2005-06-05 22:38:58

<パリの恋人>BS日テレで集中再放送

テーマ:パリの恋人&太陽に向かって

テーマ:パリの恋人


2/3以上を見逃しDVD化を今か今かと待っていた「パリの恋人」。


6/20から5日間連続で4話づつ、全20話(字幕放送)の一挙再放送が決定したそうです。


DVD永久保存版だっ!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-19 22:00:34

<太陽に向かって> 4/19放送回

テーマ:パリの恋人&太陽に向かって

テーマ:太陽に向かって、クォン・サンウ

 

なんと今日のサンウssiはショッキングピンクのセーターよ!

 

しかもそれがいやらしくなく似合うところが凄い!

 

きっと色が白いからだね。

 

しかも、勝手に強烈なアプローチをしまくってる女医の部屋(病院)に押しかけて、生け花まがいの飾りつけ。

 

女医先生はひどい花粉症だって言うのに、ライバルの罠にあっさりはめられちゃって・・・

 

だけどそこで引き下がらないのがサンウssi。

 

「花がダメだなんて女性として不幸すぎる!」なんて思い込んで、瓶詰めにしてプレゼントすることを決意。

 

なんと瓶まで、自分で吹きガラスに挑戦して手作りしちゃう!(手マメ、火傷作ってまで)

 

なんなんでしょ、この馬鹿馬鹿しいまでのパワーと情熱。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-13 01:28:52

<パリの恋人>感動の最終回!

テーマ:パリの恋人&太陽に向かって

テーマ:パリの恋人

 

撮りだめしてた分、あと何本かあると思ってたら、最終回の1話分だけしか残ってなかった、ショック!!

 

テヨンを挟んだ叔父ギジュ(実際は兄と判明)との三角関係、一族で経営する自動車メーカーでの歴然とした立場の違い、テヨンへの実らぬ想いに疲れたスヒョクは交通事故で病院に運ばれたのを機に、辛い記憶を封印することにし、テヨンやギジュに「あなたたちのことは何も覚えていない」と嘘をつく。

 

「スヒョクに辛い思いをさせたまま自分たちだけ幸せになることは出来ない」と別れを決意したテヨン。

 

ギジュは何とか思いとどまらせようとするが、テヨンの決意は固かった。

 

再び一人でパリへ旅立つため、空港へとやって来たテヨン。

 

秘書を通してそのことを知ったギジュは急いで駆けつけ、テヨンと最後の話をする。

 

「愛してるから行かせるんだ」

「また私を探し出して」

 

悲しみを堪えて笑顔で手を振る二人。

(テヨンの手には二人の思い出の品らしきブタの貯金箱が。社会現象まで巻き起こした有名な一品だそうです)

 

(ラスト3話ぐらいしか見ていない私には「なんでそこまでして別れなきゃいけないんだ? これまでの経緯が分らないんじゃーなんともしっくりこないじゃないかあ~」という気持ちが大だったのですが、最後まで見てるとやはりその時点では必要不可欠な別れだったように思える。それぐらい別れのシーンは悲しかった!)

 

人は出会うもの。

人は別れるもの。

でも次に愛するのもやはりテヨンがいい。

 

ギジュは今までの思い出を振り返り、心の中でテヨンが占める割合の大きさを改めて感じます。

「君の居場所はいつまでも空けてあるから」

挿入歌の歌詞がぴったりと当てはまる心境です。

 

そして姿を消したままのスヒョクとテヨンからは何の連絡もなく、二年が過ぎて。

 

ギジュはスヒョクが起こしたデザイン流出事件から続いた会社の危機を立て直し、晴れて新車発表会を迎えます。

 

仕事を終えたギジュの元にスヒョクから「元気でやってる」と電話が入ります。

 

“会いたい人に会う代わりに海へ来る”

海辺の町で愛用のバイクを背に海を眺めているスヒョク。

 

「テヨンを迎えに行ってもいいか?」と聞くギジュ。

 

会社の危機を救うという大きな役目を果たし、今またスヒョクとの関係にきっちりとけじめをつけたギジュは、テヨンを探すためパリへと旅立ちます。

 

小さな車の整備工場で働きながら同じ街に住むテヨンを探すギジュ。

 

テヨンもまたカフェでバイトをし、大学に通いながら、離れ離れとなったこの2年をしっかりと生きてきました。

 

街角で何度かすれ違いながら、なかなか出会うことの出来ない二人。

 

テヨンとよくそうしていたように自転車に乗り、街を走り、噴水にコインを投げ、再会を願うギジュ。

 

その傍らにいつの間にか涙ぐんでギジュを見つめているテヨンの姿が。

 

夕暮れのセーヌ河のほとりに並んで座る二人。

 

二人の新しい1ページが開く・・・・・

 

 

 

 

・涙ぐんでいるテヨン、いじらしくて可愛かったです! 再会シーンもそうだけど、パリに立つ前、家に訪ねてきたギジュを避けて遠くから見守っている姿!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-12 21:58:00

太陽に向かって 第2話

テーマ:パリの恋人&太陽に向かって

テーマ:太陽に向かって、クォン・サンウ、イ・ユジン

 

今日が2話目でした、BSフジ「太陽に向かって」。

 

ぶっとびぐあいは1話目よりはおとなしめかな?

 

でも相変わらずソンミン(サンウ)は嫌がる女医を追い回すストーカー!

 

しかもゼーンゼン相手にされてないのに、上官に「3ケ月以内に結婚します」なんて大嘘こいちゃって。(でもドラマの中ではしっかり実現するんだろーな)

 

女医ヘリンは先輩医師スンハに協力してもらってソンミンから逃げ回ってます。

 

当然スンハはヘリンに気があります。

 

一緒に留学しようなんて積極的に誘ってます。

 

でもなんかヤな奴だなスンハ、育ちが良い&優秀風を吹かしてて。

 

ヘリンは男手一つで自分を育ててくれたお父さんを置いて留学する気はなさそうです、ソンミンに対してはかなりつっけんどんだけど、優しいところもたまにはあるのね。(あんまりそういう面が見えてこないけど)

 

ヘリンはソンミンに「私、結婚してたことがあるの」(結婚式に向かう途中相手が事故で死んだんだっけ?)なんて気持ちを冷まさせようとしますが、ソンミンは引く気がなさそうです。

 

第2話では新たに、スンハがよく知っている学校の後輩がソンミンの部下として一緒に海軍で働いていることが判明。

 

スンハはずる賢さを発揮して、その男を使ってソンミンとヘリンの仲を裂こうと動き出す模様。

 

もう一つ、ソンミンが目の中に入れても痛くないほど可愛がっている妹スジンがソンミンの部下(さっきの後輩とは違う人。かなりのお調子者でやり手のIT企業マンと嘘をついている)と騙されているとは知らずに恋愛関係に発展しそうな兆し。

 

そうそう、ヘリンの友達として、あの「美しき日々」でヨンスの親友だったナレ役の人(イ・ユジン)が出てます。

 

ただし吹き替えは別の人で、ユジンさん自身も長めの黒髪(しかも妖艶な)って感じで、かなりイメージが違ってて、「あれー!?」と思います。

 

吹き替え、「美しき日々」のときの方が良かったなあー、若々しくて溌剌としてて。(笑)

 

「太陽に向かって」の吹き替えはどの人もいまいちに思えます。

 

失礼ながら、全体的に若々しさに欠けるー!

 

サンウさんの声の人、「天国の階段」のときと同じ、真殿光昭さんという方らしいけど、サンウさんのイメージと違うなあー。

 

あ、もう一つ言っとくと、ビョンホン様主演ドラマ「オールイン」(「NHKで「美しき日々」の後番組として始まるね!)でイナの不良仲間やってた太目の人(ごめんなさい、BSフジのHPにもキャストとして載ってないので名前分からない)がこのドラマにも出てまーす。(艇長やってるソンミンのたくさんいる部下役の一人としてね!)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-07 00:37:16

比較して悪いのですけど・・・<太陽に向かって>

テーマ:パリの恋人&太陽に向かって

テーマ:太陽に向かって、クォン・サンウ

 

一つ前の記事で「パリの恋人」の台詞回しがオシャレ!と褒めたんですけど、「太陽に向かって」は反対にコテコテのギャグ系ですなあ~。

 

コメディという言い方もちょっと違ーうというようなベタなセリフ・行動・セリフ・キャラ・セリフ!

 

見比べてみると非常に面白いような気がする。

 

サンウさん(ん!? 役名思い出せない)、海軍大尉の白い礼服はとーっても似合ってるんですけどねー。

 

勝手な見方ですけど、サンウさんは被り物似合いますねー。

 

「天国の階段」でもチョンソにもらった赤いニット帽(うさちゃん付き)嬉しそうにかぶってたし、「太陽に向かって」も何しろ職場が軍隊ですから当然制服の帽子をかぶってる場面が多いし。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。