黄昏道

   

どもども。黄昏てるかい?


兵衛と申します。


(´∀`)つツイッター



久方ぶりに復活。でも多分,またすぐどっかいきます。


コメント・メッセージ等くれたらひっそり喜びます。






テーマ:
もうすぐ28になるってのに


「おじいちゃん」と文字に起こすとこっ恥ずかしいところもあるけど


実際はおじいちゃんと呼んでるわけで


今まではそこにいるから当然の如く「おじいちゃん」と呼べてましたが


そんなおじいちゃんが今日他界しました。


20時ぐらいにおかんから電話があって知らされた。


実家は兵庫,自分は今東京で,終電調べてもなかったんで,明日朝一に帰ります。


でも正直実感沸かんのよね。


年一回ぐらいしか会いに行けんから余計に。


でもやっぱり事実は事実で,ボーっとしてたら色々考えてしまいます。


この歳になって,父方,母方の両おじいちゃんおばあちゃんが現役なのは
幸せだなーってずっと思ってたけど,


それは裏返すと,いつかその時が来るって心構えしなくちゃいけないなってことで


ついきに来てしまったな。って感じがします。


おじいちゃんから見て,いとこも含めると6人孫がいるんですが


傍から見ても,自分でも,一番可愛がられてたと思う。


今読んでる本の話,戦争のときの話,今年のセンター試験の話


他の孫には「最近どうや?」レベルの話しかしないのに,


俺には自分の好きなものの話とかしてくれてたなー。


うちのおじいちゃんは防衛大をTOP3だかTOP5だかで卒業してるらしくて,


俺のこと防衛大に入れたいとか,東大にでも入れるって思ってたみたい。


大学は東北のほうに行ってたけど,たまに手紙をくれてたり。


今になってすんげー後悔してんのは,手紙の返事書けばよかったなーって。


そんときは半年にいっぺんぐらい帰ってたし,いっかって思ってたけど


何でださなかんだろう。


一昨年会いに行ったときはまだ元気で,


去年会いに行ったらもうほぼ寝たきり。散発に行くにも,100mも歩けなくて,ヘルパーさんに家のことやってもらってたから


ほんと近いかもなってどっかで覚悟はしてたけど,それでも急に感は否めないな。


今はウルッと来る感じで留まってるけど,明日顔見れば哀しみがグッときそうな気がする。


俺の苗字はずげー珍しくて,それは父方のおじいちゃんから受け継いだものなんで,大事にせんと。


おばあちゃんが一人になるから心配ってのもあるけど,


明日はしっかり弔ってきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:



supercellの「拍手喝采歌合」。刀語のOP曲。


「和」が好きだなって思う。


単純に日本は米が旨いから日本人でよかったなって思うし


昭和のレトロ感もたまらなくそそるものがある。


だから何となく昭和生まれでよかったなって思う。


以前他の方のブログで浅草の下町風俗資料館(エロいやつじゃねーよ)の写真見て


行ってみたいと思ったはいいがまだ行けていない。


生まれの話に戻るけど,


大正って何年から何年まで続いたか皆知ってるか?


1912年から1926年らしい。(つまり1926年が昭和元年)


つまり,大正最後の世代でも今87歳。


結構なお歳だわな。


何が言いたいかって,時が経てば大正産まれの人もいなくなるってこと。


当然っちゃ当然なんだが,


何か凄いことじゃない?もちろんマイナスな意味で。


1つの時代が終わるんだなぁと。


「平成」が遠い過去の年号になったときに


同じように思う人はいんのかなー。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
復活。

以前の記事も全部消してしまいました。

コメントも消えちゃったんで,書いてくれた人すんません。

帰郷報告。

・ハムスター飼った
・蛙飼った
・仕事で苛苛
・「聖者の救済」読み終えて「真夏の方程式」読んでる
・野球したい
・wkwkしたい


あれだ,刺激が欲しい


つまらない生き方はしたくないのはもっともやけど,


まずつまらない人間になりたくないよですよね。


楽しいと思わせてなんぼ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。