Shin's Blog

Shin's Life


テーマ:
お店の食器洗浄機の中はキレイですか?

こんな症状は有りません??

食器類のの仕上がりが今一つきれいでない。
洗浄機の内部が白っぽくなる。
ピンクのカビみたいな物が発生して困る。
食器、グラスの内側がマナ臭い。
食器が何だか油っぽい。


ピンクスライムは、バクテリアの固まりです。
そして、スケール汚れは洗剤のキレート力の不足か、洗剤の供給量が適正でない可能性があります。

$エコ洗剤・除菌剤を作ってる社長のブログ-ピンクスライムピンクスライム

$エコ洗剤・除菌剤を作ってる社長のブログスケール汚れ

洗浄機の内部がキレイでなければ、そこで洗浄される食器類が再汚染される可能性があります。



$エコ洗剤・除菌剤を作ってる社長のブログ

ニチネン ディープクリーンLE高い洗浄性能と次亜塩素酸ナトリウムを配合し殺菌、漂白能力を兼ね備えた食器洗浄器用洗剤です。

この食器洗浄器用洗剤、ニチネン ディープクリーンLEを使うと、上の写真のスケール汚れの状態がココまでキレイになります。

$エコ洗剤・除菌剤を作ってる社長のブログ-2010年1月

$エコ洗剤・除菌剤を作ってる社長のブログ

そして、食器類の仕上がり向上とウォータースポットの解消にリンス剤、ニチネン マイアルファドライを使用しています。
シルバーの拭き上げも楽になり食器類の光沢も増してきました。

$エコ洗剤・除菌剤を作ってる社長のブログ-ニチネン マイアルファドライ 


実は洗剤と汚れのバランスは微妙な関係で成り立っているんです。
洗剤は多くても、少なくても、様々な弊害がでてきます。
そこで、供給装置のセッティングが重要なポイントなのです。

近年、洗剤業者は無数に存在しています。

どうしても、時代背景から買い手側の心情とすれば、一本いくらと見られがちで往々にして安い物が一番に選択肢に入って来ます。
私が買い手側ならコストも重要な判断基準となります。

そこで、一つ言える事は、如何にコストパフォマンスの高い製品を選ぶかが大切です。
安くても製品として成り立たない物にコストをかけ続ける事は無意味ではないかと思います。


業務用食器洗浄機用洗剤とリンス剤には専用の供給装置が必要です。
ニチネンの洗剤を弊社よりお買い上げのお客様には、
供給装置の無償リースのご用意がざいます。(取り付け可能地域がございます)

株式会社ハセガワ








AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。