グリーン・ブレイカーズ

 農業の現場のお話しを中心にお伝えしてます。


テーマ:

栄養をとりすぎると、作物に支障が出る場合もある。K

土壌にカリや塩分が多くなりすぎてくると、 樹体や収穫物に
ミネラル/微量要素の欠乏状態がおこってくるというはなしの
つづきです。

 ↓

土に栄養が過ぎる状態が続く 〔土に養分が溜まりすぎる〕状態
が続く と・・・つぎのような作物の症状が表れることが まま
あります。

 ● サトイモのイモがまったくなっていない
 ● ミカンを植えたが、実がならない
 ● サツマイモのつるだけがのびる
 ● イネがのびて、穂は遅れてでたが倒伏した
 ● お花の咲く時期に花がこない
 ● 大根などの根菜の根がねじ曲がる
 ● キュウリなどの果菜類の果実が変な形になる

こういった状態は「樹ボケ」や「ツルボケ」とよばれてきました。

養分があればあるほど、吸っちゃう。
身体を大きくする方向へばかりに生育がすすむ。

これでは実を収穫するために作物を育てる意味がなくなってしま
うわけです。では、どうすればいいのでしょう。

最初に土の検査をやって、その作物にとって必要な養分を検査す
るという方法
があります。その後必要な養分しか与えない。という
のが、農業では一般的な方法です。
しかし、もちろん土壌検査なしでもできる方法ありますよ。

それが、 生育にあわせて肥料を分けてやる というやり方。

たとえば

 植付け前にある程度施して
 ↓
 樹ボケ、ツルボケにならない程度の生育をはかり
 ↓
 花芽がつきはじめた時点から
 ↓
 植物が利用できる程度に少しづつ
 ↓
 生育に合わせて肥料 を、追肥として ほどこしていく

という具合です。

ということで今回は、「栄養分をやり過ぎたら、植物にも支障がで
る」ことになるし、「その支障がでた植物を食べ続けるとヒトにも
いずれなんらかの支障がでるであろう」というお話しと、その対処
法に関するおはなしでした。

付け加えまして「有機」なら話は別だろうとかんがえているあなた。

じつは 有機の元肥一発施肥が、樹ボケ、ツルボケをひきおこす危
険性は一番高いといえるので注意が必要です。たとえ実がならない
植物〔葉物のホウレンソウやコツナとか〕であっても、硝酸が過剰
になる場合
もありますから注意されてくださいね。もちろん生ゴミ
リサイクル肥料の考え方も同様です。


晴れ  土のなかに家畜ふん尿由来の塩分やチッソやカリが多過ぎるよう
  になってくると、微量要素欠乏がおこるようになってきますし、ね。


51P4M6yKWYL__SL500_SS75_.jpg夢で終らせない農業起業」「本当は危ない有機野菜」    


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

田植えは「虫のしらせ」で。

例年であれば​春分の日の連休の前後から早期水稲の田植えをスタート
される農家さんも多いことと思われますが、そんな田植の時期の判断
に昆虫を活かすというおはなしになります。
なんといってもここ数年は天候が不順。夏のような陽気がきたかと思
えばまたまた冬に逆もどりといった無茶な天候 の連続ですものね。
ちなみに16日の宮崎の最低気温は3度前後。あちらこちらで“今朝は
霜がふっていた”という話でもちきりでした。せっかく植えた田のイネ
を“虫の息”にしないためにも よくよく様子を みきわめましょう。

 ↓

『収穫時のおコメの値段を考えれば早く田植をしたほうがよいのだが、
 田植えの時期が早過ぎると霜害を受ける可能性があり、そうなれば
 肝心のおコメの収穫時期や収穫量に影響を受けることにもなりかね
 ない・・・。はてさて、毎年毎年大きく変動する気象のなかで、田
 植えの時期を判断するのは、なかなかにむづかしいことであるな』

というところまでが、前回までのおはなしでした。そして今回は、そ
のような田植えの時期を決定する判断材料についてのおはなしとなり
ます。

そして そのはなしの結論ですが・・・

 その判断材料のひとつとして昆虫の存在

を利用するという手があります。

というのも、昆虫は気温の上昇とともに生命活動を開始するという性
質があるからです。たとえば日本に住む昆虫は〔もちろん種類によっ
て差はありますが
〕おおむね

 5度から10度でうごきだす〔姿をみせる

という性質がある。そんな虫たちの存在を田植えの時期の判断に活用
すればよい・・
つまり、水田のまわりに、ある種の昆虫が姿をみせてくれたら、それ
を田植えを開始しても良い時期だと判断するというわけです。

より具体的にいうならば、わたくしの判定材料に使う昆虫は、モンシ
ロチョウとキリギリスであり、たとえば

  田畑にモンシロチョウが舞い始めている
  予想より早く、孵化したてのキリギリスが田のまわりの草にいた

となると、田植えを急いでも霜害の心配はない・・・というふうに
気象を予想して、田植えを開始するするわけです。はんたいに、暖か
いように感じられたとしても

  越冬していたモンシロチョウの、舞う姿が見受けられない
  田のまわりの草に、孵化したてのキリギリスの姿がない

ということであれば、田植えの時期を先延ばしにします。

いじょう私論ではありますが、経営的に重要な意味を持つ早期水稲の
田植の時期を決定するには「虫のしらせ」を利用していますよという
おはなしでした。


 付け加えまして・・・キリギリスの餌となるカラスノエンドウが
  目立ち繁茂しはじめてから、キリギリスが孵化してまいります。
  ということで、このカラスノエンドウも、よき判断材料だといえ
  そうです[そうそうタケノコの育ちで判断される農家さんもおら
  れるようで
]。

51P4M6yKWYL__SL500_SS75_.jpg夢で終らせない農業起業」「里地里山複合大汚染


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ミネラルを効かすには。K

土づくりとして家畜ふん尿たい肥を多用したら、おもいのほか樹勢が
強くなり、実がつきにくいか繁茂状態となってしまった。対策として
水を控えてみたのだが、するとこんどは多くの実に[カルシウム欠が
原因と思われる]尻ぐされ症状が現れてしまい、けっきょくのところ
思うような成果をあげることができなかった・・・なんていう
ひきつづきミネラルのはなしです。微量要素欠乏がでやすい今の時期
の参考としていただければ幸いです。

 ↓

土壌検査をしてみると、圃場の土のなかに作物の成長に必要なはずの
ミネラルの量は問題なく充分にあるはずなのに、いざ作物を栽培して

みると

 それでも苦土やホウ素・石灰が効きにくい

といった生育をしがちな作物のケースも、よくあります。さらに効き
にくいといった程度ではなく

 苦土欠乏やホウ素欠乏・石灰欠乏がおこる

というはなしをつづけてまいりました。そしてその原因がミネラル間
拮抗作用[派閥争い]にあり、そしてそんなミネラルのなかの派閥
の領袖がカリであるというところまで すすんでまいりました。図示
するとしたら



のののののケンカに強いカリ


まあ、こんなかんじ。

そして こういった[カリとのケンカに弱い]苦土や石灰の欠乏が
あらわれるときには、

 欠乏症状を呈する苦土や石灰といった成分を補う

という方法を 説明してきました。

が、じつはもうひとつ、苦土や石灰の欠乏がでないようにする考え方
があるのです。その セカンド・オピニオン的な方法 が これ 。



のののののSSCN0290.JPG 


そうなんです、 カリの施用を抑えていく という方法ですね。派閥
の人数を減らしちゃうとでも たとえるような方法となります。

現実には

『土の物理性や生物性、そして化学性に問題がある圃場の土壌の改良
 には、カリが多くなりがちである家畜ふんが原料のたい肥の使用を
 控え、ヨシやカヤ、ススキなどのケイサン分に富んだ植物を材料と
 したたい肥による土の改良を数年にわたって続けていくというのが、
 なによりの対策です。』

といったことを 説明している・この回 のような対策をとります。


晴れ 土を肥やすことばかりが喧伝されがち な農業の世界ですが、
  ときには減量するとも大切なのではないのでしょうか、とい
  うおはなしでした。
  今回のはなし・・・人の健康問題に置き換えて考えてみる
  も、よいかもしれませんね。

51P4M6yKWYL__SL500_SS75_.jpg 「夢で終らせない農業起業」「 本当は危ない有機野菜 」    


 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

春先のハウス栽培。うっかりミスには気をつけましょう。G

春先の気象は千変万化・・・昼間にいきなり初夏に近い最高温度になっ
たかと思えば、数日後の朝には気温が冬場の最低気温に逆戻りといった
ことも往々にしておこります。

そんな春先の農業経営のうえでまず第一に気をつけねばならないこと。
それが ハウス栽培やトンネル栽培などを行っている場合のビニールの
開け閉めで調整されている

 施設内の温度管理

です。そう、これからの時期の施設栽培においては、なにより晴天の日
の日中の施設内の温度の急上昇
に注意していかねばならないのです。

なかでも気をつけねばならないのがハウスのビニールやトンネル栽培の

 ビニールを開けて換気をすること自体を忘れてしまう

という うっかりミスです。

たとえば温度が25度以上に日中気温が上昇する天候下において、ビニ
ールを開けて換気することを忘れてしまうとすると、気温がもっとも高
くなる14時前後にはハウス内の温度が50度近くになってしまうこと
にもなりかねません[いわゆるサウナ状態です]。

こうなると施設内の作物を高温障害にあわせてしまうだけでなく、悪く
すると結果的に作物の上部の枯死
を招くことにもなってしまいますので
とにもかくにも まずは[小さい施設であればあるほど]ビニールの開
け閉めの管理に気をつけましょう。

ということで今回は、入学とか卒業とか税金の申告といった・とかく想
定外の飛び込みの行事が多くなる 年度末の時期のうっかりミスには注
意ましょうというおはなしでした。なんといっても燃料費がかからなく
なるこの時期からの収穫が、農業経営上は 農家にとってのもっとも
“おいしい”野菜
であるのですからね。


晴れ この時期のトマト栽培における温度管理について
  の実際例はこちら。

51P4M6yKWYL__SL500_SS75_.jpg夢で終らせない農業起業」「里地里山複合大汚染」    
 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

作物の葉を丈夫にして根を張らすには。

3月末からはじまる田植えをひかえた宮崎県海岸部地方。この時期
に よく質問を受けるのが、

 苗箱のイネの根をもっと丈夫に張らしたい

というご質問です。そんなときにおすすめしているのが マグホス
細粒の追肥。こんなかんじでミスト機で散布してもらっています。

  ← 回転をさげ・上向き

ということで、今回は、そんな リンサン×苦土 の効果の説明と
なります。

 ↓

『作物の葉を丈夫にして根を張らすには。』

お日さまの光の恵みを受け止め 光合成を盛んにしてエネルギーを
作り出すためには、しっかりとした葉が必要になります。

そのために 現場でおすすめしているのがMg/マグネシウムの補給
です。

その理由が この図。

 葉緑素 →     


この図が葉緑素の構造なのですが、中心にしっかりと Mg/苦土が
あることからもわかりますよね。

ということで 作物の状態が

 ● 葉が薄い
 ● 葉がうすいがゆえに、葉色が淡い
 ● 窒素を追肥しても、葉が薄く広がって垂れてしまう
 ● 日照不足で軟弱に育っている

というときには、苦土[マグネシウム]と、苦土分の働きを助ける
リンサン分の補給を おすすめしています。

ちなみに日照不足時だけではなく、たとえばピーマンなどの果実の
緑色がでないときや、お茶の葉の色が淡くてこまっているとき、
それがために地下部も弱ってしまっているときなどには施用効果大
ですよ。

具体的には、おすすめしているのは マグホスや マグショットと
いう商品になりますが、心当たりのせつには、ぜひいちどお試しを。


晴れ ちなみに、ヘモグロビンです。動物の血液中にあり
  酸素を運ぶ大切な要素でありますが、その構造式は
  葉緑素の中心部にある  Mg/苦土を Fe/鉄に
  おきかえたならば瓜二つ
! っていうのもおもしろすぎ。
  
51P4M6yKWYL__SL500_SS75_.jpg 「夢で終らせない農業起業」「 本当は危ない有機野菜 」    

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。