解雇や雇い止めで住居を失った労働者に転居費用などを貸し付ける厚生労働省の「就職安定資金融資」制度をめぐり、虚偽の申請で融資を受けたとして、大阪府警生活経済課などは27日、詐欺容疑で、不動産業岩阪栄典容疑者(68)=兵庫県三田市香下=ら12人を逮捕した。
 逮捕容疑は2009年4~8月、大阪市内のハローワークに虚偽の書類を提出して融資対象者証明書を詐取。さらに、この証明書を使って近畿労働金庫天王寺支店から住宅入居費用など計約1200万円をだまし取った疑い。 

【関連ニュース】
IT会社関連先を一斉捜索=虚偽説明の疑い、社長ら聴取
振り込め詐取金で借金返済させる=容疑で稲川会系組長逮捕
結婚詐欺容疑、41歳男逮捕=投資名目で3000万円
小杉元文相の妻ら2人逮捕=8900万詐取容疑
ウイルス作成者ら2人逮捕=ゲーム装い、個人情報流出

元日本代表FW・西澤さん「海外移籍が当たり前になるよう貢献したい」(産経新聞)
自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)
夫婦別姓、選択肢を用意=千葉法相
上海-杭州間にリニア、全長165キロ・14年完成―中国
普天間移設政府方針 「辺野古」明記せず(産経新聞)
AD