ジオターゲティング
2009年02月05日 10時25分09秒

もののふチャンス.3~カズマさん編~

テーマ:もののふチャンス

もののふ(武士)チャンス!!


第三回目のブロガーは、


カズマさん


彼について綴ろうと思います。


彼と会ったのは3年ちょっと前


web上で知ったのは、それから更に数年前だった。


鬼嫁日記が大ブレイクし


ブログの力を日本中に知らしめた男


「ブログ」という言葉で


流行語大賞を獲ったブログ界の先駆者


そんな彼と普通に話したり出来ている事が当時から考えると不思議である。


彼に際どい質問をいくつかぶつけてみた。


俺「鬼嫁日記は計算ですか?」


武士「あんなもん、計算で出来たら逆にすごいですよ!」(笑


俺「なぜ、あのブログを?」


武士「普通に嫁の事書いて憂さ晴らしして楽しんでただけなんですよ!」(笑


俺「それが、一気に火が付いた感じですか?」


武士「そうそう!初めはそんな感じ!」(笑


そう話している最中も常に笑顔


楽しくて仕方ないというのが見て取れる。


俺「この業界に入ったキッカケは?」


武士「スロットが本当に好きでね~」(笑


俺「そんな簡単な理由なんですか・・・?」(汗


武士「もっと業界を盛り上げたくてね~」(笑


もともと某大手企業のサラリーマンだった彼


「業界を盛り上げたい」


これを目標に転職したのだ。


常に笑顔で、そんな度胸がありそうには見えないのだが・・・


俺「勇気いったでしょ!?」


武士「タイミングが合えば怖くないですよ!」(笑


俺「タイミングって難しいでしょ?」


武士「まぁね~あと人ね!」(笑


正直に書こう


3年ほど前、彼がP業界に転職する話は当時、本人からも聞いていた。


「業界を盛り上げたい」


実に楽しそうに話してくれた。


しかし、業界は目の前に5号機というスロットの氷河期を迎える寸前だった。


パチンコ店がバタバタと倒れ


経費削減に走り、関連企業もヤバくなる


業界紙にも業界人も殆どの人たちが最大の危機感を持っていた。


タイミングは決して良い時期とは思えなかった。


むしろ、悪過ぎるぐらいだった。


そんな時期に・・・


正直、俺は止めた方が良いと思っていた。


しかし、彼は常に笑いながら楽しそうに語っていた。


武士「ホールの人たち、特に店長さん達にブログやってもらいたいんですよ!」


当時からブログをやってた俺だったが・・・


俺「俺は特殊な方ですよ。みんな、なかなか表には出てきてくれませんよ」


武士「いやね~ブログ書くと楽しいんですよ!わかってもらえると思うんですよね!」(笑


楽しそうに笑いながら不安など微塵も感じなかった。


そして、現在


俺の想像を遥かに超えた現実が・・・


日本全国のパチンコ店の人たちがブログを書いている・・・


お客さん達がブログを通じて仲良くなっている・・・


絶対に書かないと思っていた大手グループの方々も数多く書いている・・・


そして何より


あのカズマさんが


あの時と同じように笑いながら楽しそうに次の企画を語っている・・・



人間、いつも楽しいことばかりじゃないだろう。


しかし、彼はいつも楽しそうだ。


楽しいことをやることが彼の仕事なのだ。


この日も最後に彼はこう言った


武士「また楽しいこと考えましょう!!」


「楽しい事」 「楽しむ事」


それが一番の成功の道であり、人のやる気を漲らせ


そして人に勇気を与える。



ひとりの武士の出会いレベルアップしたGREATだった。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2009年01月16日 09時07分15秒

もののふチャンス.2~けいさん編~

テーマ:もののふチャンス
もののふチャンス!!

第2回目のブロガーは、


けいさん


彼について綴ろうと思います。





彼と出会ったのは俺が店長になって一年目ぐらいの





右も左もわからない頃。





スロ専勤務だった俺はメールやHPなどウェブを中心とした集客を軸に営業していた。





正直、当時はチラシや店内の装飾などは無意味と思ってたクソガキ





そこに現れたのが、チラシ屋の頑固オヤジだったw





親友の紹介で現れた彼は企画と共にその販促物の提案をしてくれた。





斬新なイベントなどを考え疲れた俺の前に





全く違う方向からの企画が提案された時の衝撃は今でも覚えている。





店長業の一発目の殻を破られた瞬間だった。





それから、チラシなどをお願いするようになった。





彼は、月に数回ホールに足を運び状況を見ては今後の展開について真剣に相談にのってくれた。





そんな、ある日





彼がいつものようにホールに現れた。





事務所に来た彼はカンカンに怒っている・・・





虎「あんな札の差し方するなら、俺はやらんよ!!!」(超怒





そう、彼の提案してくれた札を作成しイベントで使用していたのだが





スタッフが、その札を雑に一礼も無しにお客様の遊戯台に差して去ったのである。





たまたま、それを目撃した彼・・・





店長である俺に本気で怒ったのである。





その時、再び二つ目の殻が破れた。





このオッサン、ただのオッサンじゃないな・・・





この札、一枚一枚に命刻んでやってるんだなと。





彼の部下達が命懸けでデザインした札を





あろうことか、お客様と直接向かい合うホールのスタッフが粗末に使ってしまったのである。





それを指摘されたときにの恥ずかしさは今でも忘れない。





それから、数年の月日が経った。





運良く、グランドオープンという大役を任される身となった俺。





勿論、パートナーは彼である。





これミスったら御互い死ぬつもりでやろうや。





彼との約束だった。





そして、彼はエースである二人の部下を俺に準備してくれた。





ここではT君とF君としよう。





T君とは電話や現場でとことん俺のイメージを話し企画を練る。





そのイメージをF君がデザインし形にする。





普通、イメージというものは人に伝え難い。





しかし、彼らは天才だった。





俺のイメージした物の120%以上で返してくる!





チラシは普通、イメージを伝えても良い所70~80%ぐらいの完成度が殆ど。





しかし、彼らは俺の更に上を行くイメージを提案してくるのだ。





シンクロ率が大きく上昇し覚醒する勢いだった。





彼らもまた死ぬ気だったのだ。





そうなると恐いものは無い、見事にグランドは成功した。





自慢でもなんでもない。完璧だった。





あれから、もう5年以上の月日が流れた。





その死ぬ気でやってくれた若者2人も





今や部長職だと先日聞いた。





心から嬉しく思う。





おめでとう。





そして、あの頑固オヤジも5年の月日が流れ





軽く丸くなっている。





先日、会って話した事





武士「俺は運が良かった。」





俺「ど~ゆ~ことですか?」





武士「俺もデザイナーなんよ。昔は毎日デザインしてたんよ。」





俺「えぇ~話は聞いてますよ」(笑





武士「でもね、俺は部下に凄く恵まれたんよ!」





俺「確かに、いい子達ばかりですもんね!」





武士「俺がやるより、数倍時間短縮して、数倍いいデザインをするんよ!」





俺「デザインの良さとスピードは日本一じゃないですかね!?」





武士「うちの会社、今の子達がいなかったら、とっくに潰れてたよ」





俺「そこまでですか?」





武士「間違いなく、この出会いが無かったら無理、今いる数十人の子達がいなかったら完璧に終わってる。」





ここまで部下を信じた経営者と、





ここまで全員が熱い会社はあまり見た事が無い。





上司が部下を心から信じ、部下が上司を心から信じた時





想像絶するパワーを発揮する。








ひとりの武士と出会いレベルアップしたGREATであった。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2009年01月06日 10時32分53秒

もののふチャンス.1~まさぞ~編~

テーマ:もののふチャンス
もののふ(武士)チャンス!!


第一回目のブロガーは


まさぞ~氏


彼について綴ろうと思います。


彼とは10年近く前に出会いました。


最近、わかった事なのだが


ヤツは初対面で見た俺を


嫌いから入ったらしいwww


その理由を尋ねると


武士「人の店の事務所でタバコ吸ってたから!!」


当時はお互いにペーペーの平社員


俺の言い分からすれば、当時の店長がOKしてくれたから吸った。


彼の言い分は、事務所は店長以外タバコを吸うのは禁止!!


なんとも昭和の割の低い匂いのするルールだww


こんな出会いから始まった。


それから数年経つのだろうか、互いに店長職にほぼ同時期に着任する。


この頃の俺ら以外の店長は皆ベテランのオッサン達・・・


糞ガキ店長をなかなか認めてくれない。


そんな中で何か友情みたいなものが表れたように思う。


友情というよりタッグを組まないと潰されるという本能から繋がったのかもしれない。


当時は彼がBA太宰府、俺がBA時津


ちょうどスロットが一番流行った時期


そしてイベントが凄く激しくなった時期だった。


彼の発想は常に新しく斬新だった。


それに刺激されて俺自身も変わった様に思う。


伝説の2部開店


BA太宰府にて急遽15時ぐらい?に閉店しその1時間後に再び店をオープンさせるというもの。


今思えば、誰がどう考えても、その一時間で・・・(自粛


その為、ホームページの掲示板は大荒れ!


ガンガンスレッドが立っては非難され続ける。


返信しない掲示板担当者まさぞ~・・・


凹んでるのか?


心配して電話をしてみると


俺「何やってんの~~?」


武士「北海道旅打ちツアー」


俺「え!?掲示板は・・・?」


武士「え?何か荒れてるらしいねwww」


荒れた掲示板を放置してパチンコツアー


この面の皮の厚さも彼らしいところである。


そんな彼とも現在では営業部にて全体を見る立場になった。


偉そうに言えば店長を育てるような立場


そんな彼とよく最近話す事


武士「最近、企画がへチョいよな~」


俺「そやね。ビビらんよね~」


武士「当時の俺らの企画書、確実に上層部に却下喰らってたよなw」


俺「そうそう、企画書出すと潰されるから勝手にやってたw」


武士「俺らが驚くような事やって欲しいよね~」


俺「そうね、やめろ!ってぐらい斬新なの!」


そんな事、言いながらも彼も少しだけ大人になっている。


そう、御存知だろが結婚し子供が出来ている。


最近では娘にハァハァ言ってる日々w


そんな娘の写真を提供してくれた。



パチンコ屋で闘う男『GREAT奮闘記』-3


パチンコ屋で闘う男『GREAT奮闘記』-23


パチンコ屋で闘う男『GREAT奮闘記』-1


確かにハァハァいうのも無理も無いな。


最後にブログについて聞いてみた。


まさぞ~の業務日報


閉鎖宣言から動いていない(ちょっと動いたみたいね。知らんかった)


武士「子供産まれたのタイミング再開しようと思ったけどね~」


俺「再開しちゃえば?」


武士「面倒くさいwww」


この調子ww


良くも悪くも人の言う事など聞かないw


これが彼の良い所


自分自身の意志を持ち自分自身で切り開く


ひとりの武士と出会いレベルアップしたGREATであった。


※まさぞ~氏への応援メッセージ及び娘さんの感想などコメントをお願いします。


まさぞ~氏本人からのレスが頂けると思いますw(無茶振り)

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。