ピュアブログトップへ

バーチカル窓

テーマ:(★着工~引渡し 2008年08月10日(日)

日曜日は工事はお休みだけれども、職人さんがいないほうがゆっくり見れるので、行ってきた。


玄関は付いているけれど、キッチンの方から中に入れるので、こっそりと侵入。

木の香りがふわ~んとして、まさしくmy forest だの~キャ


何がどこまで進んでいて、順調なのか遅れているのか素人には不明。

大工さんのお仕事は特に目立ったところはなく、しっかりと丁寧にやってくださっている様子。


しかぁし。ちょっとコレは…と眉をしかめそうなのは、電気屋さん。

配線をめぐらせるために、柱に金具を取り付けたり、穴を開けたりしているんだけども、素人目に見ても、どーにも雑!

間違えて開けたような穴もポコポコあるし、酷いのになると重要構造材まで削られたりしている箇所もある。

いやいやいや!待って待って待って!それはダメだろう!


さっそく写真を撮って、監督さんにメールをしたけれど…涙

どのレベルまでが許容の範囲か分からないし、土台まで削られた今、もうやり直しはできないだろうし。

かといって、「問題ないのでこのままです」って言われても納得できないんだけど。

あ゛ー。怒り炸裂モードな自分にドキドキ。また大きな声を出してしまいそうだわ。

(過去にショールームでブチギレて、周囲を凍りつかせたことあり)

すーはーすーはー(深呼吸)落ち着け自分。


さて。気を取り直して。

まったく予算の無い我家の家づくり。

予算が無いわりに見た目重視の無駄なものがたくさん付いているので、設計さんも半分呆れていたんだけれど。(それを付けたいが為に我慢したオプションもたくさんあるんだよ~)

「高いから!やめたほうがいいですよ~」とストップがかかったにもかかわらず、強引に採用した窓。


200808101114000.jpg


バーチカル・ウィンドウ。

ここは最初、↑写真の右端に見切れて写っている小さな窓が付く予定だったんだけど、どうしても展示場っぽいオサレな雰囲気を演出したくて、決めた。

玄関ホールの明り取りと、ダイニング・キッチン脇の明り取りの二箇所に採用。

しかぁし。この窓一個で○○万円するらしい。二個で○○万円ッッガクリ

予算のたっぷりある施主さんなら良かったけれど、我家には単純な贅沢品だもんなぁ~。設計さんも真顔で「やめた方がいいです」と止めるワケだわ。

この窓を我慢すれば、食洗器なんて余裕で付けられたし、アレもコレも付けられた。

予算も無いくせに無駄遣いが大好きなアホアホ夫婦。

同じテーマ 「(★着工~引渡し」 の記事
PR

[PR]気になるキーワード