テーマ:



本日はず~~~っとご紹介したくて


でも・・・なんやかんやで


できずにいた事を書きますひらめき電球





それは~




50プリウス用スポイラー



「開発者だけが知る解説」


なんす得意げチョキ





やっぱりほら、


写真だけ掲載して、



「あとは見て判断して下さい」



・・・ってよりも



より詳しく色んな事知れた方が


愛着もわきますよねラブラブ





既にご愛用のオーナー様も


今後ご検討頂くオーナー様も


ぜひご覧ください音譜







それでは早速合格





今回はまず


「フロントスポイラー」


です。




”塗り分け”



とか



”小型で機能重視”



って言うのは


弊社のファンでいてくださる皆様なら


恐らくご存知のはずはてなマーク






今回触れておきたいのは


そうした事柄じゃなく






この 「3つのポイント」 なんですひらめき電球




解説していきますビックリマーク





まず


ポイント01。




それは


「直感的な純正サイドとの連動性」



を意識した意匠。






この画を見るとわかりやすいと


思うのですが・・・




僕はよくフロントを



「純正サイドありきで創った」




申し上げておりますが、


その1つがこの意匠。




”高さを合わせる”



とはよく言いますが、


高さを合わせた上、


純正サイドが持つ最下部の



「切り返しの意匠」





「フロント翼端板の最下部で再現」



していますひらめき電球




本当は



「もっとスポイラー側の


切り返しのエッジを利かす」




純正に準じるんですが、


フロントスポイラー自体が


柔らかなアール構成を


重んじておりましたので、


その意匠を崩さない


ギリギリの切り返しを入れました。






遠目からサイドビューを見た時に


指摘はできないですが



”純正っぽい”




感じて頂ける要素の1つですひらめき電球







次に


ポイント02。




これは


「機能性を更に確かなものにするため」



盛り込んだ意匠。






これまで色々な画像で


もしかしたら


気が付いていない人も


多いかもしれませんが、


ホント


そんな微妙な範囲で



「フロントの中心エリアを一段上げて」



いますグッド!





駐車場入り口などの


段差を



”斜めに入っていく際”



に、


更にクリアランスを


”余分に稼ぐ”


目的で指示した意匠です。




でも、本当なら


RCFとかアルファG'sみたいな


直線貴重が良いんですが、


実際に自社製品が付いた


RCF


とか


アルファG's


に乗っていて


感じていた事でもありますクラッカー




わかってはいても


現実に



「ゴリゴリゴリ・・・・(!)」



って音を聞いたら


凹みますもんね・・・ガーン汗





全体の印象を変えない


ギリギリの段差ではありますが、


あるとないでは


明確な差があると思いますグッド!






そして最後


ポイント03。




これは


”より安全・安心に”


使用して頂くための要素。




いわゆる 保安基準 に


関する内容です。








通常SPORTDESIGNは


一貫して


”バンパー下”


に装着されるので


保安基準もそれに準じて


おりますが・・・




今回の50プリウス・フロントは


いわゆる


”ハーフタイプ”


の扱いなんですえっ




バンパーロワグリルまで


重ねてつける意匠なので。



例の ”塗り分け” 実現のせいであせる






で、


従来の該当項目とはちょっと


異なる事に汗




弊社の特徴でもある


左右エンドの


”翼端板”


ですが、これが




「最外側になって良いか悪いか」



なんです。




”バンパー下” と ”バンパー被せ”


では


ここを巡って判断基準が


変わります。





純正バンパーエンドのピーク


を境に


マイナス方向へ落ちていく


純正バンパー。





このマイナスに落ちて行った面



に沿うようにして


翼端板を 「密着」 させました。




翼端板が 


浮いているように(離れているように)


見えるのは、


翼端板の頂点を


丸く削り取っているから。








という 安全・安心面 での


配慮も開発時に盛り込んで


モデラーさんと


話し合いましたひらめき電球





ちなみに良い機会なので


触れておきますと、


過去全ての車種のフロントスポイラーは


全面で 5.5R を確保しています。


この意味を説明すると


長くなってしまうので


割愛しますが・・・




ある車種では開発完了後、


このアールを満たしていないことが


わかりまして


再度型を製作し直したあせる




って言うケースもありました叫び





関東はおろか、


全国的にも最も車検判断に厳しい


とされる


某大型店舗様の車検ライン。





それと、


東海北陸地域でも


比較的厳しい


とされる某県の検査機関


に持ち込んで。





判断を仰いでおります。






スポイラーだけじゃなく


全ての製品について




ですグッド!







今の時代 ならではで


思うところも多々ありますが・・・





この辺の事を


ウェブサイトやカタログに


書こうとしたら


とんでもない容量と


スペースになっちゃうしあせる







でも、「開発した者」 として


本当に色んな見地・角度から


真剣に考えて


リリースしていることも


知って欲しいし・・・汗









長い内容で、そして難しい内容で


恐縮ですが


このブログを書けて


ちょっと落ち着きました(笑)









もっと詳しく知りたいぞ



と言うオーナー様、


いつでも金田宛に


お越し下さいねチョキ






また機会があれば


その他セクションについても


触れてみたいと思います。






あ、



あと今回の


「フロントスポイラー」


良かったら



動画・ムービー



もご覧くださいアップ










それでは。





●ZVW50プリウス SPORTDESIGN専用ページ


 http://www.grazio-co.com/50prius/zvw50_spd.html






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Grazio金田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。