ピアノ&ハープ

 ピグまんが風すべらないブログ(すべり多々あり)

  PVランキング 友だち追加数

テーマ:
久しぶりの更新となります。
今回ハープの弦の太さにに関してお話ししたいと思います。
弦の太さをゲージ(GAUGE)と言います。
最もメジャーなハープ弦メーカーのボウブランドの、グランドハープ用ガット弦のゲージを例にとると
下記の様にとても細かく分かれています。

00番0octG 0.52mm
0番0octF  0.54
1番1octE  0.56
2番1octD  0.58
3番1octC  0.6
4番1octB  0.62
5番1octA  0.64
6番1octG  0.66
7番1octF  0.68
8番2octE  0.7
9番2octD  0.73
10番2octC 0.76
11番2octB 0.8
12番2octA 0.85
13番2octG 0.88
14番2octF 0.92
15番3octE 0.95
16番3octD 1.0
17番3octC 1.05
18番3octB 1.15
19番3octA 1.15
20番3octG 1.2
21番3octF 1.25
22番4octE 1.3
23番4octD 1.35
24番4octC 1.45
25番4octB 1.55
26番4octA 1.6
27番4octG 1.7
28番4octF 1.8
29番5octE 1.85
30番5octD 1.96
31番5octC 2.08
32番5octB 2.18
33番5octA 2.29

 弦楽器全般に言えることですが、指定された所に指定されたメーカーの弦を張らなければなりません。
なぜなら隣の弦や、他メーカーの弦を代用して張るとそこだけゲージが異なる為(フラットと)ナチュラルとシャープがずれてしまうからです。
 また一回張ると細さが肉眼ではほとんど分からない為、その違う弦だけをはじくのに時間がかかります。(指の感触や音量や音色、弦の色などで発見できます)
 昨今ハープの弦の材料である豚や羊の腸が世界的に足りない状況であり、弦の値上がりと弦メーカーで欠品が続いていますが、隣の弦や他メーカーのものを代用することは音楽的に良くないのでやめましょう。

尚、他メーカーの弦の方が音色が好きで、わざわざ全弦交換して技術者にフルメンテナンスしてもらった場合は除きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。