東京都世田谷区の歯科治療用機器販売「ビジョンジャパン」(岡山伸社長)は3月17日、東京地裁に破産を申請し、24日付で破産手続きの開始決定を受けた。負債額は約3800万円。

 東京商工リサーチなどによると、同社は2002年に設立、医療用機械器具の販売営業などを行っていた。高額な歯科治療用機器を主に取り扱っていたが、当初から売り上げは伸び悩んでおり、経営不振が続いていた。09年10月には従業員を解雇、同時期よりほとんどの事業を休止していたとみられる。
 破産管財人によると、負債額は、債務者の申告で債権者12人に対し約3800万円。事業譲渡などによる経営再開の見通しはない。



【関連記事】
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁
「日本複合医療施設」が破産手続き開始―都内で医療モールを運営
さい帯血保管のベンチャー企業に破産手続き開始
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ

姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)
<日米密約>検証委と異なる「私見」春名委員(毎日新聞)
北海道で震度3(時事通信)
「平沼新党」来週にも、鳩山邦夫氏などと連携探る(読売新聞)
妊娠装って交際相手から中絶費用だましとる 21歳の女逮捕(産経新聞)
AD