天職ブログ雑誌:ニュートラル【日本天職者会議】

天職ブログ雑誌:ニュートラル【日本天職者会議】


テーマ:

 

天職ブログ雑誌:ニュートラル(目次)

  1. プロローグ
  2. 真面目な人のためのアメブロ信用設計の基礎
  3. 追伸
  4. 天職のヒント
  5. メルマガ登録のお願い
  6. エピローグ(編集後記)
(目次をクリックすると各コーナーへ移動します)

 

1. プロローグ

ご来訪頂きまして、誠にありがとうございます。

 

瞑想するデザイナーの池田久樹です。

 

プロローグはシリーズ同文ですので、一度読まれた方は読み飛ばしてください。

 

クリックすると本記事へ移動します

 

真面目な人でもアメブロで仕事の売上を伸ばしたいと考えた途端に、悪い書籍や悪いサイトの影響を受けて詐欺まがいのテクニックに手を染めてしまうことがあります。

 

落ち着いて考えれば「読者数 = 信用」でないことは分かるはずなのに・・・

 

この大切なことに気付かずに、ただひたすら読者数を増やすことに努力を注ぎ込んでいても、人としての信用を失ってしまっては全てが台無しになってしまいます。

 

「売上 = 信用」というのが私達真面目な日本人が築いてきた文化ではないでしょうか。

 

ですから真面目なやり方でアメブロを利用すれば、自宅に居ながらにして豊かさを生涯に渡って運んできてくれる『資産形成』になります。

 

世界情勢や為替の変動にも影響されない史上最強の資産です。

 

しかし、ブロガーの中には自動読者登録ソフトを使って無差別に読者登録を繰り返し、数日後には分からないようにそっと読者登録を解除するようなテロ行為を繰り返して読者数を増やしている人達がいるのは、たいへん空しいことです。

 

人を騙して獲得した読者が何千人いても人生には何の変化も起こりませんし、むしろ濃い関係の100人の読者がいるブログの方が商売繁盛になるでしょう。

 

このようなアメブロテロリストになるかどうかはその人の自由だと思いますが、テロの被害にあった真面目な人達は、自分から読者登録できる数が飽和してしまうので多大な迷惑を被りますから、たまったものではありません。

 

 

このブログでは1994年からインターネット業界に身を置く私が真面目な人々をテロリストから守り、信用というお金よりも大切な資産を形成するための正当な方法をお伝えしていきたいと思います。

 

1000件まで読者を確実に増やす具体的な方法や、1000件まで増やしたら今度は逆に読者を減らして行く理由、形成した読者のグループを資産に変えていく哲学などをお伝えしたいと思います。

 

また、メルマガには悪質なブロガーが売れているように装う嘘をあばくための基本的なテクニックを、「天職のヒント」と共に情報提供していますので、ご興味のある方はメルマガをも是非ご購読ください。

 

私のベースになっているスキルはITの知識(詳しくはプロフィールをご覧ください)に加え、伊勢丹新宿店での店長としての経験や、東京佐川急便株式会社最優秀社員として(表彰状掲載)、また株式会社一条工務店の営業マンとして新人賞獲得(表彰状掲載)並びに5年連続2億円以上の売上を達成した泥臭い現場の経験と、「哲学を具象化する人」という天職です。

 

それでは、「真面目な人のためのアメブロ信用設計の基礎」の始まりです。

 

 

2. 真面目な人のためのアメブロ信用設計の基礎

誤解を招くといけませんので、「読者登録」をするべきかどうかをまずはっきりとさせておきたいと思います。

 

「読者登録」はするべきです。

 

読者登録機能は、アメブロの最大の魅力です。

 

忙しい主婦の方々がアメブロを更新する意味がそこにあります。

 

読者登録とは自宅に居ながらにして出来る、チラシ配り、ポスティング、折り込み広告、ダイレクトメールと同じだと考えてください。

 

もっとハッキリ申しますと、チラシ配り、ポスティング、折り込み広告、ダイレクトメールを業者に依頼すると、配る印刷物の制作費だけで1回10万円以上はかかります。

 

それを配ったり、郵送したりする費用はもっとかかります。

 

アメブロは1日50件まで読者登録可能ですから、単純に1回当たりの費用を1000円としますと、1日5万円分の宣伝費用をアメブロからもらっていることになります。

 

この5万円は使わないと翌日に繰り越しはできませんので、1ヶ月間読者登録を全くしない場合は、150万円をドブに捨てているのと同じことになるのです。

 

ブロガーの立場で見ればそんな事は露ほども考えないかもしれませんが、広告業界側から見ればそうなりますので、正に価値観の多様性です。

 

では誰に読者登録すれば良いかということですが、まず、自分と同じ業種の人気ブロガーさんをAmeba検索ジャンル一覧で探してください。

 

この同じ業種の人気ブロガーさんに読者登録してもお客さんになる可能性は低いので、この人気ブロガーさんに読者登録している人達をダーゲットにしてください。

 

この人達は、人気ブロガーさんが販売している商品や、予約を受け付けているセッションや、セミナーに興味があると考えられますから、同じ業種のあなたの商品にも興味を示す可能性が高いのです。

 

サイドバーの「このブログの読者」→「一覧を見る」で表示できるはずです。

 

もし非表示にしているブログでしたら、アドレスバーに以下の赤い文字列を入力してください。(黒文字は私のアメブロのアドレスです)

 

 

「このブログの読者一覧」が表示されるはずです。

 

「読者一覧」の非表示はブログのデザイン上、サイドバーから消せるだけであって、そのページが全く非表示になるわけではありません。

 

もし、見てはいけないページであれば、サイバーエージェント社が見えないように設定するはずです。

 

さて次は、人気ブロガーさんに登録している読者の方が何百何千と並んでいますが、誰に読者登録すれば良いかという一番重要な部分になります。

 

人気ブロガーさんに最近読者登録した人の順にブログを開いて見てください。

 

そして、「今日、記事を更新したばかりの人」に読者登録してください。

 

なぜか?

 

人気ブロガーさんがブログを始めたころの古い読者は、既にブログを更新しなくなっている場合があるからです。

 

またブログ慣れしてしまっているので、読者登録されても新人の頃のように嬉しがらない可能性が高いのです。

 

そして、今日記事を書いた人に読者登録する理由は、今まさにパソコンの向こう側にいる可能性があるからです。

 

例えパソコンの前にいなくても、記事を書いたばかりのときは、「いいね!が付いているかな〜」と気になって、ちょくちょくチェックしているはずです。

 

自分の身になって考えてみれば、わかりますよね。

 

また、そのブロガーさんが読者登録できるキャパを持っているかどうかもチェックしてください。

 

後100件で1000件のリミットに到達してしまうブロガーさんは、お返しの読者登録に慎重になっているはずだからです。

 

ブロガーさんの「お気に入りブログ一覧」ページをチェックしてください。

 

もしサイドバーにリンクが無い場合は、以下の赤い文字列をアドレスバーに入力してください。

 

 

ブログのデザインによって、「お気に入りブログ一覧」に「お気に入りの総数」が表示されていない場合がありますので、その場合はページ下部の「次ページ」をクリックした後にアドレスバーへ以下の赤い文字列を入力してください。

 

 

「-25」とはページ数です。

 

1ページには30件(若干少ないページもある)のリンクがありますから、25ページ目が存在すれば、25×30=750となり、750人に読者登録している計算になります。

 

750件以上読者登録している人は、リミットまで250件ですから、若干慎重になり始める頃合いではないでしょうか。

 

その辺りはケースバイケースで判断してください。

 

25ページ目が存在しない場合は(ページ下部に次ページのボタンがない)、数字を減らしていけば何ページ目までお気に入りのリンクがあるのかを調べられます。

 

お気に入り総数の少ないブロガーさんの方が、まだスレていない可能性があります。

 

そして、読者登録したら記事の内容にはあまり踏み込まずに、心を込めて「素敵だったので読者登録させて頂きました」という内容のメッセージを送ってください。

 

記事の内容に踏み込み過ぎると、「あんたなんかに、アタシの気持ちがわかってたまるか」とひねくれられる場合があるので、サラリとしつつも礼儀正しい内容にしてください。

 

でも、決して「お返しに読者登録してください」と書いてはいけません。(これが日本人特有の気質です)

 

「な〜んだ、それが目的かよ」と思われたら、せっかくの苦労も水の泡です。

 

このメッセージの内容によって、お返し読者登録の確率が変わりますので、Windowsをお使いなら、メモ帳などに作文して保存し、微調整を繰り返してブラッシュアップしていってください。

 

私は、エクセルに1日50件読者登録した人のIDを記録しておき、3日以内にお返し読者登録してくれた人のセルに色をつけて確率をチェックしていました。

 

調子の良いときは50件中25件、悪いときでも10件のお返し読者登録を頂いていました。

 

そして3日以内に読者登録を返してくれなかった人は、残念ですが読者登録を解除させて頂きました。

 

読者登録を返してくれた人を近日中に削除するのはテロ行為ですが、返してくれなかった人の読者登録を解除しても誰も困りません。

 

次に、あなたが読者登録された場合にどう判断するかということについて触れたいと思います。

 

まず読者登録してくれた相手がテロリストなのかどうかを判断しなくてはなりません。

 

アメブロテロリストは読者登録してきても、数日後にはそっといなくなっているからです。

 

テロリストにお返し読者登録してしまうと、やがて1000件の飽和状態に達してしまい、あなたの読者も400件前後で止まってしまいます。

 

読者登録されたらスマホにアメブロから「読者がつきました」というメールが届くように設定してください。

 

「ブログ管理」ページの「設定・管理」ページの「読者申請更新通知」の「携帯で受け取る」にチェックを入れる必要があります。

 

また、「ブログ管理」ページの右上の「歯車マーク」の中の「メールアドレスの変更」に移動して、携帯にスマホのアドレス(ガラケー可)が入力してある必要があります。

 

パソコンにメールが入るのは、プル機能の設定により5分毎や10分毎なので遅れますが、スマホやガラケーはプッシュ機能で瞬時にメールが送られてきます。

 

「読者がつきました」というメールが届いたら、直ぐに読者登録してきた相手の「お気に入り」ページを見てください。

 

もし非表示にしてある場合はアドレスバーに以下の文字列を入力してください。

 

 

そして、自分のブログがどの位置にあるのかを確認してください。

 

下図は、2800人以上に読者登録されていながらも読者登録テロを繰り返している女性ブロガーのお気に入り一覧ページです。

 

たった今「読者がつきました」メールが届いたばかりなのに、私の後に20件も別な方へも読者登録が完了しているのがわかります。

 

20件の読者登録は手作業ですと1時間はかかりますので、あきらかに自動読者登録ソフトを使っているのがわかります。

 

 

しかも、この女性は私に読者登録していることを知らないらしく、私がお返し読者登録しないので、2日連続で読者登録してきました。

 

つまり、自動読者登録した直後に読者登録を解除して、翌日また読者登録しているのです。

 

彼女のプロフィール画像は思いっきり笑って写っています。

 

彼女に罪はありません。

 

悪い連中にそそのかされて、生きていく上でお金よりも大切な信用を崩壊させているのです。

 

この自動読者登録ソフト判断は、「読者がつきました」メールが届いてから直ぐにチェックしないと、自動登録なのかどうかわからなくなりますから注意してください。

 

もし、過去にテロにあっていたとしたら「読者登録の片思いチェックソフト」が無いと抽出が難しくなります。

 

私は「たらい学」の生徒さんには、ある無料のソフトをダウンロードして使い方を教えていたのですが、非常に使い勝ってが悪く、何重もの工程を経ないと片思い読者が抽出出来ないので教えるのに苦労しました。

 

また、女性の方にパソコンの面倒な操作を教えてもつい億劫になって、やらなくなってしまうことも理解していますので、強要はしていません。

 

しかもこのソフトは既に読者の抽出が出来なくなったので(たぶんアメブロの仕様変更のため)、サービス停止になってしまいました。

 

どうしても無料でサービスを提供するには限界があります。

 

今回私が片思い抽出アプリを開発したのは、たらい学の生徒さんだけでなく、使いたいブロガーさんに超低価格で提供すれば、助かったと喜んでもらえると思うからです。

 

片思い読者がワンクリックで抽出できれば、パソコンやスマホの操作の苦手な方がテロにあったとしても余裕で駆除することができます。

 

とにかく読者登録の片思いを解消しながら、読者登録を続けていけば、誰でも読者1000件は達成できます。

 

誰でもです!

 

ただし面倒くさいと思わずにやればの話ですが。

 

補足ですが、読者登録を返してあげる前に、必ずプロフィールを見てください。

 

ニックネームだけしか掲載されていないのは、問題外です。

 

プロフィールを読んで、ある程度の真面目さや価値観を共有できそうだと思ったら読者登録を返してあげてください。

 

読者が1000人以上いながら、読者登録してくる人は、じっくりと精査してください。

 

逆に自分のプロフィール情報の掲載には注意が必要です。

 

ビジネスでは、政治、スポーツ、宗教の話は御法度です。

 

「巨人が好きです」と書いたら阪神ファンのブロガーさんは読者になってくれませんし、「共産党が好きです」と書いたら、自民党寄りのブロガーさんは読者になってくれません。

 

また、「◯◯が嫌いです」という情報も掲載しない方が良いでしょう。

 

「プロフィール」ページの「マイプロフィール」に何も書いていない人は、ズボラだと思われかねないので最小限の情報は掲載しておくと印象が良いと思います。

 

でも書き過ぎはボロがでますので注意してください。

 

猫好きは犬好きに敬遠されるかもしれないのです。

 

次に読者数1000件になったら、どうするかという話をして終わりにします。

 

2000件、3000件を目指すのは日本の商習慣には合わないMBA的な考え方なので、逆に売上は上がらなくなると思います。

 

グローバリズム的価値観では、何千人のうち何パーセントの人が閲覧して、何パーセントの人が購入するはずだから・・・というような考え方をしますが、私達人間には実験用のマウスと違って心がありますので、そうはなりません。

 

もし読者が5万人いたら、確率論で売上予測を立てても良いかもしれませんが、数千人程度の読者では、返って「いいね!」もやりきれなくなりますから、ブログを管理しきれなくなって自爆すると思います。

 

前回の記事に書きましたが、私達は芸能人ではありません。

 

つけてくれた「いいね!」を無視していたら、確実に嫌われます。

 

ちなみに「いいね!」は1日300回までつけられますから、1回100円とすると1日3万円の宣伝費をアメブロから頂いていることになります。

 

使わないと1ヶ月で90万円をドブに捨てることになります。

 

日本人として「おはよう」と言われたら、「おはよう」と返す、「こんにちは」と挨拶されたら「こんにちは」と返す、「いいね!」をつけてもらったら「いいね!」を返すというように、へんなプライドを持ち込まずに礼節を重んじた態度で行動してください。

 

それをネット業界では「サイトの人格」と読んでいます。

 

ですから企業のホームページを制作するときには、綿密な人格設定行ないます。

 

さて、ではどうすれば良いかということになりますが、「読者を減らしていく」と言ったら驚かれるでしょうか。

 

読者が1000人いても、これといって何も起こらないと思います。

 

原因は、あなたと価値観の違う読者の方が沢山含まれている状態だからです。

 

価値観の違う読者を見つけて減らしていくには、以下のように考えてください。

 

毎回「いいね!」を付けてあげているのに、全然「いいね!」を返してくれないとか、記事にコメントをしているのに全く無視されるといったブロガーさんは、あなたの価値感には合わないと考えた方がよいでしょう。

 

「いいね!」や「コメント」は相手が自分をどう思ってくれているかを探る格好のツールです。

 

潜水艦のように海中にソナーを発信して、返って来る反応を読み取ることによって、相手の考えを知ることができるのです。

 

相手のブロガーさんが自分にどれくらい「いいね!」を返してくれていたのか、その総数を調べる方法もあります。

 

「マイページ」→「ブログ管理」→「いいね!履歴」のページを開いてください。

 

そして「いいね!してくれた人」のタブを開いてください。

 

そしてページ下部の「もっと見る」をボタンが表示されなくなるまでクリックしてブロガーさんを全員表示させてください。

 

たぶん3〜5分はクリックし続けると思います。

 

 

(結構面倒な作業ですので、アメブロ・サポートにメールして「1回で表示させる方法はありますか?」と質問してみたのですが、「申し訳ありませんが、今のところありません」というご丁寧な返信を頂きました)

 

右側に「いいね!してくれた回数」が表示されていると思います。

 

例えば「このブロガーさんは、私に何回いいね!を返してくれたのかしら」と思ったら、Windowsをお使いの場合はキーボードから「Ctrl+f」、Macの場合は「command+f」を叩いてください。

 

ブラウザの左下もしくは右上辺りに検索文字を入力する欄が表示されるはずです。

 

ここにブロガーさんのニックネームの一部やアカウント(ID)を入力すると、そのブロガーさんの行へジャンプすると思います。

 

自分が毎日一生懸命「いいね!」してあげていたのに、1回も「いいね!」を返してくれていなかった(ページにリンクそのものがない)なんてこともあります。

 

つまり、あなたの記事を1度も読んでいないのです。

 

こういう方と相互に読者登録していても読者ではないのですから、意味がありません。

 

読者登録を解除して、あなたの価値観と合う読者を探しに行くべきです。

 

これを繰り返していくと、ダメな1000人が良い1000人になっていきます。

 

希薄な関係では5千人読者がいても何も人生に変化は起きませんが、自分にとって素敵な1000人と信頼関係を築くことができれば、人生が一変します。

 

人は誰でも生きていれば、必要な買い物をします。

 

米でも塩でもアクセサリーでも占いでも、なんでも何処かで消費しているのです。

 

1000人の人達が自分と価値観が近くて、記事を書いたら「いいね!」をしてくれたり、コメントを書き込んだら、素敵な返信をしてくれたりしたら、その人から買おうと思うようになるのが人情だと思います。

 

まさにこれが反グローバリズムであり、日本人の気質に合った商習慣なのです。

 

このような相互関係を築ける限界が1000人です。

 

では、自分の相互読者が素敵な1000人になった後も更に売り上げを伸ばしたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

その時はネットに広告を出すなり、折り込み広告やDMを出すなりして、ちゃんと広告費をかけて下さい。

 

全てアメブロだけで宣伝しようと考えるから、テロ行為に走るようになり、信用を無くてしまうのです。

 

テロリストは売れているような振りをしていますが、本当の大金持ちはブログなどやりませんので、騙されないでください。

 

「アメブロをやってみたけど、結局なんにもならないじゃない」と諦めている方がいらしたら、落胆するのはやることをやってからにしてもよろしいのではないかと思います。

 

以上が、「たらい学」の初日の講座の内容でした。

 

「たらい学」講座の生徒さんに教える内容でしたので、もし読まれていて「上から目線」のように感じられましたら、どうかお許しください。

 

これは「たらい学」のほんの一部であり、講座の内容は日本とは?、天皇家とは?、アメリカの今後は?、マーケットの変化にどう対応していくかという内容にまで及びます。

 

繰り返しますが、これはあくまでも主婦の方が広告費をかけずにお客様との信頼関係の和を築いて、人生の資産としていく方法の一つに過ぎません。

 

今回もご来訪頂きまして、誠にありがとうございました。

 

 

3. 追伸

私はIT関係の職につくまでは、販売・営業畑を歩んでまいりました。

 

最初に就職したのは渋谷区神宮前に本社のあった株式会社パーソンズというアパレル企業でした。

 

販売部に配属され、ラフォーレ原宿、竹下通りCOXY原宿、吉祥寺伊勢丹、横浜モアーズ、千葉そごう、横浜そごう、千葉三越、渋谷パルコUps-4、銀座プランタン、渋谷丸井、新宿丸井、原宿本店メンズ店長、新宿PePeレディース店長を経て最終的に新宿伊勢丹の新館でメンズの店長になって、本館のレディースの店長を兼務しましました。

 

新宿伊勢丹は日本中のデパートがお手本にする存在で、新宿伊勢丹で何が売れているのかを常に注目されている別格のデパードです。

 

ですからアパレルメーカーに限らず、家具から食料品まで各ブランドのフラッグシップとなるテナントが出店しています。

 

そこで店長になるということは、ブランドの顔なのです。

 

8人抜きで新宿伊勢丹の店長になったときは先輩にいじめられました。

 

何人もの先輩が口をきいてくれなくなりました。

 

しかし、売上は日本一でしたので社長が可愛がってくれました。

 

私が凄いというような自慢話ではありません。

 

私を販売マシーンに教育してくれた会社の研修、社長や好意的な先輩方、そして、ついてきれくれた部下達がいたからこそなのです。

 

今日記事にした、「商売は顧客との信頼関係が重要である」という話は机上の空論ではありません。

 

新宿伊勢丹の店長の後は営業部に配属されて、東日本の直営店全部を担当していました。

 

各店に商品を出荷するために毎日葛西の団地倉庫へ行っていたのですが、そこで運命的な出会いをしました。

 

集荷に来ていた10歳くらい年上の佐川急便のお兄さんと仲良しになり、いっしょにお昼ご飯を食べに行くようになりました。

 

食事のときに私はその方に「どうして佐川急便に入ったのですか?」と質問したら、「僕はお金を貯めてイスラエルに行きたいんだよ、そして虐(しいた)げられている民を救いたいんだよ」と真剣な眼差しで語ってくれたのです。

 

私は返って来た答えが想定をはるかに超えていたので、ただ「すげー」としか言葉が浮かびませんでした。

 

そして、私は次第に佐川急便という会社に憧れるようになっていったのです。

(つづく)

 

 

4. 天職のヒント

文字数オーバーのため、他ページへ移動しました。

 

 

5. メルマガ登録のお願い

私は天職を知るための人生からのメッセージを、数行程度のメルマガ(無料)にして毎朝6:00に配信しています。

 

天職は、どんなに頭で考えても知ることはできません。

 

考えれば考えるほど、探せば探すほど、見つからないのが天職なのです。

 

ですから、天職を「ふと、思い出すようなきっかけになる言葉」を、小さなメルマガにのせて毎朝配信しています。

 

いちいちパソコンをONにしてから受信するより、スマホや携帯電話で寝起きに読んだ方がひらめきやすいと思います。

 

「天職のヒント」を受信されたい方は、こちらからメルマガの読者登録をお願いいたします。

 

メルマガ【天職のヒント】の登録はこちら

今日現在、175人の方に毎朝ご購読頂いてます。

 

2016年5月3日にスタートし、現在13名の方が天職を発見されました。

 

※スマホや携帯電話でメルマガ「天職のヒント」を受信できるように設定してください。

 

 

6. エピローグ(編集後記)

先日、アメブロ・サポートに「月額2980円のアメー◯キ◯グ2というソフトはアメブロ公認なのでしょうか? 御社の関連会社が運営されているのでしょうか?」という質問をメールしてみました。

 

すると「弊社とは関係ありません」という回答を頂きました。

 

私の制作しているアプリがサイバーエージェント社の営業を妨害してはならないと思ったので質問してみたのですが、安心しました。

 

決して自動読者登録が出来る「アメー◯キ◯グ2」というソフトが悪いのではありません。

 

ソフトを悪用する方法を教えている連中がいけないのです。

 

さて私が開発中の読者登録の片思い抽出アプリですが、月額200円というのはいかがだと思いますか?

 

よろしかったら、忌憚(きたん)のないコメントを頂けませんでしょうか?

 

あまり需要が無いようであれば、ご覧の通り全然儲けにならない企画なので、無駄な労力はかけたくないのが本音です。

 

「たらい学」の生徒さんの追加募集は行なっておりませんが、講座の内容についてのご質問でも可能な限りお答えします。

 

私の記事にはコメントしにくいかもしれませんが、全然そんなことはないんですよ。

 

私のプロフィール写真も最初は私の顔写真にしようとしたのですが、生徒さん達から「不気味すぎる」「怖すぎる」と猛反対にあい、やむなくニュートラルアートにしたくらいですから・・・トホホ・・・(結局正解でした)

 

とにかくお待ちしておりま〜す。

 

さて、今日の記事はいかがでしたでしょうか?

 

最後に、この素晴らしいアメブロのシステムを提供して下さっているサイバーエージェントの皆様方に厚く御礼を申し上げたいと思います

 

いつもありがとうございす。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

私が天職を発見したエピソードはこちらから

 

 

ニュートラルな感覚のシンボル「You have all」

 

- 1 -

< < 前ページ 次ページ > >

 

 

ブログの概要

水と塩だけの完全断食40日間全記録

天職の発見

天職人生のライフハック

オンラインギャラリー

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

瞑想するデザイナー池田久樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります