トパーズな毎日Z

舞台大好き、役者さん大好きな管理人の気ままな日記です。


テーマ:
地方を巡ってようやく東京、目黒パーシモンホールでの2回公演。

暑い!暑かったーーーーーーーっ!
駅から10分ほどの距離ですが、真っ昼間に日陰の無い坂道を登るのでなかなか堪えました。
劇場につくまでに己に課した任務が「マチソワ間を過ごせる場所を、できるだけ劇場近くに探すこと!」でしたよ(笑)

12時公演は2階席の最前列。
手すりがちょうど目の高さにある、という観客泣かせのお席。たまにこういうところあるけど、設計者は自分で座ってチェックしないのかしらね。(それとも世の中の設計者は皆さん座高が高いのかしら……)
椅子の背もたれには微妙なリクライニングがあって、これもちょっと落ち着かなかったです。立ち上がったときに背もたれを支えにして歩こうとする人もいますが、力を入れるとグラッとなって危険でした。
秋のタンゴコンサートもここなので、要注意ってことを覚えておこう。でもその頃は少なくとも暑くはないよね(笑)

初の2階席からの景色で、新たな発見があって面白かったです。
たとえば照明。リリー登場のところで1階前方で観ていると「久しぶりの劇場に感慨深げなリリー」しか見えないんですが、実はスポットライトが他にもう1ヶ所まるく浮かんでいるんですね。
それはフレッドの存在。リリーは元夫のことをとても意識してこの仕事に臨んでることがわかりました。
それから1階からだと重なって観えない後方のダンサーさんも、しっかり観えるのが2階席の楽しいところ。タカラヅカでも下級生ファンは2階席の方が楽しかったりしますよね。
あとは、まぁ、ロイスたんの胸元が上からの方がちょっと多めに楽しめます(笑)

昼公演でエンジンが掛かっていなかったのか、松平さんのセリフがえらいとっちらかっていましたが、しっかりフォローする一路さんがさすが。
最後の大団円シーンでは、リリーにやったねポーズするロイスの表情が男前過ぎた気がします←こちらはエンジン掛かりすぎ?(^_^;)
スギちゃんのアドリブは「夜公演も見てね」でした。


17時公演は1階席の下手ブロック前方。富山で観た時とほぼ同じ角度でした。
ロイス&ビアンカは結構下手側にいることが多いのでとても楽しいです。
劇中劇ではビルからウィンクされて「やだもう」と喜んでました(おバカさん可愛い)

Too Darn Hot!のときに女子ダンスリーダー高橋さんのベストのバックストラップが取れてしまって、最後に脱ぎ捨てたのが男前!でした。
ナマの舞台って始まってしまうとやり直しがきかないし、ハプニング起きても自分でなんとかするしかないし、でも助けられるところがあれば周りがフォローして(この回は太川さんが床に落ちている紐をさりげなく拾っていましたし、富山ではセットに引っ掛かった幕をキャストがはずしていました)スタッフ・キャスト皆で作り上げていく、そういうところがすごく好きだなぁってあらためて思いました。

セリフにしても他の人は助けられないしね。
とはいえ、ペトルーチオが「持参金」を「手切れ金」と仰ったときには、さすがにビックリしましたけど……
まぁ、あれはフレッドが動揺している場面だからいいのか(笑)
夏希さんは一箇所だけ「閣下」を「将軍」と言っていましたが、これは意味は間違っていないので無問題よね。
スギちゃんのアドリブは「気をつけて帰ってね」で、太川さんが「優しいね」と返していました。
スギちゃんも少しずつ慣れてきたようですが、なにより太川さんのフォローが素晴らしくて毎回感動です。

キスミーカンパニーは旅公演が続きますが、私の観劇は池袋公演までしばらくお預け。
初日から1週ごとに観ていましたが次は半月ほど間が空くので、どう変化しているか楽しみです。


↓↓↓一路さんのブログより↓↓↓
タカラヅカの絆を感じます。
私、ロイスのこの衣装が大好きなんですよね。色合いも好きだし、スリットやウェストのデザインも好きだし、帽子もかわいい。オープニングの一瞬しか観られないので写真で見られて嬉しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
君が人生の時
6/26 18:30

V6ファンの友達から誘われての観劇。
まったく予習していかなかったので、最初は「どこ?」「いつ?」という背景を把握するのにちょっと手間取りました。
外国オリジナルの戯曲は、私の歴史や地理の知識が乏しいせいもあって、そのあたり少しハードルがありますね。

坂本くんが主役なのでしょうが、ほとんど舞台の上手側から動かない(動けない)役でしたので、ファンの人には座席によって不満が出そうだなぁと心配してしまいました(余計なお世話か)
でも特に贔屓の役者がいなかった私としては、通路上がりの後方センター席から全体を観られて楽しかったです。
というのも、話の舞台が場末のダイナーなのですが、メインキャスト(坂本くん、すみかちゃん)以外にも多くの人がそこに滞在していたり、出入りしたりして群像劇のような雰囲気もあったので、全体が観られたほうが楽しめる作品だったからです。
あと、そのダイナーのセットがとても細かくて、後方センターから眺めるととても美しかったです。オペラグラスでも見ちゃいましたけどね(笑)

ストーリーとしては特に大きな事件は起こらず、どちらかというと淡々と過ぎていく感じです。
戦争の色がまだ残っている時代。
教育レベルが低く経済的にも貧しい人々が、そんな時代に翻弄されつつも「自分の価値観」を守って、あるいは「わずかな希望」にしがみついて生きている。
正しいとか間違っているとかじゃなくて、ただ「幸せになりたい」と思っている。

とても難しい、商業演劇として取り上げるにはなかなか勇気がいるホン(脚本)だなぁと思いました。
役者さんが上手じゃないと耐えられないかも。
そういう意味で、よい役者さんを揃えたなぁ……というのがトータル的な感想かな(笑)

 

イヌの仇討
7/6 18:30

忠臣蔵のサイドストーリー(?)大石に討ち入りされた吉良さん側のお話です。
上に書いた「君が人生の時」とは違って、忠臣蔵の知識がある日本人なので(こういう知識っていつの間に入ってくるんでしょうねw)予習せずとも話の背景はすんなり判りました。

こちらの作品もセットが変わらなくて、出演者の殆どが舞台に出ずっぱりです。
よい役者が揃っているのも同じ。
ただ、私としては脚本はこちらの方が好きですね。

2時間の上演時間、リアルタイムで時間が流れていくような作りになっていて、息詰まる中にも笑いがあったり、考えさせられる部分があったり、ガツンと驚かされたり。
舞台上には一切出てこないのに、大石内蔵助がものすごい存在感だったり。
大変に面白く、計算された上手い脚本だなぁと思いました。さすが井上ひさしさん、ということでしょうか。

忠臣蔵に関しては、吉良さん側から見た話なども聞いたり読んだりしたことはありますし、討ち入りされている吉良家のお隣の屋敷のお話なんていうのもありますよね(歌舞伎で観ました)
だから、途中までは「吉良さんにしたらそうだよね」「うんうん、わかるよ」って思いながら観ていたのですが、最後の最後、吉良さんの決意とかその理由とかには驚かされてしまいました。
そう来たか……そう来るのか……と。

なんというか、現代でも通じると思うんですが、マスコミとか世間の噂とかによって操作されているものの、恐ろしさもひしひしと感じました。
一方的じゃなくバランスよく判断するためには、吉良さんのようなよく観察する目、豊富な知識、理論的に考える頭脳が必要なんだろうなぁ。
しかし残念ながら、私はそこらへんで討ち入りの有り無しに賭けている町民レベルなんだろうなぁ……とほほ。

側室役のゆみこちゃんがとても美しかったです。
ほとんどの場面で座っているので、最後に立った時の背の高さにびっくりしたけどね(*^^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ネタバレ注意!



下手ブロックの前方席。
越谷の2公演はセンターブロックと上手ブロックだったので、見える角度がまた違いました。

リリーの楽屋が近いっ!(*^^*)
フレッドの楽屋が遠い……(^_^;)

3回目でもあるので、夏希さん中心に観ました。
(初見は全体を観るタイプです)

稽古場や楽屋でのロイスは、色気全開のイケイケ女。
それも楽しいし、劇中劇はそのロイスがさらに役を演じるってのが面白い。
二段階の妙……いや、イタリアを旅する劇団の設定だから三段階なのかな?

ビアンカ役をやりながらも、根本はロイスなとこが可笑しいの。
自分(ビアンカ)のセリフが無いときは、衣装の袖をいじったり、ビルとジェスチャーで会話してたり。
真面目な夏希さん本人なら、絶対に本番中にしないことだから、余計に可笑しいんですよね。

わざとらしい芝居をする大根役者なのもまた楽しい。
およよ、およよ……みたいな嘆き方とか(笑)
可笑しいし、すごく可愛い!

ビアンカ、すごく可愛いです。
越谷ん時も可愛いと思ったけど、富山であらためて本当に可愛くてね……
いやまぁファンの欲目があるのは自覚してるんですが(笑)

アンサンブルの女性の皆さんの、アイドルみたいな可愛さとは違って……ディズニーに出てくる女の子の可愛さというか。
衣装も白雪姫ぽいけど、なんか外国製のお人形のような可愛さがあるんです。

考えたら、ロイスってなかなか難しい役ですよね。
あざとい計算女で尻軽女。
だけど皆から恨まれることなく人気があって(リリーには焼きもちやかれるけどw)
ビルという相思相愛の恋人がいる。
なんとも憎めない、可愛さが必要。

夏希さんが、そういう役に違和感なくしっくりしてるのが、観客に納得させる可愛らしさを身に付けているのが……感慨深いです。
(スカステのちぎちゃんサヨナラ特集で、ロジェのナウオン見たから余計にw)



アンサンブルの人たちの顔も少しずつ覚えてきました。

さなちゃん(涼瀬みうとくん)はすっかり女の子ですね。
「あの可愛い子が……みうとくん?」と水友さんが驚いていたのに吹きましたw
男子ダンスリーダー加賀谷さん、女子ダンスリーダー高橋さんのキレあるダンスが素晴らしい。
ホーテンショーの佐々木さんは背が高くて、踊れるし歌えるしカッコいい!注目だわ~

もう少しリピートすれば他の人も見えてきそう。

そうそう、元基ビルがロイスとセットなことも多くて、なかなか見られないんですよねぇ(^_^;)
「ビアンカ」の歌の時はもちろん見てますけど。
元基くんが歌うと、一気に本格ミュージカルの雰囲気になりますね。

富山公演で、元基くんで印象的だったのがラストシーン。
リリーの歌(彼が好きなのに喧嘩を仕掛けるなんて愚かよ、という内容)の時に、ロイスに向かって「ほら、お前のことだよ」って表情してたのが、イタズラっぽさと優しさとカッコ良さとが混ざった何とも言えない表情で……キュンとしたw



ミュージカルだけど、群像劇っぽいとこもあって、みんなあちこちで芝居してるから目が足りない。
観る度に発見がありそうです。

次は目黒で観ます(*≧∀≦*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。