テーマ:

モンゴルツアーでの食事について

 モンゴルへ旅しようかしまいか悩む要因の一つに「食事」の心配が浮かぶのではないでし

 

ょうか。

 

 羊肉(或いは他の肉)ばかり食べさせられるのでは、、、、?乳製品が多いのでは、、?

 

野菜が出ないのではないか、、、、、?などなど、、私自身がそうでしたから。

 

 但し、今回のツアーでは、私どもは現地在住のNAGISAさんご夫妻の優遇を受けて、

 

日々大変吟味された変化に富んだ各種のお料理を提供していただきましたので、その心配

 

は一掃されて全て美味しく賞味させていただく事が出来ました。感謝です。

 

  ボーズ(モンゴル焼売)

 モンゴルでは非常に馴染み深いお食べ物で、どこでも出てくる料理です。お肉は羊の他に

 

何でも構わないそうですが日本人には馴染みやすい食べ物です。食べる場所によって多少

 

お味が違いますが、醤油の他に、バターをつけて食べるのも一考です。

 

 

ホーショール

 挽肉と野菜を大判位の大きさに包み油で揚げた料理です。別名、「揚げ餃子」です。

 

お肉が何なのか、味の違いを区別できない舌音痴の私は、モンゴル料理で】使うお肉は全て

 

羊肉かと誤解してしまいますが、このホーショールは牛と豚肉の合挽きとか、、、、、。

 

各地で頂きましたが、お肉が柔らかく感じる時と、硬く感じるときがありました。

 

使用したお肉の影響でしょうね。

 

材料としては、「ボーズ」も「ホーショール」も同じ様ですが、形が違います。

 

「ボーズ」はシュウマイ型とか饅頭型とかいわれています。

 

「ホーショール」は形状が写真で見て分かるとおり、葉っぱの形をしています。

 

やはり、お醤油が合います。(そうなると、モンゴルツアーにはお醤油は必携ですね)

 

 

ゴリルタイシュル(モンゴルうどん)

 羊肉が入ったずばり、「肉う どん」です。塩味ですので、やはり、お醤油をちょっと足すと食

 

べ易くなりました。脂がギラギラ浮いているようですが、あまり気になりません。

 

このうどんはスープ代わりといった感じの食物でしょうか?


 

ボールツオグ

 

  単純に小麦粉をこねて揚げたもので、ただの「揚げパン」だが、これが以外とビールに合う

 

のが不思議だった。

 

(あまり食べ過ぎると、メインメニューが食べられなくなるので、程ほどに頂きました)

 

 

在るレストランのお料理です(舟盛料理)

  牛タン、羊肉、脂身のスライス、野菜などが日本のお刺身の船盛風に出てきました。

牛タンや羊肉はもう抵抗無く食べられましたが、「脂身の薄いスライス」はロースの苦手な私には「脂身」と聞いただけで抵抗がありました。食べてみなくては意味がないと挑戦してみましたが、食べてみれば、何も心配することの無いほど、優しい味で抵抗無く食べられたのにはびっくりしました。野菜がたっぷりなのは何より嬉しい限りでした。

 

 

羊肉のしゃぶしゃぶ

 最終日、和風レストランで、「羊肉のしゃぶしゃぶ」を頂きました。ズバリ美味しかったです。

 

しゃぶしゃぶだから、お肉も柔らかく、日本の「牛しゃぶ」と変わらない味でした。

 

「胡麻だれ」が美味しかったです。これはモンゴル最終日の昼食にはもってこいですね。

 

 尚、このレストランは回転寿司もあって、和食ブームで繁盛しているようです。

(和=」NAGOMI)と言います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

GREENTOURさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。