水俣病未認定患者でつくる「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)が国などを相手取って起こしていた損害賠償請求訴訟で、熊本地裁での和解が成立したことを受け、同患者会の東京、近畿訴訟の原告団は21日、環境省に対し和解に向けた事前協議を申し入れた。これに関し、田島一成副大臣は記者会見で、「熊本地裁に準じた形で和解協議を進めることになると思う」と述べ、協議入りする考えを示した。 

【関連ニュース】
水俣病救済方針を閣議決定=対象者3万人、一時金210万円
渡辺政秋氏死去=胎児性水俣病の初認定患者
水俣病、2人を患者認定=新潟市
「生きていてよかった」=目に涙、厳しい表情の原告も
被害者に改めて謝罪=小沢環境相

家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ-逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)
こすると消えるボールペン、三菱鉛筆はキャップで消す「ユニボールファントム」
「シカ捕りに行った」と供述=女も容疑認める-奈良県警(時事通信)
<地震>新潟・胎内市で震度4=午後4時38分(毎日新聞)
<まんが甲子園>予選テーマ「3D」「○○無料化」 8月7、8日に本選(毎日新聞)
AD