もう遅いけど

テーマ:
アメブロの運営部に、変化の兆し?

コメントスパム、読者登録スパム、トラックバックスパム対策について

ユーザーの方としては、
スパム対策はありがたいでしょうけど、
それと同じくらい、↓の1文は嬉しいと思います。

「いずれの機能も、個別に設定・非設定をご選択いただくことが可能です。」


少なくとも、自分がまだこっちで記事を書いてたらこれは嬉しいです。
勝手に色々と変えられてるのがまず嫌でしたから。

残念ながら、FC2から戻る気は今は無いですが、
批判して去ったわけで、
改善されたところは認めておきます。
AD

ブログ引越し

テーマ:
fc2の方にブログを引っ越します。

新ブログはこちら→リンク

7月に登録してたんですけど、
決断しかねてたんです。

その頃から、アメブロでやってるのは、
ブログ仲間の人たちがいるから、
って言う理由しかない状態でした。

今まで交流のあった所には、
ちょくちょく遊びに行くつもりなんで、
これからもよろしくお願いします。
(ここも、閉鎖はしません)


引越しの理由としては、
アメブロの運営方針というか、何と言うか。
どんどん改悪されてるように思ったので。


最初におかしいと思ったのは、「スクラップブック」。

mixiみたいなSNSのコミュニティみたいなものに、
記事を投稿できる機能です。

同じ話題で盛り上がれる仲間が集まれるように、
って言うのは分かるんですけど、
それは別に、普通にブログやってれば集まれるんですよね(笑)

しかも、スクラップブックにコメントがしづらかったりして、
ほとんどのユーザーが記事を書き捨てるだけ。
交流しやすいとは言えない環境でした。


スクラップブックが出来る前は、
「トラックバックステーション」と言って、
お題にみんなで記事を書く企画がありました。

スクラップブックで、代わりにしよう、
と運営側が思ってた節があるんですが、
トラックバックステーションの方が、
スクラップブックよりよっぽど盛り上がってたし、
見た事の無いブログを見つけるのにも良かったです。


この、面白いブログを見つけるのと、
自分のブログを見つけてもらう、っていうのは、
個人的にはかなり重要視していた部分だったのに、
アメブロのリニューアルのたび、
両方ともどんどん難しくなっていきました。

ジャンル別のランキングや、最新記事が探しにくくなって、
クローズアップされてるのは、有名人の公式ブログ。

有名人って言っても、
自分が知ってる人なんてほとんどいませんし(苦笑)
知っていても、1対1で交流できるわけでもないんで、
個人的にあんまり興味は湧きません。


で、昨日だか一昨日だか、
いきなりアクセス解析機能が付いたんですね。

スクラップブックや、
最近付いたプロフィール機能なんかで思うのは、
mixiを意識してるとしか思えない事。

アクセス解析も、足跡機能を付ける布石みたいです。

マイミクの人なら知ってるでしょうけど(苦笑)
足跡が付くのは、mixiで一番嫌いな機能です。

誰が来て、誰が来てないのかなんて、
出来れば気にしないで、
対話したいときに対話できるのがいいなぁ、
と思うんです。

IPなどが明かされないにしても、
どのサイトから来てるのかなどで、
誰が来てるのか分かってしまう事がありそうなのは嫌です。


で、このアクセス解析の件を含めて一番思うのは、
ユーザーに選択肢を与えないで、
機能を一律に追加してしまうアメブロの方針。

このページの一番上にあるバーなんて、
欲しいとは一言も言ってないし、
プロフィール機能も、必要があるとは思えません。

管理ページは、何度も何度も変化していて、
その度に、どこに何があるのか、
覚え直さないといけません。


こういうのも、
要望があるからやってるのかもしれませんけど、
ほとんどの変更が分かるのは、
メンテナンスの後でいきなり変わってるのに気付いて、
スタッフのページを見ると事後報告。

スタッフブログや要望のメッセージで、
この事に対して何度も提言をしてるんですけど、
パターンが崩れる気配がないんで、
引越すしかないか、って言う気分です。
AD

9時半まで居残り

テーマ:
木曜日は、6時半から9時半まで、教える側。


でも今日はその前に、
5時から友人のアパートでのバーベキューがありました。

キャピトル・ヒルって言う丘にあるアパートで、
西の方を見ると、スペースニードルや、
その向こうにオリンピック山脈が見えたり、
東側には、ワシントン湖が見渡せる所が近所にあって、
景色の良いとこだな、と思いました。

自分の住んでる場所も、十分良いんだけど。


30分くらいでハンバーガーを食べて、
6時頃にバスに乗って学校へ。
30分ジャストに部屋に着きました(オイオイ)


9時半まで居残りなんて、
嫌と言えば嫌なんだけど、
終わったときは妙な爽快感が(笑)

でも、カーディナルスの試合、
負けたけど見たかったなぁ。

明日も、3時半から6時半まで、
同じ様な事してるんで、
最初の2時間くらい見られなさそう...
AD

Tower Records経営破綻

テーマ:
アメリカのTower Records、
経営破綻して、閉店セールが始まってます。
(日本のタワレコは問題無いそうです)

日曜に、早速行ってきたんだけど、1割引。
...う~ん、2割は期待してたんだけどなぁ(笑)

仕方ないんで、元から安めのを
4枚買ってきました。


先週Amazonから3枚届いたとこなんで、
まだ聴いてみたのは↓だけ。

Ozomatli
Coming Up

1曲だけ他のCDで聴いた事があって、
気になってたラテンフュージョンバンド。

これは、ラテン好き、ロック好き、ジャズ好き、
(ポップでも、ヒップホップでも、笑)
なんでも良いんでオススメ!
センスの塊のような人たちです。


まだ聴いてないけど、他の3枚は↓

Charles Mingus
Mingus Dynasty

ベースのおじさん。
自分の名前を中国の明王朝にかけた、
タイトルとカバー...

ふざけ過ぎな気もするけど(笑)
まぁ、内容はまともだと思います。

Thelonious Monk
It's Monk's Time

Thelonious Monk
Monk

この辺はまぁ、普通ですね。


1割引より安かったら、
もっと買い漁るんですけどねぇ(笑)

今日の予定は...

テーマ:
おはようです。

今日もまた、スポーツ観戦に予定をフィットさせる事になりそう。


一番観たいのは、
昨日から引き続き、カーディナルスのプレーオフ。
これが、午後5時から。
(生中継があるのかどうか知らないんですが、
日本時間は、8時間引いて下さい)

今日は、
サイヤング賞候補のクリス・カーペンターが登板します。

相手の先発投手は、
何年か前までカーディナルスのピッチャーだった、
ウッディー・ウィリアムス。

カーペンターが投げてるにしても、
昨日みたいに相手の先発から打てないようだとまずいですねぇ。


あとは、NFLのどの試合を見るかって話。

シアトルで中継があるのは、
まず10時からビルズ×ベアーズに、ラムズ×パッカーズ。

ベアーズとラムズには興味あるけど、
ビルズとパッカーズが微妙...パスします(笑)


1時台に始まる試合では、
カウボーイズ×イーグルスが放送されて、
これはまあ面白そうではありますねぇ。

でも、イーグルスで騒動を起こしてからカウボーイズに移籍した、
WRテレル・オーウェンスの帰還、って事で、
メディアが1週間ぶっ続けで騒いでました。

またその話ばかりかと思うと、
正直、見る気失せます。


しょうがないんで、夜の試合、(5:15開始)
野球と時間帯が重なっちゃうけど、
見られるだけ見ようかな、と。

カード的にも、スティーラーズ×チャージャーズは、
プレーオフで勝ち進めそうな戦力がある2チームなんで、
かなり気になってます。


ってわけで、朝から出かけて、夕方帰ってきます。


ところで、カーディナルスとパドレス以外のシリーズ、
全部終わっちゃいましたね...

結構観たかったツインズ(と言うかサンタナ)、
ちょっと観たかったドジャーズ(と言うかマダックス&斉藤)、
特に観たくなかったヤンキーズ。
どれも観ないうちに消えちゃいました。

ツインズは、サンタナが負けた時点で苦しかったと思うし、
ドジャーズは、相手(メッツ)が悪かったと思うんで、
しょうがないと言えばしょうがないかも。

ヤンキーズが負けたのは、ちょっと意外でしたね。
タイガーズは、シーズン後半はいまいちだったんで。
タイガーズの投手陣が、予想以上に良い出来でした。


ではでは、まだだけど、いってきま~す。

長い2日間

テーマ:
ふぅ、今日も日が暮れるまで帰れませんでした。

長い一週間だった
...と言うか、長い2日間だった(笑)

ちょっとやり残しというか、
来週までにやら無いといけない事とかあるんで、
明日も出かけることになりそう。


でも、野球とかアメフト観戦があるし、
どう詰め込むか問題。


最優先は、メジャーリーグのプレーオフ、
カーディナルス×パドレスの第3戦ですね。

カーディナルスから見始めようとしたせいで、
ツインズが、見ないうちに消えちゃいました(笑)

これが午前10時からだから、
1時過ぎまでは釘付け状態。


楽しみなアメフトの試合は、
12時半からのLSU(全米9位)×フロリダ(5位)と、
4:45からのテネシー(13位)×ジョージア(10位)。

ん~、どっちかを犠牲にしたほうが良さそうですね。


多分、LSU×フロリダの決着がついたら出かける、
って事になりそう。


明日の予定も決まったところで、
バーでの同期の集まりに行ってきます。

長い一日

テーマ:
朝9時前に家を出て、今は10時過ぎ。
そろそろ帰ります。

ほとんどずっと室内だったのに、足が疲れたなぁ。
1日やっただけなのに、妙な達成感が...
(メールで聞かれれば、詳しい話をするかも)

冬休みまで、毎週木曜はこのスケジュールですけどね。


見てないうちに、カーディナルス頑張ってるんですね。
今日は2-0で勝っていきなり王手。

あさっての試合で決められるかな?

NHL開幕!...してたのね

テーマ:
全然気付いてなかったんですけど、
NHLが今日開幕してるんですね(汗)

ESPNの解説者とかの話だと、
アナハイム・ダックスが強いとか。

西ではダックスの他に、
サンノゼ・シャークスやミネソタ・ワイルドが強くて、
東だと、オタワ・セネターズ、バッファロー・セーバーズ、
ニューヨーク・レンジャーズなんかが優勝候補らしい。


シアトルに来るまでは、
最寄のチームはずっとセントルイス・ブルースでしたけど、
結局一度も生で見なかったですねぇ...

シアトルにはNHLが無くて、
これまたなかなか見る機会が無さそう。
それでも、近所のバンクーバー・カナックスを応援するか。


メジャーリーグのプレーオフは、昨日開始。

アスレティックス 3-2 ツインズ
カーディナルス 5-1 パドレス
タイガーズ 4-8 ヤンキーズ


シーズン前の予想 では、
カーディナルスがアスレティックスに勝つ、
って書いたんですよね。

そこへたどり着くまではまだまだだけど、
可能性は残ってるなぁ。


実を言うと、
昨日は忙しくてハイライトしか見られなかったです。
カーディナルスから見始めたいんで、
ただいま生中継ボイコット中。

(ん~、明日もカーディナルスは見られない...
土曜のGame 3まで生中継は見ないことにします、笑)

一応専攻なんで、ちょっと(?)書いてみます。


(なんかドアホなミスしてました、ちょっと訂正)





今年の物理学賞を受賞したのは、

NASAのジョン・マザー博士と、

カリフォルニア大バークリーのジョージ・スムート教授。



受賞理由は、

「宇宙マイクロ波背景放射の黒体放射との一致と非等方性の発見」



物理学者以外が見たら、なんだか訳分からんだけですね(笑)





宇宙からは、色んな光(電磁波)が飛んできてます。



日常生活で分かるのは、

目に見える星の光だとか、太陽から来る紫外線。



人間が見ることの出来る電磁波ってのは、

かなり限られてるわけで、

紫外線のように、見えないものがあらゆる方向から来てます。



そんな中、どの方向にも観測できる電磁波があるんです。



それが、「宇宙背景放射」。

星とかが「前景」で、そのさらに向こうから来てる、って事。





どこから来とんねん?って話になるわけですが、

この世にあるあらゆるものは、

放射熱を発してます。



太陽が一番分かりやすい例で、

ストーブでも、暖っためられた空気じゃなくて、

赤外線を感じるなぁ、って言うのが分かるかも?



そして、氷なんかでも、熱を放射してます。

ただ、体の放射する熱の方が強いから、

氷に近づいても熱を失うだけで、

暖かくなる感じは当然しません(笑)





とにかく、「宇宙背景放射」を分析してみると、

絶対温度2.75度の物体が発する放射熱と、

そうやら周波数の分布が一緒らしい、

ってことが分かったんです。

(受賞理由の1つの、「黒体放射との一致」)




CMB and blackbody radiation


(宇宙背景放射と、黒体放射の比較。重なって、線が1つしか見えません)




絶対温度2.75度、

つまり、絶対零度から2.75℃だけ上の温度です。

普通に摂氏で書くと、マイナス270.4℃(!)。





この温度で、

全ての方向から熱放射がされてるって言うのは、

ビッグバンの証拠の1つとされてます。

(他の説明がしにくい現象、って事)



え?ビッグバンは熱かったんじゃないの?

って突っ込まれそう。



そう、ビッグバンが熱いのは確かなんですが、

それは、宇宙全体のエネルギーが、

小さな空間に閉じ込められていたから。




宇宙がかなり広がって、

全体の温度が3000℃くらいまで下がってから出てきたのが、

この宇宙背景放射なんです。




しかも、その3000℃位の温度から出てきた放射線は、


宇宙がさらに広がるにつれて、


どんどん冷やされ、絶対温度2.75度まで落ちた、と言う事。





もう1つの受賞理由は、

宇宙背景放射の「非等方性」の発見。



簡単に言うと、方向によって、

ほんのちょっとだけ温度が違う、って事。




CMB Anisotropy


(宇宙背景放射のゆらぎの図)




それじゃあ、全部の方向から同じ温度で来てるっての、

嘘じゃん?



いや、この場合の「ちょっとだけ」って言うのは、

10万分の1度レベルの違いなんですね(笑)

だから、この放射線についての理論は、

このゆらぎのために覆されることは無いです。





なんでこの発見が面白いかって言うと、

このほん~のわずかな違いが、

原始宇宙の物質の分布への手がかりになるから。



今の宇宙に、

銀河系など、物質が一杯ある場所があれば、

物質がほとんど無い場所もあるのは、

宇宙背景放射が出た頃の、物質の偏りのためと思われてます。



つまり、物質の多いところには、

重力で周りの物質も引き寄せられてもっと詰まってきて、

元から少ないところは、

どんどん空っぽになっていってしまった、って事。





この宇宙背景放射の研究でノーベル賞が出るのは、

最初にこれを発見したペンジアスとウィルソンが78年に受賞して以来。



でもこれは、今の物理ではホットな話題の1つ。

何人か続けて受賞する可能性もありそうです。



(画像はWikipediaより)

日本語

テーマ:
本の扱い方については、色々言われますよね。

投げない、とか、ページを破かない、とかは
まぁ当然ですけど、気になるのもあります。

例えば、書き込みをしない、とか。


そりゃぁ、図書館や、人から借りた本には、
書き込んじゃいけません。

でも、自分の持ってる本に関しては、
当てはまらない、と自分は思います。


中世ヨーロッパの修道士なんかは、
手書きで写した聖書の余白に、
解釈、注釈などを書き残しました。
(聖書が古代語で書かれてたから、ってのもありますが)

聖書の原文だけでなく、
この余白のノートも書き写される事があったそうです。

英語で、用語集のことをglossaryと言うんですが、
語源は、この余白の注釈を意味する、glossって言葉。

聖書の冒涜、と思うどころか、
逆に、余白に書き込むことで、
知識を蓄積してたわけです。


余白と言えば、有名なのがフェルマーの最終定理。

サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで

17世紀フランスの数学者ピエール・ド・フェルマーは、
古代ギリシャ人ディオファントスの「算術」と言う本を読みながら、
本文に関連したアイディアを、余白に書き残してました。

そんなメモの1つが、フェルマーの最終定理。

「この定理の素晴らしい証明を知っている。
ただ、この余白はそれを書き記すには狭すぎる。」
って言うコメントとともに書かれてたんです。

11年前まで、この定理の証明は見つからなかったんで、
本当は、証明は知らなかったと思われてますけど(笑)
これも、余白に書く事で残された知識の1つです。


以上、前置き(笑)
余白に色々書き込みたいなぁ、って本を最近読みました。

金田一 春彦
日本語〈上〉
金田一 春彦
日本語〈下〉

「日本語は○○、外国語は△△」、って言う風に、
一言で言い切ろうとするような本もありますけど、
そういう事はせず、
日本語にはどういう特徴があるの?、
っていう疑問を、真剣に追求した本です。
(文法の話は難しいけど、他は読みやすいですよ)


日本語については、著者にはどうやってもかなわないんで、
勉強させてもらうばかりですけど、
英語とかについてコメントするとき、
本当にそうかな?、って思うことがあるんですね。

それを余白に書きたいな、と。
...文庫本だから狭くて書けないんだけど(笑)

とにかく、色々思うことがあるんで、
読んだ人がいたら話をしてみたいなぁ、と思います。
これから読んでみる、って人も、いつでもいいんでお話しませう。


最後にまとめると、
本を書くような人は、それなりに物を知ってる人が多いけど、
人間である以上、間違う事もあるし、説明不足な事もあるんです。

書き込む方の自分も、間違う事があるし、
著者の説明不足というより、読解力が足りないだけかもしれない。


そんなわけで、本に書き込むってのは、
本としっかり対話しよう、って態度の現われだと思うんです。

著者は間違ってて俺は正しい、って主張したいわけじゃあないし、
本を大事にしてないわけでもない。

他の場所に書き留めても問題が無いのなら、
それもいいですけどね。

ちょっとした反応でも、匿名コメントでも歓迎です