お知らせ【最終号】

テーマ:
いつもチェックしてくださっているみなさん、
ぜんぜん更新していなくてごめんなさい  m(_ _ )m


3兄弟は相変わらず元気にワイワイやってます。
2ヵ月半の夏休みも始まり、毎日遊びまくりです。



3兄弟たちもだんだん大きくなってくるにつれて
子供たちだけで、または友達と過ごす時間が増え
なかなかブログで記事にできるような場面を
キャッチすることが難しくなってきました。


「記事」にするには小さなネタ、特に笑えるわけではないネタ、
日々の中では色々なことが起こりますが、
ブログで書くほどでは・・・と、つい億劫になったりして・・・


と、いうことで
最近はFacebookにシフトしつつあります。


英文になることが多いのですが、携帯からアップでき、
ほんの一言でも書く気になれるので便利です。



それでも、何年もブログでダンゴたちの成長を見守ってくれた
読者のみなさんが今でも定期的に見てくれているので
なかなか決心がつかなかったのですが、


この記事でお知らせして、今後は全面的にFacebookで
近況報告をしてゆくことにしようと思います。


私のフルネームで登録していますので、ご存知の方はアクセス
してもらえたら嬉しいです。
(注: 「きなこ」では登録していませんので悪しからずw)


フルネームをご存じない方で、興味のある方は
このページ左バーのプロフィール欄から
「メッセージを送る」でお問い合わせ下さい。
FacebookのURLをお送りします。


Facebookでは、もちろん子供たち以外のことも書いていますが、
ダンゴたちの写真も時折アップしているので、
引き続き成長過程はお楽しみいただけると思います。



お知らせは以上です。


最後ですからダンゴたちの近況を。


じょーにぃ(長男): 

無事に4年生を終了し、各クラス男女一人ずつ担任が選ぶ
Best Student賞 のようなものをいただきました。

成績も家の子にしては(笑)なかなか優秀で(←親バカ)
各学期、そして年間の成績の表彰もいただきました。

算数に関してはケンタッキー州の選考テストをパスしたので
5年生からは特別カリキュラムの選択ができることになりました。

頑張っているようです。 (‐^▽^‐)

野球では昨年に続き、同じチームでプレイしています。
1番打者、ポジションはセカンド。
自主トレはほぼゼロ(笑) 
ベンチ入りにならないように頑張ってほしいところ。


チョロリン(次男):

2年生を終了しました。

年間を通して「賞が何ももらえなかった!」と憤慨していましたが(笑)、
なんといっても「マイペースの人」ですから、2年生を終了させてもらえた
だけでも有り難いことです。。。先生ありがとう。。

相変わらず何にでも興味を持って体当たり。
歌って踊る陽気な7歳です。(もうすぐ8歳)

気分屋のところが多分にあるので、日によって非常に愛らしかったり、
またある日はものすごくいじけていたり。
きっと中間子ならではの苦労が色々とあるのでしょう。
それでもずいぶん自立してきて、成長したなぁ~と日々思います。

チョロリンも野球をやっていますが、彼の場合は「楽しみ」が一番の
目的で、野球のスキルにはあまり感心がない様子。
他のチームの選手にヤジを飛ばしたり(笑)、
コーチに口答えして怒られたりする方が楽しいようです。
決まったポジションはありませんが、ショートストップあたりを
守っています。 またはベンチ  (>_<)


ぷーこたん(三男):

モヒカンスタイルが気に入っています(笑)。

この秋からはキンダーガーテンに入学です。
少し前までは「ずっと家にいたい」とゴネていましたが、
今では初登校が待ち遠しくてしかたない様子。
スクールバスに乗る日が楽しみです。

ぷーこたんは今年もT-ballチームです。
体は小さいけれど、兄達に鍛えられているせいか、
なかなか頑張っていて、ピッチャーです。(投げないけれど。)
コーチから来年のチームへのお呼びもかかっていて
じょーにぃのように野球で頑張っていきたいようです。
ゴルフも引き続き頑張っている5歳。




周りには、週末も日本人学校に通って、平日も一生懸命
アメリカと日本の勉強を頑張っている子が沢山います。

実際に昨年一年間日本人学校で教えてみて、
みんな本当に頑張っているんだなぁ~と感心しました。

それに比べてダンゴたちは、会話では問題はないけれど、
日本語が読めない、書けないで、「これでいいのかしら?」と
思う事が時々あります。

長い目で見れば日本語の読み書きができた方が
断然彼らのためになることも、もちろん分かります。

親としては、子供のチャンスを狭めているのかな、と
思い悩むことも、多々あります。


それでも、言い訳かもしれないけれど、
「今しかできないこと」を沢山経験してほしいと思っています。

本人たちが本当にやる気になれば、日本語の習得(読み書き)は
後からでもできる可能性が高いけど、

子供の頃に毎日時間を忘れて駆け回って遊ぶこと、
何もないところから工夫して遊ぶこと、
喧嘩をしながらも兄弟で過ごすこと、
スポーツを通してチームワークや運動神経を養うこと、
etc・・・


いろんな失敗が許される時期、
怖がらずに何にでも挑戦できる時期、
毎日生き生きと笑って過ごすこと、
よく食べてよく寝ること、
人の痛みを知ること


必ずしも親や先生や教科書が教えてあげられないことを
今のうちに沢山沢山、体験してほしい。



大人になった時に、自分の親の「育て方」を批判するのは簡単なことで、
ダンゴたちも大きくなったら

「どうして小さい時にもっと日本語の勉強をさせておいてくれなかったの?」とか

言う日がくるかも知れない。


子育てに100点満点の正解なんてないと、いつも思う。


ただできることは、
親の一人一人が何か信念を持って育てること。

親が良かれと思ったことを子供が望むとは限らないし、
子供が良いと思ったことが道徳的に良くない場合もある。


だから、最終的に5年後、10年後に「吉」と出るか「凶」と出るかは
今は分からないけれど、いつでも子供たちにきちんと自分の
信念を説明できる親になりたい、と思う。


お父さんが、またはお母さんが、どうしてそのように育てたか、ということを
きちんと子供と話合える関係を作っていれば、
「子供」は必要な修正や方向転換を自分でしてゆけるように
なるのではないか、そんなふうに思う。


「親が作り上げた自分」に不満足な大人になるのではなく、
親の育て方を基に自分の生き方を決めてゆける、そんな人になってほしい。



「完成形」が誰にも正確に予測できないから子育ては難しい。

「親のせい」、「子供のせい」にしない親子関係を目指したいナ。

お互いに「犠牲者」にならないこと、そう感じないこと。
立場の違いは守っていても、伸び伸びとした「家族」でいられたらいいね。



長い間ブログを書きながら、コメントをもらいながら
そんなふうに考えてきました。

もちろん私の子育ては、私とダンゴたちとの間だけの関係で、
どの家族にもそれぞれの形があるはず。

みなさんがそれぞれの家族の子育て、またはこれからの家族作りに
色々な可能性を見つけて、何よりも、楽しんでほしいと願っています。


そしてダンゴたちの親である私たちを育ててくれた
二人のダンゴ祖母たちに改めて感謝を伝えたいと思います。



機会があれば今度はFacebookでお会いしましょう☆


2010年6月14日














AD

イメチェン

テーマ:
春だもの。



ということで、


ぷーこたん(三男)がイメチェン。



































モヒカン 



ダンゴ3兄弟とあそぼ!



(ー'`ー;)






AD

ひさしぶりに「しりとり」

テーマ:

以前も「しりとり」の記事を書いたことがあった気もしますが

あれから随分経つのに、まだダンゴたちのしりとりは相変わらず。

私にはちっともツッコミどころが分かりません(笑)






チョロリン(次男): 「いちご!」










ぷーこたん(三男): 「ゴロンっ!」



(((( ;°Д°))))オイ













じょーにぃ(長男): 「ゴロンて動作だからだめじゃん!」

     (`∀´)



チョロリン(次男): 「バカだねぇ~ぷーこたん。

             何かの名前じゃないと!」  

    ヾ( `▽)ゞ





ぷーこたん(三男): 「うごくやつ(*動詞のこと?)でもいいの!」

     (◎`ε´◎ )













「ゴロン」

















「ン」の立場はっ?
 

        (-""-;)・・・オワッテルヨ






AD

働くダンゴ

テーマ:

いよいよ冬本番。 雪

当地では今年も早々から冬将軍のお出ましです。



今日も午前中から積雪に見舞われ、雪の結晶
月曜日から始まった新学期もお休み続き。



雪が積もる度にその後の雪かき作業を思って
気が重いのですが、


どうやら今年からはその心配はなさそう音譜



3兄弟が張り切って雪かきしてくれました。


こちらでは男の子のお小遣い稼ぎといえば
夏場は芝刈り、冬は雪かきが王道ですが、

ダンゴ達もようやく雪かきができるようになってくれて
母としては嬉しい限り。

雪かきって結構力仕事ですものね。


まあ、その内お小遣いで釣っても無視されるようになるような
気もしますが・・・

今日のところは一人$2で大喜びでやってくれました(笑)
ぷーこたん(三男)は出来高が少ないので$1。


いつまで楽しみながらお手伝いをしてくれるか分かりませんが
今日はなかなか良い仕事をしてくれました。






5歳になりました

テーマ:

いよいよ2009年も残すところあと数日。
本年もお世話になった皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。


さて、年の瀬といえばぷーこたん(三男)の誕生日。

毎年クリスマス直後でかすみがちですが・・・

今年無事に5歳になりましたクラッカー



思えばまだぷーこたんが生まれて間もない頃、
近所の三姉弟の末っ子が4歳になり、

「3人目が4歳になったらきっと楽だろうな~」と

羨ましく思ったものですが、

気が付けば自分のところの3人目(ぷーこたん)が5歳。


毎日ドタバタしているうちに、アッという間でした。



ぷーこたんの誕生日当日、たまたまぷーこたんの生まれた病院に
行く機会があったのですが、近年の経済状況により
他の病院と合併、病院の名前が変わってしまった他、
産科もグループの別の病院に全面移動となっていて
月日の経過を感じました。



ぷーこたんは2010年の秋から幼稚園に通う予定。

今まで5年間ずーーーっと家にいた子なので
最初はちょっと心配な面もありますが(食事が遅い!)
さすがに3人目とあって非常に要領の良い子なので
なんだかんだ上手いことやってゆくことでしょう。


私もじょーにぃ(長男)が生まれて以来、実に10年目にして
やっと?平日の(半日だけですが)育児から解放されそうです~!


渦中にいる間は果てしなく続くように思える育児期間ですが、
先輩達の言うとおり、振り返ればあっという間。


現在ものすごく手のかかる小さなお子さんの育児に
励んでいる皆さんも、これから出産を控えた皆さんも
後になれば苦労ほど良い思い出、そう思って
是非頑張ってほしいと思いま~す。


「親孝行したい時に親はなし」とは良く言われますが、
子供も親に余裕が出来て「かわいがりたいなぁ~」と
思う頃にはすっかり親の出番など少なくなってしまうもの、
最近はそんなことをよく思います。


まだ親を必要としてくれる時期に、
言い合ったりぶつかり合ったりしながら
沢山彼らと関っておかないといけませんねっ。



皆様良いお年をお迎え下さい。


たまごっち、その後

テーマ:

前回書いた「たまごっち」達ですが
元気に育ち世代交代を繰り返しております。


私が育てていた子は

ほめる
おやつを食べさせる

を満たさないとタスクをしない子に(笑)


結構いろんな性格も持ってるんですねぇ。





たまごっち達は少し大人になると
他のキャラクターと結婚したりするんですが、

先日はじょーにぃ(長男)チョロリン(次男)
たまごっちがそれぞれ相手を気に入ってゴールインクラッカー
めでたく二子をもうけたりしたのですが、



結婚してからのたまごっちの世話をしながらじょーにぃが一言、













「結婚しちゃうとストレスがすぐ増えちゃうよねー」





( ̄□ ̄;)!!


とか言って



お相手であるチョロリンもまた、








「結婚したら全然ハッピーが増えない!」



(((゜д゜;)))



とか言っていて・・・









フォロー難しいぞ!たまごっち!





我が家にペットがやってきた

テーマ:
我が家のニューフェース(4匹)

NANA ♀
BCGE ♀
EJ  ♂
AAAA ♂


なんとセンスのないネーミング ・°・(ノД`)・°・




そこで一句

“ たまごっち  う○ちを取るか  寝かせるか ”



夜になるとスリープモードになるたまごっち達。

その時にう○ちをしていた場合、

朝までそのままにしておく のか、

起こしてでも取る のかが悩みどころ。


だって、どっちにしてもむかっ不愉快モードむかっ炸裂なんだもの。(T_T)




3兄弟、適当に世話して、適当に放置して

すでに何匹も愛想をつかして出て行っちゃった。


その度に


「頑張ってお世話したのに―――ッ!」

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。   \(*`∧´)/   (/_;)/~~


騒いだり、怒ったり、凹んだり ・・・ 大忙し。



ちなみに、じょーにぃ(長男)が一番一所懸命お世話するタイプ。

さすがお兄ちゃん!合格



でも少しずつたまごっち達の機嫌を読んで

先回りのお世話をしてみたり、

好きそうな物を買い与えてみたり・・・


色々工夫して育んでいます。


(まさに玩具メーカーの思惑どおりな子供達)



アメリカ購入のたまごっち達だけど、

最近のヤツラは流行の映画やゲームの影響もあってか、


音譜ミュージシャン音譜


を目指していて、楽器の練習をしたりバンドを結成したり。

一昔前とはまた違ったキャラを持っています。




日中、美容室に行って待ち時間に4匹をピコピコお世話していたところ

隣でネイルをやってもらっていた妙にゴージャスなオバチャンに


「(子供が)学校の間はベビーシットしてるのね?」

と言って笑われました。



「自分のもあるんです」

とは言えなかったけれど(笑)、

結局リアルにしろ玩具にしろ、最終的に世話を任されるのは

どこの家もオカーサンなのよねっ (iДi)



・・・今気付いたけど

「顔文字」って、ちょっとたまごっちのキャラに似てる・・・


最近のワタクシ

テーマ:
えぇ~
知りたい人も、どっちでもいいという人もいるかとは思いますが

「アンタ最近元気にやってんの?むかっ

とのメールをいただく機会も増えてきましたので(笑)
たまには母記事でも。


ところで、なんだかんだと平日も週末も稼動していますので
ご近所のみなさまとも最近はあまりお会いしていませんね。
みなさまもお元気でしょうか?(笑)


私の方はこの夏、突然思い立ってバイクの免許を取りました。

深い理由はありませんが(笑)



あまりこちらでバイクに乗っている日本人は見かけませんが
今後の参考になるかも?知れないので、簡単にKYでの免許取得について。

まずは免許センターで仮免テスト(筆記)を受けます。
最近は教本がないので、自分でWebからダウンロードして学びます。
基本的には車の免許を持っていれば、交通法等はほとんど同じなので
そんなに難しいことはありません。

でも、車と違って日本語でのテストはありませんのでご注意。


仮免を取ったら、毎週水曜日の朝に実施されている
実技試験を受けるか、教習所のような所に通います。

私は後者でしたが(バイクに乗るのは初めてだったので)
以前乗っていたことがあれば、実技試験をお勧めします。無料だし。
ジグザグと3速までのギアチェンジだけです(笑)
一人3分ぐらいのテストです。


私が受けた教習の方は、3日間の初心者コース。
初日は4時間の学科。(仮免テストの勉強にもなります。)
2日目3日目は実技でした。(各6時間)

実技の方は125ccと250ccのどちらかで練習します。

私の時は、16人ぐらい受けていましたが、全くの初心者は
私とあと2人ぐらいで、ほとんどの人は免許取り直し目的みたいな感じで
初日から普通に乗ってました(泣)

まあ、教官のお情けもかけてもらって終了証を手にすると
仮免取得から1ヶ月経っていれば本免許に書き換えができます。

即席ライダーの一丁あがり!


アブネー  (;´▽`A``



でもって、

アメリカのバイク免許には段階がありません。
中免とか大型とかありません。

私の場合は125ccで教習を正味10時間ほどして
750cc(プロフィール写真のバイク)に乗り始めました。


そう、免許を取ってからが本練習、という感じで(笑)

無謀です。

しかも普通に125ccのネイキッドで教習してきて
750ccのアメリカンですから、勝手が全く違いました。

4回ほど広い駐車場に行って練習しました。


教習所では2速までしかやらなかったし! (  ゚ ▽ ゚ ;)



初めて4速に入れた時はかなりビビッてました。正直なところ。


そんなこんなで、今もまだ恐る恐る乗っている感じですが
なんとか「動かせる」ようにはなってきました。
(もとい、「動いているバイク」に「乗せてもらっている」だけです。実際。)


実感としては、やっぱりこういうものは若い内に一度はやっておかないと
だめだなぁ~ということ。30代も中盤になってくると(爆)恐怖心が・・・ね。

でも真っ直ぐな何もない道路を走ってると素敵な開放感があっていいですよん。

もう山道を走る、とか、コーナーを攻めるとか、そういう乗り方には
興味がなくて、フラッとその辺をのんびり流せればそれで満足。
(フラッとどころか、フラフラですが)


身長が160cmないので、ブーツ履いてやっとの足付きですが
自分のバイクに初めて乗った日にいきなり倒しましたから。。。(涙)
立ちゴケに非常に近い超低速状態で支えきれず。無念。

バイク乗りたちが言うように、
「走ってしまえば倒れない」
は、真実だったんですね!(笑)


私がバイクに乗り始めたので
元バイク小僧のダンゴ父も黙っているはずがなく(笑)
1100ccのアメリカンを購入。(でも仮免www)

我が家の車庫はもはや車が入れられない状況です。

でも子守り役が必要なので、いまだ夫婦ツーリング実現せず!(笑)

私はもっぱら近所の渋い50代バイク乗りのオジサンとツーリング。
公道で教習してもらってます。

アブネー  (@ ̄Д ̄@;)


ご近所のみなさんは、特に晴れた日曜日にヨタヨタと走っている
ワタクシを見かけたら充分に車間距離を取られることをお勧めします。
決してあおったりしてはいけません。
目の前でコケたらもっと時間かかりますから
辛抱強くついて来てください(笑)



ダンゴ達が大きくなったら一緒にツーリングに行きたいなぁ~

というのが一番の目的。


母親が男の子と遊ぶ(遊んでもらう)のには色々と努力が必要なんです。
今から練習していればきっと間に合うと信じて頑張ってみます(笑)



そんな感じで
ますます日本人のお母さん仲間とは別世界にいっちゃってますが(爆)
またどこかで見かけたら声をかけてくださいませ。
(バイク運転中はお控え下さいw)





クビ!?

テーマ:
ご無沙汰しております。
皆元気に夏を乗り越えました。

先月からはじょーにぃ(長男)は4年生、
チョロリン(次男)は2年生、
ぷーこたん(三男)は最後の自由な一年を楽しんでおります。


張り切って2年生をスタートさせたチョロリン
毎日の宿題も嬉々として取り組み、成長を感じさせます。


が、


学校ではある意味問題児的なキャラは健在のようで・・・

週に1度は


「ボク、今日トラブルだった!」 

          ヾ(@°▽°@)ノ



と言っています。




喜んで言うなっ!むかっという感じではありますが



そこはチョロリン

先生に叱られようと、クラスメイトの前で恥をかこうと



一向に気にしていない様子・・・



担任の先生には深く同情の念を抱いております。





先日のこと。

帰宅するなり、


「ボクは今日トラブルだった。」 というチョロリン


ワケを聞いてみると・・・






その日のチョロリンのクラスの役割は「ラインリーダー」

教室移動の際に、クラス毎に廊下を一列に並んで移動するのですが
その先頭を務めクラスをきちんと移動させるのが仕事。



ところが、移動中に先生が

「ちょっとここで待ってね」

と声をかけて列を離れた時、

リーダーを務めるチョロリンが自分の後の友達と遊び始め

夢中でダンスを踊っている間に、用事を済ませた先生は

スタスタと先へ行ってしまいました。




そこで誰か気づけよむかっ と・・・






とにかく、リーダー(チョロリン)の不始末のせいで

クラス全員が校内で路頭に迷うという

前代未聞の惨事となったそうです(涙)



探しに戻ってきた先生がチョロリンに取った措置は・・・









「クビ」ドクロ




(((゜д゜;)))



小学2年生がクラス内の役割を失敗したとしても


クビというのはさすがに母も聞いたことがありませんでした汗




おまけに外遊び時間もクラス内に居残りで
勉強させられたそうです(涙)




7歳にして初めての失業。


さすがです。


チョロリンは7歳になっても、やっぱりチョロリンだった!






(後日談)

今日になって(失業から約2週間)もう一度ラインリーダーの
役割をいただけたそうです。

チョロリンに再チャンスをくれようという
担任の先生の心の広さに脱帽です。(無謀とも・・・)


  


「いつか学校に呼び出される日が来る」 叫び


母は今年もそう確信(覚悟)しているのであります。