外耳炎とマラセチア

テーマ:

外耳炎の原因のひとつマラセチア。
現在では外耳炎を起こしている原因の70~80%は、マラセチアが関与しているといわれています。

マラセチアとはカビ(真菌)の一種で、その中でも酵母菌と呼ばれるものに属します。
健康な動物の皮膚や粘膜にも寄生している常在菌で、普段悪さをすることはありませんが、
アレルギーを持っていたり、皮膚の抵抗力が落ちイヌやネコでは異常増殖をして
炎症や痒みを増悪させます。(日和見感染といいます)

ジメジメしているところが好きなので、
長毛種や耳の垂れている犬の耳の中などでは増殖しやすいです。

マラセチアが原因の外耳炎になると、耳の中で繁殖し悪さをします。とても痒がるのが特徴です。
耳の中にはこげ茶色~黒色の特徴的なニオイのあるネトッとした耳アカがたまります。
もし耳を痒がるような仕草を発見したら、耳の中のニオイや耳アカを調べてみましょう。
また掻き続けることにより耳の皮膚を傷つけ、二次的に細菌感染も起こしてしまったり
炎症によって耳が赤く腫れあがってしまうこともあります。

もともと皮膚にいる感染体が悪さをすることを「内因性」と言います。
基本的に内因性はイヌからイヌ、イヌからヒトへ伝染することはありません。

For Wan Life...
さて、我が家のまろんさん。
体調により、時々マラセチア外耳炎を発症させます。

先日もじぇじぇじぇな状態にっ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

For Wan Life...
なもんで、モルトフェリーチェのドッグデオドラントを試してみました。

ちょっと耳アカが多かったので、まずはドッグケアウォーターで耳の中を洗浄し
耳アカを取り除いた後に、ドッグデオドラントをシュシュと。

今までは病院でもらう抗真菌剤の入った点耳薬でも、そんなにすぐには治らないのだけど
今回は翌日には耳アカ撃退してました(o^-')b
炎症がまだ少し残っているので、これはメディカルアロマのラベンダーウォーターでケアします。

For Wan Life...
耳を持ち上げて、写真を撮ってたら
耳に息を吹きかけられるのが死ぬほどキライなまろんは
ものすご~く警戒してました(笑)


ちなみに、今キレイな耳をしている子でも時々シュシュとしておくと
予防にもなりますね。

もしやってみて、翌日には同じくらいの耳アカが復活している場合は
マラセチアによる外耳炎ではなく、耳ダニの仕業かもしれません。
その場合は病院で駆虫してもらう必要がありますよ。
あ、こちらはイヌからイヌへ移る可能性あり。多頭飼いの方は気をつけて。


ところで、マラセチアは前述のようにカビ(真菌)の一種です。
人間の場合の「水虫」と同じ真菌です。
もしかして、水虫にも効果があるのかな?
試す人がいないので、試せないんだけど・・・

AD