ザックの『押してもダメなら弾いてみな!』

ブログの説明を入力します。


テーマ:
あ(゚∀゚)

と言う間に月日は経ち年を越えもう梅雨の季節。
バイオリンを始めて7年目を迎えてしまった。
一旦ブログを書かなくなるとつい書かない癖がついてしまう。今のうちにこれまでの経過をまとめておこう。

前回の日記は昨年11月の発表会まで。
この時はヴィヴァルディのバイオリンソナタをソロで弾いた。

おりからの練習不足で弾ききるのに不安があったのだが、それはばっちり的中して一番気にしていたところでやっぱりとっちらかってしまった。
自信のない楽章は弾かないという選択もありだ。

だが弾ききれなかったのはとりあえず構わない。練習不足と納得できるから。
気になったのは音色の方。
この発表会から更に一年ほど前にタイスの瞑想曲を弾いたが、それとあまり代わり映えしない出来だった。
音量はだいぶ大きく出せるようになったけど、何だか曲と言うか音符を並べて再生しただけと言うか、棒読み感あふれる演奏だ。

そういえばこの時期のレッスンでは先生をして僕の演奏の出来栄えを
「ほら、あれ、小学生ぐらいの子が学校で喋る『センセイ、ミナサン、オハヨウゴザイマス』みたいな感じ。(・∀・)」と評していたな。
自分で聞いてみると、
「ああ('A`)」と思わず納得してしまう、この微妙な「言ってる意味はわからない事はないが、たどたどしいと言うか、こなれてないよね」感。

今回の発表会の頃はボウイングのコツを掴めた気がしていたのと、もう6年練習してるからそろそろ上達を実感出来ても良いんじゃないかという思いがあっただけに、この仕上がりに対してガッカリ感が半端ではなかった。
発表会後はしばらくテンションが上がらずバイオリンケースを開けることもなくゴロゴロしていた。
正直、地味に「ざせつ」の「ざ」の2画目あたりまで脳裏に浮かんでいた。


しかし結局3日ほどゴロゴロした後、練習を再開しそのまま今に至ったのだった。
やっぱり性に合ってるのかもしれない。バイオリン。

そして昨年末から現在に至って練習中の課題はシュラディックとカイザーが中心だ。
カイザー1巻からはまず1番の課題。これがやばい。
これまでのフリマリーなどの教本に比べるとカイザーはとりあえず一つの課題が長い。長いがとりあえず弾けないことはない難易度ではある。
だが、この1番の課題。いたる所にフォルテ、ピアノ、(デ)クレッシェンドの指示がついておりそれらを全て指示通りに弾くとなると一気に難易度が上昇する。
指摘が入ると、

・初っ端のフォルテと終盤のフォルテの強さが違う。終盤は疲れたのかかなり弱い。
・ダウン→アップと弓を返すとクレッシェンドなのに後のアップの方が音が小さい。
・ボウイングにくせがあり、弾き始めは音が弱く、弓の中ほどに来て強くなり、弓の終わりにはまた弱くなる。そのため(デ)クレッシェンドさせる音の変化が直線的ではない。

などが挙げられる。
今まで『だいたいこれぐらいろう』的感覚で弾いてきたところが問題点として浮かび上がってきた。
これを改善していくのに必要なのは、自分の中で音に対する確たるイメージを作ること。
「これが俺のフォルテ!何小節弾いても常にこの強さで!」
「8音でピアノからフォルテへ強くするから、1音あたりこれだけ強くする!」
という具合に、じぶんが出したい音とそのために必要なボウイングがどんなものかイメージするのだ。
この課題で「きっちり演奏指示の通りに弾く」事が出来るようになるのが目標だ。
やってみると力のかけ具合がなかなか難しかったが、なんとか
「(演奏指示に従って)やろうとしてる事はどうにか伝わるレベル。」(・∀・)
には到達できたようで何とか合格。

そして、課題に合格できた事は嬉しいがそれ以上に手応えを感じた事がある。
ボウイングを徹底的に注目した結果、これまで弓が弦に食い込まず上っ面を滑って音がかすれる事が多かったのだが、弓を滑らせず確実に弦をとらえる力加減を把握できたようだ。
今ならどの弦でもどんなハイポジションでもきっちり鳴らせる手応えがある!(°∀°)

7年目を迎え、もうちょい上手くなれそうだ。


→ to be continued





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はや11月。発表会まであと1週間切ってやがる!
ブログを書く時間もないが、なによりバイオリンを練習する時間がねえヾ(。`Д´。)ノ!

今回は、まるまる4か月練習期間があったから本番も余裕バリバリのはずだったんだがとんだ計算違いだった。まさか練習出来ないほど仕事が忙しくなるとは。( ̄_ ̄ i)
自分の中では今回のメインと言えるバッハ合奏の練習に5回の内2回しか参加出来てないとか、もう、orz
さらに、合奏レッスンに参加できる回数が少ない分、ばっちり自宅練習をこなしておかなければという気分から自宅練習の時間のほとんどをバッハに費やした結果、ソロのヴィバルディのバイオリンソナタの練習時間がすこぶる少なくなってしまった。

うーん、かつてないほどの練習不足だぜ(-"-;A

ま、サラリーマンだし┐( ̄ヘ ̄)┌
長いバイオリンライフの中ではこんな事もあるだろう。
大人には割り切りも大切だ!(o^-')b

と、開き直って精神の安定を計ろうとする反面、本番のちょっと前にレッスンをねじ込んで悪あがきを試みたりもしてみる。

さて、本番はちゃんと弾けるのだろうか。


→ to be continued!!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月の発表会を終え2か月が過ぎようとしている現在8月の頭。と書き始めたが9月になってしまった。
今度は11月に開かれる発表会の練習に取り掛かっているところだ。

最近では発表会で弾く曲の選定に頭を悩ませている。
コツコツと5年ほどバイオリンをたしなんできたものの、聞いた曲はあまり増えていない。
そして聞いたことのある曲といえば今の技術で弾くには難しすぎる。
よーしパパ、コレッリのラフォリア弾いちゃうぞー(゚∀゚)!とはいかないのだ。
で、自分ではこれといった曲を挙げられないとなると先生から現状に見合った曲を提案してもらう事のなるのだが自分から興味を持って選んだ曲に比べると若干テンションが下がってしまうのは仕方の無い事だろう。

ちなみに6月の発表会ではソロでプレイエルのデュエットを、合奏でゲームミュージック(ファイナルファンタジーメドレー)のアンサンブルを予定していた。
だが、しかし発表会を前にして仕事の都合で出張する事になってしまい、練習・レッスンの時間を確保する事が難しくなってしまった。
ソロ・合奏と両方に手をつけるとどっちつかずになってしまう恐れがあったためどちらかに集中しようと思ったのだが、結局合奏をとった。
やはりあまり縁のない曲より親しみのあるゲーム音楽の方に惹かれるのだ。

で、発表会を終えて現在11月の発表会に弾く曲を考えるに至ったのだった。
このまま引き続きプレイエルのデュエットを弾いても良いのだが、あんまりテンションが上がらないのも事実。
さて、どうしたものか。
「ヴィヴァルディはどうですか?(・∀・)」
と、先生の提案でヴィヴァルディのバイオリンソナタの楽譜集を見せてもらった。
「今ですとrv9かrv23のへんが良いかな。」
見れば、rv9の方はパッと見、音階練習のように規則的な音符の並びが見られる。
対してrv23の方は規則正しい並びの所もあれば結構移弦の激しいところもある。
「まあ、弾いてドヤ顔できるのはrv23の方ですかね。(^~^)」
ほほう、ドヤ顔とな( ̄▽+ ̄*)。
どちらかを選ぶ形だが、そう聞いてしまうと内心は既に決まったも同然だ。
勿論、ドヤ顔のrv23。
無難な曲よりちょっと頑張らないといけないぐらいがちょうどよい。
とりあえずソロ曲は決定。

これを決めたのが7月の初めだったので、さすがに練習期間4か月もあればだいたいは何とかなるだろうと考えていたところで、先生から別の提案が出た。
「今回は合奏の企画でバッハやりますけどどうですか?」
おお、バッハ。
今回、バッハの2つのバイオリンのための協奏曲を演奏するという。
全3楽章の内いずれかの楽章でソロを担当し、その他の楽章はオーケストラを演奏するのだ。
確か3年前にも同じ企画があったのだが、その時にもゲームアンサンブルがあり、そちらにしか参加していなかったためバッハの方はあまり覚えていない。
ソロ1曲だとさすがに余裕もあるし本格的にを弾くのもバッハも初めてだし、やる価値は大きいな!という具合で二つ返事で参加を申し込んだ。
そして、僕がソロを担当するのは2楽章に決まった。
ちなみにこの時ヴィオラ協奏曲の企画も立ち上がっており、その場の勢いで参加表明していたのだが8月現時点において
参加を取り消した。バイオリンで3楽章。ヴィオラの方もオーケストラのみとはいえこちらも3楽章。かなりのキャパオーバーだった。
何事も無理は禁物だぜ。

さて、このバッハの2つのバイオリンのための協奏曲(略してドッペル)。
2楽章のソロを担当する事になったが、これが全く聞いたことが無い。
1楽章については昔、名曲の触りの部分だけピックアップして集めた曲集の中でちょっと聞いたことがある。
出だしからキャッチーなメロディで印象深かった。
弾くなら1楽章かなあ、他の楽章は知らんし。ていうのが正直なところで
2楽章のソロを担当することが決まった時にちょっとがっかりしたのは否定できない。

ところが。

何はともあれどんな曲なのかとyoutubeでプロの演奏を視聴してみたのだが・・・

良い((゚m゚;)。
聞いてよかった。これは好きな曲。
「急」な感じの1楽章から2楽章頭の「緩」な感じで始まるギャップが心地よい。
1楽章とどっちを弾きたいと問われたら迷わずに2楽章と答えるレベル。
ソロ担当が2楽章だったのは結果オーライだった。
俄然テンション上がってきた。
よーしパパ、ドッペル2楽章弾いちゃうぞー!(・∀・)/


第3楽章はまあ、
よくわからんしいいや。

→ to be continued!!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。