原子力発電所1基当たりの作業員の被ばく総量(集団線量)が多い問題を受け、東京電力は8日、検討チームを設けて抜本対策に乗り出す方針を明らかにした。同社での作業中の被ばく総量は国内の約4割を占める。作業手順や施設を見直し、汚名返上を目指す。

 東電によると、世界の沸騰水型原発51基のうち、06~08年度の平均集団線量は少ない順に柏崎刈羽原発(新潟県)の22位が最高。福島第2原発(福島県)は23位、福島第1原発(福島県)はワースト5位の47位になる。特に福島第1は作業空間が狭く、線量が高い区域での作業が長引くのが原因という。

 同社は作業空間を広げるため保全センター(仮称)の増設を検討。線量の多い場所を電飾し作業員の注意を促す。また、放射線を遮る鉛板を増やし「無駄な被ばく」を減らす。東電は「5年後をめどに福島第1が40位以内、他の2原発が10位以内に改善したい」としている。

 経済産業省原子力安全・保安院は同社以外の電力会社も改善が必要として、近く対策強化に乗り出す。【山田大輔】

【関連ニュース】
敦賀原発:1号機、伝送器から水漏れ 配管にひび、放射能含む2.5リットル
川内原発:作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし
福井・大飯原発:1号機、放射能濃度が上昇 被覆管に穴?
高レベル放射性廃棄物:地層処分、安全性に懸念 放射能、1000年後地上に
原子力事故:初期医療を支援する専門チーム発足 放医研

<旭川冬まつり>無念の開幕日 雪だるま49個破壊される(毎日新聞)
<春闘>主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)
「国家安全保障としての医療」シンポで宇沢氏らが講演-日医(医療介護CBニュース)
難病の肺動脈性肺高血圧症 薬高額…健保組合の財政直撃(産経新聞)
「許す。被害届出さない」 朝青龍側が警視庁に示談書提出 示談金も明示(産経新聞)
AD