ベランダの森

旧【「深呼吸、よく噛んで食べる、感謝、すべてのことを当たり前と思わない」気まぐれ読書感想文日記、けど読書以外の話も多くてすみません。】よろしくお願いします!旧タイトルに毎日意識したいことをメモしました。忘れそうになるので。私にとっては健康第一なのです。

読書感想文、グルメ・スイーツ、女子バレー、フィギュアスケート、観光・お出かけ、その他の気になること・ものなどについて書いてます♪


勘違いや記憶違いもあるかと思われますが、大目に見てくださるようお願いします。


ブログテーマ一覧の、「●」のついているテーマは、

今私が盛り上がってるものと、好きな作家さんです。


もう一つのブログ

「ゆるマクロ」マクロビオティック(玄米菜食)を多少とりいれた食生活…テキトーかつ気まぐれに♪


※リンクはご自由にどうぞ。


テーマ:


どっちが正義でも悪でも、
片方が圧倒的に強い、
片方だけが正しい、
というのが好きじゃないみたいです。

 

私自身ついつい、

自分が正しいって思っちゃうけど。

 

私が正しいと思うことは、

私が正しいと思うこと、でしかない。

 

悪役だからなにをしてもいい、
みたいにコテンパンにしてるけど、
ほんとに悪役だけが悪なの?

 

映画の「アナと雪の女王」の前に流れてた
初期のディズニー見てても思ったし、
あのミッキーのミニ映画、
私はカットしたかった。

 

わかりやすい悪役がいて、

 

悪役をみんなでやっつけて笑ってる

みたいな内容でした。

 

アナ雪を4回くらい観てしまったので、
あのミニ映画も自動的に4回見ることになりました。
(遅れていくって手段もあるけど、
 それもちょっとめんどくさかった)

 

なんだか。

 

だから小説でも映画でも、
「あの人が悪い、
 こっちは悪くなくて被害者」
みたいな設定は
あんまり好きじゃないほうです。

 

現実の世界では、
本当に被害にあう場合もあると思うのですが。

 

被害にあってしまった方々の気持ち

を否定したいわけじゃありません。

 

どうもフィクションでの、
悪役の取り扱われ方について、
なんだかずっと、
人よりも引っかかってしまう性質みたいです。

 

そういう意味で、
作品によって重たい雰囲気が苦手なことがあっても
奥田英朗さんなどは、
ものすごく尊敬しています。

 

ある登場人物を悪役と決めつけたりしないことも多いから、
読んでいてとても複雑な気持ちになったこともあるけど、
そういう描き方って、
私はとても好きです。

 

私の思う本当に近い。

 

でもフィクションなら、
本当じゃないものには
本当じゃない良さがあるかあ。

 

今日書いていて、
物語において、
悪役を利用してるっぽいと感じられたり、
戦争、難病、いじめなどを取り入れて刺激的にしている
と感じられてしまうと、
なんだかとても私は引っかかってしまう
ということが改めてわかりました。

 

じっさいに利用してるのか、
取り入れてるのか
というのはわからなくても、
私がそう感じてしまうと、
抵抗が生じてしまうみたいです。

 

私もすごくそうだけど、
人はいろいろな刺激が大好きなんだな。

 

わざわざ、
怖いの見たり、体験したりもするもんな。

 

そういう性質があるんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


どうもフィクションで、
正義と悪にわけて
正義が勝つ、
みたいなのがとても苦手です。

 

対等に近かったり


個人的なケンカとかだと平気なんだけど

 

誰かに憧れる気持ちは私もあるけど

 

正義を
世界でいばっているように見えるあの国、
と感じてしまうからかもしれない。

 

でも、
その国の個人の人たちには
とても親切にしてもらった経験もある。

 

そういうところ私は、
男の子的じゃないし、
平和な国の平和な時代に生まれ育ったとも思う。

 

今の日本にもいろいろあるだろうけど、
やっぱり比較的平和な時代じゃないかな。

 

「仕返しをする」という設定が好きじゃない、
と思うということは、
私が
恵まれてなまぬるく生まれ育った証拠、
とも言えるかもしれない。

 

男の子に生まれて、
どこかの国のいつかの時代で、
戦争に兵隊として行っていたら
どうなっていただろう。

 

想像するだけでも死にたくなりそう。

 

そうは言っても、
戦ってくれた人たちがいるからの今
でもあるのだろうし。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

以下は坊ちゃんのあらすじを読んで、
書きたくなったこと。

 

私の頭の中でつながってるだけなので、
ちょっと意味がわかりづらかったら
ごめんなさい。

 

坊ちゃんはちゃんと読んでいないので、
坊ちゃんは学校で権力に立ち向かっただけで、
仕返しはしていないかも。

 

私が子どもの頃から、
すごく抵抗がある設定があります。

 

今までにも書いているけど

 

まず悪役を設定して、

 

相手が悪役だから
どんなひどい仕返しをしてもいい、
ってパターンです。

 

あるいは、
誰かを悪役と決めつけることです。

 

私だって苦手な人もいるし、
私のことを苦手だったり嫌いな人もいると思う。

 

明らかに好かれてないなあ
って感じることもあって
たまにへこみます。

 

「誰にでも好かれたい私」っていう
高望みがあるんです。

 

でも相性もあるし、前より気にしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。