1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-08-31 17:35:01

★シトンは無罪

テーマ:ヴェルディ

裁判ネタではありません。


今日の日経のスポーツ面に「見過ごせぬ偽装工作」という見出しの武智記者の署名入りコラム(「ピッチの風」)が載っています。

(今日の)web版には載ってません、多分。


内容は、シトンがアントラーズ戦の競り合いでファール取られまくった件の関連です。


記事の要点は、

空中戦で跳ばなかった選手が罰せられることに納得できない。

27日には、シトンが“ぬれぎぬ”を着せられた。

シトンはヘディングの体勢に入る。

相手DFは、先にジャンプし、シトンの背中に体を預ける。

シトンの体は「く」の字に折れ、DFはシトンの背中から地面に落ちる。

主審は「正しく競らなかった罪」でシトンにファールを宣告。

シトンは理解不能に陥る。

ヘディングできるポイントでボールを待っているところに背中から覆いかぶさられる“自損事故”まで、自分の過失にされてはたまらない。

これは、審判が先に跳んだ選手に甘いことにつけ込んだ偽装工作。

まともに競っては勝ち目のない選手に対して、明らかにフランイングのタイミングで跳ぶことに寛大な場合が多い。

この偽装を看過すると、最高打点でボールを捕らえるという正しいヘディング技術を磨くより、審判を欺く方に向かわせてしまう。

審判だけでなく、監督や選手の実感等も含めた議論が必要。

(以上、要約は引用者)


さすが、ベテラン記者。プロの審判以上に鋭い視点です。



ただ、審判の見方はすぐに変わるものでない以上、シトンにも、もうちょっとうまく競って(競る振り?をして)欲しいな。

その点、背は高くはなかったが、エジムンドは巧みだった。

ボールが来る前(=審判の目線が来る前)に、ちょっと体をぶつけ、DFのバランスを崩して跳べなくするところなんか実に巧妙だった。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-08-30 23:24:11

★裁判を傍聴してきました

テーマ:ヴェルディ

本日、東京地裁八王子支部で行われた、7/9に起きた味スタにおける傷害事件の裁判を傍聴してきました。


40席近くある傍聴席がほぼ埋まるという、異例の傍聴人の多さのでした。
中には、高校生のグループもいました。


以下、本日の裁判の主な内容を記します。
断っておきますが、これは、僕がその場でメモったものですので、不正確な部分があるかもしれません。


----------------------------------------------------------

◆人定質問

(省略)



◆起訴状の内容
7月9日6時21分頃、味スタにおいて、被告人はステンレス製灰皿の蓋(重量1.1kg)を群集に向かって投げ、3人に最大加療1ヶ月を要する傷害を負わせた。
刑法204条、傷害の罪。



◆被告人の罪状認否
被告人は、起訴事実を認めた。



◆検察冒頭陳述の内容
被告人に前科はない。(以下、特に断らない場合には、主語は「被告人」です。)
FC東京のサポとして、シーチケを購入。
FC東京の集団に混じり、ヴェルディサポとの応援合戦に参加。
両サポが互いに挑発しあうなかで、ヴェルディ側サポからコイン1枚が投げ込まれた(被告人は「足元に転がった」と陳述。詳しくは後述)こと等に端を発し、被告人は傷害の犯行に及んだ。



◆被告人側証人の証言
被告人は、現在実家で両親と同居しており、証人の友人の会社で仕事をする予定になっていること 等を証言。



◆被告人の陳述の内容
当日、1人で味スタに行き、中で友人と待ち合わせた。
FC東京の非公式ファンサイトに、ヴェルディ側応援席への乱入計画の書き込みがあることを知らなかった。
行進の先導者(煽動者?)とは面識はない。
席に着こうとしているときにFC東京サポの示威、挑発の行進に出合い、野次馬根性からそれに加わった。
過去、ダービーの際の行進には参加したことはない。
ヴェルディに対して遺恨などはない。
ヴェルディ側応援席近くに留まり、示威、挑発行為をしたのは5分程度。
被告人個人は、歌を歌ったり、旗を振っていた。
その歌は、チームを鼓舞するもので、相手を罵ったり、バカにしたものではなく、相手から攻撃を誘発するようなものではなかった。
ヴェルディ側サポからコイン1枚(どのようなものか覚えていない)が投げ込まれ、被告人の足元に転がった。
ヴェルディ側から、「バカヤロー、あっちに行け」と罵声を浴びせられた。
それで、カッとなり、たまたま近くにあった灰皿の蓋をヴェルディ側の群集に投げ込んだ。
すぐに、向きを変え、その場から逃げようとしたため、灰皿が誰に当たったか分からなかった。
5、6mほど逃げたところで、取り押さえられた。
今にして思えば、危険な行為であったが、そのときは興奮状態にあったので分からなかった。
大変なことをしてしまい、申し訳なく思っている。
被害者には、謝罪の手紙を出した。
FC東京からは7月25日にシーチケの契約が解除され、今後FC東京の試合への入場を拒否されている。
被告人個人としても、今後1年間プロスポーツ興行に入場自粛、FC東京の試合については無期限で入場自粛する。


(検察官からの「5分程度の間にそんなに興奮するものか?」と問われ)
当時の個人的事情(具体的にはここでは書きません←筆者)やFC東京のチーム状態が悪かったことから、ストレスが溜まっていた。
自分には、サポとしての資格はないと思う。


(裁判官からの「普段からカッとしやすいか?」と問われ)
いやなことを言われたり、バカにされるとカッとすることもあった。
(裁判官から「サポとして正しい応援とはどんなものか?今回の応援はどうだったか?」と問われ)
よく分からないが、正しい応援は、会場を盛り上げ、選手を鼓舞し、気持ちよくプレーさせるもの。
今回の応援は、正しい応援ではない思う。



◆検察の意見・求刑
事実関係は既述のとおり。
短絡的動機によるもので、情状の余地はない。
灰皿は、特定の人に向けて投げられたものではなく、無差別的。
凶器の形状、重量から極めて危険なもの。
被害者の傷害が重大であり、被害者の側に全く落ち度がない。
両チーム、社会等に与えた影響は大。
本件のようなサポ同士の事件の再発を防止するためにも、本件に対しては、厳正な処罰が必要。
被告人は、犯行を認めていること、前科がないこと、一部被害者との間で示談が成立していること 等を考慮し、懲役2年を求刑。



◆弁護人の意見
被告人は、犯行を認めているため、情状について述べる(内容は、被告人の陳述とほぼ同じ)。
十分に反省し、被害者に謝罪の手紙を出していること、被害者の一部(マリサポ、H氏)とは示談が成立していること、実家で定職に就く予定であり、更正の環境も整っている。
被告人は初犯であり、諸般の事情を考慮し執行猶予付き判決が適当。



◆次回期日
次回に判決言い渡し。
次回は、9月6日(火)9時55分。


----------------------------------------------------------

以上が記録です。
個々の内容については、判決でどう事実認定されるか分からない段階なので、いちいち触れません。



ただ、気になることがあります。
それは、従来明らかになっていなかったことで、ヴェルディ側からコインが投げ込まれたということ。
被告人の陳述では「足元に転がった」ということであり、直ちに身体に危険が及ぶものでないことが推測されますが、これは絶対にやってはいけないこと。
このコインの件については、検察の冒陳でも触れられており、事実である可能性が高いと思いますが、(主たる争点ではなかったためか)どのように投げらたか、危険なものであったか等、一切不明です。
まぁ、「足元にコインが転がった」程度で、金属の灰皿の蓋(27cm×27cm、1.1kg)を投げたことの情状に繋がるとは思えないため、詳しくは調べなかったのかなと思いますが。



今日、傍聴に行かれた皆さん、どんな感想をお持ちでしょうか?


「被告人と弁護人のやり取りがセリフくさい」と感じた方も多いのでは。
もちろん、弁護人からこう聞くからこう答えろという指示があり、事前にリハーサルをやって法廷に立ってるはずです。
弁護人の質問には比較的淀みなく答えるのに対し、裁判官からの質問には、自分で考えて喋っているのを見れば分かりますよね。
でも、裁判官も検察もそんなことは十分承知です。


以前のエントリー上に被告人名を書いたため、一部の方からご批判のコメントを頂きました。
でも、これは、裁判傍聴の便等を考え、事件を特定する場合に(民事では「事件番号」を用いるのに対し)刑事では「被告人名」を用いることが多いという、裁判に関する一般的用法に従っただけで、被告人個人を責めるつもりは一切ありません。
被告人を罰することができるのは、裁判によってのみですから。



本日を以って、以前のエントリーから被告人氏名を削除します。


AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005-08-29 12:57:23

★オフサイドの適用

テーマ:ヴェルディ

先日の鹿島戦で、シトンのオフサイドの際、曽ヶ端は副審に向かって「旗上げるのが遅い」ってアゴで怒ってた。

師匠と競って高木が倒されたときも、師匠はオフサイドだった。


何が言いたいかというと、7月以降、オフサイドの適用が若干変わっている。

オフサイドポジションにいた選手が実際にプレーに関与するのを確認してから、旗を上げるようにしている(新ルール)。

つまり、オフサイドの判断をする時点を遅らせ、オフサイドポジションの選手がボール触ったときとか、相手のGKやDFと競りに行った時に旗が上がる。


オフサイドポジションにいる選手にボールが渡れば、攻撃側にとってはかなりのチャンス、守備側にとっては大ピンチということが多い。

当然、笛が鳴るまではDFやGKは厳しくチェックに行く。

時には、危険なプレーも出かねない。

攻撃側選手がボール触るまで旗が上がらないと、危険なプレーの出る可能性がある時間が長くなる。


危険防止のためにも、もっと、早い時点でプレーを止めるべきではないか?


と思っていたら、また適用方法が変わり、オンサイドから飛び出していく選手がいない場合にはもっと早めにオフサイドの判断をするようにしたそうである(新々ルール)。


しかし、短期間で2度も変えると混乱するので、国内では当面新ルールで行くんだそうだ。

この件についての日刊スポーツの記事


ここは、危険防止のためにも、新々ルールを早めに適用してもらいたいと思う。


そう言えば、師匠と高木が競ったときには、師匠はかなり肘を張ってジャンプしており、それだけでもかなり危険ではあったが(これは岸野コーチ流か)。



ところで、ヴェルディは現在、後半戦2位タイ。

トップの浦和を同勝点、同得失点差で追っている。



〔追記〕

Tomoさんの記事にあった本件に関する日刊スポーツの記事のURLを載せました。

Tomoさんの記事は、TB先にあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-27 22:41:58

★今日の審判はどう? -鹿島戦-

テーマ:ヴェルディ

あのク○審判でよく勝てたもんだ。

お陰で戸田と玉乃の2人を失ったけど。


タマちゃんの2枚目は、遅れて後ろから行ったから仕方ないとしても、戸田の2枚目はそんなに悪質でないと思ったが。

あれが黄紙なら、名良橋がペナルティエリア近くで平本引っ張って倒したプレーになぜ何も出ないの?

(TVで見たら、岩政の2枚目もイエローかどうか微妙な気はしたが。)


シトンがヘッドで競ったのは殆んどファール取られたし。

競る振りをしながら競りに行かないのはファール取られても仕方ないけど、シトンの場合には、最初っからジャンプしないで受けに行ってるだけなのに。

あれは審判不信に陥るよ。

また、イエローもらっちゃったし。


点差こそ2だけど、完勝と言っていいかも。

決定的なチャンス殆んど作らせなかったし。

キックオフ直後から、小笠原と本山にガンガン当たりに行ったのが功を奏した。


これで、今季初の連勝。

ガンバ戦に向けていい流れができた。

ガンバさんは水曜日にナビスコ準決勝もあるし。



あと、今日は1969シートにベレーザのリハビリ中の2選手がいましたね。

ちなみに、2人とも僕の好きな選手ですが。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-08-27 11:42:32

★今日、師匠は?

テーマ:ヴェルディ

今日は師匠は先発じゃないんですか?


師匠と言えば、W杯ベルギー戦の起死回生のゴールも印象深いが、やはり、アルパイ解雇のきっかけを作った good performance が記憶に新しい。

いろんな意味で鹿島らしい選手だ。

小笠原も鹿島らしいけど。


ずいぶん長い間ノーゴールじゃ外されても仕方ないか。


今の師匠だったら、ウチの一樹の方がずっと上だよね? 多分。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-26 17:06:56

★味スタ初の鹿島戦

テーマ:ヴェルディ

オフィシャルで見たら、2002年以降のヴェルディホームの鹿島戦はすべて国立でやっている。

やはり、調布は鹿島から遠いからか?


それ以前だと、2001年、当時の東スタで1stステージ第2節で対戦し、ヨネのヘッドでVゴール勝ちしている。

ちなみにこの年の第1節が東スタ杮落としの東京ダービー(FCのホーム)。

その後、2002年は2-0から3点返されて逆転負け。

2003年は1-1で引分け。

2004年は3-0で圧勝。このゲームは、去年の one of the best games に挙げる人もいる。


こうして見ると、ホームの鹿島戦って思ったほど相性悪くない。

今年のカシマでのアウェイゲームも、負けたとはいえ悪い内容じゃなかった(そうだ)。

シトン(GKじゃないよ)と相馬も(多分)戻ってくるし、期待しましょう。



鹿島サポの皆さんにとっては初の“味スタ”でのヴェルディ戦ということになる。

安全で快適なヴェルディホームの味の素スタジアムへようこそ。


勝点3は頂きますけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-26 12:25:03

★鹿島戦も勝点3を

テーマ:ヴェルディ

清水戦の勝利で16位。

ブービーを脱し、自動降格圏は抜け出した。

でも、16位だとJ2の3位と入れ替え戦がある。


ヴェルディは、得失点差ではダントツの最下位なので、勝点で上回っていく必要がある。


待てよ、うちの目標は、J1残留でなくて、後半戦でNo.1だった。

後半戦に限れば、1勝1分勝点4で4位タイグループ。

このまま、勝点3を拾い続けて後半戦優勝を狙っていこう。


このあとは、鹿島、ガンバと前半戦上位との対戦が続く。


鹿島は前節7得点。

でも、大勝のあとは意外に点が取れないもの。

HOT6でヴェルディに大勝した3チームを見ると、

7-1で勝ったガンバ:次(磐田戦)は2点

7-0で勝った浦和:次(大宮戦)は1点

6-0で勝った磐田:次(名古屋戦)は0点

平均1点!

2点取れば勝てる可能性大ってことね。


サッカーは、そもそも、たくさん点が入る競技じゃないので、2試合連続で大量点を取る確率は非常に低いということに過ぎないんだろうけど。

それとも、単に当時のヴェルディの守備が惨憺たる状態だったってこと?



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-08-24 21:20:46

★マチダ~

テーマ:ヴェルディ

またまたマルキーニョスにやられたかと思ったら、さすが町田。

このところの勝負強さは本物だ。


次節の対戦相手の鹿島は7点取って勝ってるけど、集中してウチらしい試合ができれば勝てるでしょう。

ちなみに、大岩はもう1試合出場停止。


これで順位もひとつ上がって16位に。

柏とは勝点で並んだし、FC東京、清水との差も詰まってきた。


さあ、これからだ。


〔追記〕 マチのいい写真見つけたので貼っときます。

http://www.jsgoal.jp/photo/00009745.html


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-08-23 21:14:01

★傷害事件の裁判を傍聴に行こう

テーマ:他チーム

7月9日のダービーの際に味の素スタジアムで起きた傷害事件の容疑者が起訴され、第1回公判が行われます。

日時は、8月30日15時20分から、場所は東京地裁八王子支部205法廷(案内等はココ )です。


裁判自体は、おそらくこの1回で結審し、次回公判時に判決言渡しとなると思います。

(但し、被告人が起訴事実を一部でも否認した場合には長引く)


〔傍聴するには〕

裁判を傍聴するには特段手続き等は必要ありません。

名前等を書く必要もありません。

時間前に裁判所に行けば誰でも傍聴できます。

もちろん、未成年でも可。


ただ、開廷時間刑事事件であること及び被告人名(○○○)は覚えて行って下さい。

これが分かっていないと、裁判所でちょっともたつきます。

よく分からなかったら、受付等で「15時20分からの刑事事件、被告人○○○の法廷はどこですか?」と聞けば教えてくれます。

被告人個人を責めることが本意ではないので、被告人名を改めて書くことには多少ためらいはありますが、既に新聞等で報じられており公知の事柄であること、刑事訴訟傍聴のためには不可欠な情報であるため、敢えてここに載せました。

傍聴席の数を超える傍聴人が来ると予想される裁判では、先着順や抽選になることもありますが、本件ではその可能性は低いでしょう。

注目裁判だと、開廷前にTV撮影がある場合も(この時点で、顔が映るのが嫌な人(含む、被告)は一時的に退廷可能です)。


受付もしくは法廷のあるフロアにいくと、その日の裁判の開廷予定が張り出されています。

ここで、被告人名(○○○)を確認し、当該法廷に入るだけです。

法廷には、たいてい、小さな覗き窓がついていて、中の様子を伺えるようになっています。

中に入るときには、特に断る必要もなく、開廷中であっても静かに入室すればOKです。

途中で退席も可能です。


〔注意点は〕

注意点としては、法廷内では、メモを取ることはできますが、写真撮影、録音は禁じられています。

当然、開廷中は私語も禁止です。

携帯の電源も切っておきましょう(法廷内で着信音が鳴ると退廷を命じられることがあります)。

重要な裁判が多い、東京地裁・高裁(霞ヶ関)では、空港並みの手荷物&ボディチェックがあり、カメラ等を持っていると一時的に預けさせられます。

支部によってはノーチェックのところもありますが、八王子支部は行ったことがないので分かりません。

服装は特に制限はありませんが、主義主張を書いたゼッケンなどはダメ。

レプリカユニは多分大丈夫でしょう。

帽子はダメです。ていうか、男は室内では帽子を取るというのはそれ以前のマナーですけどね。

あと、裁判官入廷の際には、起立を促されます。


〔役に立つ?〕

将来、法曹界を目指している皆さんもそうでない皆さんも1回裁判を見ておくのもいいと思います。

実際の裁判は、ドラマのように面白いものではありませんが、今後、裁判員という形で判決を下す側に回る可能性もありますので。



ちなみに、僕は法曹関係者ではありません。

会社がらみの裁判で何回も裁判所には行きましたが。


【8/24 追記】

この件が落ち着いた段階で、被告人名は本ブログ上から削除する予定です。


【8/30 追記】

被告人名を削除しました。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005-08-23 12:48:46

★事件を風化させないために(3)

テーマ:ヴェルディ

7月9日に味の素スタジアムで起きた傷害事件の容疑者が先月末までに起訴され、裁判が始まります。


FC東京では、被告と面会し事情聴取が出来次第、被告に対するクラブとしての処分を決定するとしていました。

「すべてのJリーグファンのみなさまへ(報告)(07/15)」


しかし、8月20日付の東京スポーツによると、FC東京としては判決が出るまでは何もしないことにしたそうです。

“ 「・・・警察にも『裁判が終わるまでは何もしない方がいい』と言われてますし」(村林常務) ”

これは誤解を招きやすい表現だ。

刑事事件の被告は裁判以外の場所で喋らない方がいいということであり、FC東京のことを慮ってのことでない。


おそらく、判決は1ヶ月程度で出るだろう(被告が起訴事実を認めた場合)。

Jリーグの処分もその後になるのだろうか?


あとで、裁判傍聴ガイドを書きたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。