫が法的に問題とされる理由 /「不倫未遂」の地獄と「脳内不倫」のリスクetc.
第2章 不倫を学問する
不倫の心理学/生物の世界では「不倫」は日常茶飯事etc.
第3章不倫を歴史で考える
不倫のジェンダーバイアス/昭和・平成 ―― メディアによって喚起され消費される不倫etc.

【第2部】不倫ワクチンを開発せよ

第1章 職場環境と人間関係の整備
性欲と性交欲/異性関係の分散化etc.
第2章 夫婦関係や家庭を壊さない婚外セックス
不倫ワクチンとしての「疑似不倫体験」/不倫専門SNSは不倫ワクチンになり得るか? /「己を持たざる者、セフレを持つべからず」etc.
第3章 婚外セックスを前提とした夫婦関係
オープンマリッジとは/交際クラブとの正しい付き合い方etc.
第4章 希望としてのポリアモリー
ポリアモリーの多様な形/一夫一婦制の引力etc.
終 章 無防備からの卒業
最も有効な不倫ワクチン/「減災」の視点/救いに至る唯一の道etc.

【あとがき】


上記の2冊は今週末、7月30日(土)の「大人の学校」が開催する亀山ゼミ第1回「「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」」の専任講師の亀山早苗様(「All About」の恋愛コラムでお馴染み!)の8月に出る新刊と、ゲスト講師の坂爪真吾様(先日、NHK『クローズアップ現代プラス』に出演!)の昨年、出た新書です。

内容や目次を読むだけでもわくわくさせられます。様々な事件や騒動、選挙があるにも関わらず、今年上半期、最大の話題となり、数多のメディアに登場した“不倫”というキーワード。ゲスからダブル、アモーレ・ラブホ、シャブ…まで、様々な冠をつけ、度々、露出し、メディアを席巻して、話題を独占しました。

不倫している人も不倫してない人も、いま、もっとも身近に感じている「不倫」について、不倫のエキスパートのお二人が語りつくします。

皆さまと意見交換をしつつ、不倫について、考えていきたいと思います。今週末ですが、お時間のある方は是非、いらしてください。お時間のない方は時間を捻出してでもいらしてください。どんな雑誌やテレビ、ネットなどの“特集”や“記事”よりも「不倫」の現在がわかるはずです。必見、必聴の亀山ゼミになります。

なお、本ゼミ後、亀山様、坂爪様を囲み、“不倫を語る懇親会”を開催させていただきます。講座、懇親会ともにこぞって、ご参加ください。講座終了後、同会場にて懇親会を開催。5時~7時で予定しています。料金は飲み放題、飲食付きで3500円になります。

今週末、7月30日(土)、新宿のトーク・ライブハウス「Cafe Live Wire」で、お待ちしています。よろしくお願いします。


■専任講師・ゲスト講師プロフィール

●亀山早苗(かめやま・さなえ)

1960年、東京生まれ。明治大学文学部卒。フリーライター。女性の生き方を中心に恋愛、結婚、性の問題に積極的に取り組む。著書に『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『「妻とはできない」こと』『「夫とはできない」こと』(WAVE出版刊)、『渇望-性、更年期、そして孤独感』(中央公論新社刊)、山路徹との対談本『おとなの関係-性と心とからだと愛』(中央公論新社)、小説に『渇いた夜』『不倫ざかり』『(二見書房刊)、『愛より甘く、せつなく』『「大人の恋」は罪ですか?』(徳間書房刊)、また、消防署員の男たちを追った異色ノンフィクション『救う男たち~東京消防庁の精鋭ハイパーレスキュー』『救う男たちⅡ~東京消防庁で日々「人の命」と向き合う隊員たち』(WAVE出版刊)、『くまモン力 人を惹きつける愛と魅力の秘密』(イースト・プレス刊)、『婚外恋愛』 (メディアファクトリー新書)。最新作は“平日昼顔人妻”を取材した『妻たちのお菓子な恋』(主婦と生活社)。 

亀山早苗「カフェ・ファタル」
http://www.viofatale.com/

●坂爪真吾(さかつめ・しんご)

1981年新潟市生まれ。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。東京大学文学部卒。新しい「性の公共」をつくる、という理念の下、重度身体障害者に対する射精介助サービス、性風俗産業の社会化を目指す「セックスワーク・サミット」の開催など、社会的な切り口で、現代の性問題の解決に取り組んでいる。2014年社会貢献者表彰、2015年新潟人間力大賞グランプリ受賞。著書に『はじめての不倫学』(光文社新書)、『セックスと障害者』(イースト新書)『性風俗のいびつな現場』(ちくま新書)、『男子の貞操: 僕らの性は、僕らが語る 』(ちくま新書)などがある。テレビ、新聞、雑誌、講演会など、各所で積極的に情報発信、提言をしている。

「一般社団法人ホワイトハンズ」
http://www.whitehands.jp/menu.html



■■亀山早苗ゼミ 第1回講座「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」■■


■日時:2016年7月30日(土) 開場:午後1時30分 開演:午後2時

■場所:東京・新宿「Cafe Live Wire新宿」
新宿Cafe Live Wire  (Biri-Biri酒場 改め)
東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F 
TEL・FAX 03-6273-0430(「碌に為さんが惜しみゼロ」)

都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分
丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分
JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分

http://go-livewire.com/ 

■参加費:入場料:前売り2000円+ドリンク代1000円(2ドリンク付き)・当日2500円+1000円(2ドリンク付き)

※ソフトドリンク、アルコールなどの追加オーダーは別途、各人お支払ください。

前売りに関しては、以下へアクセスいただき、直接、お申込みいただければと思います。

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=103178006

前売りをお申込み後、schoolforadult@yahoo.co.jp  まで、以下の受講願書をお出しください。

■受講希望願書■

■お名前(ハンドルネーム可)
■性別(男性・女性)
■年齢(未成年でなければ年齢制限はありません)
■居住区(都道府県)
■職業(大体でかまいません)
■自己紹介(あなたのブログ、HPなどありましたら、お教えください)
■亀山早苗ゼミナール第1回に関してのご質問&ご要望
■ご連絡先(フリーメールでもかまいません)
■前売り券は購入済・未購入
■懇親会に出席する・出席しない


■主催・大人の学校 
http://school4adult.jugem.jp/ 

■後援・アイディルーブ
http://www.idlubejapan.com/

■協賛・秋葉原ラブメルシー
http://www.akibalovemerci.com

■問い合わせ先・ 「大人の学校」幹事会
schoolforadult@yahoo.co.jp  )

※受講を希望する方は「受講希望願書」をお送りください。スパムメールと区別するため、タイトルには「受講希望」とお書きください。ご質問などありましたら、ご遠慮なく、お問い合わせいただければと思います。その場合は、タイトルには「問い合わせ」とお書きください。携帯電話、スマートフォンからお送りの方は上記のアドレスを受信可能に設定ください。


人はなぜ不倫をするのか (SB新書)/亀山 早苗

¥864
Amazon.co.jp

はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書)/坂爪 真吾

¥886
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-16 17:04:39

水谷充写真展「NUDE WORKS」開催中!

テーマ:大人の学校

「大人の学校」の水谷ゼミの講師を務めていただく写真家の水谷充様の写真展が昨日、7月15日(金)から開催中です。

本日はギャラリートークとオープニングレセプションがあります。
お時間のある方は是非、いらしてください。
会期は7月28日(木)までになります。


ヌード写真をテーマに女性の輝く表情を切り取ったポートレイトから新進気鋭のアーティストとコラボレーションした実験的な作品まで、水谷充らしさに溢れている。写真から本人が見えてきます。


水谷ゼミは今秋に開講予定。現在、準備中です。詳細は改めてお知らせします。暫く、お待ちください。
よろしくお願いします。



https://www.facebook.com/events/947824035337261/


水谷充写真展「NUDE WORKS」
[会期]2016年7月15日(金)~7月28日(木)
※7月18日祝日、月曜休館
[時間]12:00~20:00(土日は10:00〜18:00、最終日は12:00〜15:00)

ギャラリートーク
2016年7月16日(土) 17:00~18:00
オープニングレセプション
2016年7月16日(土) 18:00~20:00

Bright Photo Salon
東京都中央区湊1-8-11 ライジングビル4F
Tel.03-3523-0545
http://jcop.jp/wp/gallery/
https://www.facebook.com/BrightPhotoSalon


なお、亀山ゼミは7月30日(土)になります。不倫エキスパートの不倫談義、必見、必聴です。会場ではお二人の最新刊の発売も予定しています。フラゲしてください。






■■亀山早苗ゼミ 第1回講座「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」■■



■日時:2016年7月30日(土) 開場:午後1時30分 開演:午後2時



■場所:東京・新宿「Cafe Live Wire新宿」



新宿Cafe Live Wire  (Biri-Biri酒場 改め)

東京都新宿区新宿5丁目11-23 八千代ビル2F 

TEL・FAX 03-6273-0430(「碌に為さんが惜しみゼロ」)



都営新宿線「新宿3丁目」駅 C6~8出口から徒歩5分

丸ノ内線・副都心線「新宿3丁目」駅 B2出口から徒歩8分

JR線「新宿」駅 東口から徒歩12分



http://go-livewire.com/ 





■参加費:入場料:前売り2000円+ドリンク代1000円(2ドリンク付き)・当日2500円+1000円(2ドリンク付き)



※ソフトドリンク、アルコールなどの追加オーダーは別途、各人お支払ください。



前売りに関しては、以下へアクセスいただき、直接、お申込みいただければと思います。



http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=103178006



前売りをお申込み後、schoolforadult@yahoo.co.jp  まで、以下の受講願書をお出しください。



■受講希望願書■



■お名前(ハンドルネーム可)

■性別(男性・女性)

■年齢(未成年でなければ年齢制限はありません)

■居住区(都道府県)

■職業(大体でかまいません)

■自己紹介(あなたのブログ、HPなどありましたら、お教えください)

■亀山早苗ゼミナール第1回に関してのご質問&ご要望

■ご連絡先(フリーメールでもかまいません)

■前売り券は購入済・未購入

■懇親会に出席する・出席しない



■主催・大人の学校 

http://school4adult.jugem.jp/ 



■後援・アイディルーブ

http://www.idlubejapan.com/



■協賛・秋葉原ラブメルシー

http://www.akibalovemerci.com



■問い合わせ先・ 「大人の学校」幹事会

(schoolforadult@yahoo.co.jp  )



※受講を希望する方は「受講希望願書」をお送りください。スパムメールと区別するため、タイトルには「受講希望」とお書きください。ご質問などありましたら、ご遠慮なく、お問い合わせいただければと思います。その場合は、タイトルには「問い合わせ」とお書きください。携帯電話、スマートフォンからお送りの方は上記のアドレスを受信可能に設定ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-06 22:37:49

Jエロ再発見!「神は局部に宿る~都築響一 presents エロトピア・ジャパン展~」

テーマ:エンターテインメント


かの「新宿秘宝館」や『まほろ駅前番外地』で見た“ラブドール”との感動の再会か。編集者&写真家の都築響一が集めた「昭和エロス」を体感できるのが東京・渋谷のアートスペース「アツコバルー」で、6月11日(土)から7月31日(日)まで開催されている「神は局部に宿る~都築響一 presents エロトピア・ジャパン展~」だ。

同展覧会、既に多くの方が来場し、大きな話題となっている。7月16日(土)に行われる都築によるギャラリートークも定員のため、予約受付終了(6月16日にも行われ、同じく予約受付終了。7月1日のサラヴァ東京のスペシャルイベントも定員のため、予約受付終了という盛況ぶり)。昨年の「春画展」や今年5月、銀座ヴァニラ画廊で開催された「人造乙女美術館」など、このところ、日本のエロ・カルチャーを再発見する、“ディスカバー・Jエロ”が大きな潮流のようだ。

エロとカルチャー、これまで“エロ事師たち”的な視点はあったが、“生々しさ”ゆえ、分断され、独立した存在になっていた。だが、ここにきて露悪、悪趣味という感性を含め、日本独自のエロ・カルチャーとしての萌芽と、その楽しみ方が確立されてきたかのようである。

春画展を団体で見て、わいわいがやがやするのは好ましいこととは思えないが、ある種のエンターティンメントとして、性別や世代の垣根を超え、多くの支持を集め、それを裏付けるかのように活況を呈しているのだ。

ここ数年、嬉野や鬼怒川など、全国の秘宝館が相次いで閉館しているが、閉館に際して、この時とばかり、駆け込んだのはいわゆる中年男性ではなく、若い女性だったという。

そういえば、かのギャラリー新宿座で開催された「新宿秘宝館」もアート系(想像!?)の女性を中心に若い方がたくさん来て、大いに盛り上がったものだ。

そんな気運のなか、「神は局部に宿る~都築響一 presents エロトピア・ジャパン展~」も男女を問わず、若い方が多数、詰めかけている。エロはこっそりと楽しむもの、それゆえ、風情があったなどという時代とは隔世の感がある。時代は変わるか。


都築響一が収集してきた日本独自のエロ・カルチャーを「ラブホテル」、「秘宝館」、「イメクラ」、「ラブドール」、「性の達人」などをテーマに展示している。秘宝館などは一部、移築され、同会場で再現されているが、ラブホテルとイメクラは、プレイルームの再現ではなく、パネル展示のみだが、むしろ、サンプルのように展示されることで、そのキッチュさが際立つ。

ラブホやイメクラなど、多少なりとも利用したものは、時に過剰で旺盛な“サービス精神”に笑いが止まらなくなることもあるはず。いったい誰が使うのだろうと思うくらい滑稽な意匠や装置が満載だ。その馬鹿らしさを含め、遊び心溢れる、ラブホやイメクラは独創性豊かな日本の風俗産業の典型だろう。海外には比肩できない独自の空気感、想像力のたまものである。日本が誇る、クール・ジャパンならぬ、エロ・ジャパン。秋葉原のラブグッズ・ショップなども海外からの観光客が多くなってきたが、SNSなどで同展示のことが拡散されれば、外国人観光客もたくさん来るのではないだろうか。


会場にはイメクラのキャッチコピー(客引きの惹句)やラブドールの製造工場、最高齢のAV男優を始め性の達人などのパネルが展示されているが、どれも目が眩む。時に詩的で、時に滑稽である。古色蒼然の昭和を感じさせながらも極彩色の近未来を見せる。エロのユートピア探訪を堪能していただきたいものだ。

エロスの迷宮を彷徨った後は、カウンターバーで、秘宝館的な命名がされた(名前は忘れた。失礼!)オリジナル・ドリンクを嗜み、実物のラブドールの身体をまさぐる(お触り可!)のも悪くないだろう。


「神は局部に宿る~都築響一 presents エロトピア・ジャパン展~」、是非、時間を作って、会期中に足を運んで欲しい。知的(痴的!?)好奇心を満たし、かつ、楽しめるアート展である。カップル、団体での“大人の社会科見学”もお勧めだ。

そして、7月30日(土)は「大人の学校」の亀山早苗ゼミ第1回「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」へいらしてもらいたい。亀山早苗様と坂爪真吾様という“不倫のエキスパート”の不倫談義は必見、必聴である。


「神は局部に宿る~都築響一 presents エロトピア・ジャパン展~」
http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2016/0611_3709.php

「大人の学校」亀山早苗ゼミ 第1回講座「ゲスか、純愛か――“不倫”を考える!」
http://school4adult.jugem.jp/?eid=62





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

人気ブログランキングへ 人気アダルトBLOG

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。