Facebookが、下向き矢印ボタンを作った話

テーマ:
{39C8DA13-77F1-4C3B-94BF-C819692D699D:01}

ちなみに、『だいすけ』ボタンはありません(笑)。

ラインには、いろんな顔スタンプがあるのにねー、
びっくり、とか、笑い、とか。

うちのコおかしいの。

{729BDB06-31E7-4D22-926C-F2A5FBF60E62:01}

{BF62A773-92D1-4D6E-9B9E-65D3F5C01925:01}

私は、そんな勇気は、無いかな(笑)。
( ゚д゚)


AD

今日のWSJ

テーマ:
{90D575CA-3F15-4D08-AAFF-5E33326CA769:01}


さらに


ルフトハンザの子会社のLCCだったものね…

パイロットを採用する際、鬱病だとわかれば採用するわけがないから、学校側が伝えていなかったのなら、学校に落ち度が?

自分から高度を下げた理由がこんなことだとは、、

亡くなった方々がお気の毒でなりませんね
。・゜・(ノД`)・゜・。

AD

おもしろいCNNニュース(笑)

テーマ:

けさ見つけた、アメリカンフットボールに関連したニュース


素人さんの実名を放送中に言ったり、なんども大写しにしたり、

解説者がいろんなコメントをその素人さんについて話したり、

日本では考えられない~~~(^^)


しかしその解説者さんって70代男性なのね。そこまでお年寄りとなると、「すけべじじい」ではなく「元気なお年寄り」としてかえって愉快かも?

いちおう放送局としは謝罪コメントを出しているんですね。


しかしこの彼女さん・・このルックスで大学生? 見かけが老けすぎだよね~~~


いかにも「アメリカ」な話題でした(^^)。

AD

押尾くん逮捕

テーマ:
月9見てたらニューステロップが流れました、麻薬取締法違反容疑みたいです

ブログはもう表示できなくなっていました。

残念なニュースでした。ラブレボ共演者ではフクちゃん(極楽とんぼの山本)に続いて二人目の不祥事だ。あれがあるから再放送されなかったわけなんだけど、

これでますます再放送されなくなっちゃうね・・

イブ・サンローラン氏が死去

テーマ:
080603_1702~01.JPG
今日のサンケイExpressの一面に載っています

6月1日に亡くなったそうですが

2002年にすでに引退していたんでしたよね

ブランド名はあるけれど、デザイナーは別の人、になっていたはずでした。

20世紀に女性を窮屈な服装から開放するパンタロンを考案したのがシャネル。サンローランは働く女性の仕事着としてパンタロン・スーツを定着させた功績があると書かれています

そういえば

ショッキングピンク色のスーツなどの印象がありますねぇ。

女優カトリーヌ・ドヌーブが映画『昼顔』のなかで来た衣装はサンローラン作だったと書いてあります、映画の衣装担当もしたことがあったんですねぇ?

サンローランといえば80年代に青みがかったフーシャ・ピンクという色の口紅を、OLさんたちの間で大流行させていたな~という記憶がありますね

ご本人はいわゆる『おネェ系』らしく生涯をともにしたパートナーも男性。
アメリカなどでもヘアメイクさんなどのファッション業界の人達にはこの手の人が多いわけですが

女性の気持ちが分かる人のほうが女性向けファッションを考えるには向いているのがその一因かもですね

享年71歳だそうです
ご冥福をお祈りします。

事故だけど美談

テーマ:
台北から沖縄の那覇空港に着陸したての中華航空の旅客機に火災が起き、炎上したんですが、

90秒以内に乗客全員160人以上が脱出用シューター(空気で膨らむ巨大滑り台)で脱出しおわった後だったので全員助かった、というニュースを今みました。

乗務員が緊急脱出訓練を年1回受けていることの大切さが改めてわかる例になったなと・・

Boeing737型機だから席数すくなめだったんですけど、

本当に良かったですね、全員無事で。

子供の自殺のニュース

テーマ:
TV付けっぱなしで寝ていたらいやなニュースで起こされた。

なんかすごくはっきり遺書をかいて自殺した子がいる(女の子)

『みんなからキモイと言われるので死にます。』

だめだよ産まれてきたのだから生きないと。この世は腹の立つことのほうが多いが
学校のみんなから浮くから死ぬ
学校のみんなが全部自分を否定するから死ぬのは間違っている。

日本は人との調和を尊ぶ和の文化だけどディベート(討論)が下手だとよく言われます。なにかを話し合うと意見が分かれますが
友達とは同じ意見でいないといけないとか
なぜそう思うの?

討論で負けると自分の人格まで否定されるとなぜ思うの?なんのためにひとりひとり違う頭や性格を有しているのかがわかっていない。

人さまに生かされていると教えている仏教でも
自殺してもいいなんて教えは無いんだよ。ひとは生まれてきたから生きるんだ。生んでくれた両親のために生きる。
クラスメートにこびて生きる必要は無いんだよ、40人のクラスのなかで39人に嫌われていても明確に嫌いなひとは3人ぐらいしか居ないでしょ、周りに影響力がありまわりをねじ伏せるタイプのひとが言い出すと皆どうでもいいことはその子たちに右へ倣えする。でもそれは39人が同じ意見なわけでもないし

憎まれても世にはばからなきゃいけないでしょ。

エジソンだって幼少時は先生からみたら問題児だったわけだから!

死んでこの世に復讐したつもりでも死んだら終わりだよ。負けなの。

以前アメリカ育ちのひととすこし話をしたけど

なんで生きているかのスタンスがぜんぜん違ってた。その子の妹のほうが勉強だってできるしお父さんに性格が似てて何事も熱心に根気よいから、その子の妹のほうは『勝ち組』になりそうで、その子はなにか熱中できることも無くてぱっとしない人だったんだけど・・

『じゃあなぜあなたは妹のようになれないのか』

聞いてしまったよ。そうしたら

『ひとは一人一人性格が違う』

とすぐさま返事が帰ってきたよ。

あたりまえのことだったよね・・一本とられた!というよりは

なんでも周りと同じを求める教育に未来はないなと思いました。きょうび小学校の先生だってひとと違う意見をもつよう指導していらっしゃるようです、平均的な、はみ出さない子を育てる教育からは大物は育たないわ。

早熟な子ほど世の中に不満をもっているんだけど

そのまま大きくなれば末は政治家かもしれなかったし

政治家にならなくても隣のだれかに影響を与えたに違いないのに。

ともかく生まれてきたら両親のために我慢して生きなさい20歳までは。

貧しくてたべものがなく栄養失調なわけでもないのに

親より早く死ぬのは人間として間違っているよ、自分ひとりの判断で死なないでよ。まだバカな子供なんだから謙虚になりなよ、うざいと言われたら死んでもいいなんて許可していません。

この昨日起こった?ニュースどのへんだろう?と、一生懸命TVを見ていましたが

たぶん、たぶんですが、わたしもチャリで通過して「静かな住宅地だな~」っと思っていたあたり、

小早川病院からもそう遠くないあたり(グリーンセンターJUSCOの近く)かな~・・・と、思うんですけどね。

一戸建てが多くて駅前のようにはあまりマンションとかが建っていなくて静かな住宅地が、そこらへんまでいくとあるんです

(ちがうかもしれないのであとで調べてみますけれど・・)


よくうちの近所でもみかける、うんと小さな子供はオリのような鉄製の枠のあるカートに載せて、もっと大きな子は歩かせて、保育士のかたがた4人ぐらいで連れ歩いている、保育園のおさんぽ風景(公園とかへ行って外遊びさせ、また帰ってくる)

このおさんぽ行進の列に、トラック?をつっこんだ37歳のおとこ、ですって!!

なんと怖い光景なんでしょう!!


「救急救命センター」と写ったプレートがどうみても「小早川病院」のでした(近いんです)


それで、小早川病院の院長先生が記者会見で喋ってるのも写りました。


ふじっきーからも大漁ツアー初日に、「ホテルにチェックインしたら、いきなりTVをつけたらニュースでひったくりがK市でいま多発してるのをみて・・・」っと

暗に「治安が悪そう」なことについて触れられてしまったK市。笑えないんだな~これが・・・

本当に事件も事故も多いといえば多いのよ~


みのさんもぶりぶり怒っていました!!でもわたしもけっこう、怒っています。

「助手席に置いたポータブルカセットテープ(ウォークマン型の)を、テープのA~B面をひっくり返そうとして、脇見運転した」

っていう理由が!!!いまどき、オートリバースじゃないのをもっていたっていうのかい!?なんか嘘入っていない??


ともかくどんなに気をつけていても変な人はつねに何パーセントか路上に居るんです、本当に本当に気をつけて道路を歩きましょう!!

ハリケーン『Rita』

テーマ:

昨日、NHK-BSにてニュースを見てて、

ハリケーン「リタ」の話題でした。うわ~、ぜ~~んぶ水浸し!ってかんじでしたが、

去ったみたい、次のハリケーンがまた大西洋上で大きくなってます、って映像が出て

「ハリケーンのシーズンは11月まで続きますからね・・」っと〆ていました。

日本の台風だって同じだよ、10月、11月と、まだまだ、油断できないよー。


で、昔、日本でも台風に女性の名前がついていて「キャサリン台風」とかが被害が大きかったものとして有名ですよね?最近は番号で○号としているだけですが・・

この習慣はアメリカでハリケーンに女性名をつけてることからきたみたいで、

やっぱり「怒り狂ってるのは女性が似合うのか・・」と思っていたのですが、

男女差別をしない観点からか?昨今は男性名もつけています。

記憶に新しい、「アンドリュー」・「アイバン」などなど(アイバンは、Ivan=イワン、らしいですよね?)

しかし今年は「カトリーナ」「リタ」・・またまた女性名を採用しています。

これ、アルファベット順なのよね?と思っていたのですが・・

Kathrina のあとだから、Lで始まるかと思ったら、Ritaと画面に出ていました。

そういえば、”Santa Rita(サンタ リタ)”など、リタはRで始まりますね・・ABC順ではないのかしら?よくわかりません。

で、画面に「Rita's worth」と出ていたので・・

「この、Worthって単語のいみ、何」とだんなさんに質問したら・・・

名前でしょ。この女性アナウンサーの。リタ・ワースさんなんでしょ」っていうから・・

「・・違うよ!!^^;」

”対岸の火事”を絵に描いたような、ノンビリぶりに呆れました~。ハリケーンの名前を知らなかったみたい・・・うそでしょ?

「worth」ってのは「遺産」とかに訳せるけれど、この場合は「リタの与えた被害」みたいな意味だそうです。


ルイジアナ在住のアメブロガーさんによると 、彼女の家あたりは大丈夫だったみたいです。

ひとまず、よかったです。

いやだ~・・いやなニュースが。

テーマ:

・・といっても藤木カンケイのニュースとちゃうから安心してね。でも

女の子の母をやってるものとしては見逃せないいやなニュースがワイドショーをにぎわせています。

拉致監禁おとこ・・今日捕まったのですね、3年前にほかの件で懲役3年、執行猶予5年の判決をうけて、北海道でそれを弁護した老弁護士も「彼はあたまが良い子だと思っていたものだから、まさか執行猶予中にこんなことをするとは・・」と驚いていたし、彼の生い立ちを語って「かわいそうだ」という意見に傾いていました。だけど怖いですねーこういう「王子様」と呼ばれつつ「変人」だとみんなからヒソヒソ言われていた子が、不幸でお母さん(それもかなり過保護だったという)を亡くしてから犯罪に傾いていってしまった。女性2人と3②暮らしをして日常的な暴力をふるっていてDV(ドメスティックバイオレンス)の罪ではありますが(婚姻関係にあったので)だけど、その内容がかなりアブノーマル。女性にたいして「おまえが悪いから殴っているのに、なぜ逃げるんだ?」というせりふで暴力を・・これって親からそのように言われて殴られていたと思われますよね!!

お父さんは地元の名士で実業家でPTA会長なども沢山引き受けてきていて、この子は「こづかいはひとつき100万円」との自慢を小学生時代からしていて、「ありえない内容でお母さんが怒鳴り込んでくる」という過保護ぶり、しかも「父親が酒乱で夫婦仲が最悪」母親はその夫婦仲のわるさから、子供への過保護へと傾いていってしまったのかもしれません。そのママを失った19歳の時点でこの男をフォローする人が居なくなってしまったのですね。

こういう「地方のおぼっちゃま」でしかも「高校受験で地域一番校の受験に失敗」して、かわりに入った高校から転校を繰り返す。最悪のパターンです、田舎で目立ついえの子はバカ高には恥ずかしくて通えないって話はきいたことがあります、そういう見栄ってよくわからないけれど、そのせいで「海外の全寮制の高校へ」入れてしまう親も居るっていう話ですよねー。それは子供にとっては本意ではないでしょうね。


このニュースをみて「怖い」と「哀れ」を両方感じました。もう24才なわけですが、精神的に未熟すぎ。同級生の話をきいても「当時から人の上に立ちたがっていたが、人の上にたってどういうことをしたいという希望はなく、だだ偉くなりたいというばかり」こういう少年時代の人はよくみれば山ほど居るとはおもいます、今もどこかの一流大学の片隅や、大企業のなかにいっぱい、こういう人は生きていると思いますが「ここまでやったら犯罪である」の知識がまるでない・・子供なんですね。どこからが犯罪なのかは、普通TVをつけてて見るだけでも悟るひとはすぐ悟るとは思うのですが、そうはいってもまだ20歳そこそこの子はまだ大人だと見てはいけないなって思いました。謙虚にまだまだ世の中を知る必要があるって教えていかないと、それは親の世代の勤めですよね。若くてもお金があれば女性がどうにでもなるって思ってしまったのはなにを見てそう思ったのかわかりませんが、この子はうまいぐあいに育っていればちゃんと世の中に貢献できるお仕事が出来るような頭の子です、道を踏み外してしまって気の毒とはいえますが、もう24歳なので罪は償ってもらわないと。今回監禁をうけてて命からがら逃げ出した18歳の少女が早く立ち直ってくれることを願います。