春 真ん中

テーマ:
お天気の良い土日でした。
今日の散歩も、風が気持ちよく、麦の穂も色付きながら揺れています。
散歩から帰り、庭に面した縁側で休憩していると、お隣の奥様が家庭菜園の手入れをしているのが生垣越しにチラチラと見えました。畑にしゃがんで一人黙々と草とりをしています。
声をかけようか?と躊躇していると、ちょうどお隣さんが、腰を伸ばすように立ち上ってトントンと背中を叩いています。
「こんにちは。畑がきれいになりましたね」と聞こえるように声をかけると、笑顔で、金柑の実をもいで三つ程、私の手の平に乗せてくれました。
小さくてかたい実を頬張りながら、仕事や物価や近所のスーパーの話をしているうちに、また、風が強くなりました。今日の風は西から吹いています。
私の口の中では、金柑の種が所在なさげに留まっています。
舌の上で転がしながら、数を数えました。
世間話が終わり、家の中にはいりましたが、まだ、種は口の中。
そして、耳の中には小さな風も残っているようです。
春、真ん中…良い日でした。

椿の枝に野鳥が来ていますが、名前がわかりません。
蜜を吸うのを見ているばかり。





すおうの花…女の子のかんざしのように見えて、可愛らしいもの。








AD