再生可能エネルギー GreenPost

再生可能エネルギー、自然エネルギー。世界中から話題を集めています。

------------- - Heuristic Life - 発見的生活の提案 -------------


テーマ:
Twilogで集めた青森の再生可能エネルギー関連の情報

・Twilog @greenpost : 青森(2012年02月07日より。84件)

 青森の情報のクリッピング数が北海道に比べて少ない。ブログで扱った記事も少なかったのでびっくり。これから、意識して情報を探してみることにします。なんといっても、ポテンシャルは非常に高い、また日本一の風力発電立地県ですから。

 青森県は、2011年(平成23年)3月に、2020年(平成32年)に向けて、とりくむべきプロジェクトを整理した青森県エネルギー産業振興戦略ロードマップを策定しています。全国一位の導入規模を誇る風力発電(2012[平成24]年3月時点で、307,093kW)に加え、太陽光、太陽熱、温泉熱、雪氷熱、バイオマスなどにも積極的に取り組むとしています。
 ただし、まさに福島第一の苛酷事故のジャストタイミングで作られたこのロードマップでは、”原子力と再生可能”エネルギーのベストミックスが歌われています。核関連施設を積極的に受け入れている青森県ならではのものでした。そして、東日本大震災が発生、地殻変動リスクが現実のものとなり、原発震災が発生、大気、土壌を汚染した核は、今や地下と海水をも汚染し続けています。
 注目される、3.11後の青森県のエネルギー政策の見直しはどうなっているでしょうか? わが国の原子力発電関連の施設・研究の中心ともいえる同県の今後の動向が注目される所以です。

 青森県は、風力発電以外にも地熱関連の利用、ポテンシャルともに高く今後の開発が注目されます。先に紹介した「青森県エネルギー産業振興戦略ロードマップ」では、 再生可能エネルギーと省エネルギーについて、いかのように記述しています。

”青森県の豊富な再生可能エネルギーのポテンシャルは、県内のエネルギー消費量の111%を賄うことが可能 であり、中でも地熱、風力、木質バイオマスの割合が高く、本県の特徴的なエネルギーとなっています。また、今後の原子力発電所の立地によって、県内の需要を大幅に上回る電力供給力を有することが見込まれています。

日本と青森のエネルギー構成
-----image(”上-日本と青森のエネルギー構成、下-青森県のエネルギー賦存量。単位PJ:ペタジュール=1000T テラ J、下の下-2030年のエネルギー消費構造(青森県の将来像)”) : 青森県エネルギー産業振興戦略ロードマップより-----
青森県のエネルギー賦存量

2030年のエネルギー消費構造(青森県の将来像)


 そこで、本戦略では、前述の 「トリプル50」の考え方を基に、2030年における青森県のエネルギー消費構造の将来像として、現状は80%である化石燃料の比率を、電力や熱回収利用への転換を進めることにより現状の約半分の43%まで低減することを掲げています。”



参考
青森県
 - 青森県エネルギー産業振興戦略 ・ 青森県エネルギー産業振興戦略ロードマップ (平成23年3月) 2011年4月1日
"中間地点として2020年におけるエネルギー消費構造や各再生可能エネルギー導入量を試算し、再生可能エネルギーの普及拡大が県内の産業振興や地域活性化につながるプロジェクト等を「青森県エネルギー産業振興戦略ロードマップ」としてとりまとめ"


 - エネルギー総合対策局
"エネルギー開発振興課 原子力立地対策課 ITER支援室"

  - エネルギー開発振興課
"エネルギー開発振興課 業務概要
...........
むつ小川原開発関連ページ
むつ小川原開発
青森県むつ小川原開発審議会
環境・エネルギー関連ページ
青森県エネルギー産業振興戦略・青森県エネルギー産業振興戦略ロードマップ
先進的風力発電モデルの推進
太陽エネルギーの活用推進
あおもり地中熱ホームページ
青森県小水力ホームページ
水素・燃料電池分野の取組
青森県の電気自動車等の導入普及に向けた取組
環境・エネルギー産業創造特区
あおもりエコタウンプラン
青森県再生可能エネルギー産業創出支援貸付
青森県再生可能エネルギー産業ネットワーク会議"


 - 青森県再生可能エネルギー産業ネットワーク会議 - 2014年4月16日 平成26年度青森県再生可能エネルギー産業ネットワーク会議運営委託業務の公募について

 - 再生エネルギーロード推進事業
"青森浪岡線スカイブリッジで太陽光発電事業を行う道路占用者を決定しました。



 - 知事とのフレッシュトーク  2012年10月11日 青森県ならではのエネルギー政策について


・日本有機自然協会 : 平成23年度 農林水産省補助事業(農山漁村6次産業化対策事業)農山漁村再生可能エネルギー導入可能性等調査
"農山漁村における再生可能エネルギー電気の発電の具体的な導入可能性を調査する取組への支援を実施することを目的に、青森県を対象として事業を実施"



エネルギー列島2014年版(2)青森風力発電が半島から沖合へ、32基の大型風車を太平洋上に展開-----スマートジャパン、2014年04月22日


-----ブックマーク-----
環境省「平成24年版 環境・循環型社会・生物多様性白書」 : 第3章 元気で豊かな地域社会づくり 第1節 震災からの復興に向けて
"1 東北における再生可能エネルギーの導入
(1)再生可能エネルギーの導入ポテンシャル"



農林水産省「平成24年度 食料・農業・農村白書(平成25年6月11日公表)」  第1部 第4章 第3節 地域資源を活かした農村の振興・活性化 (3)再生可能エネルギーの推進と新事業の創出 ア 再生可能エネルギーの活用
okinawa otec1

-----image(”図4-3-16 都道府県別にみた再生可能エネルギーの自給率”) : 上記白書より


青森にふさわしい自前のエネルギー確保へむけて 実証された風力、これからの小水力-----自治労 第34回兵庫自治研集会 第13分科会 地域で再生可能な自然エネルギーを考える、2012年10月


東北電力 : 再生可能エネルギーの固定価格買取制度


「3.11後のエネルギー戦略ペーパーNo.3:東北復興エネルギー戦略 ~ 2020年東北・自然エネルギー100%プラン」-----環境エネルギー政策研究所、2011年5月9日


-----参考エントリー-----
2013年度の総発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合は、日本2.2%-----ソフトエネルギー、2014/06/30


国の中小水力発電開発事業の平成26年度交付先、「継続」8件を発表-----ソフトエネルギー、2014/06/26


-----関連エントリー-----
都道府県別再生可能エネルギーの関連情報-----しなやかな技術研究会、2014/06/29
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

greenpostさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。