こんにちは。

「いいなぁ」を
「できた!」に、
ママの変革を
サポートします!

「2人目どうする?」
専門コーチ

小林愛です。


先日、
長男の野球の練習試合に
応援に行きました。


長男の属するチームは
高学年チームと
4年生以下のチームに
分かれています。

4年生の長男。

3年生にも野球歴では
上回る子もたくさんいるし、

4年生以下のチームは
4年でもレギュラー争いは
なかなか激しい状況です。


そんな中、
その日の練習試合には、
レギュラー出場できて、

いつもは、
外野が多いけど、

珍しくセカンドの守備に
ついてました。


彼の憧れは、
広島の菊地選手。


(画像はお借りしました)


ゲームの最後、
あとアウト一つ。


というところで、
相手チームの
打った球は、、、、



セカンドゴロ



長男は、
ワンバウンドで、

パシッ

とキャッチして、

落ち着いて
ファーストに投げて、

パシッと受け取って、

アウト!!

ゲーム終了!!!




長男が、

パシッとキャッチして、
アウトを取って、
ゲームが閉じました。



母、

「ナイス~!!!!!」


と感動✨✨✨✨


(笑)


あ、親バカ上等!
って思っているので、
私には見えましたとも、


菊地選手に!!




え?

どこが感動したのか?


セカンドゴロを
パシッと取って、

ファーストに投げて、
それをキャッチする…


までに


どれだけの
彼らの練習があるか…。


グローブの扱いも
おぼつかないところから、

バウンドするボールの
軌道が分からず、
何度も後ろに
そらしてたり、

ボールの勢いに
怖くて手が
出せなかったり、

取ったつもりが
ポロリとしたり、

投げたはいいけど、
コントロールできない、とか。

投げた相手が
取り損なう…とか

数えきれない

トライ&エラー

の末に、、、

パシッ!!

サッ!(投げる)

パシッ!!


ですよ!!


母は、感動しました✨


プロ野球とか
高校野球とか

見てるからさ、


見る側の

あたりまえ

のレベルが
上がっちゃってる。



もうねー、

大袈裟に家に
帰ってからも


かっこよかったよー!!


って、惚れ込んでみた!


本人も

「別に…」

って照れてたけどさ、

コーチからも
「ナイスプレー!」って
声かけてもらえた、と
教えてくれたり、

いいプレーの
イメージ

が、
 
彼のなかでの


あたりまえ


になってほしくて、

イメージは、菊地選手!


(何度もスミマセン。母も好きなの❤️)

それに近づけた
この日のプレー。


そんな時は、
大袈裟に

ここ、
重要ですよー!!!

って蛍光ペンで、
グリグリする感じで、
関わってます!


ゴロンとねてた子どもが、
寝返りするのも
あたりまえじゃない。


あの頃、
まだワー!キャー!!
言えたけどさ、

なかなか目新しく
なくなっちゃう…。。。

だけど、本来は

ずっとずーっと
その繰り返しだよ。

40過ぎた私でさえ、

blogが、書けた!

と喜んで、

反響頂いて、
喜んで、

メルマガなんて、

「いい記事だった!」

なんて反響あると
飛び上がって、
喜んでるもんっ!

メールマガジン登録は、
※必ず奇数日9:00に配信してます。



あなたの中で、


あたりまえのレベル、


上がってませんか??


子育てにコーチング、
取り入れていきませんか?


【子育てコーチング基礎コース】(全5回)

5/17(木)スタート
藤沢会場
詳細はこちら



【プレシャス・マミー講座】(全5回)

2018.5月金曜コース
藤沢会場
5/18(金)スタート!!
詳細はこちら

2018.5月木曜コース

ZOOM開講
5/24(木)スタート!!

詳細はこちら


≪MiraiKidsコラボ・1dayセミナー≫

------------------------
習い事の上達を促す声かけ法
------------------------
5/26(土)14:00~16:00

場所:東京・王子

詳細はこちら

 

☆同時開催・Kidsプログラムは

「作文教室

〜スラスラ書けるようになる実践講座」 

(小学生以上対象)です。

 

☆親子で同じ時間に、

それぞれに学ぶっていいですよ!


自分を見つめる
【ママ輝きセルフコーチングコース】
2018.5月・火曜日コース

5/15(火)スタート

藤沢会場
お申し込みはコチラ

セルフコーチングの詳細は、
こちら

 

 

セルフコーチング・夜コース

(全10回)+

マンツーマンコーチングセッション×2回

 

6/29(金)スタート開講決定!

(HPは少々お待ちください)



メールマガジンバックナンバー
あれこれ読んでみてくださいね。

 

小林愛のメールマガジン
登録はこちら