• 24 Jun
    • 熱中症シーン

      …一体あれは何だったのだろうか?転生の瞬間?…それとも死の宣告?あるいは地獄だったのかもしれない。 とにかく、信じられない緊迫感と生理欲求だった。圧倒的な心拍数と、五感の異常。しかし、生き延びた。 その瞬間…。五感からの情報と景色、そして自身の脳がいままでとまるで違った表情と働きを見せた。   …しかし、明日のことは誰にも判らない。私は高山直人。何世代前の魔術師・魔法使いの生まれ変わり。我々は本当の死を知らないのだから…。

      テーマ:
  • 03 Jun
    • (嘘ニュース)日本における暴走族終息宣言

       2017年6月1日、警察庁は日本における暴走族の終息を宣言した。終息宣言は撲滅宣言ではないので、日本から暴走族が完全に姿を消したわけではないが、終息宣言は撲滅宣言とほぼ同じ意味であった。とりわけ福岡県や大阪府は日本の暴走族の最大の発生地帯であったが、2016年にすべて解散となり、2017年から組織された暴走族が存在しないことから終息宣言となった。1950年代以来、長い戦争と言われてきた撲滅運動がやっと実ったのである。  暴走族は日本以外ではアメリカやヨーロッパ各地、最近では中国や北朝鮮や韓国や台湾で社会問題になっている。世界的に彼らによる事件が後を絶たないが、撲滅できたのは日本だけである。  日本における暴走族は、関東地方、近畿地方、九州地方北部に多く分布し、古くから暴力組織として恐れられていた。    暴走族の撲滅には、道路上における監視カメラの設置や細かい車両整備指導が有効である。この割れ窓の原因を絶滅すれば、この問題も撲滅できるはずであった。そのため幹線道路を中心に監視カメラを設置し、車両の整備指導が進められた。  またマフラーや座席の改造を防ぐため部品が改良され、オートバイではマフラーを容易に切断したりシートを容易に取り外しできないようにした。またエンジンの改良も行われた。こうすれば騒音が軽減できるからである。日本では、1970年代からオートバイの低騒音・難改造化が重点的に進められ、2009年までに新規に生産されるオートバイはすべて低騒音・難改造化された。  このように企業が積極的に多額の資金をつぎ込んだため、暴走族は次第に減少し、2016年以降、組織的な暴走族活動はみられていない。またオートバイ利用者からも暴走族組織の動きは見られない。このことから日本における暴走族の終息宣言が出されることになった。  現在、日本の三大少年犯罪は「軽犯罪、性犯罪、ハッキング」である。しかし世界の三大少年犯罪は「ドラッグ、マフィア、暴走族」である。日本では暴走族が撲滅されたが、外国では現在でも多くの被害者を出している。日本型の暴走族は中国や韓国、台湾にも分布し、中国やインドでは10万人を超える暴走族人口がいるとされている。  少年犯罪を研究するNPOは、2016年の世界の暴走族人口は5000万人で年間1000万回の暴走行為が確認されていると発表している。インドの大都市圏では、毎週100回以上の暴走行為が発生している。  日本で暴走族を根絶できたのは、流行の規模が小さかったからである。日本以外の国は、現在でも多くの被害者を出しているが、それは発生地の規模が大きすぎるからであった。

      1
      テーマ:
  • 21 May
    • (嘘ニュース)新潟市と弘前市で17年ぶりに暴走族摘発

       2017年5月21日、オートバイで集団暴走をしたとして30代の男ら5人と40代の男ら4人がそれぞれ新潟市と弘前市で検挙された。警察によるとこれらの地域での暴走族摘発は2000年1月以来17年ぶり。 警察によると、使用されたのはいずれも不正改造された250ccバイクで、いずれも中古車販売で購入したものを改造したものと見られる。  今後暴走行為が起こる可能性について警察は、暴走族が存在していないことから「暴走活動が活発化する予兆とは考えていない」と述べた。一方で、識者は今後全国的に暴走族が復活する可能性はこの20年と比べ小さくないことなどを指摘し、警鐘を鳴らしている。

      テーマ:
  • 19 May
    • 東アジアと北欧を豊かにしている「知的富裕層」の存在

      日本がメチャクチャ優れてると思うのは、教育格差の是正だな。義務教育を厳格化し、中学生までの教育を保障している。単なる経済大国だった日本は今や豊かな国。早期から経済発展を実現させ、中流や富裕層を増やし、教育の発展スピードを向上させたことが奏功したともいえるよね。韓国の人は、受験に特化した教育を受けて大学に入っていると思う。徴兵制も大学全入時代を考慮している。専門学校とは生涯学習に近いスケールの金で学歴を買う施設であって、高等教育施設の性質のある大学・大学院とは違う。短大出身ならよくわかると思う。短大は卒業論文があり、学歴も「短卒」でぎりぎり高学歴扱い。事実上の低学歴である専門学校卒業者は論文を書いたことがなく、文字通りお金で学歴を買うもの。物事をしっかり学ぶには大学行くほうがよほど効率的だ。こうした東アジア共通の知的文化圏というものがありまたそれ関連の産業がある。さらにそれと構造を共有する北欧があって、それは「知的富裕層」の存在が社会の繁栄を実現している場所なのだ。問題は、それ以外の地域。そこには知的富裕者のための居場所がない。たとえばアメリカでは日本のような学歴社会システムが進んでいないという。大体の中流系都会人にはビジネススクールこそ出ているが、それが大学や大学院の機能を代替できないことは、少なくない専門学校卒の人間を抱える日本人にはよくわかっている。日本人なら普通に大学の文系学部行くからね。ドイツ型の学歴社会は台湾と比較するべき水準ではなく、どちらかというとアメリカと似ていると思う。経済成長による中流・富裕化による高等教育ブーム時に合理性のために発展した簡略化されたシステムではない。若いときの進路選択では、どんなに頑張っても専門学校しか行けない。歴史はともかく現状は先進的といえない。アメリカでは専門学校でも多様な学歴があるように、ドイツでは同じ専門学校卒業でも多様な学歴だ。国民も学歴社会を意識しないから、中国や台湾より事情は悪いかもしれない。「ウチはウチ、ヨソはヨソなんだからいいだろ!」と誰かに言われそうだけど学歴社会は大事よ?フランス出身の中年に世話になったことがある。私はいい学歴だと言っていた。誇らしげだった。しかし「大卒」という感覚ではなく「ITマスター」という意識があるような感じだった。アメリカだって「大卒ではなくMBA」という感覚がアメリカ人にはあるはずだ。カナダ出身のネットユーザーに以前噛みつかれたが、それこそカナダと似たようなものがアメリカでしょう。カナダは非学歴社会だが、学歴の数が大きいこと、MBAの存在、極めて似ている。両者も貧困化しているし知的ハングリー精神を持つ層の存在を無視した大衆化だそう。年々レベルアップする傾向のアジアや北欧とは違うのだ。同じ時期に経済発展で新先進国になった点やアジア圏の位置づけにおいて、韓国と台湾は似ている。どちらも少し昔までは貧しい国だった。しかしこれらはアメリカやカナダなどとは違い、日本と同じ学歴システムで、事実上の最低学歴も確か高卒(日本よりかはえらい)だったと思う。一方、タイやマレーシア・シンガポール・インドネシア・フィリピンはどうか。学歴にばらつきが目立つことは市民の見た目でわかる。世代が外国人の移民などで断絶していてカオスになっている。おまけに無卒者・小卒・中卒も多くいる。厳格な義務教育はない。学歴社会化こそ進んでいるがどうも1960年代の日本以下の水準に見える。ドナルド・トランプ大統領が学のなさでマスコミや東アジア人から叩かれていることがはっきりしているように、将来この溝は埋まらないと思う。そして、2000年代以降の最近に量産された経済発展国にはこういうパターンが多い。アジアであればASEAN諸国、アフリカなら南アフリカ、南米ならブラジル…この手の国がよくないのは、北欧や東アジアとは基盤の違いがありすぎるのに、内実を伴う本当の学歴社会のように国民づくりの方向性として経済強化をしてしまうこと。しかしお上の都合はどうであれ大企業にはさまざまな学歴の人が集まるし、仕事さえできれば高卒や中卒がIT企業のプロ技術者に採用されてしまう。そこに学歴社会はなく、完全な実力主義になる。結果的に実力主義でもなければ、学歴社会でもない共同体が寂れる。南米は優秀な人材を失って久しいが政府も非エリート主義でしょ?その後を追うことになるのだ。最近の新興組はみんなどこも。非東アジア・北欧圏で東アジア型学歴社会が成功しているのももちろんあってオーストラリアがまさにそうなのだが、大卒者の割合は韓国くらいあるし、外国人を合わせればデカイ数字になるので、オーストラリアはほんとはめちゃくちゃに知的富裕国なんだよね。「イギリスの傀儡国家」から一転して学歴社会の大成功ってすごすぎるよ。政治家界隈に学歴社会の流れができて、かつそれを支えられる程度の福祉制度や経済力があればいいわけ。北欧は高校の学習内容にボリュームがありつつ学費が安く済むのは非常に優秀で、日本や韓国は2016年、欧州各国もその点では1980年以降はその流れがある。アメリカやドイツ型の学歴システムは、合理的ではない。しかしインテリ度を測る面でも非常に中途半端。ひどいと官僚や首相が大卒ですらない場合もあり、政策もめちゃくちゃ大味なのである。あれは遅かれ早かれ全部が終わる運命にしかないと思う。別にブラジルやアルゼンチンをDISってるわけではないが、首相もろとも政権は終わる運命にあるし、学歴も地盤する道具以外にもはや意味ないし、反知性主義政権を作って田中角栄や安倍晋三から留学歴をなくした人が首相にでもなれたらその政治の発展の犠牲で国家や都市や経済などが寂れるのは必然でしかない。したがって東アジア・北欧圏であれば学歴社会は重要なので、日本やアメリカは建て直しがしたいなら金銭資源を安い負担で大学に行って卒業できる社会作りや経済成長に充てればいいと思う。観光や金融・奨学金の給付化やリフレーションを伴った経済成長。貧困層の中流化や中間層や富裕層の経済消費を活発にする。日本は精神的貧困による犯罪が問題になっているようだが、レジャー施設の整備や福祉先進国化を目指すといい。日本はかつて、京都や東京23区や神奈川県北東部とそれ以外の間で学歴社会の断絶があった。1990年当時でさえ全国の大学進学率は30%台だった。福祉制度の整備などができたらたった10年で急浮上。1990年代は30%程度しかいなかった神奈川県の大学進学者が、いまや60%以上。教育への投資の増加で広島が変わり、愛知すら名古屋を中心に変わった。今は経済的に豊かになっているという認識と、それが精神に反映できるようになることが知的富裕国の持続可能性のポイントであり、もちろんそれを各地の現地の人が一番わかっていると思うんだよな~

      テーマ:
  • 01 May
    • あれから9年

      2008年4月1日 二輪車ツーリングを始める2011年6月11日 ネットラジオをはじめる(2013年に終了)これからもよろしくね~

      テーマ:
  • 26 Apr
    • (USOニュース)村田首相の発言に揺れる日本

      2017.07.24 21:245月までの自公連立政権に代わり、6月の政権交代に伴い首相に就任したばかりの村田蓮舫首相が最近、「日本の新自由主義は失敗した」と述べ、論争を呼んでいる。民間主導による経済発展を尊重する新自由主義は21世紀の経済の理想モデルとされてきたが、2000年代から貧富の格差や公共サービスの低迷が相次いで表面化。日本でも4月の匿名ブログの炎上事件以降、新自由主義への警戒心が強まり、公共サービスの信頼性が失われるとの懸念が高まっていることが背景にある。 村田首相は16日、与党日本民進党の集会で、「日本経済の進歩を歓迎する」と前置きした上で「官から民の日本を築こうという取り組みは失敗した。完全に失敗した」と述べ、喝采を浴びた。 調整型の首相が慎重を要する新自由主義問題にあえて踏み込んだのには事情がある。連立する日本共産党が3日、党の集会で「日本はもはや究極の資本主義国だ。民営鉄道会社も公共事業の一部だ」と演説。これに日本共産党左派が反発し、姉妹政党自由党の山本代表が「そもそも公共事業は公営主体であるべきだ」と大都市部の私鉄の公有化を求めていた。 日本は財政難のため、1987年から国鉄を分割民営化した。しかし、いずれはインフラの成長に繋がるとして、2014年にまで積極的な公的関与を怠った。日本の旅客需要のうち約50%が鉄道で、私鉄・JRは約90%とされる。しかし、「私鉄は公共事業」であることさえ認めたがらない空気が左派層に強く、最近の世論調査では75%以上が「私鉄は公共インフラとして信頼するに当たらない」と回答した。 村田発言について、公共交通に詳しいジャーナリストは「公共インフラからの民間の排除という左派の主張や資本主義に寛容すぎる右派にクギを刺して、与党を中道に誘導しようした」と分析。 村田首相は今後、道路整備や東京都内の鉄道の上下分離に力を注ぐ一方で、公共交通の倫理に反する所謂観光列車など、新自由主義の強い商売を規制していくとみられる。 外国では新自由主義に寛容だったアメリカやイギリスでも左翼が台頭。某アメリカ雑誌は19日付の記事で「新自由主義は失敗ではない。もっと努力が必要なのだ」と述べ、誤ったメッセージになりかねない村田発言に懸念を示した。

      テーマ:
  • 15 Apr
  • 14 Mar
    • 私たちは今何を叫ばなければならないのか?

      私たちが今こそ大きな声で求めなきゃいけないのは、ゾーニングを徹底すること。近代国家としての原則、世界のどの国でも普遍的な当たり前を適応させること。今の日本は1990年代と違い、ちょっと先進国を見習えば改善できるレベルですらない。「少数決を許さない」というのは、常識をわきまえている人間であるというゾーニングを守るために必要な主張なのだ。これを言わずして、少数決もいいことがあると言えば、善悪が直結されて、絶望郷に戻るぞ。その地ならしはすでにできている。オタクが、少しでもヤ○キーやヤ○○的な振る舞いをすればそれだけでアウト。実態がいくら権力反骨者だったとしても、本来の建前上にある一般人としての常識をわきまえろと訴え続けないと、暴走するだけだよ。普通の国だったら、支配層の中にそういった人がいれば、そんな人に対する誹謗中傷が発生して仕事にならないだろう。アメリカでも、フランスでも、数年前の台湾や韓国でも当たり前のことだ。不公正は除去する回路が、日本にはなさすぎだろう。貧乏人からの成り上がりでもいいけど、極端に過激な存在はアウト。ゾーニングを破ったような不公正はあらゆるものが単一性で束ねられて多様が否定される全体主義につながるやばいもんだから阻止しろと、そういう発想が、まだこの国には弱すぎる。平和ボケというか、いまだゆるいのりから抜けてない。

      1
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 「朝鮮人」・「シナ人」はなぜ差別語として認識されないのか?

      朝鮮人・シナ人という一言で、色々なサイトが炎上している。話し手もどことなく傲慢な感覚があり、本当に言葉の意味がわかっているのか、と思う様子であったのが気になるが。さて、ヘイトスピーチはもちろんNGであることは間違いない。これをもって「怒っている人の言ってることは正論じゃん」などとほざく愚民どもがいるが、こいつらにはこの一言がどういう目的で使っているかがまったくわかっていない。つまりは鈍感であり、想像力に欠ける、人間としての良識に欠ける「カス」なのだ。例を挙げて言おう。保育園落ちたという匿名ブログでの「日本死ね」はどのように捉えたのか? 日本に対する怒りの感情の表現として捕らえた方が多数ではないか?文字通りに日本が死ねば、日本人のふるさとがなくなることになる。日本人が外国人に「ヤクザ」と罵られる時は、それこそ日本人に暴行されることを承知で日本人に対する殺意がある時だけだ。ヤンキーがアメリカ人への侮辱語であるように、ヤクザも日本人への侮辱語なのだ。ネットにおいても、実際に韓国人や中国人に対する罵倒として使われるケースは1%にも満たないといわれる。つまりは圧倒的多数の場合が比喩する言葉なのだ。いや、日本では日本人の民度の低下が社会問題になっている。むしろ、日本人より中国人や韓国人のほうがましという声が大きいだろう。よって大多数の場合における「朝鮮人」「シナ人」は、民度の低い人に対して向けられる言葉なのだ。ネット利用者にその意図があったかどうかはわからないが、こうした言葉遣いの技術の高さは、人の心をひきつける力にもなる。すでに還暦を迎えている私の母は若い頃、大学仲間の誘いでバイクを購入したことがあった。母は相当の抵抗があったらしく、バイクを使ってツーリングするのにも何日も悩んだそうである。当時、暴走族に代表される若者のライダーのマナーが社会問題になっていたからだ。そして実際にバイクに乗ったら近隣住民にまるで不良であるかのような罵倒を浴びせられ、ついにはブチ切れた母はその住民の顔に卵をぶつけて激怒しながらバイクで走り去ったそうである。バイクというとすぐ脊髄反射的に不良と変換されていたのは、社会がそういう目で見ていたことが原因だろう。この意識を変えない限り、ジャスティス・ハイに簡単に舞い上がるネット愚民に糞便のような飼料を投下するだけだ。

      1
      テーマ:
  • 20 Jan
    • 日本=礼儀の国という幻想に気付こう

      日本は韓国や中国に次ぐ礼儀の国だ――こんな言い回しがあふれています。みなさんのSNSやBBSを読ませていただきました。どうやら、みなさんもそのようにお考えのようですね。そして、市民意識を高め、不徳者を排斥することによってそれを守りたいのでしょう。こんにちは、高山直人(たかやま・なおと)です。これは、あなたへの批判です。これから書くことは、喧嘩売りではありません。現状を揶揄することです。なぜか?彼らのいう幻想性に気付かせるため。そのためには、あなたに変わってもらわないといけないから。人間は変われるし、変わってしまいます。あなたも、私の側だって。相互批判は、その一つの方法です。日本は礼儀の国嘘はやめてください。自分までごまかしてどうするのでしょう。1960年に車社会に参加した日本は、さっそく交通戦争が起こりました。道路の邪魔になるものは徹底的に排除されました。1970年代には暴走族が台頭し、車社会の信用がどんどん失われていきました。2010年代初頭に、暴走族は消滅しましたが、日本の車社会が滅ぶことはありませんでした。で、それから今にいたるまでずっと、問題ばかり起こしてきたじゃん。あなたは知らないんじゃない。知らないふりをしてるんだ。地方や都会の片隅には3ない運動の名残のある学校もあります。行き過ぎた寛容性のもと、地方に比べて不良の排斥が遅れていますよね東京あたりでも。非寛容運動なんてあってもせいぜいザルみたいなもんだ。数年前の「援助交際」事件。ビデオがテレビで延々流れたよね。当時のギャルサー、つまり心無い少女がとんでもない行動によってギャルサーのイメージを台無しにした。そして最近ではオタクと一般人との衝突。そこから生まれる破壊主義。これが礼儀の国ですか? 普通の国じゃないんですか?現実がそうでなくなっても、日本はずっとそれをいい続けてきました。それを否定するのは歴史修正主義とかです。非寛容主義に移行して礼儀の国のブランドを守る日本ってなんですか? もはや幻想なのに。これは事実です。議論の余地はありません。それを守るって、え、批判を黙殺するってこと?幻想を守るんじゃなくてつぶそうよ。ある者は、日本は明治以来、行き過ぎた非寛容政策など存在しないと指摘しています。寛容性社会に反対するなら、嘘言うな! 日本はずっと寛容社会だったし、今も続けている。これが事実。タバコをくゆらせながら吸ってませんなんてあり?喫煙者であることを認めて初めて、禁煙できる。事実を認識してはじめて、それをやめたい。どうしたらやめれるかという話ができる。「オタク」「ヤンキー」同一視論これは全員じゃないけど、よく聞くことだ。「大衆と中流の復権」で「オタク」や「ヤンキー」の淘汰できるとかなんとか。えええ、ななななにー、それでいて寛容性はありってこと? それってその幻想そのもんじゃん。反論されたらどうするか?回答を拒否します。問いが間違ってるからだ。そうじゃない。まず大衆や中流にいながらそれを否定する。幻想をぶっ壊そうよ。日本と韓国と中国のガラパゴス化――「礼儀の国」という非寛容性の虚構ずっと嘘だったんだから、そもそも「非寛容」っておかしな言葉ですよ。中流階級と大衆階級の怒り。いやいやいやいや、そんなもん存在しないから。「大衆なめんな」「左翼に入ろう」?いえ、なめてません。怖いです。私はガチンコのオタクなんで、自分も含めて怖い。非平均が絶対悪なんだったら、どんなものでも「まし」ということになる。だからみんな相互批判を棚上げして共存共栄してるんでしょ。差別は悪いと思う?じゃあなんで、根拠もなく、オタクやギャルを非国民と決めつけ、そんで、(こっからが大切だけど)だから日本人として不適格だみたいなネタを披露する人々や、車が嫌いなことを強調するような物まねをする芸人と無批判に一緒になれるんしょ。っていかそれで観客大爆笑。ひでーよ。隣の人は私かもよ。傷ついた!気に食わない相手になら「くそチョッパリ」という罵声を浴びせる運動家に対して、なんか言ってますか?最近、鉄道オタクへの「締め出し」が強化された。以前からあった「排斥」をその見せしめ演出として適用して、右翼と仲良くなったと言う疑いでの弾圧があった。今日ここにいる鉄道の利用者、心の中ではぜんぶそれ締め出し推進派。ひどくない?バブルからしばらくして排外ブームができた。さいきん教えてもらったんだけど、その時期にも「外国人」の排外対象への迫害は苛烈なものだったそうだ。車にはへつらっても、日本は鉄道への攻撃をやめなかった。それが続いてることの一つの象徴が上の弾圧だと思う。排外はだめって、どういう意味?でも右派じゃない。右派よりはまし。だから一緒にやり、批判は控える。右傾化を壊そう。いや、寛容社会とかって、程度問題なんでしょうか?お茶に入れる青酸カリを3グラム増やす。うん、ひどいね。でも、もともと1グラム入ってる。1グラムのままがいいって意見は「まし」と言えません。既にあるもの。ずっと前にできたもの。しぶとく続いてきたもの。それが限度を超えて悪いものなんだったら、悪化を恐れて今あるものを守ろうとしてはいけない。つぶすべきだ。礼儀の国幻想をぶっ壊しましょう。2017年1月20日高山直人Twitter /greatchina2ブログ: http://ameblo.jp/greatchina2

      テーマ:
  • 17 Jan
    • これからは動画・書籍作成がメインになります

      私は過去に大学理数系学部を出て文系職として社会人生活をしていたものです。私の前のペンネームは朴正義でその前はnonchan_1995やkoshimizu38です。yahooなどでブログ作成をしていました。これからは動画作成か書籍作成がメインになります

      テーマ:
  • 16 Jan
    • ブラック企業における労働環境問題は真の問題ではない

      電通が叩かれた理由はなんだろう。それはただ1つ。『生産性が極端に低い』これだけである。電通の場合、「若者やエリートの貴重な人生を過労やプレッシャーで負荷をかけすぎて、人生を浪費させた。尚且つ、やっていることの生産性があまりに低い」が具体的な理由となる。はっきりいうが、必要以上の残業などはただの燃料。火種の隠れ蓑と言ってもいい。真の火種である「非生産性による日々の怒りの蓄積」さえなければそれら燃料が問題になることはなかった。例えば公務員を見てみよう。あれはお役所仕事で生計を立てている人達だ。労働時間も民間企業よりかは多い。しかし誰もあれを叩かない。こう言えば世間的には、「まーグレーかも知れないけど…ねぇ?」といった反応だろう。喜々として叩くものはいない。なぜなら、公務員は生産性の高い仕事をしているからだ。法律で守られた職業であることも含め、一定の価値がある。だから叩かれない。電通は唯単に情報産業以外では殆ど目立った利益をもたらさない。だから叩かれる。電通がその性質上、社会的生産性の高い事業であれば、たとえブラックでもあまり叩かれなかったのである。それを分かっていないから「労働時間で認定する」といきなり言い出すネット民が出てくる自体に陥る。日本人は道徳に敏感なように見えるが、その実ただ気に入らないやつを叩くための大義名分として振り回すだけである。道徳で成り上がりを目指す諸君には是非その事を理解しダブスタ日本人たちの手綱を取って世を回して欲しい。

      1
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 欧米の影響か…日本で鉄道トロールブーム巻き起こり社会問題化

      (ネタニュースです)日本で空前の鉄道トロールブームが巻き起こっているという。 とあるSNSによると、関東地方で大学生やフリーターや生活保護者を中心としたグループがトレインサーフィンを行い、 市民を悩ませているという。 千葉市在住の会社員・ポールさん(仮名・49歳)も、フリーターらによるトレインサーフィンを目撃したばかり。 「昼間、電車に乗っていたら、10人ほどのトレインサーファー軍団に出くわした。 みんなダサイ服で、安い切符で長距離乗ったり、駅のベンチで寝ていたりと日本の往年の鉄道オタクとそっくり。僕はオーストラリア出身なので、懐かしい気分になりましたね」 東京都内の作家・金正義さん(仮名・34歳)は、日本での鉄道トロールブームの一因についてこう話す。 「日本人には鉄道に対する迷惑施設意識がない。外国のように鉄道をみだりに使っても、社会的なペナルティはほとんどない。また切符の不正も大した罪にならないので、ダフ屋による切符の転売なども日常化しており、彼らの迷惑具合では韓国のそれよりひどい。不正乗車による学生へのペナルティも相次いでいますよ」 一方、外国文化の影響を指摘するのは横浜市在住の大学生・丸山真理科さん(仮名・22歳)だ。 「みんな、ネットで外国のトレインサーフィンや日本における転売方法などを見ていますからね。さらに日本のネットには、 よくトレインサーフィンを題材にしたweb小説もあります。一部の人間が憧れてしまうんでしょうね」 実際に日本でも不正乗車は罰せられる。しかし、最も重いものでも運賃の3倍ほどの罰金のみだ。 長野県で文具屋を営む都賀太郎さん(仮名・49歳)は、鉄道運賃のシステムも鉄道トロールの迷惑行為を助長していると話す。 「日本では鉄道は庶民の足で需要が多いので、改札は必要最小限にしています。大都市部の私鉄なら起点から終点まで往復できます。 また改札システムが非常にシンプルで、極端な話、例えば改札を降りない限り初乗り運賃で長時間乗っても運賃は普通に乗った場合でも同じ。 無人駅には改札や券売機すらなく、神奈川県の無人駅周辺の不要切符入れに、都内からの初乗り運賃の切符が入れられているところを見たこともあります」 鉄道トロールブームの文化的側面を指摘するのは、日本でのタレント活動歴もある俳優のチョン氏(仮名・59歳)だ。 「トレインサーフィンがブームとなっているのは、管理社会の犠牲となっている落ちこぼれ階層や大学生です。 それらの社会では、生活水準が低くなる一方で、民度もどんどん悪化している。 そんななか、真面目な人ではなくふざけやすいな人が好かれる。 鉄道トロール以外にも、ギャルや左翼、欧米のヤンキー系をまねたようなサブカルが流行しています。 いずれもオタクに言わせれば、『ウザい』の一言なんですが……」 ダフ屋や変造ICカードなど、表舞台では見向きもされなくなった産業にビジネスチャンス到来か!?

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 日本のアニメの本数インフレ問題

      (深夜番組のみ計算)2000年:7本2001年:20本2002年:23本2003年:41本2004年:60本2005年:62本2006年:93本2007年:75本2008年:81本2009年:69本2010年:57本2011年:66本2012年:106本2013年:128本2014年:159本2015年:170本さて、上のデータから何が読みとれるだろうか?深夜番組を見ただけでも、アニメ分野での日本での、乱発の現状が見えてくる。日本の文化産業がいい加減にそれを製造しているとは思えないが、明らかに限度を超えたアニメの粗製乱造の現状が、理解出来るだろう。2017年1月2日付けのサーチナには「日本のアニメーターが労働条件のよさを売りに中国に流出するといった事態にまで発展している」といった記事が掲載されている。日本においてアニメ産業は、社員に対して最低賃金レベルの賃金すら支払えないほどの不況に陥っている。この日本のアニメ産業の抱える問題の根源は、端的に言えば需要と供給のバランスである。粗製乱造の安易なアニメでは、テレビでの放映本数が2016年秋には46作品を越している。ちなみにテレビドラマは24作品である。これは、テレビドラマの場合、競争主義からの脱皮の過程と価値観の多様性、社会環境の変化に起因するものと思われるが、アニメの場合は昔から変わることなく競争主義であるため、年々製作数が多くなっているためと思われる。そして、この製作数の高さから、サブカルチャーの量産に加えて、サブカルチャー人口のインフレ状況が起きている。資本原理社会で動く、日本のサブカル社会環境は、サブカルのビジネス化やオタクの大衆化に役立ってきた面があるが、その一方で、サブカルの平等化・大衆化は、過度な需要と供給のインフレを招き、アニメというものの質を低下させ、結果として現在のような労働問題を発生させてしまった。アニメの危機は、オタク達自身が一番分かっており、2016年秋季には、いわゆる男性向けのアニメ作品では、概ね低評価というインターネットの書き込みが目立つ。市場の肥大化が、かえって労働環境の悪化と言う弊害を生み出している。競争社会の歪みを見いだす、日本のサブカルの粗製乱造の現実を、外国人も他山の石としてではなく、競争社会の反省すべき現状として同じ轍を踏まないようにしなければならない。日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)/講談社¥907Amazon.co.jp過働社会ニッポン―長時間労働大国の実態に迫る (日経ビジネス人文庫)/日本経済新聞出版社¥864Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 11 Jan
    • 文化人に日本の社会現象の真実を教えてやる

      ■オタク文化編確かに日本で社会現象になったものは、多くの議論をも巻き起こした。しかし、当時では一般人がそういった社会現象にかぶれることは当たり前だった。しかも、日本における社会現象は世界的に見て極めて成功したものだったらしい。今から出す画像は、ギャルブームとオタクブームの画像だ。残念ながら、前者はいつ撮影されたかわからない。しかし、後者は2009年に撮影されたと思われる。心の準部はいいか?ギャルブームhttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/c/cd/Girls_in_Tokyo.jpg/800px-Girls_in_Tokyo.jpgオタクブームhttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a4/Vie_de_France_Caf%C3%A9_Akihabara_%26_Surechigai_Tushin.jpg/800px-Vie_de_France_Caf%C3%A9_Akihabara_%26_Surechigai_Tushin.jpgどうだ、あまりもの違いに驚いただろう?前者は女性限定のけばけばしい文化で、後者は男女平等の美しい文化だ。詳しいことに関しては、ネットで検索してくれ。前者においてはいわゆる援助交際や不良との交際などが社会問題になり、後者はPC的な議論の話題になった。そもそも、オタク文化は末永く続けられるものなのか?という問いに対しては、「オタク文化は社会的にはクリーンだから無問題じゃん」と思う人もいると思う。だが、そもそもその“クリーン”ということを決めた事件がなんと事後に起きている。どういう事かと言うと、「都市部で運転免許を持たない人間には障害者として福祉手当を支給する」という条例が明日出来たとする。その条例で今まで健常者であった人の何割かが障害者扱いされる感じだ。これは法学では事後立法と言って、現代法律学の原則を真っ向から否定する概念だ。実際に、2006年以降も、「オタク文化はそこまでおおっぴらに出来ないだろう」という声がいくつか合ったらしい。まあ、長々と書いたが簡単に言うと「オタク文化はギャル文化と比べてはいくらかまし」と言うことだ。しかし、ネット限定ではあるが最近のオタク叩き…というよりかはサブカル叩きにも少し言いたいことがある。確かに火病みたいなもの起こして差別語とかを話したり差別行為に走ったりといった事をしているサブカルオタクもいる。でも、そんなサブカルオタクばかりじゃないし、「恥を知れ」だの「お前は子供だ」だの「馬鹿丸出し」だの言うのはやめてくれ。彼らにも事情がある。例えば「鉄道オタクは障害者同然だ」「経済的に余裕のある健常者は免許とるとかしろ」とか言っても、俺はそうでないし、ましてやその自覚すらない。もし何らかの理由で鉄道の娯楽利用が禁止になったら、私は別の趣味を探すよ。(個人的にはスポーツがいいな)あと、免許取れとか簡単に言うが、やらなくちゃ行けない準備とかがめちゃくちゃ多いんだぞ?1.現金(3万円~60万円)2.写真3.教育を受ける時間4.住民票のコピー関連5.運転講習に必要な道具「ヘルメット・バイク用手袋・車両運転に差し支えない服装」など…どうだ?うんざりするだろ?ちなみに一番安い原付でも最低中古車両でも5~8万円くらいは必要だ。当然、こんなの普通の人間じゃそんなゆとりをもてないから、学生時代に必死に免許を取得するのだが…。それにもかかわらず現在若者の車両運転免許取得率がなんと、92%!!ふざけすぎだよorzしかも公共交通や身分証明システムが充実しているこの御時世に車両運転免許証のない人はまるで子どもか外国人扱い…。日本人やってられるか!あ、ちなみに私は行き過ぎた車第一社会化嫌いなんで自由貿易社会とかむしろイラネ。それより地方のファスト風土地獄をどうにかして欲しい。昔はそうではなかったが、最近では田舎に行くたびに鉄道から外れた大きなお店のお世話にいつもなる。とにかく私らにも事情があるから蛇蝎の如く嫌わないでくれってことだ。

      1
      11
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 旧態然的なシステムを破壊していく必要がある

      2000年代と2010年代は日本の社会システムにおいて様々な膿が噴出した年代であった。そして2017年以降はその限界を迎えたシステムを破壊していかなくてはならないのである。私はこれまでのインターネット上での活動で日本社会のこれまでのシステムの限界を訴えてきた。そのすべてを纏めよう。1:教育・社会日本の時代錯誤な全体教育・公教育が2010年代になり大きな歪みを呼び起こした。それが電通事件や大学生の事件に繋がるものなのだ。それが現在になり、大きな歪みが現れた。「会社に入ってから頭を使わなくなるんだよね。学校で習ったこと決まったことしかできない。スマホ・PC・液晶での海外勢の台頭、会計不正、燃費不正、耐震不正、橋げた落下、道路陥没、電通事件・・こんなんだから日本には社畜が生れるんだよ!」「今時の中年代は若者やお年寄り以上に頭が劣っているよね。知的に物事を捉えることができない。ネット右翼、反知性主義、不良、地下社会、ひきこもり、ニート、フリーター・・こんなんだから日本人は馬鹿ばかり生れるんだよ!」いわば、我々日本人は70年弱…、いや150年弱において電通事件などの歪みを呼び起こすようなことになるまで飼育され続けていた。みんなと同じことをやっていればいい、知識の詰め込み、そんな教育の名目での飼育が70年弱にわたり続き、実質戦前の国会総動員からの地続きの事が行われてきたといっても過言ではない。NHKの不寛容社会実況で「ルールにそぐわなければ村八分でルールでガチガチに固める民族性だろ」というツイートを読んで思った。こんな民族性に育てたのは江戸の鎖国の数百年、戦前戦時期の国家総動員、そして戦後の戦前の亡霊同然の全体教育であることを。巨大化する組体操も見直しが進められている所もあるが、悲しいことに観客が喜ぶからと巨大化が進んでいる末端の現場があるのも現実だ・・・いじめ問題も教育関係者はガキどもに重病人とか事故から再起するスポーツ選手だとかの感動ポルノ的ドラマや映画見せればいいとこれまでの教育のことを棚上げにして安易な考えをしていることの気が知れない。戦前における「中学校高校で男女共学は非常識」みたいなことが21世紀にもなって引きづられてはならないことも重要だ。関西地区の道路問題の歴史について見て頂きたい。その地域では、大衆娯楽が三次元・鉄道の時代からやがて二次元、そして自動車へと時代が移り変わる時でも1970年代の様な交通マナー問題を抱えており、今日に至ってもあの地域ではヤンキー問題は克服できていない…関西地区のバカどもは他の地域のことをスルーして平然と昭和を許してきた、お隣中国地方ですら第二次安倍政権になる数ヶ月前に暴走族が完全に消えたというのに…今は関西地区の道路は平成ですらなく、昭和が91年続いていると言ってもおかしくありません。そしてこれは他エリアも他人事ではない。こういう風に不良があちこちに蔓延る根源は、それこそ歪んだ精神なのだから。精神至上主義に、科学倫理の否定。おかしいよね。昭和時代の高校生がうっかりオタクにはまればロールに苛まれる。反ポリコレ的でもあるし、子どもに対するとてつもないプレッシャーでもあるし、差別主義を煽ることを、どういうわけか教育が推奨しているようなことは本当に間違っている。本当にこれはどうにかしたほうがいいと思う。未だに前世紀すら終わっていないことを。ちなみに中央を極めたような東京ですら鉄道趣味を排斥する風潮はあるらしい。末端ほど冷遇されてるが中央だって冷遇への反発がある。大人だっていやだし、お上すら一般市民に強いるだけでなく強いられている事態も。日本型不寛容を終わらせるには教育から、旧来システム性を末端の現場からも刈り取るしかないわけである。日本変革ならぬ「教育の真の変革」というモチベーションを多くの国民、一番大事なのは生徒だが、できれば先生や保護者が共有することで、現状を変革させるしかないんじゃないか。つまり中央の論理であれば「若者が」オートバイに乗っても「不良に絡まれない」ということが常識をひっくり返すショッキングだったわけだが、末端の論理では「女性が満員電車に乗って」も「性犯罪にあわない」ことがやっとだったわけである。そう考えると末端まで近代化の風が吹かないのは悲しい…私は確信した。日本型社会問題の根源にあるのは「お上に楯突くものは罪」みたいな因習であることに。つまりどんなに政府や政策に不満があったとしても「お上に楯突かないのが美徳」だと感じてその政府や政策への怒りが子供やお年寄りなど弱者に向けられる悪循環があるのだ?なぜ公共交通の歪みの問題があるのに大規模なデモが行われないのか?民主主義が成熟してる国ではそんな不当なことへの反骨心は当たり前のことである。自分よりも強いものに食らいつけよ。怒りの方向オンチは許さないよ。それに大津いじめ問題から5年間、それ以降とそれ以前の数々の殺人・暴行事件を知って思うことがある。「なぜこの事件の容疑者は真に倒すべき敵であるあのいじめっこに戦いを挑まないのか?」とどうして、こんな発想が生まれるのか。管理教育でのトンデモ教師の件でも「更生施設の人間になって元地下社会とか元不良に同じことすれば殺人者ではなく英雄になれてたのに」と考えていた人もいるだろう。もっと吐き気を催すのは12前のあるスーパーで赤ん坊を殺して裁判中に遺族を暴行→しかし有期懲役という甘い判決にというのがあった事だ。世の中には無実の罪のまま処刑された人だっていたのに…しかもマスゴミどもは判決後に遺族の四方取り囲みマイクを突きつける鬼畜ぶり・・・こんなのに比べたら文春が暴くようなベッキーがどうだのとか無視するべき話題でしかないよ。本当に今の社会どうかしてる。3:些細なこと2015年に事実上消滅した高校生にオートバイは要らない運動。その背景には公共交通をめぐるあれこれがあったのだ。私は断言したい。その原因を作った公共交通に文句を言うべきだと。アメリカでも、韓国でもあんな腐食したことは行われてない。あるいは改善を目指している。してないのは日本だけだよ。あと各テレビ局のニュース没個性化させる記者クラブも解体するべきやな、他にも不良化した鉄道好き集団を一度でいいから東京から追い出せ。 それに運賃面での一本化を進めたりするべきだろよ!それに東京や大阪に名古屋みたいなBRTシステムさっと作れ、車ばかりの道路見ると悲しいと思わない?娯楽もしらけたものだけでなくガチなものがもっとフィーチャーされるべきで公共交通も私鉄だのばかりにかまけてるなよ。4:娯楽みんなの娯楽も日本元来のシステムを改革するべきだろ。体制も最も改革しなきゃならないのはゲーム。某ゴシップで見たのだがパチンコとかを単に邪魔者扱いするんでなく、正式ギャンブルとかに移行させることも必要だろ?そっち系のことだけでなくて。5:司法avex主宰野外コンサート落雷訴訟ででヒラメ判決出て内向きな自己責任論垂れてヒラメ判決に従順なヤフコメのカキコ見てると吐き気がするぜ。これまでに上げた戦後71年の日本の既存システムの限界についてだが、簡単に説明すると我々日本人はその存在や技能、個性すらも管理されてきたというものだ。それでも私たちは前に進もうとする。それは、このグダポンの歴代社会論みたいな等表面的な日本改造論ではなく、我々日本人はは種全体として新たな時代を迎える時なのだ。それを阻む旧態然なるシステム全てを破壊して・・・イメージして欲しい。ルールにそぐわなければ村八分でルールでガチガチに固める民族性を育てる時代錯誤な全体教育・公教育が行われない日本を。ヤンキーなどがいなくなり、オートバイに対するイメージの向上した道路シーンを。鉄道中毒のいない東京を。資本主義が浄化され公共性が保証された交通インフラを。真のオタク階層がサブカルチャーを賑わせて偽りの集団やミーハーがサブカルチャーから淘汰された日本文化を。エリート階層から不良分子が根絶やしとなった日本を。現行の「合法パチンコ」から「公営カジノなど」へと変革した日本のギャンブルを。マイルドヤンキーが完全に淘汰され一億層中流社会がきちんと守られてる日本を。飼いならされた家畜として限られた今を生きるか、無限の可能性を秘めた未来のために旧態然を打破することを決めるのはあなた達次第です。これからの日本の未来を創るのはあなた達自身です。さあここまで読んでくれた読者のみなさん、リベラル左翼こそがネット右翼や反ユダヤ主義者に変わり真の日本改造論を説くものとなる。もうナチズムの時代は終わりだ。私は断言する。リベラル左翼は右派の様に権威と地下を出汁に使う様な下劣な人間ではないということを。撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ!!そしてネット右翼や反ユダヤ主義は自分の振る舞いがお金で返ってくることをどこかで願っているが私は非ネオリベ派でありそんなものには頼らない。確証を持って言えることだ。ネット右翼とサブカル民主主義/三一書房¥1,646Amazon.co.jpネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」 (宝島社新書)/宝島社¥823Amazon.co.jpネット右翼の終わり──ヘイトスピーチはなぜ無くならないのか/晶文社¥1,620Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 24 Dec
    • なぜ都市部でも自動車やバイクが増え続ける?満員電車が減らない?

      最近、東京都が音頭を取ってまた妙なことを画策しているらしい。それは「満員電車ゼロ運動」というものだ。電車を二階建てにしてみたり、BRTなどの整備で鉄道の混雑を緩和しようという試みだそうだ。断っておかなくてはいけないが、これは市民からの要望というよりも、鉄道の信頼性を維持しようという観点から出たものであるということだ。しかしこの企画には早くも暗雲が漂っている。というのも労働者がこの企画自体に信用を置いていないからだ。意図するところがあくまでも鉄道会社の観点であり、一般市民の観点ではないところもその理由のひとつだ。2000年代、国際標準の高度な交通システムを定着させたい政府は、まず鉄道やバス事業の規制緩和を導入した。2012年にはこれに続いて、高校生のバイク所持規制の根拠となっていた「いわゆるバイク3ない運動」が停止された。勘違いしている人も多いが、これは暴走族の終息・交通事故数の大幅な減少などという理由ではない。世界標準にするためにはバイク縛りを行っていてはまずいのである。この流れの発端は外圧にある。当時、日本は経済規模の割に安い公共交通機関に移動手段をしている一方で、過剰な車社会が地方では社会問題になっていたので、外国人観光客の交通の便が悪くなり、旅行客から不満が出た。「日本も交通環境を整え、公正な交通体系にすべきだ」そこで日本も積極的に閉鎖的な交通システムを捨てざるを得ない状況となり、まず鉄道・バスから率先して国際水準にしようという流れとなった。その段階で既存公共交通の混雑緩和目的の第三セクター鉄道などが日本各地で整備された。同時にそこで学生も同じ条件にすることが求められたのである。そして日本は狙い通り、鉄道の混雑や鉄道交通一極集中が減り、高校生のバイク所持は相当に定着した。ところが不思議なことに、交通機関の需要分配が進んだというのに、鉄道の混雑と都市部における自動車・バイクが全然減らないのである。30年前と比べ現在の日用品としての自動車保有率は約6割減っている統計があるが、これは価値観の変化のためであり、娯楽品として考えると、まったく減っていないか、若干ながら増加の傾向すらある。同時に、1960年代には乗車率300%の路線が当たり前だったのが現在では最大200%弱に抑えられているものの、乗車率の改善は近年は横ばい傾向にある。これは、日本の道路の最高速度が低い上に、道路の利便性が低いからである。(逆に言えば地方都市で鉄道が息を吹き返している理由にもなるのか?)結局、需要を分配できるだけの環境がないと、彼らは古い環境に頼るようになってしまう。所得は十分にあるだが、自動車もバイクも持たないというのが当然の状態になってしまう。東京都の「満員電車ゼロ運動」も同じ轍を踏むのではないかという不信が根強い。やはり行き着く結論は都市構造とインフラ構造そのものの改造しかない。高速道路が在来線鉄道の普通列車に匹敵する速度を出せるくらいの規格であり、なおかつ企画の重要性や有意義さを一般大衆が理解できている、そんな状況に置いてでしかこうした企画は意味がないのである。 七二(仮)/作者不明¥価格不明Amazon.co.jp身近にある社会問題/S.P.S.A.A.G.¥価格不明Amazon.co.jp七二(仮)【電子書籍】[ 高山直人 ]¥310楽天Seven talks that are harmful to Japan (English .../S.P.S.A.A.G.¥価格不明Amazon.co.jpタカヤマナオト全集2015【電子書籍】[ 高山直人 ]¥300楽天

      1
      テーマ:
  • 21 Dec
    • クリスマスは終了しました

      2016年12月24,25日に開催予定のクリスマスは、昨今の社会情勢の悪化に伴い中止となりました。本決定により、クリスマスイブも中止になります。中止、ならびに本告知が遅れたことにつきまして、楽しみにしておられた方々、及び関係者各位には謹んでお詫び申し上げます。つきましては、クリスマスイブ・クリスマスの間は、目的のいかんを問わず外部・公共の場での男女間の接触が禁止されております、クリスマスイブ・クリスマスが終了するまで延期するようお勧めします。

      テーマ:
  • 16 Mar
  • 15 Mar
    • 【JK☆Bパロディ】ヤンキー女子×JR九州813系

      宮永まどか(17)福岡県大牟田市在住。学校不詳持っているもの:PC・スマホ・運転免許(普通二輪)・バイク(ネイキッド400cc)趣味:ない好きな食べ物:ポテトチップス好きな男性:特にない宮永まどか、お呼びとあればここに参上!!

      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログの読者

読者数: 0

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。