☆ Cheer up ☆ 日蓮宗 京都京田辺市 法華寺 ☆ 滋賀大津市 本要寺 寺庭ブログ *写経など*

☆前向きに人間力・魅力UPしましょ☆ お寺の奥さんblogです(^0^)♪
八幡市・城陽市・枚方市・精華町・木津川市・宇治市・山科区 や 草津市・守山市・栗東市・高島市・信楽町方面からアクセス良好な日蓮宗寺院☆お気軽にお参り・お問い合わせ下さい☆


テーマ:


この度のブログではあらためて、永代供養についてUPしてみたいと思います。
住職が滋賀県大津市にある本要寺 と 京都府京田辺市にある法華寺を兼務しているので、両方のお寺の永代供養墓、位牌壇について書いていこうと思いますにこ

お寺の宗派は日蓮宗ですが、宗派を問わない永代供養施設ですのでご安心ください

本要寺と法華寺では永代供養墓があり、そちらに永代供養したい故人様のお骨を全て納めて、皆様にかわって住職が供養いたします
はじめから全て納骨するのは…とお考えの方は、
故人様の33回忌までは本堂の中にある位牌壇に分骨することもできます
33回忌を迎えましたら、永代供養墓へ分骨したお骨も納めます。

詳細は、下記をご覧ください。

コレ コレ コレ コレ コレ コレ コレ

滋賀県大津市長等2-3-29 日蓮宗本要寺(ホンヨウジ)
       077-522-0337

本要寺は約400年前に創建されたお寺で、琵琶湖にも近く、商店街アーケードに面しているお寺です。
お寺の門がアーケードに接しているので、お参りの時に何か必要な物があってもすぐに買いに行くことが出来ますし、アーケードには屋根が付いているので、濡れる心配もありません
県庁所在地の大津は、京都からも電車で10分で来られる場所です。
お寺の周りは緑も豊かで、鳶の声やヒグラシなどの声も聞こえる長閑な場所で、琵琶湖疎水の近くですにこ
そんな本要寺の
蓮 永代供養墓蓮
本堂に隣接して安置されており、常にお経が聞こえます。
 

蓮 永代供養 位牌壇蓮
堂内右手にございます。
 

 

 


そして法華寺は、学研都市線の大住駅から徒歩10分。
お車でしたら、京奈和自動車道や第二京阪など交通の便が非常に良く、どこへ出るにも便利な場所。
関西の住みたい都市アンケートでも京田辺市は三本の指に入るそうです
そんな法華寺は室町時代の創建です
まだまだ自然も豊かです

京都府京田辺市大住岡村61 日蓮宗法華寺(ホッケジ)の
    0774-62-1975
蓮 永代供養墓蓮
本堂右隣に安置されていて、常にお経が聞こえます。
 

 

蓮 永代供養 位牌壇蓮
堂内左手にございます。
 

 

 


永代供養とは

現代は生活様式も多様化し、供養の方法も変わってきています。
今まで色々なご相談がありました。

・跡を取る者がいなくなり、自分たちが亡くなった後のご先祖の供養やお墓の心配。
・お子さんの勤務地が遠方で、そちらで生活の基盤を築いているから今後お墓をみることができない。
・実家のご先祖を供養する者がいなくなったが放っておくことができない。
・仕事柄、転勤が多いので一定の場所にお墓を持つことが出来ないが供養はしたい。
等々。

そうした方々には永代供養をご案内しています。
・永代供養をされた場合、位牌壇にある過去帳に戒名を記載いたします。
・そしてお寺が永代供養される霊位のお位牌をつくり、それを位牌壇に安置供養いたします。

お骨が存在する場合は上記の永代供養墓に納骨させていただきます。
永代供養墓は合祀方式(皆様のお骨が仲良く一つの場所に合わさります)ですので、分骨を希望される方の為に、本堂内位牌壇への分骨にも対応
できます。

・朝夕のお勤めや、お寺の法要の度に過去帳記載の霊位を読み上げ、ご回向いたします。

・献香献花
ケンコウケンカ(お線香とお花を供えること)もいたします。
ご自分が亡くなり、孫、ひ孫、子孫代々、いつかお参りすることが出来なくなったとしても、代々続く住職が変わらぬご供養をしてまいりますのでご安心ください


永代供養 位牌壇では

永代供養霊位のお位牌を安置している他、
永代供養するときにお骨を全部納骨せずに、少しの間でも分骨しておきたいとお考えの方のために位牌壇にて分骨してお祀りできるようになっております
そして33回忌を迎えたら法要をして、分骨しているお骨も永代墓へ全て納めます。


費用について
常日頃、仏様にあげていただくお布施に関しては当然規定を設けておりませんが、永代供養については基本額を設定しております。
一霊位につき 30万円
33回忌まで分骨の場合は、上記金額に5万円が加算されます。

その他
・お骨はないけれど、お位牌だけ手元にあり、それをお炊き上げではなく、きちんと供養してもらいたい。
・先祖代々の沢山の霊位(お骨のあるもの、ないもの)を含めて永代供養したい。
・他宗だけれど、供養してもらいたい。
・ご夫婦で永代供養したい。 等々。

色々なケースがございます。
その場合にも、どうぞ遠慮なさらずご相談ください。
供養するお気持ちが一番尊く大切なことであり、その最善の方法を一緒に考えていけたらと思っておりますにこ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

りんこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります