The Next One

テーマ:

1年の休眠から目覚めるNHLは

早速来シーズンに向けてのドラフトを行いました。


NHLもプレーオフ以外はあまり見ないので、

当然ドラフトされるアマの選手は全く知りませんが、

今回のドラフトには、

関係者全てが1位指名と予測する選手がいました。


名前はシドニー・クロズビー。

もうすぐ18歳になる、

カナダのノバスコシア州出身のセンターです。


最近2シーズンは、

カナダで一番レベルの高いアマチュアリーグの1つ、

QMJHLの、リムスキー・オセアニックでプレー。

昨シーズンは62試合で66得点、102アシストの記録で、

カナダの3大リーグの最優秀選手に選ばれました。


史上最高のホッケー選手と言われる、

ウェイン・グレツキーは、

誰が自分の数々の記録を破るかもしれないか、

と聞かれた時に、クロズビーと答えました。


グレツキーのあだ名は「The Great One」。

これに掛けて、クロズビーは「The Next One」

と呼ばれるようになりました。


グレツキーは、クロズビーについてさらに、

「マリオ・レミュー以来最高の選手」と評しました。

レミューはピッツバーグ・ペンギンズを

91年と92年に優勝に導いた名センター。

39歳の今も、まだペンギンズでプレーしています。


そのレミューに比較されたクロズビーの行き先は、

なんとピッツバーグ・ペンギンズ。

先週あった抽選に当たり、1位指名権を獲得していました。


Crosby

(左からペンギンズのパトリックGM、クロズビー、レミュー)


同じポジションの大ベテランの下で学べると言う、

クロズビーに取って理想的な環境かもしれません。

今後どれだけ大きく成長するか見物です。



とにかく選手を全然知りませんが、

他のドラフト選手でも気になるのがいる事はいます。


9位指名のデヴィン・セトグチは日系カナダ人。

日本人と日系人の多いサンノゼで、

日本人・日系人ファンが多く付くかもしれないですね。


15位指名のライアン・オマーラもカナダ人ですが、

こちらは東京生まれ。

両親が仕事で日本に移住していた時に生まれたそうです。

AD

全米まで1ヶ月

テーマ:

痛み止めでしのいでいた怪我が悪化して、

全仏の1回戦で敗退したアンドレ・アガシ。

ウィンブルドンも休みましたが、

遂にコートに戻ってきました。


復帰最初のトーナメントは、

ロサンゼルスのメルセデスベンツカップ。


1、2回戦にはストレート勝ちして、

準々決勝でシード級の選手、

タイのパラドン・スリチャパンと当たりました。


最初の2セットを分け合った後の

第3セットだけ見ましたが、

アガシらしいプレーが出来ていたように思います。


結果は6-2、4-6、6-4でアガシの勝ち。


2ヶ月休んだ後でも、世界ランクは6位。

最後のメジャーになるかもしれない全米で

どこまで行けるか気になりますね。


ちょっとウィンブルドン以降の

5強の動向を調べてみました。



5位のマラト・サフィンは、

デイヴィスカップの試合を膝の怪我で棄権して、

公式戦にはまだ出ていません。


療養中とのことですが、

こんなこと をしているようです。

いかにも誤解されそうな写真ですが、

ガールフレンドにマッサージ中の図、

だそうです。



4位のアンディー・ロディックは、

インディアナポリスのトーナメントで、

準々決勝まで行きましたが、

ノーシードのロビー・ジネプリに敗退。


このトーナメントで膝に軽い怪我をし、

アガシのプレーしている

メルセデスベンツカップから抜けました。



3位のレイトン・ヒューイットは、

デイヴィスカップに出場して、

コリアに勝ち、ナルバンディアンに負け。

オーストラリアはアルゼンチンに負けてしまいました。


そして先週は、

オーストラリアのテレビ女優、

ベック・カートライトと結婚。

あのシドニーのオペラハウスで式を行ったそうです。



2位のラファエル・ナダルは、

ウィンブルドンの後、

クレーのトーナメントで2回優勝。


そろそろハードコートに移らないと、

全米で困ると思うんですが...


同じハードコートの全豪では、

4回戦で地元のヒューイットに負けましたが、

セットで2対1とリードしてからの逆転負け。

しっかり調子を上げていけば、

全米でも準決勝以上も狙えると思います。



最後に1位のロジャー・フェデラー。

ウィンブルドンで優勝してから、

公式戦には出ていません。


足の怪我で来月2週目のマスターズカップ、

モントリオールでのトーナメントから棄権。

しかし、その次のシンシナティでの

マスターズカップには参加する予定です。



全米を休みたくないとあって、

みんなちょっとした怪我でも

今のうちに休んでいますね。


モントリオールにはフェデラーがいませんが、

シンシナティではほぼ全員集合のはず。

全米オープンを占うトーナメントになりそうです。

AD

マラソン野球

テーマ:

昨日のサヨナラ試合の多い事を書いている間に、

すごい事が起きていたようです。


トロントのスカイドームでの、

エンジェルス対ブルージェイズの試合は、

8回まで双方無得点。


9回表にエンジェルスが1点取り、

裏をK-Rodことフランシスコ・ロドリゲスが

しっかりと抑えるはずでした。


しかし、1、2塁に走者のいる場面で、

トロントのヒレンブランドが打った球は

バットが折れたために詰まり、

ショートの後ろに落ちるポテンヒット。

同点に追いつかれてしまいました。


試合の最初の8イニングと同じで、

延長の最初の8イニングも両チーム無得点。

トロントはこの間1安打に抑えられていました。


18回の表にもエンジェルスは点を取れず、

1-1のまま迎えた18回裏。


代打リオスがシングルの後、

盗塁と暴投で3塁まで進み、

9番バッターのオーランド・ハドソンが

タイムリーヒットを打ってサヨナラ勝利。


18イニング、4時間50分は、

どちらもメジャーでは今シーズン最長。


両チームとも三振のほうが安打より多い投手戦で、

エンジェルスの元オールスター外野手、

ギャレット・アンダーソンと、

トロントの捕手グレッグ・ゾーンが

それぞれ7打数0安打でした。

AD

Slammin' Sammy復調

テーマ:

オリオールズのサミー・ソーサが、

通算583号ホームランでマグワイヤに並んだ のは、

もう1ヶ月以上前の6月18日。


このホームランの後、

7月23日までには1本しか打てませんでした。


しかし、24、26、27日に1本ずつ打ち、

通算586本打ったフランク・ロビンソンに並び、

そして一気に抜きました。


ホームから遠くに立ちすぎる、と言われ、

ホームに近めに立っていたのを、

元の「遠すぎる」位置に戻しての好調です。


あのワイルドなスイングは、

腕が伸びきってこそ効果があると言う事ですね。

まだ今シーズンの13号。

25本、30本と今年も到達できるでしょうか。



水曜のメジャー15試合中、

7試合は9回以降の得点で勝負がつきました。

そのうち5つはホームチームのサヨナラ勝ち。


面白いのはいいんですけど、

気になる試合が長引くと寝る時間が...

まぁ、たいてい諦めて寝ますが(笑)



そして、タンパベイから戦力外通告された

野茂秀雄投手の行方が決まりましたね。


野茂はヤンキースとマイナー契約。

まずは調子を整える事になりますが、

その後は怪我人の多いローテーション入りへの

上り坂の挑戦になります。


今のローテーションで不動と言っていいのは、

ランディー・ジョンソンとマイク・ムシーナ。


そして、マーリンズから放出された

ベテランのアル・ライターと、

今日勝ったマイナー上がりのアーロン・スモールは、

調子のいいうちはローテーションで投げるはず。


怪我から来月復帰する予定なのが、

カール・パヴァーノとジャレット・ライト。


そして今日、ロッキーズとのトレードで、

先発も抑えもこなせるショーン・シャコンが

ヤンキースに入りました。


厳しい競争ですが、

ライターとスモールに勝る投球を見せれば、

パヴァーノとライトが戻っても

ローテーションに残るチャンスがあります。


何とか2年前のような調子を取り戻して、

メジャーに復帰して欲しいですね。

サマーキャンプの悲劇

テーマ:

今月中旬、

ミズーリ大学アメフトチームのキャンプで、

2年生のラインバッカー、

アーロン・オニール選手が亡くなりました。


ここまで公表されている検死の結果によると、

感染症などの証拠は無く、

熱射病のために死亡したと見られています。


残念ながら、

夏になると毎年のようにある、

アメフトのトレーニングキャンプでの事故の、

犠牲者が1人増えてしまいました。


4年前の夏には、フロリダ大、ノースウェスタン大、

そしてNFLのミネソタ・バイキングズでも

選手がキャンプのトレーニング中に死亡。


相次ぐ事故死を止めるために、

大学スポーツを管理するNCAAは、

夏のキャンプに関する制度を改めました。


今月のミズーリ大での事故は、

その新しい制度の下でも悲劇が起こりうる事を

映し出してしまいました。


オニールが体の不調を見せ始めたのは、

昼過ぎの練習が始まってから

45分ほど経った時の事。

残り15分の練習を何とか終えた時には、
自力でフィールドを去ることも出来ませんでした。


しかし、倒れた彼が運ばれたのは、

フィールドの向かいにある病院ではなく、

反対側にある建物内のトレーナーの部屋でした。


1時間近く後に救急車が呼ばれた時には、

オニールの呼吸が止まった深刻な状態。

30分の治療も空しく、病院で亡くなりました。


内輪で処理できる事なら、

救急車を呼びたくないと言うのは分かります。


しかし、1時間もトレーナーが手当てをして

改善の様子が見られないような状態なら、

呼吸が止まる前でも、命に危険がある、

と言うのは分かりそうなものです。


トレーナー等スタッフの間で、

熱射病は生命に危険が及ぼすと言う事の認識が

あまりに薄かったように思える事件です。


これは「自主参加」と銘打ったキャンプですが、

プロでも大学でも、参加しなければ

他の選手に出遅れてしまうので、

実質上は強制参加。


キャンプ自体を禁止するというのは、

誰でも思いつく改善案ですが、

それでは、NCAAや各大学の管理外で

事故が起こってしまうだけでしょう。


エスカレートしているこの状態に、

なんとか歯止めをかける

方策を考えなければなりません。


最低限、スタッフの教育・訓練を進め、

キャンプの管理体制を

さらに厳しくしてもらいたいものです。

3000奪三振!

テーマ:

前回の登板で通算2998奪三振としていた

シカゴ・カブズのグレッグ・マダックスが、

ジャイアンツのジェイソン・エリソンと

オマール・ビスケルを三振で討ち取り、

3000奪三振を達成しました!


Maddux

(去年、通算300勝達成時の写真)

お世辞にもパワフルな投手ではなく、

三振を多く取る投手と言うイメージはありませんが、

「ストライクをボールに見せ、

ボールをストライクに見せる」

柔の投球で、この大記録に到達しました。


86年、20歳で、

カブズのユニフォームを着てメジャーデビュー。

4年連続のサイヤング賞の1つも、

カブズの投手として取りました。(92年)


ブレーブズに移籍してからも、

リーグを代表する投手として安定した活躍。

95年にはワールドシリーズ優勝も果たしました。


ブレーブズの若返り計画の一環で放出され、

カブズに移籍しましたが、

88年からの、

15勝シーズンの連続は途絶えていません。

体格は恵まれているとは言えず、

タダのおじさんにも見えますが、

運動神経は抜群で、ゴールドグラブ受賞は

投手としては史上2位の14回。


速球は約140km/hのスピードで最近は定着。

しかし、同じ速球でも、

微妙な変化や、速度のズレがあり、

打者の予想をことごとく裏切る球種になっています。


投球回数が多いのに、怪我が少ないのも、

優れた状況判断力で打者の心理を読む、

頭脳派のピッチングのおかげでしょう。


artと言う単語には、芸術と言う意味の他に、

職人芸の事も指しますが、

両方の意味で、投球のartを極めた人ですね。


それこそ記録に溺れるような人では無いですが、

3000奪三振おめでとうございます。


(写真はMLBより)




おめでたい話にこれを加えるのは気が引けますが、

去年までカブズの投手だった、

レッドソックスのマット・クレメントが、

デビルレイズのカール・クロフォードの打球を

右耳の後ろに受け、現在病院で検査中です。


一度も意識は失わず、

脳波にも異常は無いということで、

ひとまずは安心ですが、

慎重に見守ってもらいたいところです。

ジョージ・カール、ガン手術

テーマ:

デンバー・ナゲッツのジョージ・カール監督が、

前立腺ガンの手術を木曜に受けるそうです。


2ヶ月ほど前に診断されたそうで、

幸い早い時期に発見され、

手術後には完治する予定だそうです。


無事に手術成功しますように。



ところで、NBAのフリーエージェントが

契約を結べる日がまた繰り下げられました。

来週の月曜か火曜になるとの話。


ピストンズとブラウン監督の契約が

破棄された事はここの記事で書きましたが、

ラリー・ブラウンの後釜は、

予想通り、前ウルブズ監督の

フリップ・ソーンダースになりました。


そして、ラリー・ブラウンは、

ニックスの監督にもうすぐ就任しそうです。


GMアイゼイア・トーマス、

現ハーブ・ウィリアムス監督も含めて、

ニックスの重役全てとすでに会っていて、

すでに代理人に契約交渉を任せたそうです。


昨シーズン、ディフェンディングチャンピオンの

ピストンズを率いながら、

ニックスの監督職は「dream job」だと言い、

物議をかもした事もありましたが、

その夢が実現しようとしています。


監督としての手腕はトップ級ですが、

32年の監督歴で、率いたのは11チーム。

ニックスも入れれば12チームになります。


成功を得ながらも、

次々と新天地を求めるラリー・ブラウンは、

公共の場にこれだけ顔を出す人としては、

謎の多い人と言っていいでしょう。


シーズン中から噂されていた、

フィル・ジャクソン監督のレイカーズ復帰と、

ラリー・ブラウンのニックス監督就任が、

どちらも実現しそうなこのオフ。


自分はどちらも笑い飛ばしていたんですが...

分からないものですね。

A's and A's

テーマ:

大西洋岸中部の2チーム、

ナ・リーグのワシントン・ナショナルズ

ア・リーグのボルチモア・オリオールズは不調で、

地区1位の好スタートを無駄にしてしまいました。


一方、先月から絶好調で、

ワイルドカードへのレースに

後方から一気に突っ込んできたチームもあります。


ア・リーグのオークランド・アスレティックスは

6月18日から26勝6敗。

ナ・リーグのヒューストン・アストロズは

6月20日から24勝8敗。


まずこの2チームに共通するのは、

シーズン初めに怪我した打者が、

復帰以降活躍している事。


オークランドの遊撃手ボビー・クロズビーは、

肋骨を折って4、5月のほとんどを欠場。


Crosby


5月の終わりに戻ってきて、

47試合で打率.312、16本の二塁打に37得点と、

攻撃の起爆剤とも言うべき存在です。


ヒューストンの外野手ランス・バークマンは、

シーズン前に膝の怪我をして、

開幕から1ヶ月ほど試合に出られませんでした。


Berkman


チームを代表するスラッガーでしたが、

今年はまだ9本しかホームランは打っていません。

その代わり、打率.310、出塁率.412と、

スマートな打撃が目立っています。


両チームの共通点としてもう一つ挙げられるのは、

先発投手陣が絶好調な事。


先週、オークランドのリッチ・ハーデンが

テキサス相手に8回1アウトまで完全試合を投げ、

次の試合にバリー・ジートが、

同じ8回1アウトまでノーヒットを守った事は、

このブログでも少し触れました。


Zito Harden

(左投げのジートと右投げのハーデン)


スローカーブが持ち味のジートに、

剛速球にチェンジとスライダーをまじえるハーデンと、

対照的な2人。


どちらも年間成績は驚くほどではありませんが、

最近の成績を見ると素晴らしいものです。


ジートはここ6回の登板は

全て7イニング以上投げ、合計6失点。

5勝0敗の成績。


ハーデンは、ジートより失点は多いものの、

最近7登板で6勝1敗。

8回まで完全試合だった試合も

最後まで3安打しか許さない完封勝利でした。


ヒューストンの投手陣は、

オークランドと違って開幕から好調でした。

勝敗に表れなかったのは、

打線がそれほど低迷していたと言う事です。


そのことが明らかなのは、

ロジャー・クレメンスの数字を見たときです。

防御率1.40、135イニングで123奪三振と聞けば、

すでに2桁勝利している事と思うでしょう。


しかし、彼はここまで8勝4敗。

4月には、3回も、

クレメンスが7回まで無失点に抑えたのに、

0-1でヒューストンの負けになった事がありました。

珍記録と言っていいでしょう。


Clemens


最近は打線もついてきているので、

勝ち星を着実に増やしています。


アストロズのもう一人のエースは、

オールスターにも出たロイ・オズワルト。


Oswalt


オズワルトは防御率2.41で13勝8敗。

21回の先発全てに勝敗がついているのは、

試合終盤まで投げるスタミナのおかげですね。


最近8回の先発では7勝1敗と、

好投球を打線に支えられています。


クレメンスはスプリット、

オズワルトはカーブが決め球ですが、

150キロを超える速球と合わせて

三振を大量生産するのは似ている2人です。


オークランドは今日の勝利で

ワイルドカードレースの単独トップ。

ヒューストンも、3ゲーム差まで迫っています。


この2チームの好調がどこまで続くか、

メジャー後半戦の見所が増えました。


(写真はMLBより)

Panamanian Invasion

テーマ:

今日は北中米カリブ海のサッカー選手権、

ゴールドカップの決勝がありました。

会場はニューヨーク郊外のジャイアンツスタジアム。


メキシコが早々に敗退する波乱もあり、

アメリカ合衆国と決勝で当たるのは

なんとパナマ。


世界ランキング80位台で、

ゴールドカップの中米予選を抜けてくるのも、

8大会中2回目というサッカー小国です。


ここまでのパナマの試合は見られなかったので、

どうなるのか想像がつきませんでしたが、

アメリカの一方的な試合にならないよう、

試合前に自分は願っていました。


開始直後は、恐れていた通り、

パナマは後ろに引いて守備的なプレーをする事で

満足しているように見えました。


しかし、最初の得点チャンスはパナマ。

ロングパスが小柄なメディナに通り、

GKのケラーも抜いて、点を取るか、と思ったら、

ケラーを抜くためにボールが少しサイドに逸れ、

後ろから走ってきた選手に

パスしなければなりませんでした。


このチャンスで自信をつけたのか、

この後はアメリカと互角の戦い。


パナマの攻撃で目立ったのは、

メディナに、テハダとブランコ。

ドリブル突破の個人技と、

守備の裏を取るパスを織り交ぜて

チャンスを作っていました。


アメリカの守備は、

ベテランのエディー・ポープがいないためか、

裏に走りこむパナマの選手への対応が悪かったです。


アメリカ代表のキーだと思っている、

中盤のドノヴァンとビーズリーは、

いまいち動きが良くない感じでした。


ビーズリーは得点チャンスに何度か絡みましたが、

その度にミス。

ドノヴァンの方は、特に前半は

チャンスに絡む事も少なかったです。


この2人より、むしろFWウルフの方が

点を取りそうな雰囲気でしたが、

毎回パナマのGKペネロが好セーブ。


どちらにも得点機がある面白い展開で、

枠内のシュートはペネロとケラーがセーブ。

結局0-0で延長、そしてPK戦になりました。

約30℃の高温で、よく走っていました。


PK戦でも両キーパーが活躍し、

1回ずつシュートを止めました。


勝負を決めたのは、

パナマの2選手、ホルヘ・デリー・バルデスと

アルベルト・ブランコの枠外へのシュートでした。


デリー・バルデスはJリーグにいた事もあるんですね。

双子のフリオはリーガでプレーしていたようですが、

この試合には出ていませんでした。

かなりの年齢のようなので、引退でしょうか。


とにかく、期待を大きく上回る

面白い試合を見せてくれたパナマに感謝。

勝てるよう応援していましたが、

わずかに届きませんでした。


アメリカの方が舞台数は踏んでいるので、

経験の違いが出たのかもしれません。

アメリカは前回は3位だったので、

タイトル奪回おめでとう。

ネットで相撲観戦

テーマ:

大相撲は、ネット中継で

世界中で見られるようになっているんですが、

自分のいるところだと、

やっているのは大体深夜1時から3時。

今は夏時間なので2時から4時。


とてもではないですが、

休みの前日でないと見ていられません。

なので、今場所は千秋楽だけ見ました。

土曜の夜、日曜の早朝なので。


なので、不戦勝したアメブロの普天王関は、

一度も取り組みを見ることなく終わりました。


このネット中継、

自分のコンピュータがオンボロなのと、

時々回線が混むことで、

なかなかドキドキする体験です(笑)


今回は無事に全取組見た、

と言いたいですが、実は結びの一番、

優勝の決まった取組がコマ切れ状態でした(泣)

そのうちサイトに今場所の好取組として、

映像がアップされるはずですが。


テレビで見られる人はテレビで見ましょう...

って、やはり日本はまだ夜中では無いですし、

帰宅していない人とかいるんでしょうね。


大相撲のネット中継を見るのが、

どういう人たちなのかちょっと気になります。