• 17 Jan
    • ベルリン動物園で生まれた白熊の名前広く募集中♬ベルリン観光個人ガイド

      どもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪専用車です〜いス〜イご観光  http://berlin-kankougaido.com ベルリンを始め東ドイツの観光情報アップしております  もう10年も前になりますが、ベルリン動物園の白熊クヌートの話しが世界中で有名になりました   ご存知ですか   お母さんグマに育ててもらえなかったクヌートは、飼育係のトーマスさんに育てられるんです。白熊としての 大切な 泳ぎ も彼に教えてもらい、もうお母さんの様に慕っていたクヌートでした  そんなある日、トーマスさんが心臓病の発作に見舞われあの世に旅立って行ってしまいました。  そんなことも知らず、毎日時間が来るとトーマスさんがやって来る方向に行って足踏みしながら彼の来るのを待っていました。  いつの日か、クヌートも帰らぬ熊となったんです。。トーマスさんの後を追う様にして、、 ね。   このドラマは世界中の動物ファンの方達に語られ、ベルリンの動物園の訪問客はうなぎ上りに〜。   ところで、ベルリンには2つの動物園があります。上の写真は別のツォーと言われる動物園 汗   2つのうちの東ベルリンにあるティアパルクという名前の動物園で、なんと、数日前白熊が誕生しました。 その白熊の名前を広く世界中から募集しています。  すでに日本からも白熊さんという会社から センターと言う名前が届けられたそうです。   募集は今月いっぱい。今までに2000あまりの名前が届いているとか、、。 貴方もベルリン動物園ティアパルクの白熊の名付け親になりませんか   このイヴェントの主催はベルリンのラジオ番組です。 名付け親になリたい方、弊社の方にお伝え頂ければラジオ局にお伝え致します。 もちろん無料ですご安心下さいませ。。  Take a chance   本日も当ブログにお立ち寄り頂きありがとうございました   

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 16 Jan
    • ヘルタ抜かるな〜!!ブンデスリーガ第3位♬ベルリン観光個人ガイド

      どうもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車で貴方だけのご旅行プランお作りします  http://berlin-kankougaido.com ベルリンを始め東ドイツの観光ハイライトアップしています。  あんた〜がんばってや〜 ええ〜っ、スゴイじゃん!まだ3位なの  等々基本的にファンから信頼の薄いおいらが村のサッカーチーム ヘルタ。 ブンデスリーガ3位 何と期待を大きく上回ったご成績    昨年末は何を思ったのか何と言っても強敵バイエルンミュンヘンの追随を許さなかったライプチッヒが長くNo.1の座に留まっていました。  仕事が忙しく飛び回っているうちに、気がついたら、バイエルンミュンヘンが1位になり、ライプチッヒが2位に、、、。  そこでおいらが村のヘルタ君はとチェックを入れると、まだ3位をキープ。  日本人の原口元気さんも大活躍のヘルタ。 抜かるでないぞ〜がんばれ〜ヘルタ〜  お問い合わせがございましたら、ご遠慮なくどうぞ。  ベルリンのオリンピック競技場でのブンデスリーガの入場券の手配を致しております。  まずは、お気軽に無料お問い合わせをご利用下さいませ。http://berlin-kankougaido.com   

      12
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 今頃フェルメールの絵がドイツの切手になった理由は?♬ベルリン観光個人ガイド

       どもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車でホットなご観光をどうぞ http://berlin-kankougaido.com  ベルリンを始め東ドイツの観光情報アップしています  すっぽりと銀世界に包まれたベルリンからこんにちは。。 先日郵便局でドイツ国内に出す手紙に貼る切手を購入しようと店員さんに祈念切手の事を聞いたら、  「そこのガラスの中にあるので見て下さい。」  とのこと、、。 どれどれ〜と額縁の中を見ると、一番最初に眼を引いたのがこのフェルメールの絵の付いた切手でした。  しかも1枚が必要な70セント。ぴったし、、。  「これはしめたっ〜」 とばかりに10枚買い置きしましたよ。  何ともいえぬ女性の来ているオレンジのきれいな色が脳裏に焼き付いて離れません。。  日本人の方に人気なのがこのフェルメール。   このフェルメールはドイツ人ではなく、デルフトで生まれ活躍したオランダ人。  フェルメールは人生で30数枚しか絵を残しておらず、彼の背景についての推測があるんですね。 1つには、彼の署名がヤン フェルメール ファン デルフト となっており、デルフトという町の名前を自分の名前に付けることが許されていた。。  ということから、町から依頼を受ける程著名でしかも名画を描いていた。 なので、デルフトの町の宣伝をしていたという節がございます。  オランダは中継ぎ貿易が盛んで、東インド会社を作り手広く商売をしていた。そんな過去がございます。  このグラスもその1つ、絹のワンピースを着ている女性は売春婦であり、このワインも社交上飲んでいるのではなく、男性にせかされて飲んでいるそんなイメージを伝えています。  これはその当時ここデルフトで売買されていたビジネスの一端を表現しています。  売春婦も含めて ネ。。  そんな面白い憶測がこの絵には注釈としてされています。  さて、 では、このフェルメールの絵「ワイングラスを持つ女」がなぜドイツの切手になったのか??   それには訳がございます。。  この絵はドイツのブラウンシュヴァイクという町のアントンウルリヒ公爵が入手したもので、彼はたくさんの芸術品を集めており、ヨーロッパ有数の最も古いギャラリーの1つに数えられている程。  4000ヘーホーメートルの敷地に建てられている建物の中には、4000点の絵画、工芸品などがあり、時代の幅も3000年に及ぶと言われています。  その公爵のお城が2016年10月23日に修復完了で再オープンしたものらしいんです。  ところで、ドイツ最古のギャラリーの1つに数えらえられているサンスシー庭園内に佇むビルダーギャラリーも同じ時代1755年にフリードリッヒ大王のもと創設された絵画館です。  こちらの方は規模は小さく180点に及ぶもの。。 オランダに行かなくても、ドイツでオランダ人画家との出会いが身近にございます。。  そんなサプライズの嬉しいドイツ旅行。  歴史文化をもう一歩深堀したい方、どうかお気軽に無料ご相談をご利用下さいませ。  http://berlin-kankougaido.com  冬景色のベルリンから失礼しま〜す 本日も当ブログにお立ち寄り頂きありがとうございました

      12
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 欧州史を紐解くと「ヨーロッパはひとつ」っていつ頃始まったのか♬ベルリン観光個人ガイド

      どもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪  専用車でゆったり大股でご観光 http://berlin-kankougaido.com ベルリン東ドイツのご観光情報アップしています  欧州の旅の1つの楽しみに歴史の足跡を訪ねる。。 っつうのがあります。 私は欧州に生きて 33年が経ちました。 ベルリンの壁の崩壊を始め、欧州史の中に33星霜の時代の流れに身をおき、実にたくさんの体験をしてまいりました。 そんな体験を通し私の中に住むヨーロッパを皆様にお話しさせて頂くことが出来ればこれ以上の喜びはございません。 マダマダ勉強不足ですが、出来るだけ分かりやすく魅力の尽きないヨーロッパの歴史や文化事情をお伝えさせて頂きたい! と切に思っております。 どうか宜しくお願いしますね。。   また思い込みの激しい私の申し上げていることが間違っていたら、ご指摘下さいませ。  さて、本日のお題は 「何時からヨーロッパは1つになろうとしていたのか。」 をいただきました。  私達日本人は島国に生まれ島国に育った単一民族ですよね。なので、このユーラシア大陸で起こった人類の往来、民族移動は想像し難い物があるような気がします。 そこで、 その辺りに少し触れてみましょうか  もう10年前になりますが、お客様からのたってのご希望で、 「ゆっこさ〜ん、一度国境を車で超えてみたいんだよね〜それってできるの」   すでに欧州がユーロ仕立てになり国境も取り払われた後だったので、ドイツとスイスの国境でさえも自由に行き来が出来ていましたので、 見つけるのは難しく、 チェコとドイツの国境を高速道路ではなく下の国道を通り、あえて検問を受けたことがございました。 そんなことが懐かしく思い出されます。 お客様は、もっとドラマチックなことが起きるのかと期待をされていた様ですが、あっけなく 笑 プラハでお迎えし、観光をした後、ドレスデンに向ったって言う訳だったんです。。 この国境はなければすっきりしますが、 このスっキリに慣れると今度は 検問を受けるということが大変煩わしいことに感じられるんですね〜 なので、必要がなくなった暁には、 ヨーロッパでは、本等に素早くすっきり検問は取り除かれて行ったのでした。 これは余談ですが、  常にこの境を何処に置くかということに全ての神経を使っていたヨーロッパの歴史  「ヨーロッパは1つ」 欧州史では、 西暦800年フランク王のカロリング家カールがローマ皇帝として戴冠されたことにより、 ヨーロッパは、史上初めて 「1つの統一体」 になったと言われています。  この帝国には2つの特徴があり、  1つ目は、5世紀にゲルマン民族の大移動によって崩壊した西ローマ帝国を継承し、西方世界を統一する普遍的な帝国という性格を持っていたこと。  2つ目は、戴冠式がローマにおいて教皇レオ3世の手で行われ、キリスト教会の権威が帝国の拠り所であり、皇帝はキリスト教の守護者として、その防衛と拡大を担っていったこと。  「ヨーロッパはひとつである」 という理念と キリスト教徒の深い結びつきは、 以後長くヨーロッパ、そしてドイツの歴史を規定して行きます。 カール大帝の死後、 帝国は子孫達によって、東フランク、中フランク、西フランクの3つの王国に分割されて行きました。  このうち東フランク王国が現在のドイツの基礎となっています。 その国が神聖ローマ帝国と呼ばれていました。  しかし、ここで忘れては行けないドイツ史を複雑にしている点がいくつかございます。 その中でも あくまでもローマを中心に於いた政治形態であり、現在あるドイツの国の地理とは違う点です。  国王と皇帝の二重性の問題がありました。  ドイツ王は諸候によって選挙されなければならず、その地位を盤石の物にするのには、ローマで教皇によって皇帝として戴冠される必要があったこと。 王権がキリスト教会に大きく依存していたこと。  また基本的にドイツは中央集権主義をよしとしてきた日本とは大きく違い地方分権から成り立って来ました。 すでに今から1000年以上も前に地方の小さな分国に別れていた点は現在にも通じている 大きな有史以来の日本とドイツの相違点です。  そのヨーロッパがここ数年来たくさんの難民を受け入れ、しかも異教徒の人達を受け入れて来た。。 民族の大移動の発端とも言えるこの史実。  それが現在どのような意味を持っているか  このエキサイティングなテーマにつきましても惜しみなくドイツの現状をお話しさせて頂いております。  お客様だけのわがままのきくご旅行プランお作り致しております。  お気軽にお問い合わせ下さいませ。 無料ご相談はこちらからどうぞ http://berlin-kankougaido.com 

      11
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 2017年の東ドイツ観光のハイライト!ベルリン日帰りルターの足跡500年♬ベルリン観光個人ガイド

      どもっす。。ベルリン東ドイツ観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車のご用意もございます http://berlin-kankougaido.com ベルリン東ドイツの観光情報たくさんアップしています   何と言っても2017年の東ドイツの観光ハイライトは、 マルティン ルタ-の宗教革命500年の佳節 この画像は、ヴィッテンベルグにあるルタ-の住家。 時代は今から500年も前のこと。 スゴイ分厚いドアですよね。。  マルティン ルタ-は、ヴィッテンブルグのシュロス教会に、カトリック教皇の信仰のありかたに疑問を持ち、95か条の定義を紙に書いて、 ドアに貼付けました。 それは、その当時では当たり前のことではなく、  背景に横たわっている教会の持つ権力に対して立ち上がった勇気ある行動だったのです。  長い物にまかれてしまうのが、悲しいかな世の中の常、、。 波風を立てない様にっていうのも1つの人間が集団の中で生活して行く上で役に立つ1つの智慧ですよね  しかし、カトリック教会と政治の権力者が手を結び、税金を取り立て、農民達は悪政に喘いでいた。。  それにもまして、冤罪符と言って、お金を払えば罪が消えるそんなお札を発行  なんじゃこれ〜 って思ったのはルタ-でもう一度聖書を勉強し直した  怪しげな黒い雲が突然にょき〜っとシュロス教会を包んで行きました。。  ベルリンから日帰りできます。 今や宗教も一宗教として対岸のことと捉えるのではなく、 人類の大きな人権問題にまで発展して来ているテロ事件もその1つだとドイツの有識人は捉えている様です。  第二次世界大戦後世界の東西二大勢力の陣営の最前線におかれていた ドイツ、就中ベルリン  惜しみなくドイツの歴史文化を背景に現代を生きるドイツ人の最新情報をお客様にお伝えしています。  ベルリン東ドイツの観光個人ガイドは、どうかお任せ下さい。  お気軽に無料ご相談をご利用下さいね。貴方だけのご旅行プランをお作り致します。 http://berlin-kankougaido.com  本日も当ブログにお立ち寄り頂き誠にありがとうございました   

      9
      テーマ:
    • お勧め!たった8€で楽しめるベルリンエスプレッソコンサート♬ベルリン観光個人ガイド

      どうもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 広〜いベルリンを専用車です〜いす〜い御観光 http://berlin-kankougaido.com ベルリン東ドイツ観光情報をたくさんアップしています  先日お客様とコンサートハウスで、 エスプレッソコンサートを鑑賞しました。 このエスプレッソとは  お昼休みを利用して、耳からエスプレッソのようなピリ辛の音楽をお楽しみいただくっつう、サービスでした。  音楽だけなのかと思っていたら、1時間のピアノとチェロのアンサンブルが終った後に、ホンモノのエスプレッソかコーヒーがお楽しみ頂けるという盆と正月が一緒に来たような、、。 笑 それが何と、たったの8ユーロなので、 もうルンルン気分でした   しかも、 この会場はベルリンで一番きれいだと言われているジェンダルメン広場に建っている ドイツのミケランジェロ、シンケルで有名な 古典主義を絵に描いたような建築様式。  ロココとは違うカチッとしたギリシャ時代を思わせる建築様式が 私達の目を楽しませてくれます  お気軽にお問い合わせ下さい。 お問い合わせは無料です。  本日も当ブログにお立ち寄り頂きまして誠にありがとうございました  

      11
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 平和を切望するアレッポ!町の栄華に触れることの出来るペルガモン博物館@ベルリン観光個人ガイド

      どもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車でホットなご観光 http://berlin-kankougaido.com  後にも先にも残念でたまりません。 一度は訪問してみたかったアレッポ。。今は町の東側は完全な瓦礫の山と化してしまいました。  時の為政者達が国民の意志に反し、勝手に始める戦争。当の政治権力者は自分が命をさらされるということはなく、尊き命を奪われるのは善良に生きる市民。。  この構図は洋の東西を問わず、永遠に変わらない。  この蛮行を許したらそれまでの死闘の建設も水の泡に化してしまうんですね。。 涙     ベルリンの博物館の島にあるペルガモン博物館では、このアレッポに1600年、日本は丁度江戸時代が始まったそんな時  建てられた立派な商家の居間がご覧になれます。  その当時のアレッポの様子を含め博物館に用意されているすばらしいDVDをご参考になされば、アレッポの町の発展の様子が具にお分かりになれます。  アレッポは、現在のシリアに位置し、シリアの北西、トルコとの国境に近い所に、東西南北の交通の十字路、交易都市として発展しました。  中東でも随一の町だったようです。 東南アジア、中国、インド、メソポタミアの物産を中継して、トルコ、イタリア等の都市に中継ぎ貿易をしていました。  また、 みなみ300Kmにダマスカスがあり、 巡礼の道として、エルサレム、メッカ等とも通じていたという 言わば地の利を欲しいままにしていたという町だったんです。。  お客様のお持ちになっているお時間に合わせてペルガモン博物館のガイディング承っております。  お気軽にお問い合わせ下さいませ。 http://berlin-kankougaido.com  無料お問い合わせはここをクリック    本日もブログにお立ち寄り頂きまして誠にありがとうございました

      10
      テーマ:
  • 04 Jan
    • 人類の大ロマンに触れることの出来るベルリン新博物館♬ベルリン観光個人ガイド

      どうもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ ホットに専用車でラクチンご観光http://berlin-kankougaido.com  ここヨーロッパでは、さすがにギリシャ神話は有名です。。  例えば、このアタシだって知っている アポロの神様とかお酒のバッカスの神だとか、アモアーの愛のキューピットのささやきとか  何らかしら耳にすることもございます。  しかし、 ここエジプトの神話ってあまりピンと来ない  そんなん、あったん エジプト人は、他の民族と異なりまとまった神観、あるいは神話文学を持たないと言われています。 お隣のバビロニアとかギリシャに比べると、、ネ。  他民族においては、多くの場合ある時期において数多くの神話を整理統合しよう!という努力が、あるのが常なのですが、 エジプトには なかったようです。。 では、何を神と崇め奉ったのか 自然を崇拝していたことも確か。 人間神、宇宙神、抽象神、外来神、人身獣首、、、 多神教とトーテミズムが強く残っているんですよね〜。 ちなみにピラミッドを造っていた時代、142もの多神が存在していたとか、、。   ツタンカーメンで一躍有名になったネフェルテッテ妃の胸像がみれる ここベルリンの新博物館。 このネフェルテッテの時代は、第18王朝の時代。  イクナトーンの宗教改革を試みた第18王朝。 このエジプトの神話の一端が新博物館でご覧になれます。  太陽神ラーは、御座船に乗って世界を巡り、昼間12時間は天上を、夜間12時間は地価の世界を巡る。。 大蛇のアボビが船を付けねらい、蛇が船を飲み込むと日食が起こる。。 ナポレオンも訪れたエジプト。 人類の大ロマンが漂うエジプトの宮庭の様子が、具にご覧頂けます。  新博物館のガイディングを承っております。 お気軽にお声をおかけ下さいませ。 無料ご相談はこちらからどうぞ。。 http://berlin-kankougaido.com    本日もブログにお立ち寄り頂きありがとうございました  

      13
      テーマ:
  • 02 Jan
    • 青年ゲーテの人生の決定的な出会いとは?♬ベルリン観光個人ガイド

      どもっす。。ベルリン東部ドイツ観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車のご用意もございますhttp://berlin-kankougaido.com  今までも何度かゲーテに付いてご紹介させて頂いて参りましたが、  今回は、  青年ゲーテの決定的な出会いについて。。一言触れさせて頂きます。   ゲーテは、19歳になる年に、生死の境をさまよう大病を患います。ライプチッヒ大学を3年で中断することになってしまいます。  1年半故郷で静養をした後、さらに1年あまりシュトラスブール大学で学びます。 その地で、 彼に大きな影響を与えた出会いがございます。ゲーテにとってそれは、思想家ヘルダーとの出会いでした。  ドイツの思想家で、文学者であるヘルダー。彼は、18世紀後半、人間性の解放を訴える革命的なドイツの文芸運動 疾風怒濤の若き先駆者。。 所謂ドイツ語で シュトルム ウントドラング と言われるもの。 彼の代表作には、人類の歴史哲学のための諸理論があります。  21才の無名の学生であったゲーテは、自ら求めて、5才上のヘルダーを師匠として学びます。 ヘルダーのおかげで、ゲーテは広い世界の文学、世界の諸民族の詩、民謡等への眼を開いて行きます。  その鍛錬の時期を、 すばらしい、予感に満ちた、幸せな日々 とゲーテは呼んでいます。 ヘルダーは大変厳しかったそうです。  しかし、ゲーテは、自分が傲慢になる可能性を正してくれた。  と後々まで感謝をしています。  ヘルダーは、教育をとても大切にしていました。人間しか教育は受けられない。 彼の心からの叫びは、次のような物です。  「時代のオリの中にあっても絶望してはならない。何が襲い、何が邪魔しようとも、教育を続けるのだ。。苦難が大きい程、いっそうより、確かなしっかりした教育を続けるのだ。。」  ヘルダーの該博な知識、深い識見にゲーテは心を打たれます。 ヘルダーから、ゲーテは文学とは何かを学んで行ったと言われています。 ヘルダーは、ゲーテの学問に見栄や虚飾等を感じると、辛らつな言葉を投げかけていました。 ヘールダーに出会う前は、ゲーテの作品はいつも賞賛されていました。 ゲーテは後に、 こんな義理のお世辞からは、結局空疎な、互いの自己満足にしか過ぎない表現が生じるに過ぎない。  と言っています。   ワイマールにあるゲーテの住家  htt://berlin-kankougaido.com/weimar.html ゲーテの足跡ワイマール、ライプチッヒのガイディングを承っております。  お気軽にお問い合わせ下さいませ。  本日も当ブログにお立ち寄り頂き誠にありがとうございました

      13
      テーマ:
    • 新発見が嬉しい東ドイツご観光2017年♬ベルリン観光個人ガイド

      新年あけましておめでとうございます  昨年は数えきれない程たくさんの方々に当ブログをご訪問頂き、感謝に堪えません。 ありがとうございました。。  この1年間皆様の何かのお役に立てればこれ以上の喜びはございません。 ベルリンを中心に東部ドイツの最新のご観光情報をお送りできます様、がんばって参る所存でございます。  引き続きどうか宜しくお願いいたします。   さて、ブランデンブルグ門のカウントダウンも無事終わり、ベルリンでも新年2017年がスタート致しました。  イタリア人間復興ルネッサンス期にフローレンスに台頭したメディチ家。。  バロック時代のメディチ家宮庭の名器を創り出していたバルトロメオ クリストフォリ 名作曲家アレッサンドロ ドメニコスカーレッティ親子も1702年当時を訪問した際、この名器を演奏するために滞在延長し、  ゲオルグヘンデルも出立を見合わせ予定より長く滞在した。。  そんな魅力がこの楽器には存在した様です。 ハンマーフリューゲル 今までの鍵盤楽器では考えられなかった発想の転換があった、 このピアノ。 音の強弱が付けられなかった歴史に終止符を打ち、 フォルテ が表現できる様になった。。  このような新しい技法が開発され、新たな音楽のジャンルが生み出されて行く様になります。。  さて、読者の皆様 ヨーロッパに生み出された文明はヨーロッパ中にその文明の十字路が出来上がり、思いもかけない所で、思いもかけない物に出会う!  ドイツご旅行の際にもご多分に漏れず、そんなご旅行の楽しみが皆様をお待ちしていることでしょう。  お客様だけのご旅行プランをお立てし、お客様の限られたお時間内にて最も有効に ご観光のガイディングを承らせて頂いております。   専用車でホットなご観光をお楽しみ下さいませ    本日も当ブログにお立ち寄り頂き誠にありがとうございました 

      1
      テーマ:
  • 23 Dec
    • 平和を願うベルリン❤クリスマスジャズコンサート♬ベルリン観光個人ガイド

      どうもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車でベルリンポツダムを1日でゲット http://berlin-kankougaido.com  再び平和が戻って来たべるりんからこんにちは 昨日は、ドイツ人のお友達からワッツアップで、 「ヨーロッパ中の人へ!今晩夜8時に窓辺に平和を願うロウソクの灯火をともそう。ベルリンでお亡くなりになられた方への御悔みと怪我をされた方が早く治る様に。。このキャンペーンはヨーロッパ中に広がっています。」  というメッセージでした。  今回のテロ事件で再びヨーロッパが1つにまとまろう、しかも平和を基軸にしてっつうそんな和やかな雰囲気さえ感じます。 お亡くなりになられた方には申し訳ないのですが、、。  今朝、犯人のチュニジア人がイタリアミラノで見つかり、検問した警察官にピストルを突きつけたため、射殺されました。 これで、テロ事件に終止符を打った訳ではありませんが、 1つ新たな局面を迎えた感、強です。   昨日まだテロ事件で気持ちが沈んでいた時に、ジャズミュージシャンのアンドレアさんからお声がかかり、 「Yukikooo、明日はチェリストのクリストファーも来るから、聴きに来ない?」   というわけで、彼等のコンサート鑑賞をすることになり、昨晩ノコノコ出かけて来ました。 クリスマスのジャズ。。  もう気分が一変。たくさんの勇気を頂きました。  クラシック ミーツ ジャズ大好きなクラシック音楽のジャズ板。  バッハを始め、シュッツ、ホランダー、バッシ。。 そして、 初めて宗教改革のマーティンルターの曲を披露したジャズトリオ。。 ルターは、多いに音楽を賞賛し、音楽を通して布教をしました。 ルターの曲をジャズに編曲とってもリズムが楽しくジャズ的で、  当のご本人がお聴きになったら、きっと、「ボクの精神にピッタリ」とお喜びになるのでは、、。  ルターがはやりのジーンズで飛び回っている ってそんなフレッシュなイメージがここ数日重苦しく悲しいテロ事件を払拭してくれました。  人生は、 keep going on  これからドンドン世界中に平和のネットワークを築いて行かなくてはなりません。 大きな勇気と希望をもらったそんなコンサートでした。。  本日も当ブログにおたちより頂きありがとうございました       

      21
      テーマ:
  • 22 Dec
    • ベルリンテロその後. . . .@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です。http://berlin-kankougaido.com 12月19日夜20時30分過ぎに起きた忌まわしい惨事。  平和の象徴ベルリンのクリスマス市に大型トラックが突っ込み現在まで12名の方がお亡くなりになり、50名の方が怪我をするという大事故が起きてしまいました。  初めはテロかどうかの確定が100%できなかったのですが、事故2日後には、それが確定。  当初容疑者であったパキスタン人は間違いだった ということで釈放し、 現在24才のチュネジア人であることが確定した様です。  そのチュネジア人の顔写真が昨晩のTVのニュースで流れ、 ヨーロッパ中に 捜査のネットが張られました。  ウオンテッド  見つけた人には100.000 €(1200万円の賞金)の賞金が支払われます。  容疑者は、現場に乗り込んだトラックの中に自分のパスポート、財布を置き忘れ、逃げる途中でスマートフォンをなくしているとか。  この容疑者がこの大惨事を犯したのは、ほぼ確定だと言われています。  このチュニジア人は2011年にチュニジアから南イタリアの地中海に浮かぶ島、ランペドゥーザに渡り、欧州入りをし、すでにイタリアで学校に放火をするという前科者。 その後 2015年にイタリアで釈放され、 ドイツに入国。 ドイツでも数カ所を点々としています。すでに今年の6月に滞在ヴィザが切れていた。  にもかかわらず、 チュネジアも彼の帰国を拒否し、そのままになっていたそんな状況下であったらしい、、。  その辺り、今やドイツのみならず欧州中の様々な批判の声がラジオで流れて来ます。  そんな中、 本日11時には、西ベルリンの記念教会の広場でクリスマス市が再開されるとか、、。  そのクリスマス市が開かれることに対し、市民にベルリンのラジオ局がインタヴュー  「テロリストに私達の伝統を壊させることはできない。この恐怖心をかき立てるのが彼等のねらい。だから、このまま人生が続いていくように、今までの様に続けるべきだ」 自由の町ベルリンベルリン子の自由のスピリットは誰にも侵すことは出来ない  そういう強い意志を持っている方達が立ち上がって来たような印象を持ちました。   ベルリン大聖堂で今夜、催されるクリスマスコンサート ベルリンラジオ附属合唱団ベルリナードーム附属合唱団 ドイツシンフォニーオーケストラの演奏は本事件でお亡くなりになられた方々への追悼のコンサートになります。  本日も当ブログにお立ち寄り頂きまして心よりお礼申し上げます。            

      13
      2
      テーマ:
  • 20 Dec
    • 悲報!もうこれ以上許せないベルリンテロ事件!?@ベルリン観光個人ガイド

      ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です。http://berlin-kankougaido.com  本日は、ベルリンからとっても悲しいニュースをお伝えしなければなりません。 大きな悲しみの中にあるベルリンから今日は。   昨晩12月19日の20時30分頃、西ベルリンの町の繁華街で、 西ベルリンの当ブログでも何度かとりあげましたカイザーヴィルヘルム記念教会の横にある ブライトシャイデ広場に開かれていたクリスマス市にトラックが突っ込み現在まで12名の方がお亡くなりになり、30人近くの方が怪我をするという事件が発生しました。  大きなトラックは、ポーランドナンバーで、犯人の運転手は23才のパキスタン人。 昨年バルカンからドイツに入国。南ドイツのデッサウからベルリンに難民として移って来たという話しです。  現在の所まだテロ事件だと100%断定できない様ですが、 精神病者であったというよりははるかにテロ事件であると見ている様です。  お亡くなりになりました方々のご冥福を心よりお祈り致します。  今朝ラジオで様々な方にインタヴューしていました。 ある方は、もうクリスマス市を訪ねたくなくなった。   またある方は、このまま恐怖におびえていたら、テロリストの思うつぼだ。   ある年輩の方は、この記念教会の広場に出るクリスマス市は、自分の子供、そして孫も毎年必ず一回は訪ねる心の故郷のようなもの、、。 自分の心の故郷がナイフで傷付けられたような気持ちです。  私達ベルリン子はこの事件をどうにかして乗り越えて行かなければならないのですが、  まだ深いショックの中にあるのが現状です。  本日11時30分からこのカイザーヴィルヘルム記念教会で告別式が行われます。    ここベルリンは、ドイツ帝国の首都になった1871年から世界の政治の影響をもろに受けて来た町です。  ベルリンの壁もしかり、シリアの内戦しかり、、、。 ドイツは世界で3番目に武器の輸出が多い国。武器を輸出しそして難民を受け入れる この悪循環に終止符を打たなければ、最早永久に平和は訪れないのかもしれません。  ベルリンには町の持つ宿命を必ずや独を薬に変えて行く如くそんな不死鳥のような力が潜在しています。 歴史が教えてくれる様に、粘り強く一歩一歩乗り越えて来ました。  そう言う風に思いを巡らせるならば、また必ずやこの深い哀しみから抜け出すことは間違いありません。   たくさんのお客様、お友達から今朝はお見舞いのメイルを頂戴致しました。 お心使い衷心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。  最後に読者の皆様、本日も当ブログにお立ち寄り頂きまして心よりお礼申し上げます。 

      14
      2
      テーマ:
  • 19 Dec
    • ベルリンコンコルディア合唱団歌い納めクリスマスコンサート♬ベルリン個人ガイド

      どうもっす。。ベルリン個人ガイド後藤裕起子です♪専用車でホットなご観光http://berlin-kankougaido.com/christmas.html クリスマス市情報アップしています  今年の歌い納めが本日終了しました。これでクリスマスが来てももう大丈夫  ベルリンコンコルディア合唱団はベルリンミッテ地区にあり、団員は60名くらいの中型混声合唱団です。  今年はまたまた各所からのご招待が多く、このクリスマス時期3週間だけでもコンサート開催回数は、12回は下らない。。  人気の秘密はいったいどこにあるんでしょう、、。皆素人で、歌っている人達も実は首を傾げている 笑  まっ、あえていうなら、選曲が難しくなく馴染みのある曲であること。  歌声の音が下がるといつも指導者のハイコさんには指摘されているのですが、聴衆の方は勢いがあってボリュームを感じられる様です。歌が生き生きしているんですって。。   クリスマスの曲を今日は2部形式で16曲歌いました。モデレーションで繋ぎ、間にトロンボーンのクアルテットの「ブラスタイム」が入りおしゃれな彩りを添えていましたよ。  初めは、クアルテットの金管の華やかな音がお客様への「ようこそ、コンコルディア合唱団へ」というウエルカムの気持ちを軽やかに伝えていました。  曲は、ドイツ民謡、チロル民謡、イタリア民謡、スイス民謡、教会の聖歌、クラシック、ポピュラー等からテーマはもちろんクリスマス  コンサートの間で会場の方達も一緒に歌い、クアルテットとピアノが伴奏をして音楽を盛り上げてくれました。  ピアニストは、イリナフランツさん。イリナさんは、ロシア人で、有名なセントペータスブルグのグリンカ音楽大学を優秀な成績で卒業した方。  指揮者のハイコさんは彼女の音楽性を高く評価しています。歌心の分かる人だと、、。  音楽の作り方がうまいなっていつも思っています。 彼女がロシアの歌を伴奏する時等涙が出そうになるほどアタシとしては感動しています。  哀愁が旋律の弾き方が美しすぎます。  ハイコさんといい、イリナさんといい、素晴しい指導者に恵まれているんですね。。。私たちはとっても幸せです。  そして、 本日のハイライトは何と言っても、ソプラノのヒルデさんのソロ。 すでに80才のしかも後半なんて誰も信じられない。2時間立ちっぱなしって言うのも、90才前の方には辛いものがあるのでしょうが、、、 そんなこと物ともしない彼女の姿勢もとっても軽やかですらっとしています。。 認知症なんて彼女にとってみれば対岸のことでしょう。。 きれいな透き通った彼女の声は圧巻でした。うちの団で彼女の後に続く人を見つけるのは難しいと思います、、。 ヒルデさんには、もっともっと長生きしてギネスブックに載っかってもらいたい程  因に歌った歌は、「私が教会の鐘の音ならば、、、」という可愛い歌で、最後はアヴェマリアと続く優しい歌。 ソロに合唱が掛け合うんですね〜。   本年もベルリンコンコルディア合唱団聴衆の方々に広く歌を聴いて頂き、無事にお役目を果たした様に思います。   明日は合唱団恒例のクリスマス会所謂日本で言う忘年会です。 皆でオペレッタの主役の格好でパーティを開く予定です。 アタシは何の役になるのかですって?? モーツアルトの魔笛に出て来る 夜の女王 あの不気味さと甲高い声が魅力です 歯も真っ黒に塗っていっそのことお歯黒にしてみようかな〜Ww〜   そんな訳で、明日の夜のパーティーが今から楽しみです    本日もブログにお立ち寄り頂きありがとうございました       

      6
      テーマ:
  • 18 Dec
    • ベルリンクリスマス市華麗なショウタイム♬ベルリン観光個人ガイド

      どうもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車でホットなご観光 http://berlin-kankougaido.com/christmas.html今日12月18日は第4番目のアドベンツ、、 っつうことは、後はクリスマスの聖夜24日を待つだけ。。もうクリスマスモードスも最高潮に達しつつあり、町の中は活気で溢れています。。 ところで、クリスマス市がベルリンには70以上もたちます。 その中でも華麗なショウがお楽しみ頂けるのは、ここポツダム広場のソニーセンターだけ  しかもタダ、無料です。。  今日の日曜日は16時から20時まで 月曜日から金曜日は17時から20時 土曜日は16時から20時まで  ポツダム広場のソニーセンターにぶらっと行けば、そこでこのショウが見れるって言う訳なんです。。  12月24日の聖夜はお休みですが、 12月31日まで続くようです。  行かなきゃ、そん、そん、、、そんなわけで、Viel Spaß じっくりお楽しみ下さいね。。 今日は、うちのコンコルディア合唱団の今年最後のコンサートがクロイツベルグのパッション教会で開かれます。 おっと〜遅れない様にいかなきゃ〜 昨日から急に緊張し始めました。。ドキドキしています 問題は歌詞、、ドイツ語のみならずラテン語なんてでてきちゃうっ間違いが目立たない様にって思ってんですけど、何分ウチの合唱団ではアジア人はアタシ1人、、。汗 どうなることやら。。 本日もブログにお立ち寄り頂きまして誠にありがとうございました

      11
      テーマ:
  • 15 Dec
    • 福岡からのお客様とベルリンクリスマス市訪問♬ベルリン観光ガイド

      どうもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪  専用車で寒い冬もホットなご観光 http://berlin-kankougaido.com/christmas.html  ベルリンのクリスマス市情報アップしています   博多を中心にもう40回以上も文化セミナーを開催されている石井裕美さん。。 世界の文化事情を楽しくお伝えするそんなセミナーだそうです。このセミナーは大好評 理論だけのお話と違い実際のご自分のご体験が中心だそうですよ。。  ドイツの事もとっても詳しくドイツ語もお話しになります  世界狭しとご活躍の裕美さんですが、ドイツのクリスマス市が中でもお好きなようです。。  ホットなドイツの甘酒グリューワインをごくっと飲むと、冷えきった身体がポワ〜っと温まります。。  ここはポツダム広場に出ているクリスマス市です。  ベルリンには70以上のクリスマス市がたち、1つ1つがとっても個性的で独特です。  このポツダム広場では、チロルの木工民芸品、チロル地方の地ビールやサラミソーセイジを売っていました。   来月のセミナーにベルリンのクリスマスの様子がご登場するかも、、。 ご興味のおありになる方は、 お気軽にお問い合わせ下さい。   裕美さんのセミナーの無料お問い合わせはこちらからどうぞ  http://berlin-kankougaido.com/contact2.html  月に一回開かれていて参加費用はコーヒー代金よりもお安いっていうこと。  とにかく異文化に触れるそんな刺激的なセミナーの様です。 お1人でも多くの方に日本では味わえない違う大陸に生きる文化風習をお伝えしたいんですって    本日は文化のメッセンジャー石井裕美さんの巻でした。。   弊ブログにお立ち寄り頂きありがとうございました    

      12
      テーマ:
  • 14 Dec
    • 今たけなわ!ベルリンクリスマス市2016年♬ベルリン観光個人ガイド

      どもっす。。ベルリン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車でダイナミックにご観光 http://berlin-kankougaido.com/christmas.html  クリスマス市の情報アップしています    毎日たくさんのお客さんで賑わっているドイツのクリスマス市  ベルリンには70以上の市が出ます。 こちらは、 ジェンダルメンマルクトのクリスマス市  入場料をとるとは、えばっとる 笑 クリスマス市なんです。 1ユーロですけれど、、。  地元の方は、元々クリスマス市なんて朝市のような物で、料金なんて取る筋合いはない  と怒髪天を付く勢いで、見向きもしない方もいる程、、。その辺はドイツ人徹底しています。   しかし、 観光客の方にとりますと ベルリンの観光のど真ん中に位置しコンサートハウスの前での音楽の贈り物も魅力的な1つのアトラクションのようです。 上の画像はグリューワインに舌鼓をうつお客様  グリューワインというのは、赤ワインの中に色々なハーブが入っている。。 シナモンの香が心地よく、クリスマスの独特の香りなんですね〜  ここジェンダルメン広場は、ドイツ教会とフランス教会、真ん中にはコンサルトハウスがあり、素晴しい画像がゲットできます。  コンサートハウスが真っ赤に燃えている       とっても楽しめちゃうベルリンのクリスマス市です   本日もブログにお立ち寄り頂きまして誠にありがとうございます

      13
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 音楽の町ライプチッヒでお勧めメンデルスゾーンの住家♬ライプチッヒ観光個人ガイド

      どもっす。。ライプチッヒ観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 専用車付きで寒〜い冬でもホットなご観光http://berlin-kankougaido.com/leipzig.html ライプチッヒの観光スポットアップしております。  ライプチッヒは、日本で言えば「もうかりまっかぁぁ〜ボチボチでんねん」  と、こんなご挨拶の聞こえる大阪の雰囲気に似ています。 今回で何と7回目のご訪独のお客様 もう半端じゃないんです  トーマス教会でJSバッハのオラトリオをお聴きになったお客様は、次の日楽器の博物館をご訪問になり、  その後は、メンデルスゾーン博物館へ、、、 と音楽のはしご。。。  お客様のご興味は尽きることを知らず、1845年から1847年まで家族と一緒に住んだフェリックス メンデルスゾーンーバルトリーのお家が博物館になっており、そこをご訪問頂きました   上の画像は、 その中の家族構成に付いて説明されているお部屋。  フェリックスには、ファニーと言う名前の大の仲好しのお姉さんがいました。  1800年代初めに女性が一般教養以上に特別の音楽教育を受けることがなかったのですが、  仮にファニーがフェリックス位の音楽教育を受けていたのならば、フェリックス以上になっていたかもしれないと言われています。  フェリックスが作曲すると、誰よりも先に一番に、姉のファニーの意見を聞いていました。  人生の最終章に来て姉が亡くなると、その後を追うが如くフェリックスも病気で亡くなっています。。  そんな隠れたメンデルスゾーンの心の拠り所  JSバッハの音楽家としての偉大さをJSバッハ没後100年後に世に高揚したメンデルスゾーン。。   そのエキサイティングな音楽家の舞台をここライプチッヒでご覧になることが出来ます。  この後毎週日曜日にホームコンサートを開催していたメンデルスゾーン家の伝統に因んで、 メンデルスゾーンの住家でも毎日曜日にコンサートを開かれている様です。 クリスマスの時期には、定期プラスで、土曜日も開催されていました。  この日の夜のコンサートは、室内コンサートで弦楽クアルテットラインホルトクアルテットのプログラムは、 アメリカ人の作曲家チャドヴィックとフェリックスの弦楽協奏曲からでした。 これは彼の弾いたピアノだそうです。 そして、仕事部屋。。   音楽の町ライプチッヒでは外せない見所フェリックス メンデルスゾーン バルトーリの博物館です。   本日もブログにお立ち寄り頂きありがとうございました

      9
      テーマ:
    • 笑顔がこぼれるドレスデン♬ヨ-ロッパで最大のバルコニ-で❤ドレスデン個人ガイド

      どもっす。。ドレスデン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 寒さなんてへっちゃら専用車でホットなご観光http://berlin-kankougaido.com/dresden2.html  ドレスデンに注ぐエルベ川を一望できるブリューリュシェのテラスを ヨーロッパのバルコニーと言って絶賛したのは、  かの世界の文豪ゲーテ。  何もゲーテだけでなくってもうちのお客様も大賞賛。。  このお二人のお姉様のお顔をご覧頂きましてもバッチリ、イケテマス。  このテラスは、階段を上ったところにあり、アウグストス橋を左手に見ることが出来ます。  個のブリューリュシェというのは伯爵の名前であり、ここに城館が建っていた様です。 残念ながら第二次世界大戦で破壊されたとか、、。 現在ドレスデン美術大学の建物として昔の王宮が使われています。  何て素晴しい高等教育なんでしょうね?? 屋根はガラス張りのレモン絞り器のような形をしているんですよ 笑  町中がすっぽり絵画館の中に入ったようなバロックの町ドレスデン。  是非ご訪問してみて下さいね。。 すでに16時になると暗くなる北国ドイツ。夕焼け空がきれいで途端に気温が下がって来ましたよ。 おっと〜こんな時は風邪を引かない様にしなくっちゃ〜   本日もブログにお立ち寄り頂きまして誠にありがとうございました 

      7
      テーマ:
    • 7回も訪問したくなるドレスデンは東ドイツの京都❤ドレスデン個人ガイド

      どうもっす。。ドレスデン観光個人ガイド後藤裕起子です♪ 寒いドイツも専用車でホットに御観光 http://berlin-kankougaido.com/dresden2.html  ドレスデンのハイライト、アップしています。。  もういいくつ寝ると〜指折り数えてお待ちしていたうちのお客様がドレスデンに着陸されました     疲れを知らないお元気な愛知県からのご来独です。どういうわけだか愛知県のお客様って殊の外元気がおありになる 水が良いのか気候が良いのか お人柄も温厚です  クリスマス音楽ツアードレスデンを皮切りに音楽で縫っていく今回のツアーは、思いっきり贅沢な音楽三昧をお楽しみ頂きました。 ドレスデンでは、ゼンパオペラ劇場でラボエームをご鑑賞になり、 その後汽車でベルリンへご移動。 この写真は、 ドレスデンのツインガー宮殿の王冠の門をバックにゲット  ところでこちらのお客様の最高来独回数はなんと泣く子も黙る7回 よっぽどお好きなんですね〜ええ〜っ何が皆さんミュージックフレンズ音楽が大好きな方達っていうわけなんです。   ドレスデンはバロックの町として欧州の中でも有名な雅やかな町しっとりとしています。 レジデンスの中の緑の丸天井の宝物館もしばらくいかないうちに本等に立派になりました。 アウグスト強王と息子のアウグスト3世の集めた宝石たるや、もう目が点になります。半端じゃないんですね〜。 ダイヤモンドの細工は見事です。 セキュリティーが大変厳しく、小さなバックも持って入れない程でしたよ。  お客様も大変ご満足のご様子でした。  そして モーツァルトの足跡を追って宮庭教会へ足を運びました。。1945年2月13日のヤルタ会談を受けドレスデンは大爆撃にあい、ここも破壊されてしまいました。 その後、復旧したこの教会には、かの有名なモーツァルトもプラハに出向きドンジョバンニを演奏した後、王様に出迎えられ、ドレスデンを訪問したと言われています。    このパイプオルガンはJSバッハのオルガン製造者だったジルバーマンの作でした。戦争の惨禍にあったあと、修復されています。  ヨハンセバスチャンバッハもこのパイプオルガンの弾き初めには駆けつけ、合わせて演奏旅行もしています。  クリスマス市を縫う様に狭いガッセという路地を通り、聖母教会へ行きました。   素晴しいドレスデン旧市街の散歩道でしたよ。  続きは、どうかお楽しみに ネ ブログにお立ち寄り頂き誠にありがとうございました 

      2
      テーマ:

プロフィール

ゆっこ

自己紹介:
日本に持っていきたい、魅力の尽きないヨーロッパに、今も生きる歴史や文化。 ベルリンの壁の崩壊から、...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

総合ランキング
237507 位
総合月間
198795 位
旅行
2826 位
海外情報
1241 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。