2015-04-27 18:30:41

★アディショナルタイムのヴェルディ

テーマ:mobileから
東京ヴェルディ 2-0 ザスパクサツ群馬

フォワードは89分寝ていても、ここぞって時にゴールを決めればいいというけど、それのチーム版。
90分は退屈なゲームだったけど、アディショナルタイムの3分で試合は決まった。
それまで何の伏線もなかったのに、最終回でいきなり刑事が犯人だったという展開で不評を買った某刑事ドラマのようでもあるが、スポーツではそれがありなのだ。


話は変わるが、南の1点目のあと、群馬の選手は菅嶋がオフサイドだったと抗議していた。
問題の場面はゴールの1分(!)近く前。その間にずいぶんプレーは進んでいたので、あそこでいくらそれをアピールしても判定が覆ることはあり得ないのだが。

ただ、群馬の選手の気持ちも分からなくはない。
あの場面、確かに副審は旗を上げた。他に旗を上げるべきプレーがあったようには見えなかったし、左右に振ったりせず真上に上げていたのでオフサイドをアピールしていたと思われる。
でも、すぐに降ろしてしまった。
普通は、副審は主審が気がつくまで旗を真上に上げていなければいけない(旗を上げた判断が間違っていたと気がついた場合を除き)。

主審がオフサイドを採用せずプレー続行させるのは2パターン。
一つ目は、オフサイドはあったが相手チームに有利に進行した場合。この場合には「プレーオン」の指示を声とジェスチャーで示すのが普通。
二つ目は、最終判断者である主審がオフサイドでないと判断した場合。この場合には、主審は副審に旗を降ろすように指示する。

で、昨日の問題の場面では、主審から2パターンのうちどちらかの明確な意思表示は(少なくともスタンドからは)見えなかった。
最近はインカムをつけているので審判同士は大声や大きなジェスチャーがなくても意思は伝わるが、それでは見ている観客はもちろん、選手にもその判断が伝わらない。
あれでは、群馬の選手や(遠いサイドなので状況が分からなかったかもしれないが)サポが不満に思っても仕方がない。
服部監督も明らかに「その前のオフサイドをどうして取らない」っていう感じでアピールをしていた。

あれで、主審が「プレーオン」を選手や観客に分かる形で示していれば(本当はオフサイドだったとしても)モヤモヤした気持ちは残らない。
あそこで、プレーが切れていれば、1点目は入らなかったかもしれない。1点目がなければ2点目も入らなかったかもしれない。
1点目がなくても2点目は入ったかもしれないし、もっと入ったかもしれない。
逆に群馬に得点が入っていたかもしれない。
そんな仮定の話をしても仕方ないのだが、とにかく、審判は選手を納得させられるジャッジをしなければいけない。
結果としてミスジャッジであっても、はっきりとジャッジを下さないとますます選手のフラストレーションは溜まる。

前述のように、反射的に旗を上げてしまったけど、よく状況を見たらオフサイドではなかったという場合には、副審自らの判断で旗を降ろすことはあり得る。
これなら、昨日の状況でも納得できる。
もっとも、この場合には、普通は(旗でなく手でゴール方向を指してオンサイドの表示をするか、旗を下で横に振るなどして)「今の旗は間違い」というのが分かるジェスチャーをするはず。そうしないと(昨日のように)選手も主審も混乱するから。


昨日の肝心のシーンをスカパーオンデマンドで確認したが、菅嶋のポジションはギリギリ。マーカーより前にいたことは間違いないが、奥にいたDFとはほぼ並んでいた。
なので、オンサイドという判断もありかなという感じだった。
菅嶋はそのあと競りに行っているので、「オフサイドポジションだったけどプレーには関与していない」というジャッジはあり得ないと思うが。


前々から言っていることだが、自信を持ってジャッジしない副審が多すぎる。これだけは確か。
これは単純な誤審とは異なる、ある意味それ以上にタチの悪い問題だと思う。
もっとも、毎週、J1:9試合、J2:11試合、J3:6試合 計26試合×4人の優秀な審判員を確保するのは容易ではないとは思うが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-04-19 00:24:18

★大丈夫か? TBS清水アナ

テーマ:サッカー
今日のJ1第7節 FC東京 vs 広島の試合。結果はご存知のとおり、柴崎晃成などのゴールで広島が2-1で勝利。
河野は先発したが途中交代。

と、結果はどうでもいいのだが。

この試合のスカパー中継はTBS制作。実況は清水アナ。

で、後半アディショナルタイムの最後のFC東京のコーナーキックの場面。
GKの権田も広島ゴール前に上がった。
コーナーは広島DFに跳ね返されるが、そのこぼれを拾った梶山がクロスを上げる。
そのクロスを権田がヘディング、ボールはクロスバーの上を越える。
でもクロスの上がった瞬間に副審が旗を上げ、続いて主審もホイッスルを吹いて右手を上げた。
つまり、オフサイド。だれがどう見てもオフサイドのジャッジ。
この場面で清水アナ、「オフサイド! あー今、(権田の)ヘディングシュートが記録されますかね?」

えっ、今何と? 何とおっしゃいました?
オフサイドだから、シュートに記録するもクソもないでしょ。
あれをシュートにカウントするなら、あのボールがゴールマウスに入ったら得点ですか?

この程度の認識で実況中継させるとは、TBS恐るべし。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-17 18:07:48

★あんぽむ先生 磐田戦参戦!

テーマ:mobileから
今や勝利の女神となったあんぽむこと橘杏さん。
日曜日の磐田戦ゴール裏に参戦すると呟いています。

コスブレはしないとか。

背番号3510、背中にゲコ太の美琴ユニ着ればもう立派なコスプレだけどね。

で、僕は欠席orz あんぽむに託す。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-11 18:41:01

★0-3から大逆転勝利!

テーマ:mobileから
たぶん、一生でも何回も見られない出来事。

杉本竜士、永井秀樹と流れを変えられる選手がいるってのは強い。あと、アラン・ピニェイロも効いていた。

難波のハットトリックがすっかり霞んでしまったね。
ていうか、難波の交代のときは遅延行為で警告してもいいレベル。
あれがOKなら勝っているチームはみんなやるぜ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-08 16:30:00

★鹿島・鳥栖戦での出来事

テーマ:サッカー
問題の後半36分のシーンをスカパー!オンデマンドで見た。
通しの中継映像では悪質なプレーには見えなかったが、別角度からのリプレイでは踏みつけているところがハッキリ映っている。
あれを故意でないと解釈するのは無理。現場で乱闘にならなかったということは、警告で収めた主審はもちろん他の選手にもよく見えていなかったということなのかな。
まぁ、主審もすぐにカードを出したから(結果としてイエローは正しくない判断だったが)大きなトラブルにならなかったとも言えるが。

ただ、ああいう場面で常に気になるのは、副審は何をしていたかという点。
(目の前というわけではないが)主審とは別角度から見ているので、主審からは見えていないものが見えているはず。
副審がファールのアピールをすることもあるが、その回数は非常に少ない。主審のジャッジには一切意見を言わず、オフサイドがどうかとボールがラインを割ったかどうかしか見ていないと思われる副審が大半だ(皮肉にも、ゴールに入ったかどうかは見えていないことが多いが)。
反則があったかどうかはもちろんのこと、ファールが警告にあたるか、退場が相当かなども聞かれずとも主審に進言すべきだ。
そうしないなら、ボールにICチップを内蔵すれば副審なんて要らないということになる。
少なくとも、「線審」でなく「副審」なんだから。

あと、鳥栖のGK林は「韓国が悪い」というような言い方には疑問を呈している。これはそのとおりだ。
一方で、あのようなラフプレーは(比較すると)韓国人選手に多いのも事実。それも、今回のような国内リーグの試合よりも(ナショナルチーム、クラブチームを問わず)国際試合の方がより一層その傾向が強まる。(中国人選手も近いものがあると言えるだろうが)
繰り返すが、あくまでも比較の問題。「日本人選手にはない」などと言うつもりは毛頭ない。

読売クラブ時代の日産戦で、戸塚が水沼(現鳥栖ではなく、もちろん親の方ね)を蹴った場面を目撃した。確か、ソウルオリンピック予選(?)の直前で、当時水沼は代表の常連だった。
場所は、船橋の競技場。普段は使わない競技場だったのでよく覚えている。
天才戸塚のドリブルに、水沼がファールギリギリの、いや何回かはファールを取ってもいいくらいの厳しいプレーを繰り返す。そうでもしないと止めらないくらい当時の戸塚は凄かった。
で、何回目のそういう場面、戸塚を後ろから厳しくマークしていた水沼が競る中で転んだ。そこに戸塚が後ろに足を上げ、スパイクの裏で蹴った。これが、水沼の顔面にヒット。水沼は負傷退場。
今回のキム・ミンヒョク選手のようにプロレス技のストンピングをしたわけでも、キックボクシングや空手の回し蹴りや前蹴りをしたわけでもなかったが、いかんせんポイントの付いている側、直後に控えた(オリンピック?)予選への影響が懸念されたが、幸い重傷ではなかった。
あれもとてもじゃないが“偶然”とか言えるものじゃなかった。
当然、戸塚は退場。数試合出場停止になった。悪質なラフプレーだったから仕方がない。

とにかく、ひとつ間違えば選手生命に関わること。
選手はピッチ上で自らの名誉とプライドを懸けて戦ってはいるが、命を懸けているわけじゃない。
それを守るのも審判の役割だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-01 23:04:52

★ブルーノ・コウチーニョのやさしさ 北九州戦勝利!

テーマ:ヴェルディ
スカパーで録画してある人は、前半31分のヴェルディゴール前での北九州のフリーキックの場面を確認下さい。

壁の前に北九州の選手が膝で立って、優也の視界を塞ごうとしてましたよね?
で、中継が引きの画になると、壁に入ったブルーノ・コウチーニョが2回ほど前に屈みます。
北九州の13番の選手のスパイクの紐が解けているのを、ブルーノが教えてやっていたんですね、きっと。なんとやさしいのでしょうか!
始めに右、続いて左のスパイクとなぜか続けて両方の紐が解けてしまったようです。

なぜ、紐が解けたのかって?
知りませんよ。
壁の前で足投げ出していたら、壁の選手のスパイクが紐に引っ掛かってしまうこともあるんでしょう。
稀には、手の指が掛かってしまうこともあるでしょうし。

いやはや、ブルーノってマリーシアに長けてますね。
あっ、「マリーシア」って「やさしさ」ってことですよね?
まさか、「ズル賢い」とかいう意味ではないですよね?
ブルーノがそんなズルいことするはずないですから。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。