印南敦史の、おもに立ち食いそば

立ち食いそばを中心とした食日記。


テーマ:

「もう一ヶ月ぐらい顔出してないし、きょうは三益に行こうかな」

 

 

 

 

 

妻にそんなことを告げているとき、息子がいきなり話に加わってきたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いま三益では、樽酒が振舞われるらしいよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや実際、三益ではペットボトルに入った樽酒を何度かご馳走になったことがあるので、それは十分にありうる話です。

 
でも、なぜそれを息子が知っているのか?
聞いてみたところ、こういうことらしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕と息子が行き着けている「ちゃぶ久cafe」という店の常連さんが、なぜか僕のことをご存知らしいのです。
で、このブログで知った三益に行ってみたら、樽酒を振舞われたという。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なに、その謎の影響力?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや実際、こんなブログを読んでくださる方は少ないんだろうなと思っているんですよ。謙遜とかではなく。
だから、ちょっとびっくりした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本一、いや世界一、三益に詳しいブログだという自負はありますけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから、「最近、僕のブログを見てきた人がいるらしいですね」って聞いてみたよ。

そしたら答えは、

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「知らない」

 

 

 

 

 

実際、ネットを見て来る人は多いらしいのですが、この素っ気ない感じな。

これが三益イズム。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

「ビールください。あと、肉野菜炒めに卵を落として」

「わかった。卵は、床に落とせばいいんだね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもの謎のツッコミに苦笑していたら、見たことのない常連さんが入店。

僕と同じようにビールを飲みはじめ、しばらくしたら野菜ラーメンとチャーハンを注文していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でね、観察していたら、まずは野菜ラーメンが登場。

次に、チャーハン登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、なんとなくそんな気はしていたんだ。

長いつきあいですからね。

だから、いってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おじさん、僕の肉野菜炒め……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハッ!」って顔してたよ。

で、「いや、この人が野菜ラーメンとチャーハン頼んだから忘れちゃったよ」って。www

その人も「そうですよね、僕が悪いんだ」って、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平和な世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挙げ句の果てには、「卵は1個でいい?」。

いや、実はこれも予想していたことなのです。

目玉焼きを頼んだら、4つ目の目玉焼きが出てきたことがあったからね。

 

世代的におじさんにとって卵は高級品であり、つまり極上のサービスなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これこれ、これです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形あるものは壊そう(そういう問題か?)。

 

 

 

 

 

 

 

 

胡椒がキツめの味は、まさに三益スタイル。

ビールとの相性抜群ですね。

と思っていたら、案の定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本酒飲む?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほらきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり帰れませんなぁ。

こうなることを見越し、原稿1本書き上げておいて正解だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この酒を飲みはじめたころになると、店内にはおじさんと僕のふたりだけ。

しかもおじさんは、ラジオの中継を聴きながら競馬新聞を真剣にチェックしている。

僕は僕で、「いい土曜日だなー」と思いながらぼーっとしてみたり。

 

余計な気づかいや会話は必要ないんですよね。

もちろん常連だからなんだけど、なんだろう、この居心地のよさは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さて……」と帰ろうとしたころは、もう3時すぎ。
お会計をして領収書をくださいと伝えたところ、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
領収書を切るときにも競馬新聞を離さないスタイル!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー、筋が通ってるなぁ。

やっぱり、いい店です。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お誘いがあり、『おとなの事情』というイタリア映画を観に新宿シネマカリテへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんネタバレはできないけど、おとなの友だち同士がスマホを見せ合ったらどうなるか、というお話。

 

予想以上に深い内容で、とてもおもしろかった。

あと、

 

普通に食事をしているだけでおしゃれに見えるイタリア人に軽く嫉妬したよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関係ないんですけど、ロビーにウーパールーパーがいました。

じーっとしてるから、なにを考えてるんだか、全然わからなかった(そういう問題?)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、終演後はランチのため、なんの迷いもなく新宿ルミネB2へ移動。

昨年の夏、期間限定で荻窪ルミネで営業していた「カオサン」があるんですね。

 

前に書いたことがあるけど、この店はすごく衝撃的だったのです。

明らかに日本人向けにアレンジしていたりしないタイそのままの味で(タイにいったことはないけどね)、ぜひまた食べたいと思っていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荻窪店はテイクアウトだけの簡易店舗だったけど、こっちはこういう感じかー。

13時半くらいだったんだけど、まだ行列ができていたりしてビックリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターの、混雑するなかでも落ち着ける席に座れました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、これ……

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大五郎!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれ、待ちに待ったオーダーです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

妻はチキンライスを。

 

 

 

 

 

でも僕は当然ながら、ガパオ(のセット)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……元気だった?(感慨)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これですよー。

この目玉焼きの感じですよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壊してしまえ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまりませんね、この感じ。

これを待ってたんですよ!

味も、半年前に毎日のように食べ続けたあの味のまま!

 

感動した!

 

 

 

 

 

 

ランチタイム限定ってことで200円で提供されていた、なんだかよくわからないけど黄金色の飲みもの(表現が陳腐)とも相性抜群でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このグリーンカレーが、また容赦ない辛さ。

「日本風」とは無縁な、こういうところですよ。

素晴らしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひさしぶりに食べたけど、やっぱりいいなー、この店。

荻窪を去ってしまったとはいえ、新宿なんかすぐなんだから、また利用しよう。

みなさんにも、オススメですぜ!

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

娘の友だちのMちゃんは、「田舎で暮らしたい」と話しているんだそうです。

でも、丸信のラーメンが食べられなくなるのは嫌なんだそうで。

 

 

 

 

 

かわいい。

でも、その気持ち、すっげえわかるわ。

いいセンスだ。

 

 

 

 

 

僕も、丸信のラーメンは荻窪一かもしれないと思ってる。

かといって頻繁に通ってるわけでもないんだけど、たまに無性に食べたくなるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荻窪駅北口から青梅街道に出て、新宿を背にして進むこと10分弱。

杉並公会堂を越えてすぐ。

 

 

 

 

 

ちなみに店内に入ると、写真の左部分は閉ざされているのですが、かつてはテーブルがありました。

縮小しちゃったんだよね。

 

 

 

 

 

もっというと、80年代後期までは荻窪駅前に支店もあったんですよ。

麺あげをロボットが担当する超絶ハイパーな店だっただけに、なくなってしまったのは残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれ、丸信といえばラーメンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのラーメンは、強い煮干し風味が魅力。

一歩足を踏み入れた瞬間、煮干の匂いが鼻腔をくすぐる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつはやっぱり多摩蘭坂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味玉ラーメンを頼んだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうです?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぞ、僕が考える荻窪ラーメンの理想形。

三益といい勝負だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

お世辞いったってなにも出ないよ。

 

 

 

 

 

いやいや、おじさんのもやしそばも最高なんですけどね。

さて、丸信の話に戻ろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

スープは、こんな感じ。

濃く見えるんだけど、飲むととてもスッキリしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麺は、ツルッとのど越しのいい太麺。

だから、それなりに量はあるんだけどペロッといけちゃう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

味玉は硬めで……と思い込んでいたんだけど、半熟だったのね。

しばらく来てなかったし、「丸信=硬い玉子」と思い込んでた。

でも半熟のほうが好きだから、これはうれしい勘違い。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お昼どきでも行列ができるようなことはなく、けれどお客さんがいいペースで入って来ては出て行く感じ。
しかも、この店のいいところは、おばあさんがひとりでラーメンを食べていたりするところ。
 
「ラーメンは丸信」っていう感じで、インプットされているのでしょうね。
でも、それはすごくわかる気がする。
派手さはないけれど、しっかりつくられていることがわかる味だからね。
正しくおいし、という感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから、「もっと来なくちゃな」と、改めて感じさせられたのでした。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NK社の方々と、神田で飲み会。

お招きいただいた「新八」というお店は、いつも通っているかめや東口店のすぐ裏でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風情がありますなぁ。

もうこれだけで、いい店だということがわかる。

 

 

 

 

 

その証拠に、18時半だというのに店内は満杯。

サラリーマンの方々が、すでにいい感じにできあがっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我々もできあがろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、まずはビール。

お通しもいい感じ。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはお刺身がいいらしいのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかにすごいね。

 

 

 

 

 

この時点でテンション上がってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本酒にチェンジ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお猪口、最高にかっこよくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大いに飲んで食べて、出版業界の今後などについて熱いトークを交わしました。

いやー、ここはいい店だな。

おぼえておこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りのホームから。

もうかれこれ20数年前、神田西口の弱小広告代理店に勤めていたのでした。

 

その会社の社長は、いまなら余裕でセクハラ認定されるだろってくらい下半身的に問題のある人だったんだけど、けどまぁお世話になったのも事実で。

 

息子が生まれた日、それを伝えたときのことはよくおぼえています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おかげさまで、生まれました」

「おう、おめでとう。よくわかんねえだろ?」

「は?」

「生まれたってことがさ、よくわかんねえだろ」

「あ、たしかに。そうなんですよね」

「男からすればそんなもんだよ。まぁ、きょうは帰って嫁さんのとこ行ってやれ」

「ありがとうございます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬、なにをいわれてるのかわからなかったけど、たしかに男からすれば、子どもができるってそういう感じなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長、エゴ丸出しのあなたのことは嫌いだったし、もうお会いすることはないと思います。
ただ、お世話になったことは事実。だから、それは感謝しています。
 
 
 
 
 
おかげさまで、あのとき生まれた息子は、この春から社会人です。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前にもお伝えしたとおり、3月10日(金)に新刊『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』が大和書房から発売されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいでしょ?

イラストを描いてくださったのは、イラストレーターの石川恭子さんです。

すごく気に入りました。

 

 

 

 

 

で、数日前に担当編集者のW林嬢から、見本を持って行きたいとの連絡。

送ってくれればいいのにとも思ったんだけど、直接渡したいとのこと。

そういう姿勢って、純粋にうれしいですよね。

 

というわけで食事をしようということになり、荻窪ルミネ内の名店「ラ・ヴォーリア・マッタ」で楽しい時間。

 

ここのピザ、大好きなんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し遅れて到着したら、W林嬢はすでに待ってくれていた。

奥の個室を予約してくれていたようで、ありがたい限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは約束のブツの受け渡しです。

 

 

 

 

 

 

ボズ・スキャッグズの隠れ名曲、“Gimme The Goods”が頭に鳴り響いていた(なんてね)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙袋のなかで控えめに「こんにちは……」と囁くこいつらのかわいさ。

「そこは時間的に『こんばんは』だろう」とか思うんだけど、すべて僕の脳内での妄想(バカですか?)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュージシャンにとっての楽曲がそうであるように、作家にとっても、できあがった本は新しい子という印象です。

 

 

 

 

 

実際の子どもと違うのは、いつまでも近くにいてほしくないこと。

どんどん外に出て、いろんな人の目に触れてほしい。そんな気持ち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、まずは乾杯だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うれしくって、どんどん飲んで食べようと思ったさ。

ワインも重ための赤を頼んでね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあたりで、もう限界。

いつもなら、もっと食べられた気がするのに。

しかも通常のペースでいくと、ふたりならワイン2、3本は開けちゃうのに、1本でベロベロ。

きっとそれは、一段落ついたことからくる達成感のおかげでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにはともあれW林嬢、本当にありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて会いにきてくれた昨年の秋の日のことは、いまでもよく覚えています。
印象的だったのは、最初に連絡をくれた段階で「僕になにを書いてほしいのか」をしっかりと伝えてくれていたこと。

 

 

 

 

 

そういう編集者って、意外に少ないんですよね。

だから、この人はちょっと違うなって思っていたのです。

 

 

 

 

 

でも会ってみたら、小柄な女の子で、ちょっとびっくりした。

しかもずっと俯き加減で静かに話すものだから、ひょっとして暗い子なのかなと思ったのだけれど、帰り際にひとこと「緊張してるんです……」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。考えてみれば、そりゃそうだよね。

親子ぐらい離れてるんだもんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしそのとき、気持ちが一瞬で伝わったわけです。

だから、「しっかりやらなくちゃ」と思った。

そうして生まれたのが、この本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作家にとって、著作は命です。

前作がそうであったように、今回も子どもを育てるような気持ちで書きました。

 

 

 

 

 

 

本を読みたいという気持ちはあるけれど、どうしたらいいのかがわからない。

そんな人をターゲットにしています。

ぜひ、手にとってみてください。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。