プリ

テーマ:

時差のせいで、すでに日本では31日ですが、

こちらはまだ5月30日、

スティーブ・プリフォンテーンの命日です。


プリフォンテーンは

一時2000mから10000mの全米記録を独占した

伝説的な長距離ランナーで、

彼の走りをリアルタイムで見たことの無い

今の大学生などでも、

プリフォンテーンを自分のアイドルとするランナーは多いようです。


アメリカではこんな具合ですが、アメリカの外では

そんなによく知られた選手ではありません。


72年のミュンヘンオリンピックの5000mで4位を取ったものの、

次のモントリオール大会を前にして

24歳の若さで亡くなってしまったからです。


オレゴンの田舎町クーズベイ生まれで、

州内の高校の大会では最後の2年間負け知らず。

そして、陸上の強豪だったオレゴン大学に入り、

4年連続で5000mの全米チャンピオンになりました。


ものすごく活動的な人だったようで、

厳しいトレーニングを自分に課しながらも、

刑務所の収容者に

陸上トレーニングを薦めるボランティア活動をしたり、

アマチュア選手が協会から補助金をもらえるように

運動したりしたようです。


1975年5月30日、パーティーからの帰り道で

彼の運転していた車は道からそれ、

転覆した車から脱出できず、亡くなりました。

その前日に、オレゴン大のトラックで

レースに勝ったばかりでした。


ところで、オレゴン大のビル・バウアーマン監督は、

悪天候でも使えるトラックを開発したりして、

合理的なトレーニングをする人だったようで、

Nikeの創立者の一人としても知られています。

彼のアイディアで、ワッフルの型にゴムを流し込んで

靴底を作ったと言う話が残っています。


オレゴン大のチームカラーは緑。

当時Nikeが作った緑の靴の復刻版 が出ているようですね。


プリフォンテーンが

Nikeの靴を使った最初の有名な選手だったという事で、

死後30年を機に彼を称えるNikeのCM も流されています。

AD

ついで

テーマ:

グロジャン事件 が自分の中で一番の話題だったんですが、

他にも今日は色々あったんで忘れないうちに書いておきます。


まず、インディ500で

ダニカ・パトリックという新人ドライバーが、

女性ドライバーとして初めてリードを取りました。


燃料が足りず、結局4位のフィニッシュでしたけれど、

残り10ラップほどでもリードしていて、

あと一息で勝てたレースでした。


代わりに勝ったのはイギリス人のダン・ウェルドン。

こちらも燃料をギリギリまで使い、

表彰台に行く分は残っていませんでした。


この人がヘルメットを外した時に思ったのは、

いつからベッカムはレーサーになったんだ?(笑)


骨格が結構似ていて、

角度によってはそっくりだと思います。


あと、NBAのプレーオフでは、

ヒートが勝って2勝1敗にしましたね。


Game1の勝負強いピストンズは

いったいどこへ行ってしまったんでしょう?

特にビラップスが全然力を出せていないと思います。


野球では8勝1敗 だったウィリスとガーランドが

今週末負けてしまいました。

ナショナルズのリバン・エルナンデスと

2年前サイ・ヤングを取ったブルージェイズのロイ・ハラデーが

8勝2敗で並びました。


ハラデーは2つの内野安打しか許さずに完封。

次に完全試合をするならハラデー、

と言われるのもうなずけますね。

AD

With a Little Help from My Friends

テーマ:

ラファエル・ナダル×セバスチャン・グロジャン

        -4

        3-

        3-0(中断)


第1セット、セットポイントで

ナダルはベースラインギリギリのショットを決め、

グロジャンの返した弱いボールをクロスコートに打って

セットを取りました。


しかし、ポイントが終わってから

ベースラインギリギリのショットについてグロジャンが抗議。 

コートに付いたマークからも明らかにアウトでしたが、

プレーを続けていたので抗議は無効、

審判はいすから動きもしませんでした。


これに観客が反応。

口笛とブーイングの嵐になりました。

第2セットの開始は10分ほど遅れ、

その後も観客からブーイングがたびたび起こり、

1セット目を取った勢いを保てずに、

ナダルは2セット目を落としてしまいます。


この状況、いかにも全仏らしい出来事です。

お行儀のいいウィンブルドンではほとんどありえない事ですが、

グラフ×ヒンギスや

セリーナ・ウィリアムス×エナン=アルデンヌ等、

決勝だけでもフランスの観客が

なんらかの影響を及ぼした試合は少なくないです。


まず、審判がグロジャンの抗議を聞き入れなかったのは、

ルール上正しい判断です。

それなのに、なぜ客がここまで騒ぐことになったかと言うのには

いくつか理由がありそうです。


まず、クレーコートではプレーを続けた後抗議することは出来ない、

というルールを説明する、審判からの努力が全く無かったこと。


審判や選手たちは知っているルールですが、

一般観衆がよく知っているようなことではありません。

抗議を聞き入れさえしなかったのを

アンフェアだと感じたのも分かります。


今、選手はよく知っているはずのルールと書きました。

つまり、グロジャンも正当な抗議でないことは理解していたはずです。

これが第2の理由。


グロジャンは騒ぐ観客を静めようとする仕草はしましたが、

真剣に止めようとしている雰囲気はありませんでした。


Sportsmanshipの対極である

Gamesmanship(勝負の駆け引き)という事で、

褒められる事ではないですが、

1セット目を取られた後、流れを自分に向けようとしたのでしょう。


最後の理由は、全仏の観客は騒ぐのが好きだということ(笑)

親指を下に向けてブーイングをする客の映像を見ると、

怒っている顔などほとんど無く、みんな笑っています。


第1セットにグロジャンがいいところをあまり見せられず、

ずっと静かに見ていた観客たちが、

このポイントをいいチャンスと見て騒ぎ始めたのです。


アメリカの放送で解説していた面々は、

何も悪いことをしていないナダルにこれはアンフェアだ、

と言っていました。


正論ですし、立場上言わなければならないことだと思いますけど、

自分にとってはこれも全仏の楽しみの一つです。


文字通りファンタスティックなプレーで

全仏の頂点に上り詰めたグスタボ・クエルテンを

フランスの観客が本当に愛しているように、

ナダルもすばらしいプレーをすれば、

全仏の観客に認められ、歓声を浴び続ける存在になれるのです。


今日のように変な事でブーイングしたりする反面、

このような特定の選手との絆のようなものは

全仏の観客が一番強いように思います。


とにかく、客が度々ブーイングをした第2セットは

グロジャンが取りましたが、

客のせいだけでは無いことも書いておきます。


途中から小雨が降り始め、コートが湿ったために、

ナダルの最大の武器だったトップスピンのフォアハンドが、

地面からあまり跳ねなくなってしまいます。


グロジャンはこの高く跳ねるボールに悩まされていたのが、

もっと攻撃的にプレーできるようになります。

そして、グロジャンの武器であるフラットショットが

低いバウンドになり拾いづらくなっていました。


第3セット、ナダルが3-0でリードの場面で雨がひどくなり、

試合中断になりました。

この続きが楽しみですね。


引き続きグロジャン応援ですが、

これを切り抜けてナダルに成長してもらいたい気持ちもあります。

AD

From Russia with Love

テーマ:

マラト・サフィン×フアン・カルロス・フェレロ

       7-6(7-5)

       7-5

       1-

       7-6(7-2)


元世界ナンバーワンの3回戦での対決は、

ハイレベルで拮抗した試合でした。

ミスは多かったですけど、

それだけ厳しいコースを狙っていたと言うことだと思います。


サフィンは調子の波が激しい選手ですし、

フェレロもちょっと低迷気味だったんで、

正直な話、ここまでは期待していませんでした。


フェレロは意外にもネットでうまくプレーしていましたが、

ドロップショットのミスなどが目立ち、

最後にはサフィンのパワーにやられてしまいました。


ネットで良かったことに関して、

解説だったジョン・マッケンローは

デイヴィスカップでダブルスをやったのが良かったのかも、

と言っていました。


どこまでデイヴィスカップのおかげか分かりませんが、

ネット際でのボレーはかなり上手かったです。


アメリカではこの試合は生中継が無く、

録画放送だったんですけど、

第3セットはあまりに簡単だったのか

カットされちゃってました。

見た人がいたら感想お願いします(笑)


サフィンは次もスペイン人、トミー・ロブレドとの対戦です。

フェレロ戦のテニスが出来れば勝てると思います。


アガシとロディックのいたセクションで、

アルゼンチン人3人が残っているのは注目かもしれません。

9番シードのカニャス、ロディックに勝ったアカスソに、

今年クレーで20勝以上しているらしいプエルタ。


カニャスはまだ途中ですけど、

勝てばベスト16のうち6人がアルゼンチン人。

スペイン人も4人なので、

この2カ国がやっぱり今年も全仏の中心ですね。


フランス人男子で残るのは

カニャスに負けそうなマチューと、

次ナダルと対戦するグロジャンだけ。


女子もモレスモが今日負けてしまい、

残るはピエルスだけですね。

しかし、カナダ生まれのピエルス、

ちょっと観客の熱さには差が出てしまいます。


明日の試合は、

フェデラー×モヤ、

ナダル×グロジャン、

フェレル×ガウディオのどれも面白そうです。


La Marseillaise

テーマ:

ナダル×ガスケは期待していたんですが、

ナダルがストレートで勝ってしまいました。


ガスケもいいところを見せたと思うんですけど、

プレーが不安定で、ミスが多かったです。

ナダルの方は相手が弱みを見せると容赦ないですね。


4回戦でナダルと当たるのはまたフランス人、

セバスチャン・グロジャンです。


セバスチャン・グロジャン×ラデク・ステパネク

           6-1

           4-

           3-

           6-3

           6-4


2セット落としてしまった辺り、

あんまり調子が良くなさそうですが、

相変わらずすばしっこく、

創造力のあるショットを打てる選手です。


ナダルと当たる前に4時間の試合をしてしまったのは

かなりまずいですね。

ナダルが勝つと予想しますが、

前から好きなんでグロジャンを応援します。


他の試合では、

順当にフェデラー、モヤ、フェレルが勝ち抜けて、

今試合中のガウディオも優勢です。


ナルバンディアンはビッグサーバーのマリオ・アンチッチ戦、

まだ始まったばかりですけど、

クレーではナルバンディアン有利でしょう。


明日はJ.C.フェレロ×マラト・サフィンですね...

フェレロが簡単にサフィンを倒すようなことがあると、

本当に恐いことになる気がします。


追記:


ヴィーナス・ウィリアムスが負けましたね。

相手は2回戦で浅越に勝った

15歳のセシル・カラタンチェワ。


当然まだこれからの選手ですけど、

今大会どこまで進めるんでしょうか。

An American in Paris

テーマ:

アンディー・ロディック×ホセ・アカスソ

          -3

          -4

          4-

          3-

          6-


アルゼンチン出身のアカスソが

クレーでの経験豊富なのは知っていましたけど、

世界ランク68位、

ロディックにはかなわないと思っていました。


ロディックが2セット取ったところで

決まったな、と思い、

テレビを付けたまま他のことをしていました。


それが5セット目に入ったのに気付き

テレビの前に戻ったんですが、

アカスソのバックハンドが大当たりでした。

サーブも結構威力がありますね。


9番シード、アルゼンチンのギジェルモ・カニャスは

4回戦で当たるかもしれなかったアガシだけでなく、

準々決勝で当たるはずのロディックもいなくなり、

ひどい試合をしなければ準決勝にいけそうです。


この際、

ギジェルモ・ビラスに憧れて育った2人のギジェルモ、

コリアとカニャスの準決勝での対決になって欲しいです。


一方9人いたアメリカの男子選手は

2回戦ですでに全滅。

今日はロディックと同じように、ジェームズ・ブレイクも

2セットのリードをしながら逆転負けを喫しました。


全仏は昔からアメリカ人にとって苦手な大会ですが、

最近さらにひどくなっている感じですね。


関係ないですが、

3回戦の、ラファエル・ナダルと

フランスのリシャール・ガスケーの試合は必見かも。


2人とも18歳。

ガスケは今まで見た記憶が無いんですが、

1、2回戦で見た所、クレーでの戦い方を理解しているうえに、

パワーもあってナダルとはいい試合になりそうです。


Hello Goodbye

テーマ:

チャンピオンズリーグの決勝、

すごい試合でしたね。


開始直後にトラオーレが不用意なファール、

ピルロのFKからノーマークで走り込んだマルディーニがゴール。

開始後1分も経たずにミランが1-0でリードしました。


前半の終わり頃、同点ゴールを狙うリヴァプール相手に

クレスポがカウンターから2点取ってしまい、

3-0でハーフタイムになります。


追加点はカウンターからでしたけど、

結構ミランは攻撃的だったと思います。

際どいオフサイドなどもあったので、

5、6点入っていてもおかしく無かったです。


リヴァプールの中盤はカカにやられっぱなしで、

レフトバックのトラオーレは数え切れないほどミスがありました。


ハーフタイム、リヴァプールはライトバックのフィナンを外し、

MFのハマンを入れて3バックの布陣にしました。


でも、中盤でジェラードやアロンソの動きが

一気に良くなった理由は、フォーメーションだけではないでしょう。

前半があまりに屈辱だったので奮起したのかもしれません。

前半は静かだったリヴァプールのサポーター達も

後半は初めからホームゲームのような雰囲気にしていました。


後半8分、リーセの左サイドからのクロスが

ノーマークのジェラードに通ってヘディングゴールが決まります。


そしてその1分後、シュミチェルのミドルシュートが

ジダの手に当たりながらもネットにささり、

完璧にリヴァプール有利なムードに...


そして後半15分、

ジェラードがフリーでエリアに走りこみ、

同点ゴールを決めるかと思われた時に、

後ろからガットゥーゾがファール、PKになります。

(際どかったですが、接触はあったのでしょうがなかったと思います)


アロンソのPKはジダが止めたものの、

アロンソはこぼれ球にしっかり走りこんでゴール。


3点差から追いつくのはどこのどういった試合でも難しいですが、

チャンピオンズリーグの決勝という重要な試合で、

強固な守備で知られるACミラン相手に

こんなことが起きたと言うのはさらに驚きですね。


ハーフタイムで3点差になっていた時点で、

リヴァプールのファンでも諦めていなかった人は少ないと思います。


この後はどちらも注意深い試合運びで、

PK戦に突入、そしてリヴァプールが3-2で優勝しました。


延長後半で至近距離のシュートを2回止められ、

PK戦でも最後のシュートを止められた

シェフチェンコが一番悔しいんじゃないでしょうか。


プレミアのファンとしては勝ってくれてうれしいんですが、

来年の出場権はリーグのトップ4、

チェルシー、アーセナル、マン・U、エヴァートンに行き、

リヴァプールはタイトル防衛のチャンスが与えられないようです。


5年前、レアル・マドリーが今年のリヴァプールと同じ

リーグ5位でチャンピオンズリーグに優勝した時は

マドリーがCLの出場権を取り、

4位のサラゴサがUEFA杯に回されましたが、

これはスペインのサッカー協会の判断で、

UEFAのルールにはチャンピオンに出場権が自動的に行く、

ということは無いとか。


イングランドのFAは、

今のところエヴァートンをUEFA杯に回すような処置は

取らないと言っています。


...これはUEFAの怠慢としか思えません。

チャンピオンズリーグはUEFAの主催する大会です。

ルール違反を理由にチームを繰り下げるなどの柔軟性を

各国の協会に与えるのは分かりますが、

このような普通に起こりうる状況について、

ちゃんとしたルールを定めていないわけですから。


国の協会がケースバイケースで当たることになると、

片方のチームを贔屓した、という話になり、

協会が悪者扱いされるのは見えています。

これを機にUEFAに明確なルールを定めて欲しいものです。


あくまで個人的な意見ですが、

エヴァートンを繰り下げてでも、

リヴァプールに防衛のチャンスがあるべきだと思います。

スター無しで4位になったエヴァートンは

すごいと思いますが。

サンズがホームで連敗、かなり危ういですね。


負けながらも、

ナッシュがNBAのプレーオフの歴史で

初めて25点、10アシストを4試合連続で記録したんですが、

スパーズの方が総合力で上回っていると思います。

3試合連続もオスカー・ロバートソンとMJしか

やったことが無かったらしいんで、すごい記録なんですけどねぇ。


ジョー・ジョンソンがGame3には戻ってきそうなのは

サンズにとって大きいです。

今はバルボサを入れても

7人のローテーションでプレーしてるんで(笑)


ところで、

今日の試合の前にシーズン後のドラフトのくじ引きがありました。


プレーオフに出ていない14チーム全てに

最初の指名権がもらえるチャンスがあるんですが、

成績の悪かったチームの方が最初のピックをもらえる確率が高く、

今年は最下位だったホークスが1/4の確率でした。


しかし実際に最初のピックを射止めたのは、

たった6.3%の確率だったバックス。

リーグで下から6番目の成績でした。


バックスのスター、マイケル・レッドは

このオフ、フリーエージェントになります。

この指名権のおかげで、

レッドを引き止められるかもしれませんね。


自分が選ぶなら

オーストラリア代表/ユタ大のPFアンドリュー・ボーガットにします。


レッドとインサイド・アウトサイドのコンビに出来ますし、

他の選手より完成度が高いと思うので、

レッドがすぐに勝ちたいと言ってもあまり問題がなさそうです。


バックス以下、順番はこうです。

1.ミルウォーキー・バックス

2.アトランタ・ホークス

3.ポートランド・トレイルブレイザーズ

4.ニューオーリンズ・ホーネッツ

5.シャーロット・ボブキャッツ

6.ユタ・ジャズ

7.トロント・ラプターズ

8.ニューヨーク・ニックス

9.ゴールデンステイト・ウォリアーズ

10.ロサンゼルス・レイカーズ

11.オーランド・マジック

12.ロサンゼルス・クリッパーズ

13.ボブキャッツ(クリーブランドからトレードで獲得)

14.ミネソタ・ティンバーウルブズ


思うに、2番手のホークスは

1年で良くなるようなチームじゃないと思うんで、

可能性を取ってノースカロライナの

1年生SFマーヴィン・ウィリアムスでしょうか。


ブレイザーズは去年PGテルフェアを取っているんで、

今年豊富なPGの人材は必要なさそうです。

ボーガットかウィリアムスが残っていなければ

自分なら指名権をトレードします。


くじとは無関係でしたけど、グリズリーズは19番目。

今年のドラフトは、

明らかにナンバーワンという選手がいないかわり、

かなりいい選手が2、30人揃っていると思います。


ジェリー・ウェストとスカウト陣に

しっかり見極めてもらいたいです。


自分の希望としては、PFも出来るSFという位置づけで

オクラホマ州立のジョーイ・グラハムとか

コネチカットのチャーリー・ビラヌエバあたりです。


ノースカロライナのショーン・メイのような

センターでもいいんですが、

とにかく今よりフィジカルで強くなって欲しいです。

アガシ敗退

テーマ:

アンドレ・アガシ×ヤルコ・ニエミネン

       5-

       -4

       -6(8-6)

       1-

       0-


全仏では2年連続でアガシが

予選を抜けてきた選手に負けてしまいました。

アガシは臀部か太ももの怪我をして、

最後の2セットはほとんど動けていませんでした。

もう35歳なので、

全仏で見るのは最後になってしまうかもしれません。

怪我をしながらも最後までプレーしたのも、

棄権で終わらせたくない、と言う気持ちからかも...



大会のこの後の展開としては、

アガシがいなくなって、

ロディックやギジェルモ・カニャスの

準決勝進出のチャンスが一気に膨らみました。


追記:


アガシの怪我は今に始まったことではなく、

何ヶ月か前から痛み止めを打っていたようです。


アガシの記者会見の最後の質問は、


すでに家族もあり、チャリティー活動もやっているので、

今テニスをやめてもすぐに代わりに出来ることがあるはず。

グランドスラムも4大会とも勝ったことがあり、

この後テニスをしてどういうプラスがありますか?


と言う質問でした。


アガシの答えは、まず

That's what I do.

の一言。


そして、毎試合勝とうと努力している時に、

何でやっているんだろう、

などと考えていられない、と言うものでした。


スポーツでなくてもいいですが、

自分のすべてをかけてやっている事がある人にしか

出せない答えだと思いました。