2012年06月18日 05時48分38秒

アイアンのネックを動かす事は・・・

テーマ:ブログ
先日、クラブ測定をしたお客さん・・・

年齢は、72歳だそうですが

まだまだ毎日練習場に通われ

週一ペースではラウンドをされているとの事

アイアンの測定をして見ると

色々と問題が出てきたが、

何も言わず、アイアンの調子はどうですかはてなマーク

とね聞いて見ると・・・

「それが上手くいかんのよ」溜息

番手ごとに調子が違う、

方向もバラバラ、距離も思ったように出ない

結局、ご自分では原因不明のまま

毎日練習だけはしていたようでした

偶々、おやじが試打会に行っていて話を聞いて

来られたのだが、

このアイアン、大手メーカー品でアベレージ用では

人気のブランドなのだ

測定の結果は・・・

まず、びっくりしたのは、

振動数が、番手によっては逆になっているのが数本ビックリマーク

それから、ロフト・ライ角・FPを見ると・・・

$小さな工房おやじの独り言


特に、ライ角が・・・いつもよりフラット過ぎるし

揃っていないあせる

これは、何処かで動かしているのでは、と、聞くと・・・

やはり、購入した時点で構えてみると

トウが浮いているので、店にフラットに出来るかと聞くと

2度まではフラットに出来るといわれたので

2度フラットにして貰ったそうだ叫び

困りましたねぇ、

あまりにも買う方側も安易過ぎましたねぇ

買われる方は、メーカー品なので

当然、ロフト・ライ角等は揃っていると信じて

全部均等に2度程なんて注文を出されたのでしょうが

高いお金を払って買うわけだから

もっと、慎重に・・・・

今のライ角は何度で、何度までフラットにして欲しい

そして、結果は何度になったのかも確認する位には

して欲しいものです

但し、ライ角を動かすとロフトも動きます

ロフトを動かすとライ角も動きます

片方を動かす時に片方が動かない方法は

ありますが、

それが出来ないところでは、

当然、片方を動かした後は片方が狂ってると言う事です

この場合は、多分その例で

ライ角を動かしたために

ロフトが動きFPもと言う事で益々おかしくなったのでしょうね

購入当初から直ぐにライ角を動かすのではなく

まずは、少しの期間打ってみてから

ちゃんとした所に相談をしてからが

良いと思いますよ

ネックを動かすと言う事は・・・

動かした結果がどの様になってるのか

セットとしての流れが上手く行ってるのか

是非、確認をして戴くこと

その為には、ちゃんとした測定器のあるところで

やられることが大事だと思いますが・・・
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

岩瀬豊一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。