最新刊『天上の葦』 KADOKAWA刊(2月18日発売)

日常を静かに破壊する犯罪。気づいたのは たった二人だけだった。
白昼、老人が渋谷のスクランブル交差点で何もない空を指さして絶命した。死の間際、老人はあの空に何を見ていたのか。それを突き止めれば一千万円の報酬を支払う。興信所を営む鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込む。そして老人が死んだ同じ日、ひとりの公安警察官が忽然と姿を消した。その捜索を極秘裏に命じられる刑事・相馬。遠い過去から届いた一枚の葉書と、闇の中の孔雀……。二つの事件を繋ぐ劇的なトリックが暴かれた時、七十年の時を越えて社会を一変させる犯罪がその全貌を現す。鑓水、修司、相馬の三人が最大の敵に挑む。感動のクライムサスペンス巨編!

   
『幻夏』KADOKAWA刊

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」
毎日が黄金に輝いていたあの夏、ランドセルを岸辺に残し、一人の少年が姿を消した。人が犯した罪は正しく裁かれ、正しく償われるのか。残酷な「世界」に決死で挑んだ少年の、驚くべき秘密とは…。すべてが終わったとき、胸震える感動が待ち受ける! 『犯罪者』に続く、鑓水、相馬、修司のクライム・サスペンスシリーズ第2弾(日本推理作家協会賞候補)。

   

『犯罪者』(上・下)KADOKAWA刊

なぜ、俺は殺されなければならないのか。しかも10日以内に。
白昼の駅前広場で四人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただ一人生き残った青年・修司は奇妙な男から「逃げろ、あと10日生き延びろ」と警告される。修司は、刑事の相馬(そうま)とその友人・鑓水(やりみず)の協力を得て、暗殺者に追われつつ事件の真相を追う。やがて彼らの前に浮かび上がってきたのは、巨大企業タイタスと幼児の奇病。そして、ひとりの男の未曾有の犯罪計画だった。一気呵成のクライム・サスペンス
   criminal 2017年1月25日刊行 

   『犯罪者 クリミナル』が文庫になりました。(角川文庫)


   $脚本家・太田愛のブログ-クリミナル上 $脚本家・太田愛のブログ-クリミナル下
『ダヴィンチ』の著者インタビューはこちら→ 『ダヴィンチ』


テーマ:

『世界』6月号に掲載された憲法学者・水島朝穂教授との対談が、教授ご自身のホームページの「直言」コーナーにアップロードされました。

『介入と忖度』というタイトルで発表された対談です。

「直言」は水島教授が20年以上続けていらっしゃる時評のシリーズ。今回は少し異色ですが、先生のご専門である憲法のお話とキャッチボールしながら、小説『天上の葦』から映画『相棒劇場版Ⅳ』、平成ウルトラマンシリーズまで話題が多岐に広がりました。

よろしければ、是非ご一読ください。→こちらです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

海流ついに見えねど海流と暮らす  金子兜太

 

詞書に「下北半島尻屋崎三句」とあるが、実際に金子さんが尻屋崎の岸壁のような場所に立たれてこの句を詠んだのかどうかはわからない。だが、この句を読むと、荒れる大海原を前に、じっと目を凝らして立つ金子さんの姿が思い浮かぶ。

「ついに」の一語には、そこに海流を見きわめるべく目を凝らしてきた執拗な時間があり、同時にそのような行為を促している、見えない巨大な力への覚醒した懐疑精神がある。

戦時下に青年期を過ごし、トラック諸島で敗戦を迎えた金子さんらしい一句だと思う。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらく仕事の告知が続いたので、今日は少し日常の話題を。

 

先日、新宿に出かけた時に、御苑近くの可愛いアイスクリーム専門店・トミヒサアイスを訪問しました。苺の甘酸っぱさがそのままのイチゴアイス、香り豊かで濃厚なバニラ、クラッシュしたナッツ入りのピスタチオなどなど。こだわりの材料を使って手間ひまかけて作られたアイスクリームはどれも抜群のおいしさでした。

 

トミヒサアイスは、この春にオープンしたばかり。自らアイスを作り、店頭に立たれている横沢恵莉子さんは、実は数ヶ月前までフレンチレストランのラ・ロシェルでシェフ・パティシエとして腕をふるっていらした方です。デザートはもちろん、お客様のリクエストにあわせて作られたオリジナル・ケーキも傑作ぞろいでした。このトミヒサアイスでも、事前に注文すれば、オーダーメイドのケーキを作ってくださるそうです。

(ロシェル時代のケーキたち↓)

            

       

これから夏に向けて、アイスクリームやシャーベットの美味しい季節。お近くにお出かけの際は是非。トミヒサアイスのFacebookは→こちら    

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

明日5月8日発売の雑誌『世界』6月号(岩波書店)に、憲法学者の水島朝穂教授との対談が掲載されています。

エンターテインメントとはジャンルの異なる誌面での対談でしたが、水島教授のご専門の憲法との関わりの中で、小説『天上の葦』から映画『相棒劇場版Ⅳ』、平成ウルトラマンシリーズまで話題が広がりました。よろしければ、書店にてお手にとってみてください。

アマゾンのページはこちらです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

明日5月6日発売の『映画秘宝 オールタイムベスト10』(洋泉社)に寄稿しました。頂いた企画が「生涯のベスト映画はこれだ! 10年に1度のお祭り騒ぎ!!」という楽しいもの。「人生のマイ・ベスト映画」を10本選んでくださいという難問をはじめ、ベスト男優、ベスト女優、ベストシーンなどについて短いコメント付きで答えました。悩んだ末に選出した10本には、小説『犯罪者』で修司が幼い頃に観たあの映画も入っています。

よろしければ、書店にてお手にとってみて下さい。

 

      ←これです

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月11日の讀賣新聞朝刊「エンタメ小説月評」に掲載された村田雅幸さんの『天上の葦』書評が、ネットの〈読売オンライン〉にアップされました。

こちらで読めます。ぜひご覧ください。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

『犯罪者』文庫に続き、新刊『天上の葦』の重版が決まりました。

先日の読売新聞では「上半期の要注目作」という評をいただきました。未読の方は、この機会にぜひお手に取ってみてください。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ある雑誌の企画で憲法学者の水島朝穂先生と対談いたしました。対談の名手と呼ばれる水島先生のお蔭で、憲法との関わりの中で近作の『天上の葦』をはじめ、『相棒 劇場版Ⅳ』から平成ウルトラマン・シリーズまでさまざまに話題が広がり、とても充実した対談になりました。掲載雑誌、発売日等、近々にブログにてお知らせできると思いますので、いましばらくお待ちください。

 

ところで、『天上の葦』、昨日からAmazonで上下巻とも在庫切れになっていましたが、本日未明に入荷されました。お待たせいたしました。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、4月11日の読売新聞朝刊の『エンタメ小説月評』で村田雅幸さんが『天上の葦』を取り上げて下さいました。

皆さま、是非ご覧ください。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。