2014-03-12 12:30:01

★浦和レッズ、J初の勝ち点はく奪か?

テーマ:mobileから
「差別するつもりはなかった」 そんなこと言っても許されないこともある。
当人が何と言おうと、受け取る方が「差別」と感じ、客観的に見て「差別」と受け取って当然のものであれば、それは差別。

現在、勝ち点はく奪や無観客試合という重い処分も検討されているという。
これまでのようなお茶を濁す対応で終わった場合には、JリーグやJFA(日本サッカー協会)の対応も問題となる。
「JAPANESE ONLY」は「外国人お断り」の意味で使ったのではないなどと言っても、その表現そのものを国際社会は許さないだろう。
近年、FIFAは差別問題には非常に厳しくなっており、国内のこれまでの甘い基準で判断したらおそらく大変なことになる。
当事者の浦和はもちろんだが、差別問題に適切に対応しないJリーグ、JFAも国際的に非難されるだろう。

また、これまでこういった問題が起きると、事実関係の調査に非常に時間が掛かり、処分が遅れてきた。
でも、本件の場合、「浦和のホームゲームの浦和側で差別表現の横断幕が一定時間掲出された」という疑いのない事実のみで十分。
「だれが、どんな目的でやったか」とかはクラブへの処分と全く関係ない。
そんなどうでもいいことに時間を掛けるから、本質を見失うのだ。

これまで、多くの問題を罰金、けん責程度で済ませてきたJリーグ、JFAの姿勢が起こした問題といっても過言ではない。
「『JAPANESE ONLY』は外国人排除の意図を持って掲出されたものではなかったが、結果として誤解を招きやすい表現であったため、金○○万円の制裁金を課す」とかいういかにも日本的な甘い処分では、FIFAは納得しないだろう。

繰り返し言うが、今回の件は、「意図」とか「誤解」とかどうでもいいのである。
スタジアムで差別的表現が使われたという事実のみで判断すべきことだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。