ダンケルク

テーマ:
 
1Dのハリーが兵士役で出演してるという「ダンケルク」、予告編がもう公開されたんですね。でも、ハリーがどこにも出てこない?
 
チョイ役なのかしら??
 

 
予告動画の最後のほうに、海岸で3人座ってる兵士(救命胴衣を着けている)の左端で、すぐに視界から消えちゃう子、そしてその次の画で、ブクブクと水中に潜っているのもハリーだそうです!大変!すごい過酷なロケだった?

セリフ We should never surrender...(絶対に負けるわけにはいかないんだ・・・)って繰り返し言ってるのもハリーの声じゃないかな?
 
7月公開が待たれますね。しかし、戦争映画・・
 
こわい!!残酷さが苦手なんですが~。
これ、史実なんですよね。
戦争では庶民が犠牲になり、下っ端の兵士がまっさき犠牲になるのは、敵味方ともに同じ。戦争映画を作る側は、世界平和を標ぼうした内容のものを作って欲しいな。どんな描き方になっているかな。。。
 
海の向こう側に故国イギリスがある、フランス北部の港町・ダンケルクに、40万人の兵士たちが東西から来るドイツ軍に挟み撃ちにされ、被害を最小限にする為に撤退するしか無く、海軍の船だけでは足らないので民間の漁船も救助にかけつけたのですが、
 
フランス側から描いた「ダンケルク」も大昔に映画化されていて、
英国人兵士がまず優先されて船に乗せてもらえるので、そのあと自分たちも乗せてもらってイギリスでかくまってもらおうと、仏軍兵士たちもずっと待っていた様子が描かれているそうです。
 
また、イギリス軍は「一部を、おとりとして、残した」らしくて、40万人のうち5万人と、戦車などの兵器は、ドイツ軍をひきつけておくために、置き去りにされたという事実もあるんだそう。
 
日本側から描いた戦争映画は悲惨なので涙なしでは見られませんが、ドイツ側から描かれた「Uボート」の映画なども昔ありましたね。また、ノルマンディ上陸作戦が成功したあと、内陸部で連合国軍のほうが大敗を喫した「遠すぎた橋」っていうのも見ましたよ。戦争映画の悲惨さを見ることで、観客も、イケメン兵士役のスターを見るだけではなく、いろんなことを考える機会にしたいものです。
AD

コメント(2)