2007年12月11日(火) 18時30分16秒

若手を捨てる、方針

テーマ:オピニオン

この移籍、なんかここ数年恒例化してるかのようなこの路線。



監督が「若手も育てていく」見たいなこといってたらしいけど、ホントにその気があるのか?ってハナシ。

去年、根占や久場や玉乃を放出し、三原や重光や喜山や弦巻をレンタルしたのはまだ理解できる。1年で上がらなきゃいよいよ経済的にもマズいだろうし、余裕もなかったろうから。


でもJ1に上がった今、これからチームを作ってくんじゃないの?

モチロン即戦力の補強と維持も必要だけど、若い選手を育てて、チームの土台を作ってくのも必要でしょ?



ヴェルディでデビューした選手、ユースからよみうりランドでプレーしてきた選手、そういう選手をないがしろにしてチームの基盤なんか作れんのかよ?逆にこんなこと繰り返してたらチームの基盤、ピラミッドの底辺が揺らいでくよ。

やっぱり今のクラブには「育てる」っていう気が感じられない。

広島に行った戸田はともかく。若手を採る→2・3年でレンタル→完全移籍。の流れが当然のようになってる。

ヴェルディの持ってる数少ない財産を足蹴にするようなマネを繰り返してるのに気づいてないの?


ユース上がりの選手、ヴェルディで育ってきた選手がどれだけクラブにとって大切な存在か、ラモスや平本や飯尾や義成がどれだけ愛されてるか、どれだけクラブに貢献してるかってことを見れば分かるでしょうよ。


もちろんプロである以上、能力がなくて切られるのはしょうがない。

でも「使える」と思ったからとったんだよね?それをろくに育てもしないで切るって方針が理解できない。



ホントに選手を、クラブを育てる気はあるの?

弦巻・喜山は、平本はちゃんと帰ってくるのか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月15日(木) 22時15分11秒

ヴェルディのチャントは難しい・・・

テーマ:オピニオン
さて、このタイミングでなぜこのハナシを書くのかわかりませんが、この間の草津戦で感じたんですよ。

何がってですね、応援歌が難しい

“あの娘はエイリアン”“日曜日よりの使者”“エンターテイナー”などもともと歌詞が多いヴェルディの応援歌ですが、今回新たに“For東京”に歌詞がつきました。


FOR TOKYO FOR TOKYO

ハートを燃え尽くし
FOR TOKYO
FOR TOKYO

我ら誇り高く
さぁ!心の叫び届けろ

求める物は栄光の為 
FOR TOKYO
FOR TOKYO

こだま鳴り響くまで!!


ヴェルディスタHP より



たしかに歌詞はカッコイイ。

だけどもそれ以上に難しいんですよ。

毎試合来るような人には問題ないと思うんですよ。ヴェルディスタなんかのHPも見るし、ホームで2~3試合もやってれば浸透してくるし。

でも絶対数が少ないヴェルディとしては周りを巻き込んでいくことが大切でしょ。もちろん各応援団の人も呼びかけたりしてるのを見るにつけ、それは共通認識としてあるはず。っていうかむしろリードしている人たちのほうが感じてるはず。


それだったら、もっと(初見でも)ノリやすい、簡単・単純なものを増やしていくべきなんじゃないでしょうか?

04年の天皇杯からエンターテイナーにも歌詞がついたし、最近どんどん難しいのが増えてる気がする。

そもそも長い歌詞の歌って周りからはわかりづらいんです。

俺もスタジアムに来はじめのころ、なかなか“あの娘はエイリアン”が覚えられなかった記憶があります。“For東京”のリズムを覚えるのにも難儀した気がする。


初めてスタジアムに来て、あるいはちょっと興味を持って襷の近くに寄ってきた人が「手拍子だけでも一緒に応援にノッてみようかな」と思っても、難しい歌詞・難しいメロディではノろうにもノれない

これってツマラナイですよ。

いくら「歌詞わかんなくても大丈夫」なんて誘われたって、やっぱ歌詞がわからないと襷の中には入りづらい。みんな当然のように歌ってるんだから。

レッズやエスパルス、アントラーズやレイソルなんかの耳に残る応援歌、スタジアムの帰り道につい口ずさんでしまうような応援歌は単純なものですよ。

歌詞だって「オッオ~」やら「オレオレ」とか「レッツゴー」とかそんなもん。


もうひとつ言わせてもらうと、やっぱり難しい歌って元気よく歌えないんですよ、なかなか。

“Let’s goヴェルディ”“Come onヴェルディ”みたいな単純なやつって大きい声が出やすいじゃないですか。




もちろん歌詞があったっていいと思う。“あの娘はエイリアン”“日曜日よりの使者”がなくなったら寂しい。

でも周りを巻き込んで、楽しいイメージを持ってもらうとか、ゴール裏スタンド全体から大きい声で後押しするとか、そういうことを考えると「単純で楽しく、ついついノっちゃうようなものを沢山やっていく」ってのを考えてもいいんじゃないでしょうか?

幸い“サンバ”という強力な武器もあることだし。


だけどただのコールばかりじゃつまらないから、個人的にはサンバとか単純な歌(玉乃の歌とか平本の歌とかみたいな)はすごくノリやすいと思う。

短いスパンで単純なリズム・メロディが繰り返されるから、耳にも残るし参加もしやすい。


どうでしょ?





ぜひぜひそんなコトも考えてほしいな。なんてU-21の試合見ながら思いました。

いやぁ、煮え切らねえ試合だなぁ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年08月08日(火) 19時15分33秒

応援について真面目なハナシ

テーマ:オピニオン

前から色々思うところはあったけど、元気のある今日のうちに書いちゃおうと思います。

ヴェルディのゴール裏について。


[Ⅰ]サンバとコール

今、イチバン言いたいことがコレ。

単刀直入に言うと、サンバ消えすぎなんじゃないかと。


去年、ハッサと一緒になって応援始めましたね。

それはホントにいいこと。


で、問題はその後。

今年に入ってからサンバの応援も定着はしました。ところがどっこいほとんどサンバの応援なんてしないし、バリエーションも「順次増やす」とは言ったものの、今のところ(コンスタントにやってるのは)2種類だけ

これってどいうこと?

---回数が少ない---

まぁ他にも色々なモノがあるし、これはしょうがない。

それにしたって少なすぎだろとは思うけど。


---ハーツの妨害---

試合中、サンバが鳴り始める。するとハーツがすかさずコールをかぶせてくる。

これで強引にサンバが鳴り止む。

1度や2度だったらたまたま失敗したんだと思いますよ。

でも、それが頻繁に起こる。

これは・・・意図的としか思えません。


この辺りはいくら話し合いをしても、当事者の意識が変わらないと・・・。

(話し合いの場で「サンバと統一する」と言っても、現場で反故にされたんじゃ意味がない)


とは言っても、結局のところ解決策は“話し合い”しか見当たらないし、サポミみたいなことを頻繁にやるのが大切なのかも。

団体の方なんか大変だろうけど。


---バリエーション不足---

これはそろそろ何とかなっててほしいところです。

統一なったのが去年の柏戦。あれからもう8ヶ月以上経ちますよ。

いくらなんでも少なすぎでしょ。

フツーにサンバに合いの手を入れるパターンだけじゃなくて、

既存のコール(あの娘はエイリアン、エンターテイナー、ヴェルデ・ブランコ、for TOKYO、カモン・ヴェルディ等々)にサンバを被せるとか。

新しい歌を作るときは最初からサンバと合わせて作るとか。


大変かもしれないけど、できないことはないでしょ。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年10月06日(木) 20時38分12秒

応援についてひとこと

テーマ:オピニオン

ヴェルディの応援にひとつ考えてほしいところがあるんです。


ホントに、ホームゲームしか行かず、しかも毎試合襷に入るわけでもない(率は上がってますが)俺が、「こんなこと書く資格あるのかよ。」とは思うんですよ。

もちろん毎試合跳んではねて、応援を煽って、襷の外のお客さんにも声をかけている方々には頭が下がりっぱなしです。

ホントにすごいと思ってます。

こんなこと書くのは大変失礼なことだと思います。

でも、それを承知で書かせてもらいます。



ズバリ統一応援

「またか」と思うかもしれませんが、ホントに大きいことだと思うんですよ。

もちろん(少数にしても)反対している人がいるのも知っているし、団体の方々も統一に向けて動いているのだと思います。

しかし、どんな話になっているのか、どれだけ進展しているのか。そういう情報が全く伝わってこないし、「ホントに統一に向かっているの?」と思ってしまうこともあります。


そこでどうでしょう、とりあえず次の戦から統一応援をやってみるというのは。

「とりあえず」というと言葉が悪いですがやってできないことはないと思うんです。

レアル戦でも(2階でも聞こえましたが)きれいに合ってました。

幸い2週間のインターバルがあるし、十分とはいかないまでも打ち合わせの時間はあると思います。



それに、考えてみましょうよ。

分裂状態の応援が響くスタジアムとサンバとコールのそろった応援に包まれたスタジアム、ピッチの選手たちはどちらの方が気持ちよくプレーできるでしょう

フツーに考えたら後者ですよね?



・・・「残留に向けて」という意味でも大切な今度のFC戦、ここから(せめて残留が決まるまで)やってみましょうよ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月19日(金) 20時54分23秒

天皇杯の日程変更の意見について(2)

テーマ:オピニオン

②俺(反対派)の意見


さて、それでは僕の意見。

正直、自分としては日程変更「反対」です。

まぁ、トーナメント自体の日程はもう少し変えてもいいのかな、と思うけど、決勝は元日にやってほしい。


理由はえらく感情的なものなんだけど、やっぱり「元日」って特別だと思うんですよ。

なんか空気が違うでしょ、元日って。

(そう感じるのは俺だけかもしれないけど)


元日のピンと張り詰めた空気の国立競技場。やっぱり神聖なものなんですよ、きっと。

日本のサッカーの初日の出なわけですよ、天皇杯決勝は。


そりゃ最初は集客だけを考えた日どりなのかもしれないけど、「元旦国立」っていうのは特別だと思うんですよ。しつこいようだけど。

その辺がナビ杯とかとは違うわけで。

やっぱり年中行事でしょ?「明けましておめでとうございます」で始まるNHKの中継。


当然、合理的なことを考えたら秋とかそういう季節にやるべきだと思うんですけど、もっと心情的なことなんですよね。

そういう重みもあるタイトルなんだと思う、天皇杯って。

(サッカー素人のファン初心者がおこがましいこと言ってるけど)

もし日程が変わったとして、そしたらやっぱり天皇杯の重みが変わっちゃうと思う、心情的には。



・・・・・とかなんとか言ってもきっと日程は変わるんだろうなぁ・・・。


皆さんはどう思われます?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月19日(金) 16時03分28秒

天皇杯の日程変更の意見について(1)

テーマ:オピニオン

今日も今日とて撮影でした。

俺が出るシーンはなかった筈なんですけどね・・・。成り行きで・・・。


ちなみに午前の部活の試合では体調不良と暑さ(と実力のなさ)もあって、メチャメチャ足手まといでした。

気のせいか顧問の「何様だよ」って声が聞こえたような聞こえなかったような・・・。


で、今回はちょっと真面目な「オピニオン」、題して「天皇杯の日程変更の意見について」です。

何でこんなこと書こうかと思ったかっていうと、単純に体調不良のときに今年の天皇杯決勝を見て思うことがあったから。


今回はそんなに長くなく、現状の問題点と僕の考え(希望?)の2本立てで行きます。




①現行スケジュールの問題点


最近、特に強く叫ばれるようになった「天皇杯の日程変更」

主流の意見は「冬(決勝は正月)から秋へ」といった意見でしょうか。


理由としては・・・

-----------------------------------------------------------------

・来期、離脱する選手もはっきりしており、モチベーションが低い

・(Jクラブは)シーズン終了後からのトーナメントでコンディションが悪い

         →大会の価値の低下の可能性

・サッカー人気がある程度確立した今、元旦でなくとも客は入る。

・年末(正月)までずれ込み、勝ち進むと来期の準備に支障が出る

-----------------------------------------------------------------

といったところでしょうか。

ま、全部正論でしょうね、よくわかりますよ。


1・2番目の「モチベーション・コンディションの低下」というのもその通りで、例えば外国人選手が帰国してたり、主力選手が怪我してたり、離脱の決まった選手は出てこなかったり・・・・。

ザスパに負けたときのマリノスや優勝したヴェルディもそんな状態でしたし。


3番目の「客の入り」

そもそも何で決勝を元旦にしたのかっていうと、要は「それまで客が入らなかったから」らしいです。

それで明治神宮に初詣に行く人たちをそのまま国立に呼び込むため、決勝を「元旦」にもってきたんだとか。

それから「元日決勝」になったんですね。


要するに、いまどき天皇杯の決勝ともなれば客の5万人くらい入るんだから元日じゃなくとも。ってハナシなんですね。


そして最後の「来期の準備に支障が出る」ってのが一番大きいですよね。

実際のところ、それが“天皇杯優勝のジンクス”につながっているのでしょう。

(その点ではウチも被害者・・・?)

だから「天皇杯は捨てる」なんていう奴が出てくるんだろうな・・・・・。




・・・・以上、“①現行スケジュールの問題点”でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月10日(日) 22時44分04秒

例の傷害事件

テーマ:オピニオン

柱の落書きなんか(「なんか」というのは間違ってるかもしれないけど)とは比べ物にならない、今回のは立派な傷害事件。

落書きはいくら傷ついたといっても柱(と思い入れや思い出)。

金払わずに突破したって損害は千数百円。

今回は実際に怪我人が出てる。


正直、自分は事件のあったときはのんびり座ってレプリカに着替えてた頃で、「なんか後ろでガヤガヤしてるな」程度だった。

実際に見たわけじゃないから詳しいことは分からないけど。



ついに怪我人出しちゃったよホント、「ついに」。

正直、サポーター関係で怪我人出すのは柏じゃなくてFCだと思ってた。

(もちろん、「もしも」の範囲の話でそんなこと望んでるわけはないけど)


今まで、ことあるごとに「一部のサポーターが」って言われてきたし、そう思ってたけど、今回の200人っていう数字を聞くと、さすがに「一部の」とは言えない。

200人って小さな小中学校くらいの数よ?

そりゃ割合でいったら少数派なのかもしれないけどさ。


少なくとも、植田朝日らへんを始め、そんな空気(少なくともそれを許すような空気)があるのは確かなんじゃないかと思う。

そりゃほとんどはまともな人たちだろうけど。



ホントに、これでいいわけ?

鈴木チェアマンとか川淵さんとか、雑誌やらなにやらでことあるごとに

「Jの売りは女性や子供、家族連れで観に行ける、安全なスタジアムだ」

って誇らしげに言ってるじゃない。

スタジアムに柵やら警備員やらを配置しなきゃいけないようなスタジアムにしちゃうわけ?


世の中許されることと許されないことがあるんだって。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月15日(金) 19時34分19秒

観客数について考えます(4) ~読売の影~

テーマ:オピニオン

もう観客動員の話から完全に脱線してます。

今回については単なる読売嫌いの意見なので読む価値ないかもしんないです。

 

③読売の影

きっとヴェルディ好きの方の中には巨人ファン、親読売の方も多いでしょう。

読みう売りグループ内部の人がどう思ってるかも知りません。

ただ、(少なくとも若年層にとっては)世間の読売に対するイメージは、かなり悪いです

こと中高校生に関しては9割がた「読売(新聞)が嫌い」、「巨人が嫌いだから読売は嫌。」、「どうでもいい」の3種類です。

大人のなかでも渡辺氏やJリーグ初期の経営など反感を持ってる方も多いと思う。

 

ぶっちゃけ“読売”にブランド力なんてこれっぽっちもない。

むしろマイナスイメージ。

 

 

しかしいまだに「俺はヴェルディファン」というと、とっても嫌な顔で「え~・・・読売?」と返してくる人がいます。

いくら読売が経営陣から退いたといってもいまだに「読売」の負のイメージは残っています。

宣伝だろうとなんだろうと、間違ってもこぞのプロ野球球団のように思い上がって「盟主」と名乗ったり、ましてやその球団とのタイアップは(イメージ的に)大きなマイナスだと思います。

 

 

 

まぁ、読売嫌いのボヤキですけどね。

 

 

 

 

 

最後に、なんか思いついたら続きを書くかも。

読む価値のない可能性大ですが。

 

勢いで4つ書いたので内容が矛盾してたり訳のわからんことを書いていたりします。

ツッコミをじゃんじゃん入れてください。

訂正しようと思ったところは訂正しますので。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年04月14日(木) 21時48分54秒

観客数について考えます(3)

テーマ:オピニオン

続きです。 

 

 

②地域に出向く

サイバーエージェント”、スポンサーについてくれましたね。

インターネットで大アピールしてくれる。頼もしいですね。

 

日本テレビ”、ヴェルディの筆頭株主です。

深夜とはいえ毎ホームゲームを放送してくれます。嬉しいですね。

 

でも、ひとつ大きなことを忘れてませんか?

ヴェルディのHP、ブログに毎日のように目を通す。

深夜まで起きて(あるいは録画して)試合を観る。

こんなことするのはヴェルディサポーター(ファン)だけですよね?

そりゃ、他サポの方も見るでしょうが、ヴェルディに乗り換えるなんてことはないでしょ。

 

上の二つを批判する気なんてさらさらありません。

むしろ他にはマネのできない素晴らしいことだと思います。一サポとして、本当に嬉しいです。

 

でも、東京一千万人のうち、ネットを使ってる人はたくさんいてもネットにかじりついている人なんかわずか。
大体そんな人はスポーツに興味が無いと思う。

てかそれで心動かされて味スタに来る人なんていないだろ。

(まぁ、これは既存サポに向けたコンテンツなのだろうけど)

 

それよりも、町田でも稲城でも渋谷でも立川でも、あるいは調布でも小平でもいい。

街に出向きましょ?

最近、田中さんや星見さんのブログ、ヴェルディ食堂から街に出向いてイベントに参加・主催したりしているのはわかります。

でも、たとえばFCのフロントの方は毎週のように調布市役所に来ているそうです。

自治体に取り入ればいいというわけではありませんが、そういうことって大事でしょ。

なにも「何から何までFCの真似をしろ」なんていいません。

そんなクラブになってほしくないし。

でも見習うべきことはあるはず。

 

「インターネットで大きく展開している」

よりも

近所の商店街にヴェルディの旗がかかってる

ほうがお客さんは来てくれるはずです。

 

他にも、例えば小中学校にコーチを派遣して教えてみるとか。

選手が来ればなお良し。

自分が小学生のときFCのコーチが来たことがあって、とても評判が良かったのを覚えています。

それに加えて、もしも選手が来ていたら・・・。

スタジアムに行って、「あの選手がこの前ウチの学校に来てた人だ。」とか。

(こんなにうまくいくかはわからないですけど)

 

稲城や立川で旗がはためいているのは知ってます。(行ったことないけど)

ポスカ配りなど、地道な努力を続けておられることも知っています。(参加したことないけど)

しかし、やはりのんきに見えてしまうのです。

 

この広い東京、まだまだ空白地帯はあります。

あるいはFCのお膝元に出向くくらいのことをしてもいいんじゃないですか?

「FC東京が種をまいたところを荒らす気はない」

なんて言ってないで。

 

 

観客数について考えます(4)に続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年04月14日(木) 21時32分37秒

観客数について考えます(2)

テーマ:オピニオン

下の記事に続きます。

今度はいくつかの項目に分けて。

 

①どうも企業色が強い

どうも企業色が強い感じがするんですよね。まぁ「そんなことねぇよ」って方もいるでしょうが。

例えば「日テレDAY」などスポンサーの感謝デー(?)みたいなのありますよね。

それは全然良いんですけど、ちょっとやりすぎかな。と思うわけですよ。

「日テレ」が「ヴェルディ」よりも前に出てきている。

これは問題では?

 

あと細かいようですが名前。

クラブ名称:日本テレビフットボールクラブ

チーム名称:FCニッポン

おかしいと思いません?

東京の「と」の字もヴェルディの「ヴ」の字もないんですよ?

 

プロスポーツクラブの目標として(勝利とタイトルが至上の目的ですが)「クラブの独立」というものがあるのではないでしょうか。

今の状態ではもちろん独立どころではありませんが、将来的にはこうなるべきだと思います。

今のままではあまりにも企業依存では・・・。

日本サッカーのクラブチームの「パイオニア」だったヴェルディなんですから。

 

 

観客数について考えます(3)に続く。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。