電柵設置の日

テーマ:

自然栽培で作っている、猿投の田んぼも稲がたわわに実ってきた。

去年はイノシシさんにやられ、惨状に呆然(その後、変なテンション)となったけども、

今年はナンとしても防ぎたい。

 

ということで、田んぼ仲間のみんなと電柵の設置作業。

まあ、やっていることは地味に、張り巡らすことですが・・・。

いなごが、葉っぱをハミハミしてたりする。

ヒルもいた。(田んぼだから当たり前か)

 

通電式~。

勇気あるものたちが触ってみる。

バチッと音。痛そ~。

イノシシさん、痛いから来ないでね。

やれやれ、次は稲刈りを残すだけ!

(その後の楽しみに収穫祭もあるけど)

 

美味しいお米にな~れ!

 

 

 

 

AD

green mamanがお米を農家さんから直接購入するワケ

テーマ:

田んぼを仲間たちと二箇所やっています。

今年はこの辺りは気候に恵まれ、稲もよい具合に育ってきています。

でも、一年のお米の消費量を賄えないので、足りない分は購入することになります。

さてさて、そこでの話。

 

 

私達は農家さんから直接購入する事で、米作りに適正な金額を農家さんにお支払いしたいと考えてます。

今、農家さんはお米の買い取り価格が激減し、ボランティアどころか、他で利益を得てないと米作りができない時代になってしまいました。

米農家さんから直接購入する、米農家さんに適正な金額で買い取りをしている流通経路で購入するなど心がけたいですね。

お米の本当の価格について、以下長いですが、是非読んでみて下さい。

まず皆が毎日食べているお米。
1人当たりどれ毎日1合を食べるとすると…1合は、茶碗山盛り2杯。計ってみると1合は170g。

ということは、1日1合(0.17kg)を毎日食べるとして
・・・0.17×365(日)=62.05kg
・・・年間1人当たり約1俵ですね!(1俵は60kg)

1俵作るのに、実際にどれだけのお金がかかっているのか・・・?
実際に農家さんが計算して下さったのを参考に考えてみました。(有機農での計算です)

有機農で実際かかった金額(資材や苗、肥料代、地代、機械の修理代、オイル代等・・・)から、1俵当たりの金額を割り出してみると・・・1俵15200円。
これには人件費は全く入っていません。

人件費を足してみましょう!
1反当たりの労働力はおよそ4日間程。時給計算して、ざっと15000円。
(計算すると時給500円にも満たない立派なブラックバイトです)

実際かかった諸費用15200円+田んぼの労働力 15000円=1俵辺り 30200円

ちなみに去年の農協での買い取り価格は?10300円~11000円だったそう。
これは地域で買い取り価格も違っていて、1万円を切っている地域もあります。

今年はこの地方は豊作なので、もっと農協の買い取り価格は安くなると思います。

本来お米は1俵30000円位するもの、なんだという事はお分かりいただけたでしょうか?

1俵30000円のお米だったとしたら、毎日食べるご飯の値段って一体どれくらいなのか?
1合(山盛り)1杯・・・82円。
普通盛りにすると・・・41円。

皆さん、これって金額としてお高いですか?
マックのなんちゃらセットとか、今いくらですかね?
さすがに82円じゃ買えないですね。
自販機のジュースだって1本買えない値段。

これ、1俵30000円だとしたら・・・の計算です。
この半分の1俵15000円という値段だって高いと思う方は多いハズです。
正当な価格が崩壊してて、そういう感覚にさせられてるんですね。

この安いお米の値段の裏には、米農家さん達のお金にならない労働があるという事、皆に知って頂き、是非皆さんがお米を買うときに、参考にして欲しいと思います。

ちなみに…お金にもならない米作りを何で続けてきてるのか?
それは、多少の違いはあるにせよ、先祖代々受け継がれてきた田んぼをなくしてはいけない、途絶えさせてはいけないと、足助や旭、稲武など、農山村に行くほど、そういう意識は強いと感じます。
あとは地域で耕作放棄地をつくりたくないという思いも強いです。

元々日本は稲作が向いていた土地ではないと何かで読んだことがあります。
稲作が入ってきた弥生時代の稲作は苦労が多く、収量もほとんどなかったとか。
・・・それでも続けてきたのは、未来の子孫の為。
それが代々引き継がれてきてるのは有り難いことです。

green maman田んぼ。

自然栽培で。草があまり生えなくなってきました。

 

 

 

AD

9月のgreen maman朝市のお知らせ

朝晩涼しくなってきて、虫の声が心を落ち着かせてくれる季節ですね。

さてさて、今月の朝市のお知らせです。

今月の松本自然農園OBは、野良自然農園さん。

先日まちかど朝市から守綱寺のお楽しみ会に出してくださった、はらぺこ菓子店天秤堂さんからは、冷たいスイーツを。

お弁当は久々のちんちゃん亭ですよ~。

日時:
9月27日(火)
10時~お昼ごろ

場所:
守綱寺http://www.machikuru.jp/syukoji/
広間
(場所をお借りしているので、朝市のお問合せはご遠慮ください)


出店者さん:
いのはな農園、野良自然農園、てくてく農園、近藤しいたけ園、豆腐やしろ、粉塔(スイーツ、パン)、バンバン堂(コーヒー、ジュース)、はらぺこ菓子店天秤堂(冷たいスイーツ),

ひふみや(自然派お弁当)、ちんちゃん亭(地産地消お弁当)


*守綱寺さんの読み聞かせも本堂にて10時半~11時まで催されます。

心地よい秋の1日、ゆっくりと朝市をお楽しみくださいませ。

…………
今後の朝市の予定は…

10月25日
11月22日
12月6日

12月が一週目になります。お気をつけください。

AD

子どもの憲法カフェ やりました~!

テーマ:

夏休み こども憲法カフェ@守綱寺 無事終わりました~。
参加してくださった皆様、告知をしてくださった皆様、
ボランティアの皆様、ありがとうございました♪
大人25名と小中高大学生の参加が25~30名位でしょうか。・・・沢山のご参加、ありがとうございます。

...

どうなることかと心配しましたが、
中高生、すごいなー。
忙しいから、この日を迎えるまで全然打ち合わせとかできなくて、
うちの長男くんとお友達のkくんと二人でチラシを作る位しか集まれず・・・。
それでも、今日はスタッフとして集まってくれた中高生が、
それぞれに色んな仕事をこなしてくれて、皆を小さい頃から知ってる私としては、なんだかウルウルしちゃう光景でした。
急遽進行を振ったにも関わらず、あっさりお手伝いしてくれた中3男子、さすが!

なかなか人前で質問したりは恥ずかしかったみたいですが、
ちゃんとアンケート用紙や質問用紙には、色々書いててくれました♪

最後に残ったメンバーでシェア会をして、皆の感想が聞けたのは良かったかな・・・。

ここでは、一人一人が、皆の意見に流される事なく、自分の感想を率直に伝えてくれていて、それが良い時間となりました。
(中学生位だと、誰かが意見を言うと、最初の人の意見につられちゃって、皆似た様な意見になっちゃうっていう事も多いと思う・・・)

初めて憲法に触れる子達にしたら、言葉も初めて耳にする言葉だったりして、「難しかったー」っていう意見もありましたし、「自分の身近な事と結びつかないと難しい」なんていう声もありました。

それでも、何かしら心に残る言葉だったり、
それぞれに理解を深めていてくれたら、
それで十分!

守綱寺さんでの開催という事で、午前中の夏のお楽しみ会に
参加していた小学生の子や、ちびっこ連れのママ達も参加してくれて、色んな年齢層の人たちが集まり、良かったですね♪
(小学生の絵本への食いつきや先生の質問に元気に答えてる素直さが、めちゃめちゃかわいかったです♪)

また次回、いつの日か開催できる事を期待してます☆

子どもの憲法カフェ 開催します

テーマ:

中高生が主催する憲法カフェ
「こどもてらけんカフェ」を開催します。


日時:8月30日(火)13時~15時まで

会場:守綱寺 本堂【豊田市寺部町2丁目23】


☆申し込みは不要です


なにぶん、初めての試みですので、どうなるか分かりませんが、
未来の有権者である中高生が、手を挙げてくれました。

...

講師を田巻紘子弁護士にお願いしています。
ご存知の方も多いと思いますが、先生のほんわかした語り口は
聴く方も大変に癒されますし、
分かり易い言葉で伝えてくださいますので、
今回の開催にピッタリの先生です。

内容は只今詰めている最中ですが、
「中高生にわかる日本国憲法の精神と
自民党の改憲草案とは何ぞや?」といった
テーマになると思いますので
大人の方も、初見の方は特におすすめします。

小学校高学年以上、中高生、
少しでも関心を持たれたみなさまの
ご参加をお待ちしています!

(先生の活動費に充てさせていただきたいので、大人の方には500円のご協力をお願いしたく存じます。)


==お寺で憲法カフェ主催者の想い ==


3月より、月1回のペースで「てらけんカフェ」を開催し、
多くの皆さんのご参加をいただきました。
弁護士の先生が、「てらけんカフェほど母子の参加率の
高い会は初めてです」と口をそろえて仰られたくらい、
大勢の未来の命を預かるママたち、パパたちにご参加
いただきました。


また、参議院選挙の直前には「不思議のクニの憲法」
上映会を急きょ開催したのですが、50名超の皆さまに
ご来場いただけました。
上映会後の座談会も充実していました。


てらけんカフェ開催当初は、私たちも、皆様に発言を
求めること以前に、自分がどう表現したらよいのかさえも
大変な躊躇をしておりました。


「政治って異質なもの」というような刷り込みがあったかな?

これが、7月の時点では、立ち話のような気軽さで
政治について話を交わせたのが嬉しかったです。

結果はご存じの通りですが、私たちはこの活動の中で
当たり前すぎて気が付かなかった「日本国憲法」の
素敵さや制定に至るまでの先人の想いに触れるにつれ、
日本国憲法の素晴らしさに感動しました。


人生は続いていく
一つの選挙で一喜一憂し終わるのではない。

みなさんが選んた政治家や、社会の行方がどのように
なっているか関心を持ち続けていけたらいいかと思います。

政治って苦手~、、と思う方は大勢いると思います。

身近な生活の場面をイメージしてみて・・?
例えば、
幼児教育の内容・料金・質、
学校教育現場での教師の人数・クラス人数・指導要綱・部活、
税金・消費税、、
働き方
バイト
年金
社会保障、等々、、

「政治は生活そのものだったッ!!」
という事実。


いきなり大きなことを動かそうとか、
急に何か変えていくという働きかけを考えると萎えます(笑)
でも、「こうなったらイイな~♡」と望むことを止めちゃったら
どうなるんだろう?

有権者が無関心で居続けると
最初は志高く当選した政治家も、誰の声を反映するでしょうか?

声を届ける有権者の要望を
叶えて行こうとするのは自然の流れ、です。

だから、大人や、未来の大人が関心を持ち続けていくこと
(出来たら声を上げていくこと)の
大切さを共有していきたいし、

ここの場からも、色んな形で発信や交流を続け
一緒に深めていけたらいいなと考えています。

保守・改憲など色んな考えがあっていいと思います。
=まずは、知る事から=

ここまで読み進めて下さりありがとうございました。



☆お問合せなどは achi.chi096☆gmail.comへ(☆を@に変更してください)