横軸と縦軸

テーマ:

縦軸と横軸のお話。

チャートの縦軸は価格を、横軸は時間を表しています。
だから水平ラインは価格のみを表し、垂直ラインは時間だけを表します。
もし両方を表示させたいと思ったら、斜めラインを使い、斜めラインを上値側と下値側両方に使うとチャネルラインになる訳ですね。

これらのラインは、基本、手動で引くものですが、これを自動で引く方法もあります。
それが、移動平均線です。(ここで言う移動平均線は全てSMAです)

単純移動平均線は状況によって、水平ラインとして機能しますし、トレンドラインとしても機能します。
移動平均線を中心軸として上値側と下値側を意識すれば、チャネルラインとして見ることも可能です。

あれ?
移動平均線の、垂直ラインとしての働きって、何なの?
って思いませんか?
気付かれにくいかもしれませんが、実はちゃんと、移動平均線の垂直ライン(タイムライン)としての働きがあるんです。

そもそも移動平均線は、ある一定の期間の価格から平均値を割り出したものですから、元々、横軸の要素と縦軸の要素が含まれています。
ただ、移動平均線単独では効きにくいのですが、これが複数本になると話は変わります。
何時いつまでにホニャララが起きる、という事に気が付けば、何時いつまでにホニャララが起きないと…どうなる。
という事が判明してしまうのです。

これにより、押し戻りなのか?反転なのか?という問題が解決します!
何故なら、時間軸における限界点が判っているからです。

時間軸の限界を超えたら、反転は不可能です。

この時間軸を味方に付けると、いつ仕掛けて、何時いつまでのホニャララを警戒して、それを越えたら、次は…。という、値動きのスケジュールが分かります。
だから、次は何時頃に山場が来るということが、判るのですね。

これが、一昨年の12月に未来の自分から伝えられたメッセージの最終目的です。

それを発見するのが、今を生きる私の役目でした。
(だから、その発見って何ですか?って、いくら聞いても無駄でした。)
(それを見付けるのが、お前の役目だって…笑)
(大変だったんだからなぁー^^;>未来の自分)
で、昨年末。ようやくそこがクリアになりました。
お陰さまで、今の私のトレードは、すごく楽になりました。
やっぱり、先の事が判ってるって、やりやすいですよ。

ま、そんな感じで。
それを発展させると、もっと先の値動きも判明する可能性が見えて来ました。
それが、一目均衡表の先行スパンとの融合です。

まだまだ、検証作業を積み重ねなければなりませんが、あれが、未来のあの移動平均線のルートを指し示している可能性があります。
という事は!
逆算して行くと…!

まぁ、どう転んでも(使えても使えなくても)、善い結果しか出ませんね。(^^)

 

AD

「草間彌生美術館」が新宿に10月開館

「Fashionsnap.com(ファッションスナップ・ドットコム)News」
https://www.fashionsnap.com/news/2017-08-10/kusamayayoi-museum/

だそうです。(^^)

 

AD

あれから…

テーマ:

あれは、去年の4月末頃。

それまでは、N波動という、値動きの特質を利用したトレードスタイルを続けていました。

ところが、続けていくと色々と問題点も出て来ます。

最大の問題点は、法則性がある様で無い、というところでした。

ある時は法則に当てはまり、ある時は法則なんて完全無視。(笑)

これじゃ、とても安心して使えません。(^^;)

------------

そこで、今までのことは全て捨てて、イチから構築し直しました。

ここからがまた、苦難の始まりでしたが、スタートの着眼点が良かったお陰で、大きく道を踏み外すことだけは避けられました。
(その着眼点とは、相場は売り場と買い場に分かれていて、売っていれば利益になる、買っていれば利益になるというエリアがあるだけである。というもの。)

そして、秋頃になり、紆余曲折を経て大体の形が出来上がりました。

しかし。

どうにも、自分の理想とするトレードには程遠い。

そこで、また手を加えたり、新しい事を試してみたりと、改良を重ねて行きました。

------------

そんな折、11月に東京でえみさんのトークライブとワークショップがありました。

その時の内容も、もちろんなんですが、次回(今年の春)のワークショップの内容の話が少しありまして…。

平均に関するお話があるらしく、私は何故かそこに強く魅かれました。

そして、翌12月。

以前から予約していた、別のある方の、未来の成功した自分に会いに行くというセミナーに参加しました。

そこで、成功した未来の自分から、予想だにしていなかった言葉を受けました。

「○○ ○○の●●●●を見つけた(発見した)んだ」って。

一瞬「?」となったものの、すぐにそれが、移動平均線の数値であると理解しました。
(だってまさか、未来の自分から、そんな秘訣を聞かされるとは思ってもいませんでしたから…笑)

------------

それからは、日常生活の全てを、それを解明することに費やしました。

ところがそれは、今までとは全く違う概念が必要で。

せっかく時間を掛けて構築してきたトレードシステムさえも、一旦全てを白紙に戻し、頭の中の知識すらも全て捨て去る必要がありました。

そうやって、一ヶ月、二ヶ月、三ヶ月と、発見と失望、改良と改善、成功と大失敗、採用と破棄を繰り返し…。

ようやく、ピッタリ三ヶ月目のその日、(未来の成功した自分が行ったであろう)新たなトレードシステムが完成しました。

------------

これで、マーケットの性質の違う株式とFX、両方に共用して使うことが可能なトレードシステムが出来上がり。

それにより、トレードするタイミングが全て事前に分かる様になり、ゆっくり眠っていられるようになりましたとさ。(笑)

AD