2006-11-03 00:26:50

損失回避人間の作り出す世界(2)

テーマ:株式投資中級

今日のテーマ:「本当に収益チャンスはあるのか?


今日は前回書いた命題、

「損失回避人間が多数を占めている時こそが投資(投機)のチャンスである」

を掘り下げてみようと思います。


・そもそも損失回避人間とは誰なのか?

損失回避人間とは合理的な投資行動が出来ないゆえに損をする人、こう仮定してみると、一般的に"損をしている"と言われている個人投資家が損失回避人間の主役なのではないかと考えられます。

だとするならば、

 "損失回避型の個人投資家の比率が高い時は買いのチャンス"

と言えそうです。

(現実には機関投資家でさえ、自己勘定では多くの人が負けているそうですが)



・期待値の推定

以前にも書きましたが、投資家の期待値を推定するのは極めて困難なことと思います。

それでも少し分析してみると、

 "過大な期待値を想定している個人投資家が多い"
は真である気がします。

はっきり記憶していませんが、何かのアンケートで個人投資家が株式投資での運用利回りをどの程度を想定しているかという項目がありまして、マジョリティは40%程度だったと思います。

 年利40%ですと?

まずはリッチデニス、ポールチューダージョーンズ、ラリーウイリアムズ、、歴史に名を残す天才的な投機家がどれだけ相場のことを研究し、その対価としてどれだけの運用利回りを達成しているのか勉強したほうが良いのではないかと思うのですが。そもそも、投機じゃなくて投資の世界を見ても、世界一の資産家であるウォーレンバフェットが年利30%なのです。

 とにかく、こんな過大な期待値を持っているプレイヤーが沢山いる訳で、日本市場では個人投資家は市場の30~40%を占めていると言われている訳ですから、この歪んだ期待値が市場全体の期待値を歪めているという側面は否定出来ません。

一方で、本当にこんな人たちがいつも株価決定の主導権を握っているのであれば、今頃日経平均は4万円くらいになっているでしょう。つまり、市場には反対勢力が圧力をかけており、均衡らしきものが保たれているということになります。

結果的に

 "夢見る個人投資家が多い時は売りのチャンス"

となりそうです。



・価格決定の主導権は誰にあるのか?

ごらんの通り、上記の考察における結論はちょっとした矛盾を引き起こしています。

つまり、

 「残念ながら、個人投資家の売買動向だけでは市場の様子を掴みにくい

ということになるのかもしれません。


 ここでちょっと視点を変えて、株価の価格決定のメカニズムについて考えてみましょう。

株式市場には売り手がいれば、必ず買い手がいます。ですので、基本的には売り手と買い手と数は一致しているのであり、捨てる神と同じだけ拾う神がいるということが起きています。じゃあどうして価格は動くのでしょうか?それは、より速く自分の注文を執行したい"、と考えている側が成り行き注文を入れて価格を動かすことに起因していると考えられます。

損失回避人間がその性質上市場でアクティブなPlayerになれないとすると(この仮説も怪しいですが)、価格が大きく変動しているときというのは、損失回避人間以外のアクティブなPlayerが市場を支配していると言えるのかもしれません。つまり、小さな変動で底値を固めるような動きがある時、それは損失回避人間の下の指値が徐々に市場を支配している状況にあるのかもしれません。

 このような動きが、"底入れしている"、"底値を固めている"、みたいな表現をされ、買い出勤のチャンスの一つとされています。しかし、マーケットの動きは恐ろしく速く、このような底入れ動作をする前にアクティブな逆バリ派の人が底値を押し上げるような動作が先に来てしまうかもしれませんね。このあたりも"市場の効率性"の一側面なのかもしれません。



・結論

 "損失回避人間がいつ市場を支配するのか"について仮説に仮説を重ねて少し考えてみた訳ですが、やはりそう簡単ではないみたいです。いつものごとく、表裏一体というか、ある側面を見ると違う側面が見えてくるという状況です。

しかし、抽象論であるとはいえ、"損失回避人間が市場を支配している時に収益チャンスがある"という仮説が正しいのならば、何とかそれを定量化する道筋を考えることは決して間違ったことではないでしょう。それを推定するのに多くのテクニカル指標や統計情報(信用残、信用損益、外国人売買動向)などを調査することは決して退屈な作業では無いと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

greatinvestorさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。