印南敦史の、おもに立ち食いそば

立ち食いそばを中心とした食日記。


テーマ:

「印南敦史野キキミミ図書館」収録のため、小田原へ。

 

 

 

 

 

早く着いてしまったので、熱海方面へ海岸線を走ってみたりした。

気持ちよかったのだが、そのまま熱海で一泊したくなってきたので慌てて引き返した。

 

 

 

 

 

で、収録は和気あいあいと進みましたぜ。

終了は17時半ぐらいだったかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは

寄りたいところがあったので、西湘バイパスに乗ったよ。

 

 

 

 

 

寄りかたっかのはここ、西湘PA(パーキングエリア) 下り

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ、なんで寄りたかったのかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなの、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショボイからに決まってるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ショボいPA(パーキング・エリア)こそが男のロマン。

SA)サービス・エリア)ではいけない。

つまり、サービスなんかされる必要はないのだ。

 

 

 

 

 

求めているのは、「とりあえずパーキングはできるけど、あとは好き勝手にどうぞ」的なテキトーさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに愛があってはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや違う。

そのぶっきらぼうさこそ、

 

 

 

 

 

 

 

 

真の愛だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

……ごちゃごちゃうるせえなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうです、しょボイでしょ?

これがいいわけさ。

 

海老名サービスエリアなどには到底たどり着けないショボイズム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の気配がない内部のイケてない感じも最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「小田原そば」って〜のがあったんですよ。

近くにいたおばちゃんに「小田原そばってどんなのですか?」と聞いたところ、「曽我の梅とカマボコが入ってます」とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのショボさがまた好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ていうか、「そもそも曽我ってなんなんだよ?」と思って調べてみたら、小田原って梅で有名なんですね。

 

埼玉の越生みたいなものか。知らなかった。

しかしまぁ、それ頼んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、当然ですけど生卵も入れてもらったよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふーん。

ネギ、ワカメ、梅干し、カマボコか。地味ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にひどくもない。

さりとてうまくもない。

麺も、普通のPAと変わらない感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それがいいのですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、梅が入ると、余計に味が引き締まる。

スッキリしてるだけに物足りなく感じる人もいるだろうけど、これはこれでアリだね。

まぁ、これなら許そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、す、すみません。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

辛いものが好きでしてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒙古タンメン中本の北極ラーメンとか、ココイチの10辛とか、別にどうでもなくて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、18禁カレーとかいうものがあると知ったら、そりゃ挑戦したくなるじゃないですか。

 

しかも辛さにランクがあるなら、いちばん辛いやつを選ぶじゃないですか。

 

 

 

 

 

代引き別途送料【ゆうパケット送料無料】磯山商事 18禁カレー痛い(白箱) 1個 レトルトカレー代引き別途送料【ゆうパケット送料無料】磯山商事 18禁カレー痛い(白箱) 1個 レトルトカレー

1,880円

楽天

 

 

 

 

 

 

 

 

ネタになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーチューブをチェックすると、このカレーを食べて大騒ぎしてるような人がたくさん出てくるわけですよ。

ユーチューバーの、ああいう過度なリアクションって安っぽいよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう、いかにもな注意書きも安っぽいよね、

脅したいなら、もう少し上手に脅せし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄米好きなので、玄米ごはんにしてみました。

卵好きなので、目玉焼きも添えてみました。

目玉焼きがあると、味がまろやかになっちゃうかな?

まぁ、いいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずソースだけ食べてみたんですが、さほど辛くはないです。

でも、「辛くしよう」という悪意をもとにつくっていることがわかる味。

つまり、味はおいしくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵を崩しても、味はそんなに変わらなかったかな。

いずれにしても、ユーチューバーが騒ぐほどではなかったので、なんだか肩透かし感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので午後は、たまっていた仕事を片づけることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、その、つまり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃が!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃がーッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええとですね、胃の内側から百万本のバラのトゲに突き刺されているような感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お呼び?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然お呼びじゃナイス&スムース!

むしろナイスでスムースにしてくれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいにく家族は全員外出中で、インコはいたんだけど、インコじゃどうにもならないしな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インコで悪かったな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか呑気に書いてますが、その痛みたるや尋常ではなく、数時間にわたり唸り声をあげながら悶絶し続けていたという現実。

 

マジで、近所に聞こえていた気がする。

 

 

 

 

 

「聞こえてるだろうけど誰にもどうもできないだろうし、それが都会だよな……」

 

 

 

 

 

 

 

 

とか冷静に考えていたんだけど、そんなヒマないだろうって話。

 

 

 

 

 

 

 

 

決して大げさではなく、本当に「死ぬかもしれない」と思いました。

痛みが容赦ないからね。

ふっ、とおさまったかと思えば、また10分後にずん、ときたりとかね。

 

 

 

 

 

そのたびにのたうちまわっていたので、「こんなくだらないことで死にたくない!」とマジで思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも仕事関係の人に迷惑をかけるわけにいかないから、倒れた場合、すぐに影響が出そうな人たちには連絡をしておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この切迫感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもじゃないけど長文なんか書けない余裕のなさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に救急車を呼ばなければまずいだろうという状況だったのだけれど、まさか「辛いカレー食べて腹痛いから」なんていえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そんなこといってられない状況だし、119に電話したときのことをいろいろ考えてもいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「動けないから、救急車が来たら隊員の人たちに家のなかまで入ってきてもらうしかないな」

「いや待て! どうやって入ってくるんだよ、救急隊員の人たち?」

「でも、痛すぎて玄関まで行けないしなぁ」

「そうだ、窓から家の鍵を投げて渡そう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを本気で考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて、「ただいまー!」と娘の声で目を覚ましたということは、いつのまにか気を失っていた寝ていたのだな。

 

で、そのころには痛みも落ち着いてきたのだけれど、単純計算でも4時間以上痛みと戦っていたことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とんでもない1日だったな。

たくさんの人が「救急車呼びましょう!」とかいってくれたし、いろいろ迷惑かけちゃったな。

ほんとにすみませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、だからこそ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「乗り越えたんだな」っていう、謎の達成感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、それは違うでしょう、さすがに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただひとつだけ断言できること。

このカレーをつくった会社を、僕は断じて許さない。

僕は物書きだから、この先、この会社から仕事が来ないとはいいきれないだろう。

 

しかし、たとえ1億円積まれても断る!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや……1億円なら受けるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなんだよそのブレ具合は?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月の健康診断で肝臓が引っかかったので、再検査に行ってきたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしまぁ、いきなり死ぬようなことはないと思っていた(その考え方が甘い。みんな、いきなり死ぬ可能性はあるのだ)。

 

だから、終わったら三益でお昼を食べようと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数週間前に教会通りで、三益を手伝っている(奥さんと間違えられることが多い)長島さんとバッタリ会い、近況を聞いていたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪で長く休んで一度は復活したものの、また休んでいたのは、帯状疱疹にかかったからなのだそうです。

でも、休めという医者の言葉を押し切って、先週からまた店を開けていたらしいんですね。

 

 

 

 

 

だから気になって、サクッと再検査を終わらせてから顔を出してみようと思っていたのですわ。

でもね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サクッと終わらず、まさかの再血液検査。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果が出るまで30分くらいかかるということなので、三益にお昼を食べに行ってもまた病院に戻らなくちゃならない。

 

落ち着かないなー。

 

 

 

 

 

しかしまー、仕方ないすな。

 

 

 

 

 

 

 

 

やってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさん、なにげに元気そうでひとまず安心。

 

 

本当なら一杯やりたかったんだけど、大きな締め切りが迫っているし、そうでなくとも病院に戻るのである。

 

餃子くらいはいいかなとも思ったのだが、三益の餃子はニンニクの量がハンパないので、食べたら病院の先生を不幸にしてしまう。

 

 

 

 

 

ということで断念し、前から食べてみたかったもやしそばを頼んでみたよ。

 

 

 

 

 

考えてみると、三益では麺類って、ラーメンと塩ラーメン、それから日本そばしか食べたことがなかったんですよね。

 

ちなみに塩ラーメンはメニューにないんだけど、特別につくってもらった。

日本そばは、いきなり「印南さん、そば食べる?」といってつくってくれた。

それはともかく、もやしそばはどんな感じなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー、いい感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もやしそばといいつつも、ニンジン、キャベツ、キクラゲなどもたっぷり。

これはヘルシーだな。

 

 

 

 

しかも、あんかけなのでアッツアツ。

普通に食べたら口のなかを火傷するレベル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、いつもの自家製麺もいい感じ。

あんと絡むことで、小麦の香りが引き立っている。

しかも、塩辛そうに見えて、味はスッキリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これはいいわー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいしい。

普通のラーメンもおいしいけど、これまたすばらしい。

ビールを飲めなかったとはいえ、十分に満足でしタックヘッド!

 

 

呼んだ〜?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、呼んでないす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもおじさん、お客さんが引けてきたら痛みが再発したみたいで、「いてててて」と顔をしかめてた。

とりあえず復活はできたけど、あまり無理しない方がいいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、血液再検査の結果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこのところ、週に2〜3日を休肝日にしていたんです。

そのせいか、死にに行くような気持ちだったにもかかわらず結果はとりあえずオーライ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日ごろの行いのよさだな(ってそれ、絶対に違うし)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「気になるようだったら、2月ごろにまた検査してみましょうか」って、先生最高!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう調子だと、いずれエラいめにあうぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

考えてみれば、富士そばに行ってなかったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まー、それもそのはず。

そこそこおいしいんだけど、とはいえ

 

 

 

 

 

特に思い入れはないからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、すんません。

反省してません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、家族全員が出かけていたんで、きょうのお昼は富士そばにしようと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば何日か前、ネットで創業者のインタビューが公開されてたよね。

とてもいい内容だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはともかく、店頭にこんな垂れ幕を発見。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恥ずかしながら僕は流行に疎いので、『龍が如く6』とかいわれても、なんのことやら。

調べてみたらゲームらしいんだけど、だったらなおさら興味ないわー(偏ってて申し訳ないわー)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそんなことはともかく、これ、ちょっといい感じじゃないですか。

少しは辛そうだし、僕にとっての必須アイテムであるたまごも入ってるし。

 

 

 

 

 

だから頼んでみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかこう、すごいルックスですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はいいやつなんだけど、見た目で誤解されちゃった転校生みたい(どんな例えだよ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転校生のそばは、やはり富士そばであった(当たり前)。

そこそこコシがあっておいしく、でも、際立った個性はない(富士そばに際立った個性を求めるなし)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でさ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな赤さなわけですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいってもチェーン店だしね。

チェーン店の、見た目で脅すスタイルにはもううんざりですわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、これがけっこう辛いの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、正直なところ辛いものファイターの端くれだという自覚はあるんですよ。

ただ、チェーン店はチェーン店ゆえ、辛いといっても大したことないはずだと思い込んでた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これはちょっと辛いです。

どれだけ辛いかといえば、辛いものファイターがニヤッとしたくなる感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりは及第点にはあるということで、これはこれですばらしい感じでした。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

FMおだわらで担当している番組、「印南敦史のキキミミ図書館」収録。

 

移動がお昼ごはんに重なるということで、小田原パーキングエリアに寄ってみたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、前から気になってたんですよここ。

やたらキレイで無駄に広い海老名サービスエリアとか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超気に入らないじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービスエリアなんざ必要なく、規模の小さなパーキングエリアで十分で、しかも、そこにあってほしいのは質素な食べ物だけでさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それで満足できるんだよ。

むしろ、そうであってほしいんだよ。

海老名SA、いますぐ撤廃してほしい(無理)。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、小田原PAですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理想型。

 

 

 

 

 

 

 

 

これですよ!

このショボさ!

こうでなくっちゃ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで蕎麦を食べよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「相模湾のちくわ天そば」というものがあり、「果たして相模湾にちくわが泳いでいるのかな?」とも思ったのだが、せっかくだからそれにしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白状します。

待っている間、不思議な違和感はあったのです。

ずっと待っているのに、ちっとも蕎麦を茹でている気配がしない的な。

 

そしたらね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどん堂々登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えええええー、なんで……?

だって、「相模湾のちくわ天そば」って……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違って、うどんのチケット買ってましたー!

\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もう出てきちゃったしな。

 

 

 

 

 

 

これはこれでいいんだけど、好きな子にラブレター出してデートに誘ったら、自分のミスでなぜか違う子に届いちゃって、その子と謎のデートをすることになったような気分ですわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどんに失礼だろう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、おいしゅうございますよ。

 

 

 

 

 

 

ちくわも相模湾っぽいしね(どんなだ?)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、いろいろあった小田原PAなのでした。

でも、ここの地味さはとても気に入ったので、また利用しようと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。