テーマ:

 

日公式FBには画像を数枚UP、

 

ブログは書けずじまい・・・

 

ウェブだけは意地でもUP、

 

深夜悔しくて・・・

 

会社もう一回こようかと思いましたゲラゲラチョキ

 

 

 

一回撮影で現地へ、

 

SDカード忘れ発覚あせる

 

 

すぐに戻れば良いものを

 

”意地のi-phone撮影”

 

なんかやっちまったもんだから、

 

時間費やして帰社。

 

 

で、やっぱ画質荒い汗

 

 

絶望と失望の狭間で

 

再度現地入り。

 

 

 

これが響きましたね

 

なんつっても照れキラキラ

 

 

 

 

 

なので、復讐の(?)

 

ブログUPでございますアップ

 

 

 

 

 

今回はシンプルに

 

「フロントスポイラー」

 

「サイドステップ」

 

「リヤグランドエフェクター」

 

の構成です。

 

 

 

ちょっとだけ解説させて下さいビックリマーク

 

 

 

 

フロント。

 

86後期の意匠踏襲です。

 

中央の天面、

 

波打つように両脇へ向かって

 

競り上がって、

 

ピークを迎えて段落ち。

 

 

これが86後期グッド!

 

 

段の落ち方の「面」 「アール」

 

はGrazio基準合格

 

 

 

その後最後

 

”バンパーロワ~フェンダー”

 

へ回り込む付近の ”突起”、

 

これをキッカケにして

 

もう一段落としています。

 

 

 

 

落としたあとは 

 

「フラップエンド」

 

と銘打った、ご覧のフラップ形状

 

というか

 

ウイング形状というかグッド!

 

 

通常 リヤセクション でやるような

 

手法を今回あえてフロントで行いましたキラキラ

 

 

 

 

 

 

強いていうならば

 

フロントのセンターセクションのみ

 

 

純正部品に重なってる部分。

 

 

 

あとは全て、

 

”車両の下”

 

に設置されます。

 

サイドもリヤも、ですひらめき電球

 

 

 

 

スポイラーに関しては

 

”ボディカラー”

 

で装着するのが定石だと

 

思うのですが、

 

今回デモ機はあえて形が見にくい

 

”ブラックマイカ”

 

で装着致しました照れチョキ

 

 

 

 

「サイドステップ」 です合格

 

 

ホントの板状なんだけど、

 

一番奥で堤防みたいに

 

競り上がって、

 

”純正のサイドステップ”

 

に繋がります。

 

 

エアをここでフロア下に入れないほうが

 

良いよな

 

ってことでの  の役割です音譜

 

 

 

 

サイドビューでは

 

車両の縦幅を若干増やし、

 

地上に対して車両の下が

 

フルフラット一直線になる。

 

 

 

で、地上高はリヤ側で20mmしか

 

近づかないので

 

(フロントは15mm)

 

車両の重たい感じ、

 

ごてごてした感じ・・・

 

 

一切ないはずですビックリマーク

 

 

 

 

 

 

少し上から見ると

 

天面が広く取られていて、

 

かなりワイドな踏ん張り感を

 

認識できます。

 

 

でもこれ、最外側にしていません合格

 

 

あくまでも ドアパネル より

 

内側なんです。

 

でもそうは見えないあせる

 

 

 

それがデザインの妙チョキ

 

 

 

 

 

サイドエンド部分に

 

翼端板を立てています。

 

これは従来SPORTDESIGNでは

 

フロントに必ず設置していたもの。

 

 

でも今回C-HRはフロントの純正意匠

 

を重視して、

 

強引に設置することを避けました。

 

 

 

専用のオーナメントが入るので

 

ぜひ装着して

 

雰囲気を高めて下さいキラキラ

 

 

 

 

 

最後、リヤ。

 

 

 

ウェブサイトでも書きましたが、

 

通常横から見た時に、

 

サイド~リヤっていうのは

 

一段上がるものなんです。

 

 

でも、

 

C-HRの場合はそれがちょっと

 

普通じゃないくらいの段違いであせる

 

 

 

まずはそのバランスを修正したいと。

 

 

 

 

 

 

だけど、リヤバンパーの黒シボエリアって

 

ほんとに広いあせる

 

 

ここを更に立て伸ばしすると、

 

リヤだけスタイリッシュなSUVというより

 

ミニバンのような見た目に

 

ならないんだろうかはてなマーク

 

 

っていう不安。

 

 

なので、今回の意匠を採用しましたアップ

 

 

 

 

 

眼鏡橋 みたいに2つのアーチが

 

純正である。

 

 

だから 逆さ富士 じゃないけどあせる

 

反転した 逆眼鏡橋 を創って

 

ドッキングさせたら

 

縦幅のボリュームも増えて、

 

かつ

 

塗装面は少ないから

 

大きさを感じないんじゃないかはてなマーク

 

 

という試みでした。

 

 

 

 

結果は自分的には

 

大成功

 

だったんじゃないかなとゲラゲラあせる

 

 

”厚ぼったい”

 

とか

 

”いかつい”

 

って言うイメージよりも

 

 

”走りそう”

 

”軽快感”

 

って言うイメージのほうが

 

シックリ来ませんかはてなマーク

 

 

 

・・・・それは創った本人だから

 

そう思うのかな(笑)

 

 

 

でも納得の出来ですキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、今回のこの新作

 

C-HR SPORTDESIGN

 

を、

 

本日からビックリマーク

 

 

 

 

 

超オトクなデビューフェアキラキラ

 

 

 

でお祝いさせていただこう

 

と思っておりますアップ

 

 

 

 

 

本日中にも

 

掲載ができる予定ですので、

 

C-HRオーナーの皆様は

 

ぜひご期待ください音譜

 

 

 

 

 

 

でわビックリマーク

 

 

 

 

●Grazio&Co. C-HR SPORTDESIGN専用ページ

 http://www.grazio-co.com/chr/chr_spd.html

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Grazio金田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。