2010-12-30 17:13:46

而今

テーマ:お酒
以前自転車をかっ飛ばして、4つ先の駅の近くにある地酒屋に行きました。(記事はこちら

そこで今度は「而今」という三重の酒が飲んでみたくなり、先日の店よりもちょっと遠かったのですが、やはり自転車かっ飛ばして行ってみました。


うーん、前回よりも険しい道だった。

大通りをひたすら走って、これまた大通りの「中山道」と合流した辺りにある店。

そこまでアップダウンあり、デカイ交差点あり。

横を追い抜いて行く自動車の、シャレにならない交通量。

まさに鉄屑の大河だ!!


んなうまいこと言ってなんになる。

話の本筋に関係ないし。


而今という酒を知ったのは、須賀原洋行氏の漫画「実在ニョ-ボよしえサン日記」に出てきたから。

私は彼の作品「よしえサン」シリーズが大好きで単行本は全部持っているのですが、発行元が「竹書房」になってからはなかなか新刊が出るタイミングが分からず、今年の初めに出たらしい4巻を最近になってやっと手に入れたのです。


その新刊で日本酒の話があり、私がこの10年くらいずっと飲んでいる「鳳凰美田」も紹介されていました。

なんか嬉しかったんですよね。

それで漫画に出ていた他の酒を飲んでみたくなったんです。


いつも通り前置きが長くなりましたよ。( ̄_ ̄ i)


さて、お店で而今を探したんですが・・・・

あるにはあったんですが・・・

にごり酒かぁ。


なんか「而今はお一人様一本で、連続しての購入はお断りします」みたいな事が書いてある。

そんなに人気の酒だったんだ。

でも、にごりか。


にごりは以前大失敗してるんですね。(その記事はこちら

よしえサン日記の4巻にも同様のエピソードが載っていますが、貯蔵タンクから直汲みしたようなもろみを大量に含むにごり酒があって、開栓するときよほど慎重にやらないと勢い良く吹き出してしまうのです。

私は栓を開けるのはうまくいったんですが、冷蔵庫が小さいもんで瓶を横にして入れていたら吹き出しちゃって凄いことになってしまいました。

それ以来にごり酒は敬遠している。

上澄みだけをすくった「うすにごり」ならたまに買うけど、炭酸ピリピリ感があまり好きじゃない。


別の酒を買うかな。

そう思って見て回ったが、どうにも欲しいものが無い。

この前のお店と同じパターンじゃん。


この前の店もそうでしたが、この店の主人も客に全然話しかけてこない。

無視されてるのかってくらい。

お酒を買うときは店の人といろいろ話してアドバイスとか欲しいんだけどなあ。

意を決して話しかけてみたよ。


「これって吹き出しますよね?」

「いや、それほどじゃないですよ」

「でも・・・自転車で来ちゃったんですよね。結構遠くから」

「全然平気だと思いますよ」

「でも・・・」

・・・・・・・・・


うーむ、聞けば返してくれるが全く話が膨らまないな。

ここまで来て手ぶらじゃ帰れないし、これを買うしかないか。

今日飲まなきゃいいだけの話だし。


$俺の酒、君の歌-101209_2016~01.jpg

後日開けてみたら、確かに全然平気でした。

いやあうまいですね而今。

でもにごり酒だとイマイチ味の傾向が掴めないんですよね。

少なくとも最初は絞ってある奴を飲みたかったな。


それにしてもにごり酒は飲み口がいい。

良すぎる。

そして飲み過ぎちゃうんですよ。

でもって二日酔い。σ(^_^;)

多分白い部分に悪酔いする成分が・・


だからにごり酒は苦手。

ははは・・・
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

yo-jiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。