天職ブログ雑誌:ニュートラル【日本天職者会議】

天職ブログ雑誌:ニュートラル【日本天職者会議】


テーマ:
  1. プロローグ
  2. 天職の発見 No.17
  3. 追伸
  4. 天職宣言をされた方々
  5. メルマガ登録のお願い
  6. エピローグ
※ 目次をクリックすると各コーナーへ移動します

 

1. プロローグ

 

こんにちは。瞑想するデザイナーの池田久樹です。

 

1990年代、インターネットは人々から怪しまれていました。

 

まさかスマホという端末を使ってほとんどの人々が使う時代が来るとは私にも想像できませんでした。

 

そんな懐かしい時代の話をしてみたいと思います。

 

それでは、「天職の発見」のはじまりです。

 

 

2. 天職の発見 No.16

天職との出会い(その1)

 

私は、1994年からインターネットにたずさわってきました。

 

インターネットの黎明期(れいめいき)に、企業のホームページ制作を請け負ったのは、「デザイン系」の会社と「システム系」の会社でした。

 

デザイン会社とは、元々チラシ、ポスター、雑誌、新聞広告などのグラフィックデザインを担当してきた会社です。

 

システム会社とは、企業にコンピューターを納入したり、その会社専用の「生産・在庫・販売・人事・財務」などの管理システムを開発してきた会社です。

 

ここで、少しだけインターネットの歴史を話させてください。

 

インターネットの接続サービスが一般向けに開始されたのが1994年です。

 

私がアナログ電話回線とモデムで自宅のMac(マック)とインターネットを接続したのもこの年でした。

 

しかし当時の世間はインターネットに対して懐疑的で、一部のパソコンオタクが「ゲームのように楽しんでいるだけ」という感じで捉えられていました。

 

しかし翌年Windows95がリリースされると、インターネットが身近になり、徐々に一般に浸透していきました。

 

1996年には、紀伊国屋書店がオンラインショップを公開したので、新宿まで本を探しに行く必要がなくなりました。

 

もちろん私も即会員になっています。

 

1996年当時Macにインストールしていたブラウザ
「Netscape Navigator」
(ネットスケープ・ナビゲーター)

 

 

そして携帯電話に「iモード」が登場したり、世界が崩壊してしまうと恐れられた「2000年問題」が解決してからは、企業がこぞってホームページを公開し始めました。

 

このとき企業がホームページ制作を依頼したのが、チラシやパンフレットの制作で取引のあったデザイン会社、もしくはシステムの開発・保守を請け負っていたシステム会社だったのです。

 

しかし、デザイン会社とシステム会社は、水と油のようにその特性が相反しています。

 

デザイン会社で働いているデザイナーは、元々MacでIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)やQuarkXPress(クォーク・エクスプレス)というソフトを使って、主にチラシやポスターや雑誌を作っていました。

 

だから大抵のデザイナーは、プログラミング言語を見るのが大嫌いです。(もちろん例外もあります)

 

反対に、システム会社で働いているプログラマーは、C言語やFORTRAN(フォートラン)という言語を使って、モニターに何万行もの命令文を入力してシステムを開発します。

 

どちかと言えばプログラマーは、自分の書いたプログラムが思い通りに動作することしか頭に無いので、デザインは2の次、3の次という考えのタイプが多いです。(こちらも例外があります)

 

変な話ですが、服装もデザイナーはカジュアル系だったり、プログラマーはスーツにネクタイという感じだったりして、その違いは見た目にもはっきりと表れていました。

 

それぞれの違いは、制作するホームページにも表れます。

 

デザイン会社の制作するホームページは、「カッコいいデザイン」が多いのですが、システムを組み込むのが苦手なので、ただ見せるだけのホームページという感じでした。

 

反対にシステム会社の制作するホームページは、「お問い合わせフォーム」や「商品検索機能」といったシステムが充実しているのですが、デザインがダサイものが多いという感じでした。(ダサイというのは私の主観です)

 

その後、時代の変化とともに、「美しくかつ、利用するユーザーにとって便利な機能が充実したホームページ」が求められるようになりました。

 

覚えている方もいらっしゃると思いますが、「Web2.0(ウェブニーテンゼロ)」という言葉が流行った頃です。

 

しかし、デザイン会社がシステム開発を導入するにしても、システム会社がデザイン力をアップするにしても、簡単なことではありません。

 

人が持つ「絵心」と「プログラミング脳」は、どちらかに偏ってしまうのです。

 

実は、そこに私が1990年代からインターネットでご飯を食べさせて頂いてきた秘密があるのです。

 

これから書く話を自慢話と捉えられてしまうと、ミもフタもありません。

 

読者の方々が、このブログのテーマである「天職の発見」のヒントになることを願って、事実をそのままお伝えします。(クライアントと守秘義務契約を交わしておりますので実名は公開できません)

 

当時私の妻は渋谷のデザイン会社に勤めておりました。

 

妻からの連絡で、今では世界屈指の自動車会社となった企業のデザイン部門が2000年の東京モーターショーのWebサイトに組み込むアンケートシステムをプログラミングできる人を探していると言うのです。

 

私は、都内に高層ビルをいくつも所有している企業のゴルフ場のホームページを、提案したデザインが認められた上で2件受注しておりましたので、デザイン力にはそこそこの自信がありました。

 

しかも、そのゴルフ場のWeb管理者の要望で、ホームページに自動更新システムをプログラミングして組み込んだばかりでした。

 

元々私はデザイン会社系でしたので、プログラマーに知り合いがいませんでした。

 

だから、止むなく書籍とネット検索で必死にプログラムを覚えたのです。

 

東京モーターショーの仕事もデザイン系だからこそ回ってきましたが、今では考えられないことです。

 

クライアントから開発に際して「ガイドライン」をホームページからダウンロードして、規約に沿ってプログラミングして欲しいと言われましたのでプリントアウトしたのですが、電話帳くらいの厚さになりました。

 

急に回ってきた仕事でしたので、納期まで1週間しかありませんでしたが、なんとか無事に納品することができました。

 

それから私は、当たり前にシステムを組み込んだホームページを制作するようになり、PostgreSQL(ポストグレエスキューエル)やMySQL(マイエスキューエル)というデータベースとホームページを連動させることが仕事の中心になりました。

 

今では個人でもレンタルできるショッピングカートですが、当時はありませんでしたので、要請のあった企業には、ゼロからプログラミングして納品していました。

 

また、世の中に「ブログ」という概念が無かった頃に、まっさらで何も書いていないテキストエディターにプログラムを書いて企業に自動更新システム(ブログ)を納品していました。

 

複数の市役所公式ホームページのデザインコンペで2回1位入選していましたので、客観的に見て、ある程度デザイン力も評価されていたと思います。

 

実際に2つの市の公式ホームページになっています。

 

その他、コンサートホール、図書館といった公共施設からメガバンク、一部上場企業、中小企業、J1サッカーチームなどなど、述べ300サイト以上をハンドコーディング(ホームページ作成ソフトを使わない手入力)で制作してきました。

 

私は、どうして相反するデザインとプログラミングの両方が、ある程度のレベルで出来るのか、自分でもずっと不思議でなりませんでした。

 

デザインをしているときは、無意識に手が動く感じですが、パソコンの真っ黒い画面に文字を入力しながら、プログラミングをしているときは、まるでゲームをやっている時のようにワクワク、ゾクゾクしているのです。

 

実は、後で自分の天職を知ることによって、これが繋がったのです。(つづく)

 

追伸

 

現在、久々にデータベースとホームページを連動させたサイトの制作に取り組んでいます。

 

自分のアートを販売をするためのショッピングカートをゼロからプログラミングしているのですが、今時ショッピングカートをレンタルしないで、自作する人は私くらいではないでしょうか。

 

 

4. 天職宣言をされた方々

 

graphicpark

天職者登録No.23 masuko1988さん
ひとりごと

『天職:音楽の楽しさを伝える人 17-8-26』

graphicpark

天職者登録No.22 Cattleyaさん
自分 感性☆ 自分の感性・心に素直に生きるあなたの感性の磨き方☆

『天職:"あなたに必要なメッセージ"を「感性」で感じ取る力を磨く方法を伝える人 17-5-26』

graphicpark

天職者登録No.21 璃音RIONさん
大阪枚方 幸せな結婚へ導くインナーチャイルドカード本当の幸せを自分でつかむ 言葉力で自分を表現

『天職:個性を発見し、それを伸ばし、子どもから大人までブレない生き方を提案する人 17-2-7』

graphicpark

天職者登録No.18 村上節雄さん
図解「潜在意識」と釈迦の悟り「縁起」を腑に落として経済的精神的自由人になる実践ブログ

『天職:縁起哲学を4コマ図解で具象化して伝える人 17-1-10』

graphicpark

天職者登録No.16 よしりんさん
創作と生き方《可愛いおばあちゃんになる為に》

『天職:言葉を紡ぐ人 16-12-23』

graphicpark

天職者登録No.15 開運家族愛コーチ秋月麻里さん
夫・子供問題で悩む大人女子専門❤秘術で潜在能力を引き出す3ヶ月レッスン。自力で「我が家は最高」を実現化。

『天職:母性愛・家族愛の素晴らしさを喜んで耳を傾ける人に伝わるように伝え世界をひとつにする為、働く人 16-12-5』

graphicpark

天職者登録No.14 怠惰なチーズ案内人さん
やるべき仕事に迷わない 〜安心して打ち込めるキャリアの選び方〜

『天職:安心して物事に打ち込める環境を作る人 16-9-10』

graphicpark

天職者登録No.13 タイヨシフミさん
タイヨシフミ公式ブログ

『天職:面白がるコトで楽しくなるコトを伝える人 16-8-19』

graphicpark

天職者登録No.12 真麻理さん
自分とつながり今を丁寧に生きる ヨガ×心の在り方コーチング 〜沖縄・おでかけ出張〜

『天職:ほっとする温かみのある時間を贈る人 16-8-16』

graphicpark

天職者登録No.11 玉井陽子さん
玉井陽子☆働くママのぐるぐる思考をときほぐす♡タロットでセラピッ!

『天職:言葉から映像を受信する人 16-7-17』

graphicpark

天職者登録No.10 大野テツヨシさん
実績全国1位のマネージャーが起業。「当たり前の素晴らしさ」で自由を創る

『天職:人の持つ当たり前で自由を創る人 16-7-16』

graphicpark

天職者登録No.8 ミィさん
リアルタイム 生き様晒し人 ミィ

『天職:人の心にあったかいものを与えられる人 16-7-12』

graphicpark

天職者登録No.7 ハルさん
家族でハッピー!心を育てる親子英語【英語コーチ ハル】

『天職:いつも情熱ある誰かを応援していたい人 16-7-4』

graphicpark

天職者登録No.6 けいみんさん
片付けましょう。徹底的spark joy☆

『天職:片付ける人 16-6-28』

graphicpark

天職者登録No.5 伸之助さん
☆逆転の法則☆その人の持つ能力を最大限に引き出す

『天職:身体から伝わるモノを示し、その人本来のパワーを最大限発揮できるようにサポートする人 16-6-25』

graphicpark

天職者登録No.4(共同主宰者) 坂本恵さん
90日で魂が奮える天職を見つける方法 天職カウンセリング

『天職:天職を見つけるキャリアカウンセラー 16-6-22』

graphicpark

天職者登録No.3 CEOともちんさん
serendipity

『天職:古い伝統から、新しく精神性を復活させる人 16-6-22』

graphicpark

天職者登録No.1 ことばの音の種さん
ことば遊びで今日もいい気分(^^)

『天職:つねに人を楽しませたい人 16-6-14』

graphicpark

日本天職者会議暫定主宰者 池田久樹
天職ブログ雑誌:ニュートラル

『天職:哲学を具象化する人 13-7-16』

 

 

5. メルマガ登録のお願い

 

私は天職を知るための人生からのメッセージを、数行程度のメルマガ(無料)にして毎朝6:00に配信しています。

 

天職は、どんなに頭で考えても知ることはできません。

 

考えれば考えるほど、探せば探すほど、見つからないのが天職なのです。

 

ですから、天職を「ふと、思い出すようなきっかけになる言葉」を、小さなメルマガにのせて毎朝配信しています。

 

いちいちパソコンをONにしてから受信するより、スマホや携帯電話で寝起きに読んだ方がひらめきやすいと思います。

 

「天職のヒント」を受信されたい方は、こちらからメルマガの読者登録をお願いいたします。

 

メルマガ【天職のヒント】の登録はこちら

今日現在、178人の方に毎朝ご購読頂いてます。

 

2016年5月3日にスタートし、現在22名の方が天職を発見されました。

 

※スマホや携帯電話でメルマガ「天職のヒント」を受信できるように設定してください。

 

 

6. エピローグ

 

さて、本日の記事はいかがでしたでしょうか。

 

最後に、この素晴らしいアメブロのシステムを提供して下さっているサイバーエージェントの皆様方に厚く御礼を申し上げたいと思います

 

いつもありがとうございす。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

- 17 -

< < 前ページ 次ページ > >

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)