テーマ:

 

おはようございます晴れ

 

 

昨日のブログで

 

”Individual Sport Roof Package”

 

が始動する、

 

というご紹介をしました。

 

 

2車種あるうちの

 

「C-HR」 のご紹介をさせてもらったので、

 

今回は 「トヨタ86」 について

 

詳しくご紹介をさせて頂きます音譜

 

 

 

 

今回の新たなプロダクト、

 

選択して頂けるシートは厳選の2種類

 

とお伝えしました。

 

 

C-HRの方は

 

”グロスブラックメタリック”

 

を採用しましたので、

 

トヨタ86のデモ機には

 

ハイグレードVer.の

 

”グロスカーボン”

 

を採用してみましたグッド!

 

 

 

 

 

C-HRのレッドと違って

 

86はホワイトボディなので、

 

更にコントラストが際立ちますひらめき電球

 

 

 

 

こちらの グロスカーボン は、

 

全面監修を頂く

 

”NORAIMO社” 肝いり、

 

そして自信作でもあるオリジナルのシート。

 

 

 

少し前のブログでも

 

ご紹介しているんですが、

 

僕自身も グロスカーボンシート という

 

観点で 4種類 を吟味させて頂きまして、

 

もう圧倒的に

 

 

「このシートだっビックリマーク

 

 

と、魅せられた経緯がありますあせる

 

 

 

 

 

 

 

遠距離で見ますと

 

カーボン、というよりもブラック。

 

 

ですが近づいて行く毎に

 

通常のブラックではないビックリマーク

 

ということに気づくような存在感ですびっくり

 

 

 

 

お気付きの通り、

 

今回弊社のデモ機には

 

 

「SPORTDESIGN リヤルーフスポイラー」

 

 

が装着されています。

 

そのため、NORAIMO社には

 

このスポイラー形状や装着環境を

 

熟知して頂きまして・・・あせる

 

 

 

弊社ルーフスポイラー装着車は

 

これも含めて施工を行う

 

パッケージを設けることに成功しましたアップ

 

 

 

 

ベースとなる グロスブラックメタリック

 

と比べて、単に クロかカーボンか の違い

 

だけじゃなくて、

 

 

その ”光沢感” に

 

 

大きな違いがありますおねがい

 

 

 

 

そして先日のブログと同じく、

 

このラッピング最大の利点は

 

 

”剥がせる”

 

 

という点ですグッド!

 

 

これが塗装とは違って

 

着手する際の気軽さを産んでいると思います。

 

 

かくいう僕自身もそうでしたので・・・照れ汗

 

 

 

 

 

C-HRの場合は、

 

グローバル感とか、ショーモデルの踏襲みたいな

 

イメージも強い。

 

 

86の場合はホントに欧州スポーツモデル

 

具体的には BMW M のような

 

印象も強く感じることが出来て

 

そんな楽しみ方もあるのかな~と

 

考えておりますラブ

 

 

 

 

同じホイールで、同じ車高。

 

同じエアロに、同じボディ色。

 

 

なのに

 

屋根が黒い方が速そう(?)

 

 

みたいな(笑)爆  笑

 

 

 

スポーツモデルだけに、

 

86に関してはまたC-HRと違う観点で

 

見ることが出来ますよね音譜

 

 

 

 

 

で、今回の トヨタ86の場合の価格 ですが、

 

 

 

 

パッケージは2パターンです。

 

(C-HRは3パターン)

 

 

「A」は ルーフとアンテナ。

 

「B」は Aにプラスして弊社のルーフスポイラー。

 

 

となります。

 

大変恐縮ですが、弊社のルーフスポイラーのみ

 

施工が可能となりますので

 

何卒ご了承下さい。。。汗

 

 

 

 

●グロスブラックメタリック

 ・A 60,000  B 70,000

 

 

●グロスカーボン

 ・A 80,000  B 90,000

 

 

となっております。

 

施工時間は「B」の場合でも

 

3~4時間となります。

 

 

同じく 完全ご予約制 となりますので、

 

何卒ご了承の程お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

最後に

 

今回弊社では 「グロス」 という

 

キーワードを元に

 

こうしたプロダクトに至りました。

 

 

「カーボンラッピング=マット」

 

 

という概念がココ何年かのうちに

 

すっかり定着した感じがしまして、

 

それらとは少し違う

 

ヴィジュアルを優先したかったのと

 

本当に

 

”純正ありそうな”

 

とか

 

”シートを貼ったとは思えない”

 

などの印象に少しでも

 

近づけないかな~

 

と思ったというのもありました合格

 

 

 

 

 

それと、

 

僕が今回感じたのは

 

「痛車」

 

の世界の奥深さ汗

 

 

 

痛車の世界で活動なさってる

 

皆さんのスゴさに感服しました。

 

 

 

 

確かに

 

”カーボンの眼を合わせる”

 

よりも

 

遥かにボディのチリ目をまたいで

 

”洋服を合わせる”

 

”髪の毛を合わせる”

 

みたいな技術のほうが

 

神経も使うし、スゴイですびっくりあせる

 

 

 

 

 

今まで痛車を見てもそうは思わなかったような

 

”変な着眼点(?)”

 

を持ち合わせてしまうように

 

なった次第です(笑)

 

 

 

 

本当に初声を上げたばかりの

 

プロダクトではありますが、

 

それ相応に魂を入れて

 

長い時間をかけて

 

ココにたどり着きましたので、

 

ぜひ皆様弊社の展開する

 

新しいプロダクト

 

 

 

”Individual Sport Roof Package”

 

 

よろしくお願い申し上げますビックリマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

それではウインク

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Grazio金田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。