20日午後3時10分ごろ、名古屋市緑区左京山の名鉄名古屋本線有松-左京山駅間で、豊橋発新鵜沼行き快速特急(6両)が同区の無職男性(82)をはね、男性が死亡した。乗客約250人にけがはなかった。愛知県警緑署によると、運転士が線路上で男性を見つけて急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。名鉄によると、この事故で上下46本が運休、50本に遅れが生じ、約1万人に影響が出た。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名鉄:トラックが架線切り停電 三河線、豊田線一時不通
近鉄名古屋線:特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切
火災:倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明
JR高山線:線路のボルト折れる…岐阜・下呂
名鉄名古屋本線:踏切で高齢の夫婦はねられ死亡

社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省(医療介護CBニュース)
<講談社>「TOKYO1週間」「KASAI1週間」休刊へ(毎日新聞)
看護師を殺人未遂容疑で再逮捕=京大病院インスリン投与-府警(時事通信)
<日本鋼管病院>看護師勤務表、全員が「平日・日中8時間」(毎日新聞)
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える(医療介護CBニュース)
AD