溝畑宏観光庁長官は3月29日、「インバウンド医療観光に関する研究会」(座長=上松瀬勝男・日大名誉教授)であいさつし、「医療観光はインバウンド(海外旅行者の誘致)を促進する上で、大変有力な市場になる」と述べ、観光と医療サービスを組み込んだ医療ツーリズムの促進に注力する考えを示した。

 溝畑長官はまた、「各国は国を挙げて(医療ツーリズムを)やっている。シンガポールやマレーシアはかなりマーケットを握っている。かなり急がないといけない」との認識も示した。

 観光庁によると、検診ツアーをスタートさせる旅行会社が相次ぐなど、日本国内での医療ツーリズムへの関心が高まっているといい、甲斐正彰審議官は「検診ツアーについては、ある程度進められるということで商品化されている。どんどんプロモーションを掛けていく」と述べた。


【関連記事】
国際競争力高め、医療ツーリズム推進を―観光庁研究会
医療・介護ビジネスを将来の戦略分野に―産業競争力部会が初会合
メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を
長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」
日本の医師免許がない外国人医師への規制「課題の一つ」―長妻大臣

小泉被告に死刑判決 元厚生次官ら連続殺傷(産経新聞)
線路に下りはねられる、東海道新幹線43本遅れ(読売新聞)
シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)
不適切昇給「わたり」福島・千葉県も…総務省(読売新聞)
【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(中)宇宙夫婦、夢がつないだ絆(産経新聞)
AD