印南敦史の、おもに立ち食いそば

立ち食いそばを中心とした食日記。


テーマ:
もう何年も前から行ってみたいと思ってたんですよ。
でも、なかなか行けなかった。特に意味はないんだけど。
どこの話かって、










いわもとQ。










ああ、ラッパ我リヤの……










それMr.Q。



GADOROもよかったよね。
って、そうかごめん、ヒップホップ映画の名作『Juice』の主人公か。










それGQな。



あっ、違うか、こっちか!










それはオバQですね。












っていうか、ちっとも話が進まないこの状況ってなんなんですかね?
正しくはこちらですよ。
















いわもとQってさ、「ありえない店を目指す店」とかいってるし、そばはどんなに店が混んでいいようと一度に4食分ずつしか茹でないらしいし、天ぷらはオーダーがあってから揚げてるというし、なにかと評価が高いじゃないですか。









だから道場みたいな店なのかもしれないとか思ってた(思ってない)。












ところがここ神保町店は、鰻の寝床の世に細長い、意外なほど地味なお店でした。
でも、いろんな評判を聞きすぎたもんだから、逆になにを頼んだらいいのかわからないや。










と券売機の前で思っていたら、あっという間に後ろに列ができてしまったため、慌ててテキトーに押したのが天丼セット。










炭水化物を控えている身としては、明らかにミスチョイスだな。












ところでね、席がこんな感じなんですよ。一人席。
いいんだけどさ、「個席状態」で全員が同じ方向を向いて無言でそばを食べるとか、それはどれで不思議な気がした。










なんかブロイラーを思い出した。












呼んだ〜?










俺はとりか?










ちゃんとつくっているだけあり、できあがるまでにはけっこうな時間。
呼ばれて取りに行くと、登場したのがこれだ。
















ちなみに卵と揚げ玉はサービスだよ。














いい感じですね。










卵……












いきなり崩してみた。








ざまぁみろ(って、誰と戦ってんだよ?)。












たしかにそばはコシがあってシャキッとしており、かなりレベル高いね。
盛りつけにもうちょっと気を使ってくれたらなおよかったけど、なるほど評価の高さにも納得できます。












天ぷらは、海老、ししとう、かぼちゃ、以下、きす。
こちらも、なかなかのクオリティです。

ごはん多すぎたけど。










しかしまぁ、んなわけで、いわもとQは評判どおり頭ひとつ抜けていたのでした。
また利用してみよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大変なことに気づきました。










考えてみると今年の夏は、










かめやの冷やしたぬきそばを食べていない。










いつもあれだけ大騒ぎしてきたというのに……。
しかしまぁ、そう考えるといても立ってもいられなくなり、渋谷での夕方の用事を終えてから神田まで行ったよ。
道中、頭のなかが冷やしたぬきそばのことだけでいっぱいになってたよ。

でもね、










お盆休みでしたー!










いつもの場所に、明かりがついていないことに気づいたときの絶望感たるや。

写真撮るの、忘れちゃったよ。










でも、もうそば以外には考えられなくなっていたので(どんだけめんどくさい性格だよ)、神田駅構内の「そばいち」に入ってみた。





















開店したときから知ってはいたけど、神田といえばかめやなので、利用する可能性はほぼなかったわけですよ。
だからまぁ、ちょうどよかったという考え方もある。










入ると左側に券売機が2台。
真正面が厨房で、右側にはテーブル席とカウンター。
まだ新しいだけに清潔ですね。
ジャズ流れてますね。
こういう店って、どこもたいていジャズですよね。
芸がないよね。










まー、演歌よりはいいけど。










で、冷やしきつねそばに、たぬきと温泉卵のトッピングつけてみた。










かめやにふられたから、なんだかいろいろ乗っけてみたくなったんだよ。












登場。







なるとがかわいい。
















あ、ブレた。





気にしないことだ(するし)。










正直、まったく期待してませんでした。
でも麺はシャキッとしてコシがあるし、思っていたほど悪くはなかった。
これはこれでアリでしょう。





まー、亀屋がある以上は、やっぱりかめやを選んでしまうと思いますけど。










っていうか、休みだったとなると、余計にかめやが気になっちゃうんですけど。










また改めて行ってみるしかないな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
盛り上がったカブキラウンジから一夜明け、午前中はいくつか仕事をしてからマッサージに行き、その足で三益へ。












1か月ぶりぐらいかも。
だから絶対に「印南さん、春木屋ばっかり行ってるから!」とかいつものようにいわれると思ったんだけど、なんだか混んでて忙しそう。










いじってもらえないのも、それはそれで寂しいね(甘えん坊かよ)。












ビールです(見ればわかります)。





お通しのチャーシューの代わりに冷奴が出てきたってことは、チャーシュー売り切れたのね。
13時過ぎてたし、仕方がないか。










いつもならここで餃子だが、なんとなくそういう気分ではなかったので、野菜炒めに生卵を落としてもらうことにしましたの。












どでん。










三益のメニューはこのところ、全体的に胡椒系の辛さが増している気がしていたのですが、野菜炒めもまた同じ。
僕は辛いもの大好きだから大歓迎だけど、けっこうハードコアな辛さかも。













ハードコア。










でもね、












こうして卵を崩すと、絶妙なバランスになるんですな。
野菜炒めにして正解だったわ。










ところで、このタイミングでチャーシュー出てきた!












やっぱり、これがないとね。










本当は飲み倒したかったんだけど(おい!)、ここで我慢してみました。
我慢できた自分にカンパイ!(そんなの普通じゃんよ!)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新宿歌舞伎町・カブキラウンジで、定例イヴェント「another side of juicy」。












このロケーションですからね。最高じゃないですか。












本当はかっこ悪いのに、奇跡的にかっこよく撮れてしまった石山。
撮影者のセンスだな。







お店の看板娘、みどりちゃんが初参戦。というか初DJだというのだけど、オールドスクールをガンガンぶつけてきて最高!
レギュラー決定。







自作のゲイリー・ニューマンTシャツでキメたT畑さん。
クラフトワークがイケてた。







SONAYさんはいつものように、ケンドリック・ラマーなど最前線のヒップホップで。







初参戦のmorimoriは、安定のR&Bセット。
やはりレギュラー決定。







二度目の登場になる走馬灯RecordingsのSKIPPも、安心安定のプレイ。







そして元ネイキッド・アーツのSAS。
20年前の関係性が、こういうかたちで復活するのはうれしい。












僕のセットでは、息子の小学生時代の同級生であるMCのpeedogが飛び入り。
僕のビートでフリースタイルをかましてくれた。
親子をベースにした共演ということで、なんだか不思議な気分。





しかも最後は、ネイキッド・アーツのK-WONがまさかの飛び入りをし、SKIPP、SASを交えて90年代日本語ラップ大会。








最近は、90年代に動いていたやつらが、自然なかたちでまた集まっている気がする。
その空気感が、とても心地よいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
妻も息子も外出していたので、きょうのお昼は娘と。












荻窪ルミネの「東京純豆腐」。
前はよく利用していたんだけど、考えてみればひさしぶりだ。












あっ、これはその……変わった色をした水があったので頼んでみました。










ものすごい勢いで溢れてくるんですけどね。












丸ごとトマトチーズスンドゥブとかいう、毎朝トマトジュースを飲んでいるほどトマト好きな僕に最適の、季節限定メニューがありました。
そりゃ頼むわ。












ちなみに、いつもいちばん辛いウルトラホットを頼むのですが、きょう、暑かったじゃないですか。





なんか汗ダラダラで帰路につく自分がイメージできたので、その下のスーパーホットにしてしまいました。










フッ、もう若くねぇな、印南。












これが丸ごとトマトだよ(見りゃーわかるよ)。










だけど食べてみたら、ウルトラホットとスーパーホットはそれほど差がありませんでした。
だったらビビらず、最初からウルトラホットにすればよかった(基本的に小心)。










なお娘は、ワンタンのスンドゥブを頼んでたよ。もちろん辛くないやつ。







写真を撮らせてみた(ダサい親)。










食べながら思った。
考えてみると、なんだか毎年夏に娘とふたりでスンドゥブ食べてるんですよね。
去年も、一昨年もそうだった。

こういうのって、いつまで続くのかな?
なーんて書くと、「もうすぐ反抗期ですよ!」的な、わかりきっていることをわざわざ伝えてくださるありがたい方が必ずいるのですが、










そんなこと、言われなくたってわかってますので。









だからなおさら、今を大切にしなきゃなって思うわけです。












デスクサイドにずっとあるこの絵を描いてくれたとき、娘は4歳だったかな?
もうすぐ11歳です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。